転職エージェントとは?サービスの特徴やメリット・デメリット

転職エージェントとは? 特徴やメリット・デメリット

これから転職活動を始める方の中には「転職エージェントを利用しようと思うけど、どんな感じで自分が使っても良いんだろうか」と考えている方も多いと思います。

転職エージェントを正しく活用すると効果的に転職活動することができます。

そこで今回は転職エージェントの概要や特徴、メリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

目次

転職エージェントとは?サービス概要

転職エージェントのサービスイメージ

転職エージェントは、転職希望者と人材を探している企業の間に立ってマッチングをお手伝いしてくれるサービスのことを言います。

サポート内容はエージェントによって若干異なるものの、基本的には「求人紹介」「キャリア相談」「面接対策」、また入社が確定してからは「入社日の調整」などといった様々なサポートを受けることが可能です。

転職エージェントで受けられるサポート例
  • 求人紹介
  • キャリア相談
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 年収交渉
  • 入社日の調整

など

また、ほとんどの転職エージェントは無料で利用することができます。これは転職希望者の入社が決定することで企業側から紹介料を受け取っているためです。

転職エージェントを活用するメリットとデメリット

ここからはより深堀して転職エージェントの特徴、メリット・デメリットを紹介していきます。

これから転職エージェントの利用を考えている方は、まずはここで紹介するメリット・デメリットを把握しておきましょう。

スクロールできます
メリットデメリット
転職エージェントの特徴非公開求人を含む豊富な求人が見られる

転職業界に詳しいキャリアカウンセラーに相談できる
選考対策ができる

企業との細かなやりとりを代行してくれる
担当者によってサービスの質にバラツキがある
エージェントによってはサポート期限が決められている

転職エージェントを利用するメリット

まずは転職エージェントを利用するメリットについてです。転職エージェントを利用するメリットは合計で4つあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 非公開求人を含む豊富な求人が見られる
  • 転職業界に詳しいキャリアカウンセラーに相談できる
  • 選考対策ができる
  • 企業との細かなやりとりを代行してくれる

1. 非公開求人を含む豊富な求人が見れる

1つ目のメリットは、非公開求人を含む豊富な求人が見れるという点です。

求人の数は各エージェントによって様々ですが、多くのエージェントでは公開・非公開を含めて約5〜10万件の求人を保有しています。

その中から転職希望者1人ひとりに合った最適な求人を提案してくれるので、より自分の希望条件に合った仕事を探すことが可能です。

2. 転職業界に詳しいキャリアカウンセラーに相談できる

2つ目は、転職業界に詳しいキャリアカウンセラーに相談できるという点です。

転職活動を始める際、自分の強みを把握しておくことは大事ですが、意外と自分1人では自身の強みが何なのか気づかないものだと思います。

その点、転職エージェントを利用するとプロのキャリアカウンセラーにキャリア相談ができるので、スムーズにキャリアの棚卸しをすることができます。

3. 選考対策ができる

3つ目は、選考対策ができるという点です。

転職エージェントのサポート内容はエージェントによって異なりますが、多くの場合「求人の提案」だけでなく、「応募書類の添削」や「面接対策」まで無料で受けられます。

そのため、これらを上手く活用することで書類選考や面接などの選考対策が可能です。

4. 企業との細かなやりとりを代行してくれる

4つ目は、企業との細かなやりとりをエージェントが代行してくれるという点です。

転職先が決まって、いざ給与や待遇、入社日などの交渉を行うフェーズに入った際、人によっては遠慮してしまって、しっかりと自分の希望を言えないことがあると思います。

そういった方は、転職エージェントにこれらの交渉を代行してもらうと良いでしょう。

転職エージェントを利用するデメリット

次に転職エージェントを利用するデメリットを紹介します。転職エージェントは利用するメリットが多いですが、中にはデメリットもあるので、こちらも把握しておきましょう。

転職エージェントを利用するデメリット
  • 担当者によって品質にバラツキがある
  • エージェントによってはサポート期限が決められている

1. 担当者によって品質にバラツキがある

1つ目は、担当者によってサービスの品質にバラツキがあるという点です。

当たり前のことですが、在籍しているキャリアカウンセラーはそれぞれ異なる実績・経験を有しているので、経験の少ないカウンセラーに当たった場合は、あまり満足したサポートが受けられない可能性があります。

また担当者によっては、自身の売上やノルマなどを気にして転職希望者の希望とは異なる求人を強引に進めてくる場合や、転職希望者の学歴・職歴で対応があからさまに変わる人も中には存在します。なので、どうしても担当者と相性が合わないと感じた方は変更をお願いしてみると良いでしょう。

2. エージェントによってはサポート期限が決められている

2つ目は、エージェントによってはサポート期限が決められているという点です。

転職エージェントの中には、サポート期限が無制限なところもありますが、例えば「リクルートエージェント」のように約3ヶ月を目安としているようなところもあります。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月を目安としています。約3カ月を目安にしている背景のひとつに、実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定していることが挙げられます。

引用:転職エージェントの登録時期 | リクルートエージェント

そのため、時間をかけてゆっくりと転職活動を進めていこうと思っている方は、この点を注意深く確認するようにしましょう。

転職エージェントはこんな人におすすめ

転職エージェントはこんな人におすすめ

ここまでで転職エージェントのサービス概要やメリット・デメリットを紹介してきましたが、以上を踏まえると、転職エージェントは以下のような方におすすめと言えるかと思います。

転職エージェントはこんな人におすすめ
  • 専門家に相談しながら自分にあった求人を見つけたい方
  • 転職はしたいけれど今後のキャリアの方向性が決まっていない方

など

転職エージェントを利用するメリットは、先述したように「非公開求人を含む豊富な求人が見られる」という点です。そのため、これらの求人の中から自分に最適な求人を見つけたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

また、プロのキャリアカウンセラーに無料で相談できるので、「転職はしたいけれど今後のキャリアの方向性が決まっていない」という方は、カウンセラーとキャリアの棚卸しを行なってから方向性を決めていくと良いでしょう。

自分に合った転職エージェントの選び方

最後に自分に合った転職エージェントの選び方を紹介します。

自分に合った転職エージェントの選び方
  • 希望している業界の求人があるかどうかで選ぶ
  • 各エージェントの特徴を考慮して選ぶ
  • 転職サポート期限を考慮して選ぶ

1. 希望している業界の求人があるかどうかで選ぶ

1つ目は、自分の希望している業界の求人があるかどうかで選ぶという方法です。

エージェントによっては「金融業界には強いけれど、IT業界には弱い」といった特色があります。

そのため、まずは自分の希望している業界の求人が豊富かどうかという点で転職エージェントを選択すると良いでしょう。

2. 各エージェントの特徴を考慮して選ぶ

2つ目は、各エージェントの特徴を考慮して選ぶという方法です。

転職エージェントとしての役割は各社似ていますが、「20代〜30代の若者の転職支援実績が豊富」なところや「積極的に求人紹介をしてくれる」ところなど、特徴はそれぞれ異なります。

そのため、各エージェントの強みとしている点を把握した上で、自分に合った転職エージェントを選択すると良いでしょう。

3. 転職サポート期限を考慮して選ぶ

3つ目は、転職サポート期限を考慮して選ぶという方法です。

先述しましたが、転職エージェントによってはあらかじめ目安となる転職サポート期限が決められていることがあります。

働きながら転職活動をしている方だと短期集中という訳にはいかないかもしれないので、この点も考慮して自分に合ったエージェントを選択すると良いでしょう。

まとめ・転職活動を効率的に進めるなら転職エージェントを利用しよう!

まとめです。今回は転職エージェントのサービスの概要やメリット・デメリットについて紹介しました。

転職エージェントのサービスイメージ
スクロールできます
メリットデメリット
転職エージェントの特徴非公開求人を含む豊富な求人が見られる

プロのキャリアカウンセラーに相談できる
選考対策ができる

企業との細かなやりとりを代行してくれる
担当者によってサービスの質にバラツキがある
エージェントによってはサポート期限が決められている

なお、今回は転職エージェント全体の特徴を紹介しましたが、各転職エージェントにはさらに異なる特徴があります。そのため、自分に合った転職エージェントを探したい方はこれらも把握した上で選択するようにしましょう。

今回は以上になります。最後までご覧いただき、ありがとうございました

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次