Google AnalyticsとSearch Consoleの登録・設定方法

ここでは、ウェブサイトを活用・運営する上でほぼ必須のツールであるGoogle AnalyticsとSearch Consoleの設定方法について説明します。
 

Googleアカウントが必要になりますので、Googleアカウントをお持ちでない方は事前に作成しておいてください。
 
 

もくじ

以下は本記事のもくじです。

  1. 1. Google Analyticsの設定
    1. 1-1. Google Analyticsとは
    2. 1-2. Google Analyticsの設定方法
  2. 2. Google Search Consoleの設定
    1. 2-1. Google Analyticsとは
    2. 2-2. Google Analyticsの設定方法
  3. 3. まとめ

 

1. Google Analyticsの設定

 

1-1. Google Analyticsとは

Google Analyticsは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。
 
Google Analyticsの画面
 
ホームページやブログをGoogle Analyticsに登録することで「どのくらいのページ数が閲覧されたか」や「何人が訪問してくれたか」、「どのくらい滞在してくれたか」、「どこから訪問してくれたのか」など、サイトへのアクセスに関するさまざまなデータについて詳しく分析することができます。
 

ホームページやブログをしているなら必須のツールですので、ぜひ導入しておきましょう。
 
 

1-2. Google Analyticsの設定方法

下記にアクセスして、GoogleアカウントでGoogleAnalyticsにお申し込みします。

Google Analytics
 

Google Analytics お申込み
 

アカウント名、ウェブサイトの名前、サイトURLなどを入力します(ここでは全てドメイン名を入力)。


 

ページ下部にあるトラッキングIDを取得をクリックします。

 

利用規約を確認して「同意する」を押下します。

 

トラッキングコードが取得できます。これをウェブサイトのheadタグ内に貼り付けます。

 

(※)ワードプレスをご利用でWP Total Hacksというプラグインをご利用されている場合は、設定>WP Total Hacksから設定できます。
WordPress プラグイン WP Total Hacks ワードプレスの管理機能を強化する各種設定が可能
 

Google Analyticsインストールにトラッキングコードを貼り付けて完了します。
WordPress プラグイン WP Total Hacks Googe Analyticsのトラッキングコードを貼り付ける。 ログインユーザーを除外する設定ができる
 

(※)サーバー側のセキュリティ機能の一つ「WAF」の設定がONになっている場合、完了ボタンを押すとエラー画面が表示されていることがあります。
例. ロリポップのWAFの設定(WAFの設定・解除 | ロリポップ)
 

(※)ワードプレスをご利用でSEO対策プラグイン「All in ONE SEO Pack」をご利用の場合は、トラッキングIDを設定画面に貼り付ければOKです。

 
All in One SEO>一般設定を選択します。

 

指定の箇所にトラッキングIDを貼り付けて保存します。

 
 

2. Google Search Console

 

2-1. Google Search Consoleとは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。
 
Google Search Consoleの画面
 

サイトマップの登録やGoogleへのインデックス登録のリクエストなどができるほか、
 

実際にどんなキーワードで検索されて何回表示されて、そのうち何回クリックされたかなどの情報を確認することができます。
 

Google Analyticsは主に、ホームページに到着した最中している最中の動きを確認できるのに対して、
 

Google Search Consoleは、検索エンジンを使ってどのようなキーワードでホームページに到着したかを確認することができます。
 
 

2-2. Google Search Consoleの設定方法

Googleにログインしている状態で下記のサイトにアクセスします。
Google ウェブマスターツール
 

プロパティを追加します。
Google Search Console 所有権の確認
 

登録したいURLを入力して追加します。
Google Search Console 所有権の確認
 

所有権の確認を行います。Google Analytics登録済みの方はグーグルアナリティクスで所有権を確認できます。
Google Search Console 所有権の確認
 

問題なければ所有権の確認が完了します。
Google Search Console 所有権の確認
 

管理画面に入れたらOKです。
Google Search Consoleの画面
 
 

4. まとめ

ここでは、ウェブサイトを活用・運営する上でほぼ必須のツールであるGoogle AnalyticsとSearch Consoleの設定方法について説明しました。
 

コンテンツを作成したら、今度は分析や効果測定を行い改善を重ねていってください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

「自分で作る選択を!」個人事業主のための大阪のホームページ作成とWeb集客の教室・スクール 「Webst8」

ウェブストエイトは自分でホームページ制作・Web集客したい方向けの少人数制個別指導のスクール・塾です。 継続6ヶ月コースとお試し1ヶ月コースから選択して受講できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ