Bootstrap4 Textの使い方を徹底解説

Bootstrap CSS

Bootstrap4 Text ユーティリティの使い方を徹底解説

投稿日:

Bootstrap4で用意されているTextユーティリティを利用すれば、文字の整列、折り返し、太さなどを設定できます。ここでは、利用できるTextユーティリティの使い方を説明していきます。
 


 

 

Textユーティリティの基本

左寄せ・右寄せ・中央揃えを設定 text-{位置}

左寄せ・右寄せ・中央揃えを設定するためには、text-{位置}を利用します。左寄せはtext-left、右寄せはtext-right、中央寄せはtext-centerを使用します。
 

■表示例
text-left、text-center、text-rightの設定
 

■上記のソースコード

 

また、ブレイクポイントを設けてテキスト揃えをしたい場合はsm(544px以上)、md(768px以上)、lg(992px以上)、xl(1200px以上)を組み合わせて利用します。
 

クラス説明
text-{sm|lg|xl}-left{sm|lg|xl}以上で左寄せ
text-{sm|lg|xl}-center{sm|lg|xl}以上で中央揃え
text-{sm|lg|xl}-right{sm|lg|xl}以上で右寄せ

 

■表示例


 

■上記のソースコード

 

文字の太さとイタリック体を設定するクラス

文字の太さを指定するには、font-weight-{文字の太さ}クラスを指定します。太さは、bold(太字)、normal(通常)、light(細字)から選択します。また、斜体を使用するには、font-italicクラスを指定します。
 

クラス説明
font-weight-bold文字を太字にする
font-weight-normal文字を通常にする
font-weight-light文字を細字にする
font-italic文字をイタリックにする

 

Bootstrap4 フォントの太さ
 

■上記のソースコード

 

Text | Bootstrap4
 

▲▲目次に戻る▲▲


 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)4のTextユーティリティの使い方の基本をご紹介しました。
 

使用頻度の低いため、ここでは割愛しましたが、ほかにも色々なクラスが用意されています。公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
Text | Bootstrap4
 

 

『自分で作る選択を!』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

-Bootstrap, CSS
-, , , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.