Bootstrap4 Borderの使い方を徹底解説

Bootstrap CSS

Bootstrap4 Border(ボーダー)の使い方を徹底解説

投稿日:

ここではBootstrap4で利用できるBorder「ボーダー」ユーティリティーの使い方を説明していきます。
 


 

 

枠線 Borderの基本

borderはボックス内の枠線を指定する際に使用するプロパティです。枠線・枠線の色・角丸に設定することができます。デフォルトでは、ボーダー色は薄いグレー(#dee2e6)・1pxの太さの実線で定義されています。
 

クラスボーダーを表示する辺
border全辺
border-top上辺に枠線がつく
border-right右辺に枠線がつく
border-bottom下辺に枠線がつく
border-left左辺に枠線がつく

 

■表示例
Bootstrap Borderの基本的な使い方
 

■上記のソースコード

 

枠線の色の設定 border-{色の種類}

borderクラスと合わせてborder-{色の種類}クラスを追加することで、枠線の色を設定することができます。
 

クラスボーダーを表示する辺
border-primary
border-success
border-danger
border-warning黄色
border-info水色
border-light明いグレー
border-dark暗いグレー
border-white

 

■表示例
Bootstrap4 borderの色の設定
 

■サンプルコード

 

角丸の設定 rounded-{角丸の種類}

要素に角丸するには、roundedクラスを利用します。rounded-circleを設定すると正方形を円に(長方形は楕円に)することができます。また、rounded-{top|right|bottom|left}を利用すれば特定の辺を角丸にすることもできます。
 

クラス角丸の種類
rounded全辺を角丸
rounded-circle
rounded-top上辺を角丸にする
rounded-right右辺を角丸にする
rounded-bottom左辺を角丸にする
rounded-left左辺が角丸にする

 

■表示例
Bootstrap4 border rounded
 

■上記のソースコード

 

rounded-{方向}-lgを使うと角丸のサイズを少し大きくすることができます。
bootstrap4 rounded-lg
 

■roundedとrounded-lg
Bootstrap4 bootstrap.css roundedのCSS
 

このほかにも、rounded-fillやrounded-smなどありますが、使用頻度が低そうなのでここでは割愛します。より細かい使い方を確認したい場合は下記の公式サイトをご覧ください。
 

Borders | Bootstrap4
 

▲▲目次に戻る▲▲


 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)の4から新たに登場したborderの使い方の基本をご紹介しました。
 

公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
Borders | Bootstrap4
 

 

『自分で作る選択を!』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

-Bootstrap, CSS
-, , , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.