状態を保持するボタンの作り方 | BootStrap 3.3.7 のJavascript

ボタンの作り方 Bootstrap3.3.7

Bootstrapでは、12種類以上のカスタムjQueryプラグインが搭載されており、一から自分でjavascriptを記述しなくても、簡単にjavascriptの機能を実装できます。
 

ここでは、Bootstrap3.3.7に搭載されている「ボタン(button.js)」の使い方をご紹介します。
 

 

普通のボタンと違って、ボタンを押したらボタンのテキストが変化して押せなくなるんですね
 

 

合わせて読みたい記事

BootStrapの基本・環境設定から実施したい方はこちらの記事をご覧ください。

知っておきたいBootstrapの基本 使い方とレスポンシブデザイン

 

状態を保持するボタンとは

BootStrapが用意しているボタン用のJavascriptでは、クリックするとボタンの状態を変化させることができます。本例では、クリックすると「処理中・・」とテキストが変化して、処理中の間はボタンを押せなくなります。
 

■表示例

 

ボタンのソースコード・作り方

表示例のソースコードは下記の通りです。
 

 

ボタンの解説

ここでは、ソースコードの簡単な解説を行います。
 

BootStrap buttonの解説
  • ボタン要素に、data-***(任意の文字列)-text属性に状態を示すテキストを指定します。autocomplete属性にoffを指定する(Firefox対策)。
  • ボタンのクリックイベント用のjQueryをボディタグの閉じタグ付近などに記述します。何かの条件を満たせば状態を解除することも可能です。

 

他にもクリック毎に2つの状態を交互に切り換えるボタンやボタンをチェックボックス化したり、ラジオボタン化する方法もあります。

 

■使い方の詳細は下記の公式ドキュメントをご参照ください。
buttons | Javascript – Bootstrap 3.3
 
 

動作の原理を理解しようとすると少し難しくなるので、まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていきましょう。

 

まとめ 動的なボタンを実装する際に検討しよう

今回は、Bootstrap3.3.7のjavascriptプラグイン「ボタン」についてご紹介しました。
 

 

利用頻度は低いかもしれませんが、他にもクリック毎に2つの状態を交互に切り換えるボタンやボタンをチェックボックス化したり、ラジオボタン化する方法もあります。
 

まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていってみてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ