スクロールスパイの作り方 Bootstrap3.3.7

Bootstrap CSS Javascript

スクロールスパイ Scrollspyの使い方 | BootStrap 3.3.7 のJavascript

投稿日:2019年2月16日 更新日:

Bootstrapでは、12種類以上のカスタムjQueryプラグインが搭載されており、一から自分でjavascriptを記述しなくても、簡単にjavascriptの機能を実装できます。
 

ここでは、Bootstrap3.3.7に搭載されている「スクロールスパイ」の使い方をご紹介します。
 


 

ナビゲーションと連動して自分が今どこを見ているかわかるので、縦長のランディングページや一枚もののWebページで使えそうですね。

 


 

合わせて読みたい記事

BootStrapの基本・環境設定から実施したい方はこちらの記事をご覧ください。

Bootstrapの使い方 導入方法と基本・レスポンシブデザインを徹底解説

 

スクロールスパイ scrollspyとは

ScrollSpyプラグインは、スクロール位置に基づいてナビゲーションのアクティブなメニューを自動的に更新するためのjavascriptです。ドロップダウンサブアイテムも同様にハイライトされます。

■表示例


 

スクロールスパイは、BootStrapのナビゲーションとセットで使う必要があります。
 
 

スクロールスパイの作り方

表示例のソースコードは下記の通りです。

 

スクロールスパイのソースコード解説

ここでは、ソースコードの簡単な解説を行います。

BootStrap ScrollSpyの解説
 

解説

  1. CSSでbodyに対してposition:relativeの設定をする
  2. body要素のdata-spy属性にscrollを指定する。data-target属性に、連動させたいナビゲーションのidを指定する。
  3. 1で指定したID名を入れたナビゲーションを設定する。
  4. 各セクションにナビゲーションのページ内リンクに相当するIDを設定する
  5. 連動したいナビゲーションのIDを指定したjQueryを設定する

 

動作の原理を理解しようとすると少し難しくなるので、まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていきましょう。

 

■使い方の詳細は下記の公式ドキュメントをご参照ください。
scrollspy | Javascript - Bootstrap 3.3
 
 

まとめ 縦長ページで利用できるスクロールスパイ

今回は、Bootstrap3.3.7のjavascriptプラグイン「スクロールスパイ」についてご紹介しました。
 


 

スクロールスパイでは、今見ているコンテンツとナビゲーションのメニューと連動させることで、訪問者が自分が今どこを見ているのかがわかるようになります。
 

まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていってみてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

『8月中最大2万円割引キャンペーン実施中』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

-Bootstrap, CSS, Javascript
-

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.