Bootstrap4 フォーム(form)クラスの使い方を徹底解説

Bootstrap4 formの使い方

Bootstrap4で利用できるform(フォーム)の使い方をご紹介します。
 

Bootstrap4 のフォームの使い方 横並び
 

一部追加されたクラスなどありますが、formの基本的な使い方はbootstrap3とほぼ同じです。
 

 

 

Bootstrap4でのフォーム(form)の基本的な使い方

基本的なフォーム部品の使い方

フォームを利用する場合の基本的な使い方としては、フォーム部品(input、textarea、select)にform-controlクラスを追加し、外側をform-groupクラスをつけたdivタグで囲む形になります。
 

クラス名内容
form-groupラベルやフォーム部品をグルーピングする外側のdivタグで利用します。余白などの見た目を整えてくれます。
form-controlフォーム部品に設定します。input、textarea、selectで利用します。フォーム部品の大きさやレイアウトを整えてくれます。
form-check-inputinput要素のtypeがcheckboxやradioの場合は、form-controlの代わりにform-check-inputを利用します。

 

■表示例

Bootstrap フォームの例

Bootstrap フォームの例

 

■ソースコード

 

(参考)form-group、form-controlのCSS

■form-groupクラスのCSS
form-groupのCSS
 

■form-controlクラスのCSS
form-controlのCSS
 

 
 

ラベルとフォーム部品を横並びにする

ラベルとフォーム部品を横並びにするためには、グリッドシステムのrow、col-{prefix}-{数字}を利用します(※)。
 

■表示例
Bootstrap4 のフォームの使い方 横並び
 

■上記のソースコード

 

 

labelにあるcol-form-labelってなんでしょうか?必要なんですか?
 

ラベルの文字のレイアウトを少し調整してくれます。必須ではありませんが、あった方が良いでしょう。
Bootstrap4 のcol-form-label
 

フォーム部品を全て横並びにする form-inline

フォーム部品を全て横並びにする場合は、form要素にform-inlineクラスを追加します(form要素にdisplay:flexがかかり、中の子要素がフレックスアイテムになります。)
 

■表示例
bootstrap4 form-inlineのCSS

■上記のソースコード

 

■(参考)form-inlineクラス(form要素にdisplay:flexがかかり、中の子要素がフレックスアイテムになります。)
bootstrap4 form-inlineのCSS
 

 
 

フォームサイズの設定 form-control-{sm | lg}

インプットフォームの大きさを設定するには、form-controlクラスに加えて、form-control-{sm | lg}を追記します。
 

クラス名内容
form-control-smフォームエリアの大きさを通常より小さくする
form-control-lgフォームエリアの大きさを通常より大きくする

 
■表示例
フォームの表示例
 

■上記のソースコード

 

チェックボックスとラジオボタン

ここでは、チェックボックスとラジオボタンの使用例をご紹介します。input要素のtypeがcheckboxやradioの場合は、form-controlの代わりにform-check-inputを利用します。

チェックボックスの例

チェックボックスの使用例は下記の通りです。

■表示例
Bootstrap4 のチェックボックス
 

■上記のソースコード

 

form-checkクラスとform-check-labelクラスについて

form-checkクラスとform-check-labelクラスも、レイアウトを微調整するために用意されているBootstrap4のクラスです。必要に応じて組み合わせて使いましょう。
 
bootstrap4 form-checkのCSS
 

bootstrap4 form-checkのCSS

 
 

ラジオボタンの例

ラジオボタンの使用例は下記の通りです。
 

■表示例
Bootstrap4 のチェックボックス
 

■上記のソースコード

 

チェックボックスやラジオボタンを横並びにする

form-checkクラスに加えてform-check-inlineクラスを追加すると、チェックボックスやラジオボタンを横並びにすることができます。
 

■表示例
Bootstrap4 form-check-inline
 

■上記のソースコード

 

■参考)form-check-inlineクラスのCSS。display:flex-inlineが設定されます。
Bootstrap4 form-check-inlineのCSS
 

ここでは割愛しますが、このほかにも色々な使い方があります。詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。
Forms | Bootstrap4.3
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)4のフォーム(form)の使い方の基本をご紹介しました。
 

使用頻度が低いためここでは割愛しましたが、ほかにもいくつかの使い方があります。公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
 

Forms | Bootstrap4.3
 

 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【メルマガ登録はこちら!!】
自分でホームページ制作・Web集客したい個人事業主様向けWebスクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したい個人事業主のためのウェブスクール・教室 ウェブストエイト

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ