Webライティング講座】ロジカルライティン「総論・各論・まとめ」

マーケティング ライティング

【ロジカルライティング】論理的でわかりやすい文章の書き方を徹底解説!

更新日:

今回は論理的でわかりやすい文章の作り方の技法の一つ「ロジカルライティング」をご紹介します。ロジカルライティングを活用することで、読み手にも検索エンジンにもわかりやすい文章を作ることができSEO対策にもなります。
 

ブログがうまく書けません。他の人が書いたブログ記事と比べると、自分の文章はなんだか頭に入らないんです。

いきなり詳細の文章を書き始めずに、まずは文章構成・枠組みをしっかり作っていくことをおすすめします。

 

 


 

ロジカルライティングは文章を論理的に書く技術

ロジカルライティングとは、文章を論理的に書く技術のことです。ビジネス文書や論文などと同様に、先に結論から述べて、徐々に詳細を伝えるというスタイルになります。
 

ロジカルライティングで書かれた文章は、読みやすく短い時間で全体像を把握することができるので、Webライティングにおいても重用されます。
 

ロジカルライティングにのっとった文章を書く技術を身につけることで、読み手に自分の主張を理解してもらい、書き手の起こしてほしいアクションを促すことができます。
 

(補足)ロジカルライティングとエモーショナルライティング

ライティングにはロジカルライティングとエモーショナルライティングの二種類に大別できます。
 

ロジカルライティングとエモーショナルライティングの違い

「ロジカルライティング」は読み手に理解してもらう際に使われる論理的でわかりやすい文章の書き方のことで、これに対して「エモーショナルライティング」とは、読み手の感情に訴えかける書き方のことです。

 
 

ロジカルライティングは「総論・各論・まとめ」で構成される

書構造:総論・各論・まとめ
 

ロジカルライティングでは、まず冒頭の「総論(結論)」で訪問者に何を伝えたいかを述べます。次に「各論」で、訪問者に伝えたいことを具体的に細かく説明します。最後に「まとめ」を述べます。
 

文章を書くことが苦手な方や初心者は、「総論・各論・まとめ」の骨組みを、最初に考えて、記事を書いて行きましょう。

 

記事の基本構造
  • 総論:記事の冒頭。「総論」で訪問者に何を伝えたいかを記述
  • 各論:訪問者に伝えたいことを具体的に細かく記述
  • まとめ:記事のまとめを記述

 

ロジカルライティング「総論」の書き方 

ロジカルライティングでも先に総論(結論)を述べます。読み手は先に総論を読むことでこれから続く内容がテーマに沿った内容であることを予測できるので読みやすくなります。
 

【総論】タイトルを決める

ロジカルライティング 総論 タイトルを決める
 

まず最初に記事タイトルを決めます。タイトル=結論です。タイトルを見ただけで記事の概要と結論がわかるように命名します。
 

ここでは、例として下記のようなタイトルにします。

(タイトル)起業初期の個人事業主にはホームページ自作が絶対おすすめ

 

先にタイトルを決める理由としては、「〇〇は〇〇である」といった結論を先に決めておくことで、結論に沿った各論を記述することができ一貫性のある文章にしやすくなります。
 

(※)タイトルの微妙な言い回しは最終的に変更しても構いません。ただし仮でも結論を述べたタイトルは作っておくことをオススメします。理由は、結論をあいまいにしたまま文章を書き始めると、途中でブレて一貫性のない内容になってしまう危険があるためです。
 

 
 

【総論】冒頭文を書く

冒頭に総論(結論)を述べることで主題(テーマ)を理解できる
 

タイトル(結論)が書けたら、次に結論を補足する冒頭文を書きましょう。
 

ここでは、下記のような冒頭文にします。

事業主にとって、自分のビジネスのホームページを外注するか自作するかでお悩みの方は多いのではないでしょうか。起業初期の個人事業主にはホームページの自作が絶対おすすめです。ここでは、ホームページ自作のメリットおよびデメリットをご紹介します。(以下省略)

 
 

ロジカルライティング「各論」の書き方

【各論】見出しを作成する

結論を補足する各論の見出しを作成する
 

総論(結論)を決めたら、各論の説明で結論を補足していきます。
 

ここでは、「〜がおすすめです」という主張なので、各論は「なぜならば(理由)」を項目を出していく流れになります。
 

(結論)起業したばかりの個人事業主には、ホームページを外注するよりも自作がおすすめです。

(なぜならば...)

(各論1)最近ではホームページを作成するツールが充実してきている

(各論2)自作することで金銭的リスクを抑えることができる

(各論3)起業したばかりの頃は事業内容が変わる可能性がある

(各論4)事業成長に必要なITスキルやWebマーケティングを学習しながら実践できる
...

 

結論を支える各論の理想系は「洩れなく重複なく(MECE)

MECE(ミッシー)とは、「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の略で、「洩れなく重複なく」という意味になります。

ロジックツリーを使って結論を支える各論を洩れなく重複なく洗い出す(MECE)

上記図のように、結論を支える論拠を並列に揃えることで論理的に正しさを示す論理構造は便利です。読み手も論拠を理解しやすいため、説得力があります。

 

各論の項目出しをしようと思っても、せいぜい2,3個しか思い浮かびませんがどうしたらよいでしょうか?

自分で考えても限界があるので、そういう時は一度ネットで類似した内容の記事を検索して、他のサイトがどのような切り口で各論を述べているか調べてみましょう。
もちろんそのまま盗んではいけませんが、自分で考えているだけでは限界があります。他のサイトを参考にしてみてください。

 

「〇〇(結論)」を支える各論を洩れなく重複なく、網羅的に項目出ししてみましょう。
 

Webライティングではh1〜h6タグを使って見出しを作る

Webライティング 見出しを使った文書構造

Webライティングでは見出しを作るときは、h1〜h6まで用意された書くタグを利用して見出しを作ります。見出しを活用することで文章をテーマごとにグルーピングすることができます。

正しい論理構造の見出しをつけることで、Googleの評価も上がり、検索順位が上がりやすくなります。

 

【各論】(補足)見出しには結論とキーワードを含める

各論の見出しでは、結論を述べてください。可能であれば、検索キーワードも含めて記述しましょう。キーワードを含めることで検索エンジン対策にもなります。
 

見出しにはキーワードを入れる
 

下記は良くない見出しの例です。

(見出し)根拠1
起業初期の頃は、まだ事業内容も固まっておらず、内容も大きく変わっていく可能性があります。....
 
(見出し)根拠2
最近では、ホームページを作成するツールやサービスが充実してきており、初心者向けにホームページを作ることができるようになってきています。...

 
「根拠1」や「根拠2」といった見出しを読んでも、読み手は各論の概要を理解できません。また、キーワードも入っていないのでSEO的にも優しくありません。
 

各論の見出しもタイトル同様結論を書きます。ここでは、下記のように修正しました。

(見出し)起業初期は事業内容が変わる可能性が大きい
起業初期の頃は、まだ事業内容も固まっておらず、内容も大きく変わっていく可能性があります。....
 
(見出し)ホームページを作成するツールが充実している
最近では、ホームページを作成するツールやサービスが充実してきており、初心者向けにホームページを作ることができるようになってきています。...

 

このように見出しに各論の結論を述べることで読み手は、見出しを見ただけでどんなテーマを説明しているのか理解できるようになります。理想は見出しだけを読んで記事の中身がわかるように構成する工夫をしましょう。

多くの人は細かい文章まで読んでくれません。スクロールしながら見出しだけ拾って流し読みのような人も多いのです。

 
 

【各論】見出しに対する説明文を作成する

各論見出し(結論) に対する説明文を作る
 

各論の見出しが一通りかけたら、各見出しの詳細を説明する文章を作成していきます。説明文を作成する際には、パラグラフライティングがオススメです。パラグラフライティングでは、1つのパラグラフに1つのテーマだけを扱い「導入文、主文、結論文」で構成します。
 

パラグラフライティング。見出し(テーマ)に対する説明文章の書き方
 

導入文
導入文は、パラグラフのはじめに書き、読み手に伝えたいテーマを、知らせる役割があります。導入文だけで、パラグラフの全貌がわかるように書く必要があります。
主文
主文では、導入文で書いた結論の詳細を記述します。たとえば、結論の根拠や具体例などになります。主文では、導入文のテーマと関係することのみ記述して、原則別のテーマのことは書かないようにします。テーマとは別のことを書く場合は、別のパラグラフを作ります。
結論文
結論文は、結末のまとめの役割と、パラグラフ全体を締める効果があります。文章が短くなったり不自然になる場合は、省略しても構いません。

 

以下は「導入文」「主文」「結論文」の構成に合わせた例です。

(見出し)ホームページを作成するツールが充実してきている
(導入文=結論)最近では、ホームページを作成するツール・サービスが充実してきており、初心者でも簡単にホームページが作れるようになりました。
(主文=導入文の詳細・根拠・具体例)たとえば、ホームページビルダーや、WixやJimdo、WordPressなどのホームページ作成ソフトの名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
以前は、このようなツールがなく(または機能面が不足していて)、ホームページを作ろうと思ってもHTML・CSSなどのプログラミング言語を勉強する必要がありました。そのため、素人が自分でホームページを作ることは難しかったのです。・・・(以下省略)
(結論文=まとめ)このように、今はホームページを作成するサービスがかなり充実してきています。Webの専門家ではない個人事業主でも、比較的簡単にホームページが作れるようになったのです。

 

このように「導入文」「主文」「結論文」という構成を作ることによって、読み手に理解しやすくGoogleにも評価される記事を作成することができます。
 

【各論】小見出しを利用して更に細分化できる

小見出しを使って更に細分化できる

見出しは階層を持つことができ、各論は小見出しを利用して更に細分化することができます。
 

本の第1章、第2章が各論の見出しとすると、小見出しは第1-1章、第1-2章といった感じですね。

 

各論の見出し(大見出し)に対する説明文が長くなる場合や、テーマを細分化できる場合は、小見出しを利用して更に細分化しましょう。
 
 

ロジカルライティング「まとめ」の書き方

【まとめ】これまでの内容を総括する

ロジカルライティングのまとめ。まとめを読んで情報を整理&理解できる

最後にまとめとして、結論や各論の説明を総括します。まとめではこれまでの説明の締めくくりに加えて、読み手の次の行動を促します。
 

下記の例をみてみましょう。

(結論)起業したばかりの個人事業主には、ホームページを外注するよりも自作がおすすめです。

(なぜならば...)

(各論1)最近ではホームページを作成するツールが充実してきている

(各論2)自作することで金銭的リスクを抑えることができる

(各論3)起業したばかりの頃は事業内容が変わる可能性がある

(各論4)事業成長に必要なITスキルやWebマーケティングを学習しながら実践できる
...

(まとめ)いかがでしたでしょうか。今回は起業したばかりの個人事業主には、ホームページを外注するよりも自作がおすすめであること、およびその理由についてご紹介しました。起業したばかりの人もこれから起業する人もぜひ一度ホームページの自作を検討してみてください。
自作について色々相談したい場合は〇〇までお気軽にお問い合わせくださいね。

 

「起業したばかりの人もこれから起業する人もぜひ一度ホームページの自作を検討してみてください。」で、読み手に具体的な検討を促しています。
 
もし記事を書いた目的がお問い合わせをもらうことであれば「自作について色々相談したい場合は〇〇までお気軽にお問い合わせくださいね。」といったお問い合わせを促していきます。
 

まとめのポイント
  • 「今回は〇〇についてお話ししました。」といった締めくくりをする
  • 読み手の次の行動を促す

 
読み手は、まとめを読んでこれまでの情報を整理し、理解不足の点も再度読み返すことで理解が深まります。各論を書き終えたら最後にまとめとして、結論や各論の説明を総括しましょう。
 
 

まとめ ロジカルライティングをフル活用してわかりやすい文章を作ろう

今回は、ロジカルライティングのメリットとロジカルライティングによる文章の書き方をご紹介しました。
 

ロジカルライティング
  • ロジカルライティングは論理的で分かりやすい文章を書く技術。Webライティングでも重用。
  • ロジカルライティングでは、「総論・各論・まとめ」で構成される
  • 総論では記事の結論(テーマ)を述べる
  • 各論では総論の補足を述べる
  • まとめで記事の総括を述べる
  • 説明文は、パラグラフライティングを使って導入文、主文、結論で構成する

 

ライティングは頭で覚えても実際に書かないとなかなか上達しません。
 

ぜひ実際にどんどん試していって上達していきましょう!!
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました
 

 


 

-マーケティング, ライティング
-, , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.