Bootstrap4 コラップスCollapseでコンテンツを開閉するやり方

Bootstrap CSS Javascript

Bootstrap4 Collapse(コラップス)の使い方・コンテンツを開閉するやり方を徹底解説

更新日:

Bootstrap4で利用できるCollapse(コラップス)を利用してコンテンツを開閉するやり方をご紹介します。
 


 

よくある質問とかで質問(Question)をクリックしたら回答(Answer)が見えるシーンとかで使えそうですね。

 


 

合わせて読みたい記事

BootStrapの基本・環境設定から実施したい方はこちらの記事をご覧ください。

Bootstrap4の使い方 ブートストラップの導入方法と基本を徹底解説!

 

コラップス(collapse)とは

コラップス(collapse)は、コンテンツを開閉できるJavaScriptです。スマートフォンのハンバーガーメニューや、よくある質問などで利用することができます。
 

下記は「詳しく見る」というボタンを押すとCollapseが動作してコンテンツが開閉する例です。
 
■表示例


 

コラップス(collapse)のソースコード・作り方

表示例のソースコードは下記の通りです。

■ソースコード

 

開閉するタイミングでJavascriptでクラスが追加・変更されて入るのがわかりますね。

  • .collapseはコンテンツを非表示にするクラスです
  • .collapse.showはコンテンツを表示するクラスです
  • .collapsingは表示・非表示の遷移をtransitionでアニメーションするクラスです。

 

コラップス(collapse)の解説

ここでは、ソースコードの簡単な解説を行います。
 
Bootstrap4 Collapseの解説

 

  • クリックして開閉させる側の要素にdata-toggle="collapse"を指定、a要素の場合はページ内リンクでid名を指定する。
  • 開閉される側のコンテンツには、id名とclass="collapse"を指定する

 

a要素ではなく、ボタン要素の場合は、hrefの代わりに、data-target="#開閉される側のID名"を指定します。
 

■ボタン要素の場合のソースコード

 

■使い方の詳細は下記の公式ドキュメントもご参照ください。
collapse | Bootstrap .3
 

Bootstrapのナビゲーションのハンバーガーメニューの開閉でも利用されています。

 

■ハンバーガーメニューで開閉する例


 

動作の原理を理解しようとすると少し難しくなるので、まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていきましょう。

 

▲▲目次に戻る▲▲


 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)4のCollapse(コラップス)の使い方の基本をご紹介しました。
 

公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
 

Collapse | Bootstrap4
 

 

『自分で作る選択を!』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

-Bootstrap, CSS, Javascript
-, , , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.