【転職サイト】リクナビNEXTの特徴や評判・口コミ、向いている人

転職サイト リクナビNEXTの評判・特徴や口コミを解説

今回は求人数が業界トップクラスの転職サイト「リクナビNEXT」の特徴や評判・口コミを紹介し、それを踏まえてリクナビNEXTが向いている人などを紹介していきます。

リクナビNEXTは転職希望者の8割が登録していると言われており、結論から言うと初めて転職を検討している20代〜30代ならほぼ全員におすすめの転職サイトです。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ
  • 初めて転職を検討している20代〜30代
  • たくさんの選択肢の中から転職先を探したい方
  • 正社員として転職先を探している方
  • 未経験分野に転職をしたいと考えている方

詳しい特徴や評判・口コミを知った上でリクナビNEXTの利用を検討したい方は、本記事を最後までご覧いただくことをおすすめします。

リクナビNEXTを利用するには、会員登録(無料)を済ませておく必要があります。手続き自体は簡単3ステップで完了するものになっているので、興味を持たれた方は登録を済ませておきましょう!

なお、IT・エンジニアにおすすめの転職エージェントを「IT・エンジニアにおすすめの転職エージェント比較・一覧」でご紹介していますので、転職エージェントをお探しの方はあわせてご参照ください。

目次

リクナビNEXTの概要

リクナビNEXTの公式サイト
スクロールできます
運営会社株式会社リクルート
本社所在地東京都千代田区丸の内1-9-2
公開求人数 / 非公開求人数約6.4万件 / 非公表
ユーザー層34歳以下の割合が約55%
エリア関東、関西、東海エリアに偏りがあるが、1番少ないエリア(北海道)でも約2000件の求人が存在
※2022年11月時点に公式サイトから確認したデータです

リクナビNEXTは株式会社リクルートが運営する、転職希望者の「約8割」が登録されている業界最大手の転職サイトです。

公開求人数は約6.4万件と業界トップクラス。また、スカウトの設定をオンにしていると公募されていないオファー(非公開求人)を含む様々なオファーを求人企業から受け取ることができます。

なお、リクナビNEXTは転職サイトですので、転職エージェントのようにキャリアアドバイザーに相談したりキャリアカウンセリングを受けたりすることはできません。リクルートエージェントのなどの転職エージェントと併用するのがおすすめです。

リクナビNEXTの3つの特徴

リクナビNEXTの3つの特徴を挙げると、とにかく求人数が多い業界最大手の転職サイトであることをはじめ下記のような特徴があります。

リクナビNEXTの3つの特徴
  1. とにかく求人数が多い業界最大手の転職サイト
  2. リクナビNEXTのみで掲載されている限定求人の数が多い
  3. 営業やITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)などの求人が多い

1. とにかく求人数が多い業界最大手の転職サイト

リクナビNEXTは、なんといってもとにかく求人数が多い業界最大手の転職サイトであることが最大の特徴です。

また、リクナビNEXTには約6.4万件の求人が掲載されていますが、正社員で採用検討している企業の割合が高く、その9割程度が正社員で採用を検討している求人です。

また、リクナビ求人広告代理店の資料によると、リクナビNEXTに登録されているユーザーのうち34歳以下の割合が約55%という結果になっています。そのため、リクナビNEXTに掲載されている求人も若手社員に向けられたものが多いと考えられるでしょう。

引用:会員数|リクナビNEXTの求人掲載申込はリクルート求人広告代理店|yell

そのため、正社員として転職したい20代・30代の方なら、まずはリクナビNEXTを使って転職活動を進めるのがおすすめです。

2. リクナビNEXTのみで掲載されている限定求人の数が多い

2つ目は、リクナビNEXTのみで掲載されている限定求人の数が多いという点です。

リクナビが行って調査によると、リクナビNEXTで掲載されている全求人のうち約85%がリクナビNEXTにしか掲載されていない限定求人となっています。

そのため、より多くの求人情報を集めてから自分に合った転職先を探したい方はリクナビNEXTで求人を探してみると良いでしょう。

3. 営業やITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)などの求人が多い

3つ目は、営業やITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)などの求人が多いという点です。

リクナビNEXTには非常に多くの求人が掲載されていますが、職種別に見ると営業やITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)などに求人が集中しています。

スクロールできます
職種求人数
営業約1.3万件
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ約1.2万件
事務・管理約9,500件
建築・土木技術職約6,600件
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)約6,100件
※5,000件以上ある職種のみを掲載。2022年11月時点で公式サイトより確認

逆に教育・保育・公務員・農林水産や医療・福祉・介護などの求人は少なくなっているので、これらの求人を探している方はこれらの職種に特化した転職サイトか、より求人数の多い「Doda」などを利用してあげると良いでしょう。

リクナビNEXTの口コミ・評判

ここからは、実際にインターネット上にあったリクナビNEXTの口コミ・評判を紹介していきます。

サービスの特徴が分かっても実際のところは使ってみるまで分からないものなので、実際に使用したユーザーによる良い口コミや悪い口コミを確認しておきましょう。

リクナビNEXTの良い口コミ・評判

まずはリクナビNEXTの良い口コミ・評判を紹介します。リクナビNEXTには非常に多くの口コミ・評判がありましたが、特に以下のような口コミが多く見受けられました。

  • 1. 求人の数がとにかく多い
  • 2. 限定求人の数が多い
  • 3. 求人が絞り込みやすい
  • 4. 会社情報が詳しく記載されている
  • 5. 未経験者歓迎の求人も豊富にある

転職に成功したサイトでした
会社を辞めてから1日でも早く転職を決めたかったので、複数の転職活動サイトに登録していました。その中でもリクナビNEXTは求人情報が他社では見ることができない、ここだけの会社が多く揃っていたと思います。そのおかげで、私が希望したい仕事内容の会社を見つけることができたし、他社よりも結構詳しく会社情報がホームページに掲載されていました。
担当者のフォローもばっちりで、キャリアカウンセリングや面接対策もしてもらえて、とても助かりました。おかげさまで転職することができたのでおすすめです。

引用元:みん評

こちらは「リクナビNEXTにのみ存在する限定求人の豊富さ」に満足された方の口コミ・評判です。
前述したように、リクナビNEXTに掲載されている求人の約85%はリクナビNEXTにしか掲載されていない限定求人となっています。そのため、より多くの選択肢から転職先を探したい方は他のサービスと併用してでもリクナビNEXTに登録しておくと良いでしょう。

リクナビNEXTの悪い口コミ・評判

次にリクナビNEXTの悪い口コミ・評判を紹介します。

  • 1. テンプレのようなメールがたくさん届く
  • 2. 応募倍率が高い
  • 3. 何度も同じ会社の求人が掲載されている

「応募しませんか?」やオファーメールは機械的に送られてくるので、あまり参考にはならない。企業情報は、企業によって中途半端な情報量でわかりづらく、参考にならないところも多かった。
取材記事は面白く、参考になった。

引用元:BEST WORK

こちらは「リクナビNEXTから機械的に送られてくるオファーメール」に不満を持たれた方の口コミ・評判です。

リクナビNEXTから届くオファーには全部で3種類(求人掲載企業からのオファー・転職エージェントからのオファー・転職エージェントが取り扱う求人企業からのオファー)ありますが、「求人掲載企業からのオファー」に関してはこういった機械的なメールが多いようです。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ

リクナビNEXTはこんな人におすすめ

ここまでで解説したリクナビNEXTの特徴や口コミ・評判を踏まえると、リクナビNEXTは以下のような方におすすめできる転職サイトだと言えると思います。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ
  • たくさんの選択肢の中から転職先を探したい方
  • 正社員として転職先を探している方
  • 未経験分野に転職をしたいと考えている方

リクナビNEXTは求人の数が多く、他社には掲載されていない限定求人の数も多いため、「よりたくさんの選択肢の中から転職先を探したい方」におすすめの転職サイトです。

また、これらの求人のほとんどが正社員として採用を検討している求人となっており、未経験歓迎の求人も全体の25%程度と多いので、「正社員として転職先を探している方」や「未経験分野に転職をしたいと考えている方」もリクナビNEXTの利用を検討されると良いでしょう。

逆に、業界最大手で求人企業も多い分、転職するつもりのない企業・待遇の求人もたくさんあります。中堅層・リーダー層以上でこれまでの経歴を活かしてキャリアアップ・年収アップを狙っている方や、IT特化の求人だけ見たい方には、「ビズリーチ」や「レバテックキャリア」などの高年収・業種に特化した転職エージェントを活用するのがおすすめです。

リクナビNEXTを利用するには、会員登録(無料)を済ませておく必要があります。手続き自体は簡単3ステップで完了するものになっているので、興味を持たれた方は登録を済ませておきましょう!

リクナビNEXTを効率的に利用する方法

リクナビNEXTを効率的に利用する方法

リクナビNEXTを効率的に利用するにはいくつかポイントがあります。以下に、リクナビNEXTを効率的に利用する方法を解説します。

リクナビNEXTを効率的に利用する方法
  1. リクルートエージェントにも同時登録しておく
  2. 職務経歴や希望条件などをしっかり記載しておく
  3. リクナビNEXT専用アプリを利用する

1. リクルートエージェントにも同時登録しておく

まず、転職エージェント「リクルートエージェント」にも同時登録しておきましょう。

リクナビNEXTは転職サイトですので、転職エージェントのようにキャリアアドバイザーに相談したりキャリアカウンセリングを受けたりすることはできません

リクナビNEXTではサービスの登録時に、同じ運営元が運営しているエージェントサービス「リクルートエージェント」にも同時登録できるようになっています。

エージェントサービスを使うと、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談できたり、その他各種サポートが受けられるので、興味がある方はこちらにも登録しておくと良いでしょう。

リクルートエージェントの特徴や評判・口コミに関しては以下の記事にて解説しているので、こちらもご覧下さい。

2. 職務経歴や希望条件などをしっかり記載しておく

2つ目は、職務経歴や希望条件などをしっかり記載しておくということです。

リクナビNEXTは職務経歴や希望条件などを詳しく記載しておくことで、それを見た転職エージェントや企業からスカウトが届くようになっています。

スカウトの中には一般公開されていない求人もあるので、より多くの求人情報が知りたい方は自身のプロフィールはしっかりと記載しておくと良いでしょう。

3. リクナビNEXT専用アプリを利用する

3つ目は、リクナビNEXT専用アプリを利用するということです。

リクナビNEXTにはスキマ時間を利用して求人を探したりできるように専用アプリが開発されています。

リクナビNEXT専用アプリ

こちらのアプリでは希望条件に合致する求人を手軽に探したり、プッシュ通知設定をしてお知らせを受信したりすることができるので、忙しくてあまりPCの前に座る時間がない方でも自分のペースで転職活動を進めることができます。

なお、スマホアプリはApp StoreやGoogle Playの両方でダウンロードすることが可能なので、興味がある方は下記からダウンロードしてみてみると良いでしょう。

リクナビNEXTを利用する流れ

最後にリクナビNEXTを利用する流れを簡単に解説します。リクナビNEXTを使って求人に応募するにはまず無料の会員登録を済ませる必要があります。

▼リクナビNEXTの会員登録(無料)画面を開く

上のリンクをクリックすると以下のようにメールアドレスを入力する画面が表示されるので、こちらにメールアドレスを記載してから「同意して仮登録メールを送信」をクリックします。

メールアドレスを入力してから「同意して仮登録メールを送信」をクリックする

これで登録したメールアドレス宛にメールが届くので、メールの中に記載されているURLをクリックします。

受信したメールに記載されているURLをクリックする

そうすると以下のように会員情報の入力画面が表示されるので、こちらを順番に入力していけばOKです。

会員情報の入力画面

なお、項目を入力していくと後半に以下のような画面が表示されますが、ここでリクルートエージェントに申し込むことが可能です。

リクルートエージェントへの申し込み画面

まとめ・「リクナビNEXT」は業界トップクラスの求人数を誇る転職サイト!

まとめです。今回は業界トップクラスの求人数を誇る転職サイト「リクナビNEXT」の特徴や評判・口コミを紹介しました。

現在リクナビNEXTを使って転職活動を始めようか悩まれている方は、本記事を参考にまずは特徴や評判・口コミを確認しておくと良いでしょう。

リクナビNEXTはこんな人におすすめ
  • たくさんの選択肢の中から転職先を探したい方
  • 正社員として転職先を探している方
  • 未経験分野に転職をしたいと考えている方

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

なお、IT・エンジニアにおすすめの転職エージェントを「IT・エンジニアにおすすめの転職エージェント比較・一覧」でご紹介していますので、転職エージェントをお探しの方はあわせてご参照ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次