【HTMLの基本を徹底解説!】初心者向けHTMLの基本とよく使うタグ一覧

初心者が最初に勉強しておきたいHTMLの基本とよく使うタグの一覧

ここでは、これからHTMLを勉強したい初心者向けにHTMLの基本とよく使うタグ一覧をご紹介していきます。HTMLの使い方を覚えてホームページやブログの作成・カスタマイズにぜひ役立ててください。
 

ホームページを作成しようと思っています。HTMLという単語をよく聞くけど、HTMLってなんですか?
HTMLは、Webページを作っていくための言語です。<html>〜</html>のように、< >で囲んだ『タグ』と言われるかたまりを使って文章や画像を加えたりしてWebページを作成できます。下記がサンプルですよ。
 
単純なHTMLのソースコード
 

ううっ、暗号みたいでちょっと難しそうですね。
素人でもHTMLを覚えられるんでしょうか??
もしHTMLができたら自分でホームページとか作成していきたいですね
もちろん勉強すればできますよ。慣れ的なところも大きいです。
HTMLを覚えることで下記のように自分で簡単なWebページが作れます。それに、WordPressやアメブロなどのHTMLエディタでも記述ができるようになりますよ。
 
 

■1分でわかるHTMLを使ったWebページの作り方(BGMあり)

 

ここでは、まずHTMLとはなにかについて説明します。後半に実際によく使うHTMLタグを中心に紹介して、最後に今時のHTML(HTML5)について補足していきます。 
 

【メルマガ登録はこちら!!】
HTML・CSS・お役立ち情報をGET

HTML・CSS 自分でHP・Web制作したい個人事業主様向けWebスクール ウェブストエイト

 

もくじ

 

【PR】ネットショップを始めるなら!無料でスタートできるBASEがオススメ!

HTMLとは

HTMLとはWebページの構造を定義する言語

HTMLとはHyper Text Markup Languageの略です。Webページの構造を定義する言語です。
 

構造を定義する??
 

例えると、人の構造を定義するときに「頭が一つ」あって、その中に「目が二つ」「鼻が一つ」「口が一つ」といったように人の構造を定義していくのと同じような感じです。
HTMLでは、Webページの構造を定義していきます。
 

■人の構造の定義に例えたイメージ
HTMLで人の基本構造を定義
 

より具体的に言うと、<html>〜</html>のように、< >で囲んだ『タグ』と言われるかたまりを使って、「これは見出し」「これは文章」「これは画像」「これはリンク」など定義していきます。
 

HTML入門 基本構造 ソース
 

HTMLで記述されたファイルをWebブラウザで開くと、ブラウザが上記の記述を解釈して、普段見ているWebページとして見ることができます。
 

HTML入門 基本構造 ブラウザ表示時
 

このように、HTMLを使ってページを作成することを「マークアップする」とも言います。
 
 

HTMLとセットで使う言語CSS

また、Webページのスタイルを整えるため、HTMLとセットでCSS(Cascading Style Sheets)という言語もよく使います。
 

スタイルを整える?HTMLと何が違うんですか??
たとえば、HTMLが「目が二つ」「鼻が一つ」でといったように人の構造を定義する言語だとすると、CSSは「この人の目は二重にして、鼻の高さは2センチで」といったように人の見た目を調整する言語です。
 

■人に例えたイメージ
人に例えたイメージ)HTMLは人の構造を定義。CSSで十人十色に見た目を調整
 

先ほどの例でいうと、具体的には「この見出しは赤文字で」「この文章のフォントは30pxで」「このグループは青線で囲む」などHTMLで定義した内容をどんな見た目に表示させるかを設定していきます。
 

HTML入門 基本構造 CSS
 

CSSでスタイルを指定すると、ブラウザで開いたときにそのスタイル(見た目)が適用されています。
 

HTML入門 CSS適用 ブラウザ表示時
 

HTMLは文書の構造を定義する言語、セットで使うCSSは文書の見た目を調整する言語という点を覚えておきましょう。
 

CSSについては下記に詳しく載せていますのでこちらをご参照ください。
初心者がはじめに覚えておきたいCSSの基本とよく使うプロパティ一覧
 

ここでは、HTMLについて説明していきます。
 

【PR】ワードプレスを始めるなら!オススメのレンタルサーバー

 

HTMLの構造

HTMLの基本構造
 

次に、HTMLの構造を説明していきます。HTMLの基本構造は下記のように記述します。
 

HTMLの基本構造

  1. 先頭に<!DOCTYPE html>と記述して
  2. <html>で大きくくくり
  3. htmlの中の前半に<head>でくくり
  4. htmlの中の後半に<body>でくくります。

 

Atomで表示したHTMLの基本構造 !DOCTYPE htmlタグ htmlタグ headタグ bodyタグ
 
 

!doctype html

HTMLの基本構造 doctype
<!DOCTYPE html>はこれからhtml5というバージョンでhtml文を書きますよという宣言文で、最初の行に記述します。
 

HTML5??HTMLにもバージョンがあるんですか?
 

はい。たとえば、iPhoneが6→7→8と時代に応じてバージョンがだんだん上がっていくのと同様に、HTMLも時代に合わせて古いHTML4.01から現在の主流HTML5へバージョンが上がっていっています。
 

参考)[HTMLの歴史] HTMLの誕生からHTML5までをザッと要点紹介
 

最初は難しいので、とりあえずおまじないという意識で記述しておくと良いと思います。
 

htmlタグ

HTMLの基本構造 htmlタグ

<html>~</html>はページがhtmlページであることを宣言するタグです。htmlタグの中にhtml文を記述していきます。
 

(※)言語指定を厳密にする場合は、<html lang="ja">〜</html>にします。
 

headタグ

HTMLの基本構造 headタグ

headタグには、Webページのタイトル(titleタグ)や、検索エンジン向けの説明文、文字コード、外部のCSSファイルやjavascriptファイルなどを記入します。
 

ここに記述した内容は、titleタグなどの一部を除きWebブラウザ上には基本的に表示されません。
 

人で例えると、外見以外にも属性情報(氏名は〇〇で日本語を話すなど)をを入れる箇所がheadタグというのがイメージしやすいかもしれません。
 

■人に例えた時のイメージ
headタグの中で名前や言語・説明文などの属性情報を決める
 
 

bodyタグ

HTMLの基本構造 bodyタグ

bodyタグの中には、実際にWebブラウザに表示される中身を記述します。
 

たとえば、見出し、文章、画像、テーブル、などなどのコンテンツをします。 なお、ひとつのHTML文書の中にheadタグやbodyタグが出現する回数は一回だけです。
 

bodyタグの中に文章や画像などの中身を書き込んでいったら良いんでしょうか?
そうですね!先ほどの例でいうと、bodyタグの中が人の構造を定義する箇所になります。本ページではbodyタグの中でよく使うタグを説明していきますね。
 

(補足)HTML5 headerタグとfooterタグ

HTML5 ヘッダーとフッター
 

現在主流のHTMLのバージョン「HTML5」では、より意味付けを意識したタグが新たに登場しました。
 

<header>タグは、ヘッダー部分(人間で言う頭の部分)に利用できます。(文書のヘッダ情報を表す<head>タグとは意味が全く異なりますのでご注意ください。)
 

また、<footer>タグは、フッター部分(人間で言う足の部分)であることを示す際に使用します。
 

よくある例としては、Webページ上部のナビゲーションバーをheaderタグで囲んだり、サイトの最下部にあるcopyrightなどをfooterタグで括ったりすることが多いです。
 

ココからココまでをheader部分にするといった厳密な決まりはありませんし、必須のタグでもありません。
あくまで意味づけなので自分でWebページを作るときにヘッダーと思う部分をheaderタグ、フッターと思う部分をfooterで括ると良いと思います。
 

他にもHTML5のタグはよくありますがheaderとfooterは特によく使われるので参考に覚えておきましょう。
 

(補足)id属性とclass属性

HTMLにつけるid属性とclass属性
 

さて、htmlの各タグにはid属性やclass属性という属性が設定できます。
 


<h1 id="top-h">はじめてのCSS</h1>
<p class="blue-text">この文章は青色になります</p>

 

idやclassを設定することでCSSでレイアウト装飾する際に、「このid名がついているタグは背景を赤色にする」あるいは、「このclass名がついているタグは文字色を青色にする」などの指定ができるようになります。
 

(※)idはHTMLファイル内で一意である必要があり、classは一意でなくとも構いません。
 

■記述例 (内部スタイルシート形式で記述)

 

■表示例
CSS サンプルid名がtop-hとついているタグの背景が赤色、class名がblue-textと付いているタグが青文字
 
idやクラスを利用したCSSの設定方法に関する詳細は、「知っておきたいCSS セレクタの優先順位・詳細度・継承」をご参照ください。
 

【PR】初めてホームページを作るなら使いやすいロリポップがオススメ!

HTMLを覚えたらサーバーを借りて本番のホームページを作成してみましょう。初めてのホームページを作るならロリポップがオススメ!
 

BODY内でよく使うHTMLタグ一覧

ここでは、bodyタグ内で文書を定義するためのよく使うHTMLタグ一覧を紹介します。
 

HTMLタグ意味備考
見出しh1〜h6見出しは、h1~h6タグを利用します。見出しは、書籍の章立ての「章」に相当します。h1〜h6のhはheadingの略です。
段落pパラグラフ(段落)は、pタグを利用します。pはParagraphの略です。
改行brテキスト内・間で改行するためには、brタグを利用します。brとはBreak(改行)の略です。
画像img画像を表示するには、imgタグを利用します。imgはImageの略です。
リンクaWebサイトやページへのリンクを作成するには、aタグを利用します。aタグはアンカー(Anchor)の略です。
順番なしリストul箇条書きのようにリスト表示する場合は、ulとliを利用します。ulはUnoder list(順序のないリスト)の略です。
liliはList Itemの略で各項目をliでくくります。ulの中にliが入ります。
順番ありリストol順序のある箇条書きのようにリスト表示する場合は、olとliを利用します。olはOder list(順序のあるリスト)の略です。
liliはList Itemの略で各項目をliでくくります。olの中にliが入ります。
定義リストdl定義リスト(定義する用語とその用語の説明を一対にしたリスト)を作る際はdlを利用します。dlはDefinition Listの略です。
dt用語はdtを利用します。dtはDefinition Termの略です。dtはdlの中に入ります。
dd用語の説明はddを利用します。ddはDefinition Descriptionの略です。ddはdlの中に入ります。
テーブル(表)tableテーブルを定義します
trtable rowの略。テーブルの行を定義します。
thtable headerの略。テーブルの見出し項目を定義します。
tdtable dataの略。テーブルのデータ項目を定義します。
汎用タグdivdivタグ自体は特定の意味を持ちませんが、タグどうしをグループ化したりする際にdivタグを利用します。
汎用タグspanspandivタグと同じように、span自身は特に意味を持っていませんが、囲んだ範囲をひとかたまりのグループとするのに、spanタグを利用します。divタグが改行が入るのに対して、spanは改行が入りません。
水平線hr水平線を引いて文書を区切る場合はhrタグを利用します。hrはHorizontal Ruleの略です。終了タグはありません。
引用blockquoteblockquoteは文章を引用・転載する際に使用します。blockquoteで囲まれた部分が引用・転載部分になります。
整形済みテキストprepreタグを利用して整形済みテキストとして記述できます。preはPreformatted Text(整形済みテキスト) の略です。
フォームformお問い合わせフォームなどのフォームはformタグを利用します。
inputformタグの中に入れる入力項目にinputタグがあります。テキスト項目、ラジオボタン、チェックボックス、パスワードなど入力項目を指定することができます。
selectformタグの中に入れる入力項目にselectタグがあります。セレクトメニューを指定することができます。
textarea長文のメッセージを入力項目にしたい場合は、textareaタグを利用します
ヘッダーheader文書中でヘッダーに相当する部分にheaderタグを利用できます。機能的な意味はなく意味的にヘッダー部分を明示したいときに利用できます。(文書のヘッダ情報を表すheadタグとは意味が全く異なりますのでご注意ください。)
フッターfooter文書中でフッターに相当する部分にfooterタグを利用できます。機能的な意味はなく意味的にフッター部分を明示したいときに利用できます。
ナビゲーションnav文書中でナビゲーションに相当する部分にnavタグ利用できます。機能的な意味はなく意味的にナビゲーション部分を明示したいときに利用できます。
セクションsection文書中でセクション(かたまり)に相当する部分にsectionタグを利用できます。機能的な意味はなく意味的にセクション部分を明示したいときに利用できます。
動画videomp4などの動画を再生する場合にはvideoタグを利用します。

 

【PR】初めてホームページを作るなら使いやすいロリポップがオススメ!

HTMLを覚えたらサーバーを借りて本番のホームページを作成してみましょう。初めてのホームページを作るならロリポップがオススメ!
 

BODY内で記述するよく使うHTMLタグ詳細

bodyタグ内に記述する主なHTMLタグ

さて、これまでHTMLの基本構造について説明しました。
 

headタグに記述する内容は最初は難しくおまじない的に書く記述も多いのでここでは割愛して、ここからはbodyタグに書く内容を主に説明していきます。
 

見出しタグ h1〜h6

HTML 見出しタグ h

見出しは、h1~h6タグを利用します。見出しは、書籍の章立ての「章」みたいなものです。
 

<h1>~<h6>のhとはheadingの略で、見出しを意味します。
 

<h1>が最上位の見出し(大見出し)で、数字が大きくなるにつれて下位の見出し(小さい見出し)になります。<h6>が最下位の見出しです。
通常、<h>~</h>の前後に1行分改行されます。
 

使用例

 

ブラウザでの表示例
HTML入門 見出し hタグのサンプル
 
 

パラグラフ(段落)タグ p

HTML 段落タグ p
 

パラグラフ(段落)は、pタグを利用します。最初は文章を書くときに囲むタグという認識で良いと思います。
 

<p>タグはParagraphの略で、<p>~</p>で囲まれた部分がひとつの段落になります。通常、<p>~</p>の前後に1行分改行されます。
 

使用例

 

ブラウザでの表示例
HTML入門 段落 pタグのサンプル
 
 

改行タグ br

HTML 改行タグ br

テキスト内・間で改行するためには、brタグを利用します。
 

<br>とはBreak(改行)の略で、テキストや画像等をブラウザ上で改行させたいときに使用します。
 

さきほどのpタグの例で、エディタ上は改行していてもブラウザ上では改行されていませんでした。
 

使用例

 

ブラウザでの表示例
HTML入門 改行 brタグのサンプル
 

あれ?今まで<h1>〜</h1>のように、開始のタグ<h1>と終了のタグ</h1>があったと思うんですが、brはそうなっていないんですが良いんでしょうか?
 

はい!通常HTMLタグは<開始タグ>〜〜</終了タグ>のように、開始タグと終了タグで囲む形になります。

しかし、囲む必要のないタグについてはbrタグのように開始タグのみのタグもあります。
(<br>〜〜</br>のようにしてはいけません。)

 

次に紹介する画像タグ(img)も開始タグのみになります。
 
 

画像タグ img

HTMLの画像タグ

画像を表示するには、imgタグを利用します。<img>はImageの略です。
 

画像ファイルの場所をsrc属性(sourceの略)で指定します。指定できる画像形式は、GIF・JPEG・PNGなどです。
 

使用例

 

ブラウザでの表示例
HTML入門 画像 imgタグのサンプル
 
上記使用例では、「src="images/home.jpg"」のように画像の場所を指定しています。画像の指定方法には絶対パスと相対パスの二つの指定方法があります。

画像の指定方法 絶対パスと相対パス

  • 絶対パス:「src="http://xxxxxx/xxx/home.jpg"」のように誰が見ても同じURLのパスで画像の場所を指定する方法
  • 相対パス:「src="images/home.jpg"」のようにimgタグを記述しているファイル(HTMLファイル)を基準にして、画像がどこに在るかを相対的に示す記述方法

 

絶対パスとか相対パスとか、初めて聞くしなんだかイメージがしにくいですね。。
 

私たちが普段よく使う例で置き換えると、

「大阪駅から50m北に行ったところのお店だよ」といった何かを基準に相対的な位置を示す方法が相対パスにあたります。

対して、絶対パスは「あのお店は郵便番号xxx-xxxx 大阪市北区xxx番地1-1」という誰が見ても同じ住所を示す表記みたいなものです。

 

相対パスの方が慣れないと戸惑いやすいところなので簡単に説明します。
 

下記のように、htmlと画像ファイルが同じフォルダ(同階層のフォルダ)にある場合は、
src="拡張子含めた画像ファイル名(ここではhome.jpg)"
になります。
imgタグ 画像の指定方法
 

また、HTMLファイルから見てimagesフォルダの中にあるhome.jpgを指定する場合は、
src="images/home.jpg"のように指定します。
imgタグ 画像の指定方法
 

またHTMLファイルよりも一階層上がったフォルダにある画像を指定する場合は、「..」で一階層上がって指定することができます。
 

下記の場合htmlファイルから見て、一階層上がったところにある画像なので、src="../home.jpg"で指定することができます。
imgタグ 画像の指定方法
 

(※)「..」は一階層上がるの意味です。
 

意味はわかったんですけど、普段使わないかちょっと慣れないですね。
 

最初は仕方ないと思います。何回か使ううちに勝手に慣れていうので、慣れるまで練習してみてください。
 
 

リンクタグ a

html リンクタグ a

他のWebサイトやページへのリンクを作成するには、aタグを利用します。<a>タグはアンカー(Anchor)の略です。
 

■使用例

 

■ブラウザでの表示例
Web活用スクール
 

上記例の場合は、<a>〜</a>で囲まれた「ウェブ活用スクール」という文言を押すと、href="〜"のリンク先「https://webst8.com」に移動します。
 

リンク先をhref属性で指定します。画像と同じように絶対パスと相対パスが指定可能です。
絶対パスの例 href="https://webst8.com"
相対パスの例 href="contact.html" (同じフォルダ内にあるcontact.htmlファイル)
 

target="_blank"で新規タブで開く

リンク先を新しいタブで開く場合は、aタグの中に、「target="_blank"」と追加します。
 
■使用例

■ブラウザでの表示例
Web活用スクール(新規タブで開く)
 

idを指定してページ内リンクを設定する

Webページ内のid属性のついているタグを利用して、href="#id名"のようにすると、ページ内の該当箇所にリンクすることも可能です。
 

■使用例

■ブラウザでの表示例
▲目次に戻る
 
 

リストタグ ul,li | ol,li

html リストタグ 順番なしリストulli、順番付きリストolli

箇条書きのようにリスト表示する場合は、ulタグとliタグを利用します。
 

順序なしリスト ul li

順序なしリストはulタグとliタグを利用します。
 

<ul>タグは、Unordered Listの略で、順序のないリストという意味です。<li>タグは、list itemの略で、ここの項目です。
 

ulで大きくくくり、中のリストの各項目を<li>タグで記述します。
 

■使用例

 

■ブラウザでの表示例
HTML入門 リスト ul,liタグのサンプル
 

順序ありリスト ol li

順序があるリストを定義したい場合は、ulの代わりに、<ol>タグを利用します。
 
(※)「ol」は「ordered list」、「ul」は「unordered list」の意味になります。

■使用例

 

■ブラウザでの表示例
HTML入門 リスト ol,liタグのサンプル
 

リストタグも非常によく使われていて、CSSでスタイル調整して、メニューバーを作成したりできます。
 
 

テーブルタグ table

HTML 表・テーブル table
 

表を作成したい場合は、tableタグを利用します。
 

tableタグでは複数のタグを利用して構成します。テーブルは複数のタグを組み合わせて作成します。

タグ意味
tableテーブルを定義
trtable rowの略。テーブルの行を定義。
thtable headerの略。テーブルの見出し項目を定義。
tdtable dataの略。テーブルのデータ項目を定義。

 

■使用例

 

■ブラウザでの表示例
HTML テーブルタグを利用した表の表示例
 

表の枠線をつけるにはどうすればよいんですか??
 

tableタグにborder="1"をつけると簡易的な枠線が作れますよ。
 

■表示例 属性border="1"を追記して簡易な枠線を表示する

 

■表示例
table border="1"を追記した例
 

枠線が二重線になっているんですが、一重の枠線にはできないんでしょうか??
 

CSSの話になるので、ここでは割愛しているんですが、枠線の細かい設定はCSSで設定することができます。ここでは、tableタグの書き方を中心に説明していきますね。
 
 

tableタグの書き方

まず<table>~</table>で大きくくくります。
html tableタグ
 

tableタグ内に<tr>~</tr>を記述して、表の横一行を定義します。
html tableタグ trタグ
 

trタグのなかで、見出しに該当する項目を、「<th>~<th>」で定義します。
html tableタグ thタグ
 

trタグのなかで、データに該当する項目を<td>~<td>で定義します。
html table tdタグ
 

■上記の表示例

※thで記述したセル内は一般的なWebブラウザでは太字で表示されます。
 
 

tableタグの補足

table関連のタグは他にも独自の属性(border属性、colspan属性、rowspan属性)やtheadタグ、tbodyタグ、tfootタグなどあります(必ず使用しなければならないというわけではありません。)
 

■例.列を連結する属性「colspan属性」と行を連結する「rowspan属性」

 

■表示例
tableで属性を指定する border属性とcolspan,rowspan属性
 

色々細かいタグや使い方があるんですが、まずは基本的な表が書けるようになれば良いと思います。
 
 

グルーピングタグ div

HTML 汎用タグ divタグ
 

タグ自体は特定の意味を持ちませんが、タグどうしをグループ化したりする際にdivタグを利用します。
 

■使用例

 

■ブラウザでの表示例
HTML入門 グルーピング divタグのサンプル
 

divタグ自体は意味を持たないタグなんですが、CSSと合わせてスタイル・レイアウト調整をするのに非常によく使いますので覚えておきましょう。
 
 

グルーピングタグ span

HTML 汎用タグ spanタグ
divタグと同じように、span自身は特に意味を持っていませんが、囲んだ範囲をひとかたまりのグループとするのに、spanタグを利用します。
 

■使用例

 

■ブラウザでの表示例
HTML spanタグを利用して文章を装飾した例
 

さきほどのdivタグとどういう違いがあるんでしょうか??
 

divタグはブロック要素という前後に改行が入るグルーピングタグであるのに対して、spanタグはインライン要素という前後に改行は入れないグルーピングタグです(※)。
 

上記例のように、改行が入れないことを利用して特定の部分だけ赤文字表示したりマーカーのように背景を入れたりできます。
 

(※)インライン要素とブロック要素の違いについて興味のあるかたは下記もご参照ください。
6. (補足)ブロックレベル要素とインライン要素
 

【PR】ネットショップを始めるなら!無料でスタートできるBASEがオススメ!

次に覚えておきたいHTMLタグ一覧

HTMLタグたくさん出てきましたね。けど、これまで全くわからなかったタグも意味は理解できるようになってきました。
 

最初は慣れないかもしれませんが、何回も書いたり読んだり行くうちに覚えて行くと思います。まず上記で紹介したタグに慣れるようにしておきましょう。
 

ここからは、上記の主要タグの次に覚えておきたいHTMLタグの一覧を紹介していきます。
 
 

水平線タグ hr

HTML 水平線hrタグ
 

水平線を引いて文書を区切る場合は<hr>タグを利用します。<HR>はHorizontal Ruleの略で、終了タグはありません。
 

■記述例

 

■表示例
HTML 水平線 hrタグ
 
 

定義リストタグ dl,dt,dd

HTML 定義リスト dl、dt、dd

<dl>はDefinition Listの略です。
 
<dl>~</dl>の中が定義リスト(定義する用語とその用語の説明を一対にしたリスト)になります。
 
<dt>~</dt>に定義する用語を記述し、 <dd>~</dd>にその用語の説明を記述します。

■記述例

 

■表示例
HTML 定義済みリスト dl dt dd
 
dtとdlのセットは<dl>~</dl>の中に複数並べることができます。
 
 

引用タグ blockquote

HTML 引用blockquoteタグ
 

<blockquote>タグは文章を引用・転載する際に使用します。blockquoteで囲まれた部分が引用・転載部分になります。
 

cite属性を追記して引用元のURLを入れることもできます。
 

■記述例 (wikipediaより引用)

 

■表示例
HTML 引用・転載 blockquote
 

普通にpタグで文章を記述するのと何が違うんですか??
 

たとえば、blockquoteタグに引用とわかるCSSスタイルを適用することで、見た人にひと目で引用であることを伝えることができます。
 

■本サイトで上記サンプルのblockquoteを使用した時の表示例

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。

 

あ、引用と一目でわかりますね。
 

あと、blockquoteで引用することにより検索エンジンは引用箇所に記述されているテキストを引用であると理解できるので、適切な引用は検索エンジンにも親切だと考えられています。
 

整形済みテキスト pre

HTML 整形済みテキストpreタグ
 

preタグを利用して整形済みテキストとして記述できます。なお、<pre>タグはPreformatted Text(整形済みテキスト) の略です。
 

■使用例

 

■表示例
HTML 整形済みテキストpreタグ
 

<pre>~</pre>で囲まれた範囲のコードについては、スペース・改行などを、そのまま等幅フォントで表示されます(※)。
 

どんな場面でこのタグは使われるんでしょうか??
 

プログラムのソースコードをウェブ上に表示する際にpreタグがよく利用されています。使用頻度は少し低めかもしれませんね。
 

(※)< や > などの特殊文字をpreタグに入れる場合は、&lt; と &gt; に置換する必要があります。
 
 

フォームタグ form

HTML formタグ
 

「お問い合わせはこちら」などでよく見かけるフォームは<form>タグを利用します。
 

フォームタグの中にテキスト入力欄、ラジオボタンやドロップダウンメニュー、送信ボタンなどをを追加していきます。
 

■ソースコード

 

■表示例
HTML フォームタグ
 

あ、よく見かけますね。こういったフォームはformタグで作れるのですね。
 

はい!ただ、フォームタグは他のタグと違ってphpなどのプログラムと連携してデータの受け渡しをするのに利用します。
そのため、他のタグよりも少し難しいのでここではHTML範囲内での書き方を簡単に紹介しますね。
 

フォームタグの書き方 送信先プログラムとの連携方法

まず、formタグで大きく括ります。
 

HTML formタグ
 

なお、formタグ内にあるactionとmethod属性は送信先となるプログラムの連携方法を指定する方式です。

項目内容
actionフォームの入力内容をどこに送るか、送信先のページを指定します。
methodフォーム送信の通信方式(get/post)を指定します。
actionとかmethodとかさっそく意味がよくわかりません。。
確かにちょっと難しいですね。下手に説明すると余計ややこしくなりそうなので、最初はこういうのがあるというくらいで詳しく覚えなくても大丈夫です。
 

formタグの中には、インプットタグ<input>、セレクトタグ<select>、(複数行の)テキストエリアタグ<textarea>等のタグを利用して、テキストボックスやラジオボタン、チェックボックスなどの項目を追加することができます。
 

フォームタグ内でもっともよく利用するタグ inputタグ

form inputタグ
 

formタグの中に入れるよく使うタグで、inputタグがあります。

form inputタグの例
 

inputタグでよく使う属性として下記のようなものがあります。
 

項目内容
type="〇〇"入力方式(必須)です。テキスト入力欄やラジオボタンなどタイプを選択します
name="〇〇"入力項目(必須)です。フォーム送信で受け渡す項目名です。
value="〇〇"入力値(任意)です。実際に入力した値が入る属性です。初期値を入れる場合に設定できます。
placeholder="〇〇"プレースホルダー(任意)です。薄い字で記入例などを設定できます。

 

また、入力方式に合わせてtypeには以下のようなものが設定できます。

項目内容
type="text"テキスト入力欄
type="password"パスワード入力欄
type="radio"ラジオボタン
type="checkbox"チェックボックス
type="hidden"隠し入力欄
type="submit"送信ボタン

 

もう無理です!
とりあえず一つずつ説明していきますね!
 

 

テキスト入力 input type="text"

名前やログインIDなどの短文のテキストデータを入力項目とする場合はtype="text"を使用します。
 

■記入例

 

■表示例

ログインID:

 

上記の初期状態では、入力項目(name="loginId")の入力値(value)は空ですが、値を入力するとvalue属性の中に値が入ります。
 

その下のtype="submit"は送信ボタンです。form内の入力値をaction="送信先"に送信します。
 

inputタグをpタグでくくっているのはなんでなんでしょうか??
 

pタグで括らないといけないわけではないんですが、aタグのようにinputタグは改行を持たないタグなのでここでは見やすさを重視して一例としてpタグでくくっています。
 
 

パスワード入力 input type="password"

ログインパスワードなどの見られたくないデータを入力項目とする場合はtype="password"を使用します。
 

■記入例

 

■表示例

パスワード:

 
(表示上は見えないだけで内部間の通信ではパスワードを閲覧できてしまいます。盗聴などを防ぐためにはSSL通信などで暗号化する必要があります。)
 
 

ラジオボタン input type="radio"

ラジオボタン形式で入力項目を作る場合はtype="radio"を使用します。
 

■記入例

 

■表示例

好きな動物:

:犬
:猫
:鳥
:ライオン

 
 

チェックボックス input type="checkbox"

チェックボックス形式で入力項目を作る場合はtype="checkbox"を使用します。
 

■記入例

 

■表示例

好きな動物(複数選択可):

:犬
:猫
:鳥
:ライオン

 
 

ラジオボタンとチェックボックスは何が違うんでしょうか?
 

ラジオボタンは一つのみ選択できる項目で使います。
チェックボックスは複数選択可能な項目で利用します。
 
 

ほかにも、ユーザーに入力させない(非表示)けれども、埋め込みたい値などはtype="hidden"を利用できます。
 

ドロップダウンメニューで利用 selectタグ

form selectの例

ドロップダウンメニューを利用したい場合はselectタグを利用します。selectタグの中に、選択肢としてoptionタグを利用します。
 

■記入例

 

■表示例

好きな動物:

 
 

長文メッセージ用 textareaタグ

form textareaタグ
 

長文のメッセージを入力項目にしたい場合は、textareaタグを利用します。
 

■記入例

 
行数はrows属性、横幅はcols属性で指定できます。
 

■表示例

メッセージ記入欄

 

とりあえず、難しいということがわかりました。
他のタグに比べるとちょっと難易度が高いかもしれませんね。
 

フォームタグ自体を自分で記述する機会は少ないかもしれないので、CSSでレイアウト修正できるようにするためにまずは概要だけ抑えておくとよいかもしれません。
 

ここでは割愛しますが、formタグはpタグの代わりにlabelタグを使って記述したり、ほかにも色々な使い方があります。

また、後述のHTML5からinputタグのtype属性も新たに幾つも追加されました。
 

ここでは割愛しますが、必要になったときに随時調べて使えるようにしてみましょう。
 

【PR】初めてホームページを作るなら使いやすいロリポップがオススメ!

HTMLを覚えたらサーバーを借りて本番のホームページを作成してみましょう。初めてのホームページを作るならロリポップがオススメ!
 

よく使うHTML5タグ

インターネットの発達とともに、HTMLのバージョンもどんどん進化しています。
 

現在主流のHTMLのバージョンを「HTML5」といいます。
 

これまで紹介したHTMLタグでもある程度Webページを作ることができますが、HTML5ではこのほかに新しいタグがいくつも登場しました。
 

たとえば、videoタグなど動画を埋め込むタグが登場してより便利な表現ができるようになりました。
 

またHTML5では「より意味付け」を意識したタグが登場しました。
 

簡単にいうと、「ここはヘッダー部分だよ(headerタグ)」とか「ここにはフッダー部分を書いているよ(footerタグ)」といったように
 

HTMLで書かれた文章を見ただけで、検索エンジンやサイト設計者がページの構成・意味付けを理解できるようなタグがリリースされています。
 

正しい箇所に正しいタグを使うことでSEO的な効果もいくらか得られる可能性があります。
 

ここでは、いくつかのよく使われるHTML5のタグを紹介します。
 

(※)HTML5はInternet Exploler8などの古い環境では動きません。
 
 

ヘッダー用タグ header

divタグと同様にグルーピングタグに相当しますが、<header>タグは、ヘッダーに相当する部分に利用できます。
 

(文書のヘッダ情報を表す<head>タグとは意味が全く異なりますのでご注意ください。)
 

よくある例としては、Webページ上部のナビゲーションバーや画像などをヘッダーとして定義するためにheaderタグで囲むことが多いです。 

■記述例

 

headerタグのサンプル
 

なお、headerタグを使うことで見た目が変わるわけではなく、divタグでも代用可能です。
 

しかし、headerタグを利用することで「headerタグで囲まれている情報がヘッダー部に相当するんだな」と人や検索エンジンが理解しやすくなります。
 

たとえばナビゲーションバーだけheaderタグで囲むとかでも良いのでしょうか??人によってheaderタグを使う箇所はバラバラでもよいのでしょうか??
 

はい。大丈夫です。
ココからココまでをheader部分にするといった厳密な決まりはありません。
あくまで意味づけなので、自分でWebページを作るときにヘッダーと思う部分をheaderタグで括ると良いと思います。
 
 

フッター用タグ footer

<footer>タグは、フッター部分であることを示す際に使用します。
 

サイトの最下部にあるcopyrightやサイトマップなどをfooterタグで括ったりして利用されることが多いです。
 

■記述例

 

footerタグのサンプル 
 

headerタグと同様に、footerタグを使うことで見た目が変わるわけではなく、必ず使う必要もありません。
 

しかし、footerタグを利用することで「footerタグで囲まれている情報がフッター部分に相当するんだな」と人や検索エンジンが理解しやすくなります。
 
 

ナビゲーション用タグ nav

<nav>タグは、メニューバーなどのナビゲーション関係のリンクを集めた箇所を示す際に利用されます。
 

■記述例

 

navタグのサンプル
 

header、footerタグと同様に、navタグを使うことで見た目が変わるわけではなく、必ず使う必要もありません。
 

しかし、navタグを利用することで「navタグで囲まれている情報がナビゲーションに相当するんだな」と人や検索エンジンが理解しやすくなります。
 
 

セクション用タグ section

divタグと同様にグルーピングタグに相当しますが、<section>〜</section>タグは囲まれた範囲が一つのセクションであることを示します。
 

一般的に見出しや文章などの要素をひとまとめして括ります。
 

■記述例

 

例えば、ニュース情報、プロフィール情報、特集情報など、意味を持った一つのかたまりをsectionでくくることができます。
 

同じように、文章をひとまとめにするタグで、article、asideタグなどがあります。
 

<article>はブログの記事などのように内容が単体で完結するセクションであることを示す際に使用します。
 

<aside>補足情報のセクションであることを示す際に使用します。
 

articleやasideに比べてsectionタグはより汎用的なセクションになります。定義があいまいなため、使いどころが人によりまちまちになることが多いです。
 

なお、レイアウト修正目的で括る場合はsectionではなく、これまで通りdivタグを利用するのが文法的には推奨されているようです。
 
 

なんだか使いどころがよくわかりません。これを覚えて正しく使わないとHTMLでWebページを作れないのでしょうか??
 

そんなことはありませんよ。今紹介したタグは、「綺麗な文書構造を書こう」といった趣旨で利用されますので別に使わなくてもページは作れます。
 

個人的な考えですが、HTMLの専門家になりたいとかでなければ、細かい文法を覚えるよりもまずは自分の作りたいページを作成できればそれで良いと思います。
 

なるほど!
 

このほかに、新たな機能として追加されたタグもあるので少し紹介しますね。

 
 

ビデオ用タグ video

最近よく使われているHTML5でvideoタグというものもあります。
 

imgは画像を埋め込むタグであるのに対して、videoタグは動画を埋め込むタグとしてHTML5からリリースされました。
 

■記述例

■videoタグの表示例

 

【PR】ネットショップを始めるなら!無料でスタートできるBASEがオススメ!

 

ブロックレベル要素とインライン要素

ブロックレベル要素とインライン要素の概要

これまでいくつかのHTMLタグを説明してきましたが、<div>や<a>などのHTMLの各要素は、大きくブロックレベル要素とインライン要素のどちらかにジャンル分けすることができます(※注)。
 

((※注)ブロックレベル要素とインライン要素でのジャンルわけですが、HTML5からは新たに「カテゴリー」という新たな分類方法でより細かくジャンル分けされています。しかし、簡略のためここでは割愛します。)
 

ブロックレベル要素は段ボールやコンテナのような箱に相当し、インライン要素は箱の中に入っている内容物に相当します。
 

ブロックレベル要素 インライン要素 イメージ

ブロックレベル要素とインライン要素のイメージ

 

このブロックレベル要素とインライン要素には、以下のような違いと性質があります。
 
 

ブロックレベル要素

代表的なブロックレベル要素として以下のようなものがあります。

  • div
  • h1〜h6
  • p
  • ul,ol,li
  • dl,dt,dd
  • table
  • form

 

ブロックレベル要素は各要素が一つのブロック(塊)で、以下のような特徴があります。

  • 要素の前後に改行が入り、ブロック要素同士縦に並ぶ
  • 横幅や高さを指定できる
  • 余白(margin,padding)が指定できる

 

先ほどの特徴を実際に例を挙げて説明してみます。
 

例1. pタグを使った例

[pタグ1]pタグはブロック要素です。

[pタグ2]ブロック要素は改行が入ります。

 

■HTML文

 
 

インライン要素

代表的なインライン要素として以下のようなものがあります。

  • a
  • span
  • img(※)
  • label
  • input(※)
  • textarea(※)

(※)のタグは幅高さや余白の設定が可能
 

インライン要素には以下のような特徴があります。

  • 要素の前後に改行が入らず、インライン要素同士横に並ぶ
  • 横幅や高さを指定できない(※)
  • 余白(margin,padding)が一部指定できない(※)

 

先ほどと同様に、実際に例を挙げて特徴を説明します。
 

例3.  aタグを使った例
[aタグ1]aタグはインライン要素です。[aタグ2]インライン要素は改行が入りません。[aタグ3]幅や高さの指定はできません。
 

■HTML文

 

なお、インライン要素での余白設定については、性質が結構ややこしくそのまま利用すると予期せぬレイアウトになる可能性があります(利用しない方が良いです)。
 

  • marginの上下は効かない(左右は効く)
  • paddingの上下左右効くが、他の要素の領域を考慮せず侵入する

 
 

ただし、インライン要素の中には例外があり、img、input、textareaのように幅や高さ、余白の設定ができるものもあります。
 

例5. inputを使った例

 

■HTML文

 

なお、ブロックレベル要素の中には、他のブロックレベル要素やインライン要素を配置することができます。
 

一方、インライン要素の中には文章や他のインライン要素を配置できますが、 中にブロックレベル要素を配置することは文法的にはできません。
 
 

CSSのdisplayプロパティで性質を変更する

レイアウトを調整していく中で、インライン要素を使うけど高さと幅を指定したい、ブロックレベル要素を使うけど改行したくないというケースが出てくると思います。
 

そういったときにCSSで「display」プロパティで解決できます。インライン要素をブロックレベル要素の性質にしたり、ブロックレベル要素をインライン要素の性質ににしたりすることができます。
 

  • 「display:inline」要素をインライン要素の性質に変更する
  • 「display:block」要素をブロックレベル要素の性質に変更する
  • 「display:inline-block」要素を中間の性質(改行されずインライン要素の性質だが横幅・高さなど設定が可能)に変更する

 

【PR】ワードプレスを始めるなら!オススメのレンタルサーバー

 

(補足)特殊文字

< や >などのHTMLのタグとして使う記号は、そのままソースコード上に記述してもWeb上でそのまま表示させることができない場合があります。
 

表示できる場合もありますが、< や >をタグとして誤認識してしまう可能性があるため、
 

<は&lt;と記述します(ltはless thanの意味です)。
 

>は&gt;と記述します(gtはgreater thanの意味です)。
 

こういった特殊文字は他にもあります。
 

&は「&amp;」と記述します。
 

また、&nbsp;は半角スペースを意味します。
 

実は、ソースコード(例. Atomで表示で半角スペースを2つ以上連続して記述しても、Webブラウザで見たときは半角スペース一つ分になります。
 

半角スペースを連続してWebブラウザ場で表示したいときは、&nbsp;を連続して記述すると、その連続した&nbsp;の個数分半角スペースがWebブラウザでも表示されるようになります。
 
 

(補足)headタグの中に入れる主要なタグ

最後に補足として、headタグの中に入れる主要なタグを説明していきます。
 

■タイトルタグ
ページタイトルをつけるタグです。

 

■メタディスクリプションタグ
ページの説明文をつけるタグです。

 

■リンクタグ
CSSファイルなどの外部リソースを読み込むためのタグです。

 

【メルマガ登録はこちら!!】
HTML・CSS・お役立ち情報をGET

HTML・CSS 自分でHP・Web制作したい個人事業主様向けWebスクール ウェブストエイト

 

まとめ

今回は、ホームページを初めて作ろうとしている方向けに、HTMLとはなにか、基本の説明とよく使うタグについて説明しました。
 

HTMLを理解しているとホームページを作る上でできることの範囲が広がります。
 

最後に補足で紹介したHTML5をはじめ、「HTML タグ」や「HTML5 タグ」などで検索すると、今回紹介しなかったタグもたくさんヒットしますので、興味のあるかたは調べてみてください。
 

参考サイト

■HTMLの厳密な仕様を確認したい場合はこちら
W3C HTML5
 

■ブラウザごとのHTMLの対応状況を確認したい場合はこちら
caniuse.com
 

■HTMLのタグの意味をさくっと確認したい場合はこちら
HTMLクイックリファレンス
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

「自分で作る選択を!」個人事業主のための大阪のホームページ作成とWeb集客の教室・スクール 「Webst8」

ウェブストエイトは自分でホームページ制作・Web集客したい方向けの少人数制個別指導のスクール・塾です。 スタンダート48時間コースとプロフェッショナル80時間コースから選択して受講できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ