Bootstrap4 displayクラスの使い方を徹底解説

Bootstrap4 ディスプレイ(display)の使い方を徹底解説

Bootstrap4で利用できるディスプレイ(display)の使い方をご紹介します。displayを利用すると、ブレークポイントに応じて表示・非表示の切り替えのほか、色々なdisplay設定をすることができます。
 

 

 

 

Bootstrap3→4に変わってからの主な変更点

Bootstrap4では、CSSのdisplayプロパティに関する一通りのクラスが用意されました。

Bootstrap4で用意されているdisplayに関するクラス

  • d-{prefix}-none
  • d-{prefix}-inline
  • d-{prefix}-inline-block
  • d-{prefix}-block
  • d-{prefix}-table
  • d-{prefix}-table-cell
  • d-{prefix}-table-row
  • d-{prefix}-table-flex
  • d-{prefix}-table-inline-flex

{prefix}には、{なし | sm | md | lg | xl}が入ります。

 

なお、Bootstrap4では、Bootstrap3で用意されたhidden-{prefix}やvisible-{prefix}は廃止され、代わりにd-{prefix}-noneやd-{prefix}-blockに変更されました。
 
 

displayで表示・非表示を設定

ここでは、displayクラスを使って、横幅サイズに応じて表示・非表示を設定する方法を説明します。
 

  • .d-{prefix(sm/md/lg|xl)}-none:prefixの横幅以上のときに非表示(display:none)
  • .d-{prefix(sm/md/lg|xl)}-block:prefixの横幅以上の時に表示(display:block)

 

Screen SizeClass
XSサイズのみ表示d-block d-sm-none
SMサイズ以上で表示d-none d-sm-block
MDサイズ以上で表示d-none d-md-block
LGサイズ以上で表示.d-none .d-lg-block
XLサイズ以上で表示.d-none .d-xl-block

 

たとえば、XSサイズのみ表示したい場合は、クラス名に「d-block(全て表示) d-sm-none(SMサイズ以上で表示)」を指定します。
 

■XSサイズのみ表示したい場合

 

■上記のソースコード

 

■表示例

 

■上記のソースコード

 

そのほかにも、d-{prefix}-noneとd-{prefix}-blockの組み合わせで、任意のブレークポイントで表示・非表示を切り替えることができます。
 

Screen SizeClass
全てのサイズで非表示d-none
XSサイズのみ非表示d-none d-sm-block
SMサイズのみ非表示d-sm-none d-md-block
MDサイズのみ非表示.d-md-none .d-lg-block
LGサイズのみ非表示.d-lg-none .d-xl-block
XLサイズのみ非表示.d-xl-none
全て表示(初期値).d-block
XSサイズのみ表示.d-block .d-sm-none
SMサイズのみ表示.d-none .d-sm-block .d-md-none
MDサイズのみ表示.d-none .d-md-block .d-lg-none
LGサイズのみ表示.d-none .d-lg-block .d-xl-none
XLサイズのみ表示.d-none .d-xl-block

 

■visible/hiddenの表示例

 

■上記のソースコード

 

色々なdisplay(ディスプレイ)にクラス

表示・非表示以外にも色々なdisplayクラスが用意されています。
displayに関するクラスは下記の通りです。
 

クラスCSS displayの値
d-nonedisplay:none
d-inlinedisplay:inline
d-inline-blockdisplay:inline-block
d-blockdisplay:block
d-tabledisplay:table
d-table-celldisplay:table-cell
d-table-rowdisplay:table-row
d-flexdisplay:flex
d-inline-flexdisplay:inline-flex

 

■d-inlineの表示例
Bootstrap4 display d-inline
 

■上記のソースコード

 

■d-blockの表示例
Bootstrap4 display d-block
 

■上記のソースコード

 

ブレークポイントを設定することもできます

クラスCSS displayの値
d-{sm | md | lg | xl}-none{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:none
d-{sm | md | lg | xl}-inline{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:inline
d-{sm | md | lg | xl}-inline-block{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:inline-block
d-{sm | md | lg | xl}-block{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:block
d-{sm | md | lg | xl}-table{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:table
d-{sm | md | lg | xl}-table-cell{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:table-cell
d-{sm | md | lg | xl}-table-row{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:table-row
d-{sm | md | lg | xl}-flex{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:flex
d-{sm | md | lg | xl}-inline-flex{sm | md | lg | xl}サイズ以上でdisplay:inline-flex

 

また、Bootstrap4ではフレックスボックスが採用されて、d-flexやd-inline-flexが使えるようになりました。フレックスボックスに関する詳しい使い方は下記をご参照ください。

Bootstrap4 Flex(フレックス)ユーティリティの使い方を徹底解説


 

Display Property | Bootstrap4
 

▲▲目次に戻る▲▲

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)4のディスプレイ(display)の使い方の基本をご紹介しました。
 

公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
 

Display Property | Bootstrap4
 

 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【メルマガ登録はこちら!!】
自分でホームページ制作・Web集客したい個人事業主様向けWebスクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したい個人事業主のためのウェブスクール・教室 ウェブストエイト

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ