WordPressプラグインMonsterInsightsによるGoogleアナリティクス設定方法

WordPressプラグイン

MonsterInsightsによるGoogleアナリティクス設定方法

2022年3月11日

今回はWordPressプラグイン「MonsterInsights – Google Analytics Dashboard for WordPress」を利用してGoogleアナリティクスを設定する方法について解説していきます。

WordPressにGoogle Analyticsを導入する方法はいくつかありますが、今回はMonsterInsightsというGoogleアナリティクス連携に特化したプラグインでGoogle Analyticsを導入していきます。
 


 

MonsterInsightsによるGoogleアナリティクス設定手順

ここからは「MonsterInsights」を利用して、WordPressサイトをGoogleアナリティクスと連携していく手順について紹介していきます。

「MonsterInsights」を使用してGoogleアナリティクスと連携するには4つの手順を踏む必要があります。

■「MonsterInsights」を利用してGoogleアナリティクスと連携する4つの手順

  • (STEP. 1) Googleアナリティクスにサイトを登録する
  • (STEP. 2) 「MonsterInsights」をインストール・有効化する
  • (STEP. 3) Googleアカウント認証を済ませる
  • (STEP. 4) 連携が上手くいっているか確認する

 

(STEP. 1) Googleアナリティクスにサイトを登録する

まずSTEP. 1では、WebサイトをGoogleアナリティクスに登録しましょう。

まずは以下のURLをクリックしてGoogleアナリティクスを開いて下さい。

https://analytics.google.com/analytics/web/

初めてGoogleアナリティクスを利用される方は以下のような画面が表示されると思うので「測定を開始」をクリックします。
「測定を開始」をクリック。

(補足): Googleアナリティクスのアカウントをすでに作成済みの場合

なお補足ですが、すでにGoogleアナリティクスのアカウントは作成済みで「新しいサイトを登録したい」という方は「管理」→「プロパティを作成」から、新しいサイトを追加することができます。

アカウントを作成済みの場合は「管理」→「プロパティを作成」から、新しいサイトを追加することが可能。

以降の流れは後述の内容と同じです。

「プロパティ名」にはサイト名やドメイン名を入力し「レポートのタイムゾーン」を「日本」、「通貨」を「日本円」に変更し、「詳細オプションを表示」をクリック。

 

アカウント名には屋号・会社名など(名称は任意。わかりやすいのがおすすめ)を入力します。

また、「アカウントのデータ共有設定」という項目がその下にありますが、ここは特に何も触れずに「次へ」をクリックすればOKです。

アカウント名を入力して、「次へ」をクリック。

アカウントの設定が完了すると、次はプロパティの設定項目が表示されます。

この「プロパティ名」にはサイト名やドメイン名を入力し「レポートのタイムゾーン」を「日本」、「通貨」を「日本円」に変更してから、「詳細オプションを表示」をクリックしましょう。

「プロパティ名」にはサイト名やドメイン名を入力し「レポートのタイムゾーン」を「日本」、「通貨」を「日本円」に変更し、「詳細オプションを表示」をクリック。

「詳細オプションを表示」をクリックすると以下のような隠し設定項目が表示されます。

ここでは「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」にチェックを入れ、アナリティクスに登録したいサイトのURLを入力した後、「ユニバーサルアナリティクスのみを作成する」にチェックを入れます。

「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」にチェックを入れ、アナリティクスに登録したいサイトのURLを入力した後、「ユニバーサルアナリティクスのみを作成する」にチェックを入れる。

「ユニバーサルアナリティクス」って何ですか?
ユニバーサルアナリティクスとは2020年10月以前に使用されていた従来のGoogleアナリティクスのことを言います。現在はGoogleアナリティクス4という新しいバージョンに変更されましたが、今だに従来版を使用している方が多いので、今回はこちらを使用していきます。

 

プロパティの設定が完了するとビジネスの概要を設定する画面が表示されるので、それぞれ該当するものを選択し「作成」をクリックします。

該当するものを選択し「作成」をクリック。

最後にモーダルが表示されますので、内容を確認後、同意項目にチェックを入れて「同意する」ボタンをクリックします。

内容を確認後、「同意する」をクリック。

これでサイトの登録は完了で、以下のような画面が表示されるはずです。

Googleアナリティクスの管理画面。
 

(STEP. 2) 「MonsterInsights」をインストール・有効化する

STEP. 2では、「MonsterInsights」をインストール・有効化しましょう。

WordPressの管理画面で「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

プラグインの新規追加画面が表示されたら、画面右上の検索窓で「MonsterInsights」と検索し、でてきたこちらのプラグインを「今すぐインストール」しましょう。

「MonsterInsights」を今すぐインストール。

プラグインがインストールされたら最後に「有効化」をクリックします。

「MonsterInsights」を「有効化」。

これでプラグイン「MonsterInsights」が有効化されました。

プラグインが無事にインストール・有効化されていれば左サイドバーに「インサイト」という項目が追加されているはずです。

左サイドバーに「インサイト」という項目が追加されている。

 

(STEP. 3) Googleアカウント認証を済ませる

STEP. 3では、Googleアカウント認証を済ませましょう。

インサイト」→「設定」を開き、「Connect MonsterInsights」をクリックします。

「インサイト」→「設定」を開き、「Connect MonsterInsights」をクリック。

「Connect MonsterInsights」をクリックするとGoogleアカウントの選択画面がでてきますので、ここではGoogleアナリティクスと紐付けているアカウントを選択します。

Googleアカウントの選択画面。

許可」をクリックします。

「許可」をクリック。

「許可」をクリックするとMonsterInsightsと連携したい登録サイトのビューを選択する画面が出てくるので、こちらで該当するものを選択し、「Complete Connection」をクリックします。

連携したいサイトのビューを選択し、「Complete Connection」をクリック。

これで以下のWordPressダッシュボード上に「おめでとうございます」といった文言が表示されれば、WordPressサイトとGoogleアナリティクスの連携は完了です。

ダッシュボード上に「おめでとうございます」と表示される。

 

(STEP. 4) 連携が上手くいっているか確認する

最後にSTEP. 4では、連携が上手く行っているを確認しましょう。

WordPressサイトに管理者とログインしていない状態でWebブラウザを開きます(ChromeでWordPressにログインしているならSafariやEdgeで開けばOK)。

並行して、先程のGoogleアナリティクス管理画面の「アクティブユーザーのリアルタイム」を確認します。
アクティブユーザーのリアルタイム。

ここの数値が「1」(以上)になっていれば、連携が上手くいっています。

 

 

その他「MonsterInsights」でできること

ここまでで「MonsterInsights」を使用して、WordPressサイトをGoogleアナリティクスと連携させる方法をご紹介しました。

なお「MonsterInsights」では、他にも以下のような機能も使用することができます。

■「MonsterInsights」でできること

  1. アナリティクスのレポートをWordPress上で確認する
  2. 管理者のアクセスを除外する

 

アナリティクスのレポートをWordPress上で確認する

1つ目は、アナリティクスのレポートをWordPress上で確認できる機能です。

こちらは「インサイト」→「レポート」画面上で確認することが可能です。

「インサイト」→「レポート」をクリック。

ダッシュボードに表示されるレポートの例。

 

管理者のアクセスを除外する

2つ目の機能は、管理者のアクセスを除外する機能です。

こちらは「インサイト」→「設定」の中にある「高度な設定」タブから設定することができます。

「インサイト」→「設定」の中にある「高度な設定」タブをクリック。

ここで少し下にスクロールした所に「Exclude These User Roles From Tracking」と書かれた項目があるので、こちらにトラッキングをしたくない権限グループを追加することで、その権限グループのユーザーのアクセスを除外することが可能です。

「Exclude These User Roles From Tracking」にアクセス除外したい権限グループを追加する。

デフォルトでは「管理者」「編集者」が追加されています。

 

 

GoogleアナリティクスとWordPressを連携する上での注意点

なおGoogleアナリティクスとWordPressサイトを連携させる上で1点注意点があります。

Googleアナリティクスの連携方法として、今回ご紹介したMonsterInsights以外から設定する方法もあります(例. テーマの機能から設定する方法や他のSEOプラグインから設定する方法など)が、1つの方法に絞るようにしましょう。

仮にテーマの機能でアナリティクスのトラッキングコードを貼り付けた上で、「MonsterInsights」のようなプラグインを使用して二重でアナリティクスとの連携をしてしまっている場合は、二重計測となり正しいアクセス結果が取得できなくなってしまう恐れがあるからです。

アナリティクスの2重計測に注意。

 

まとめ

まとめです。今回はWordPressのプラグイン「MonsterInsights – Google Analytics Dashboard for WordPress」を使用してGoogle アナリティクスと連携させる方法について紹介しました。

また、All in One SEOというプラグインを利用されている方はAll in One SEOからGoogleアナリティクスを連携することも可能です。詳しくは「All in One SEOの設定と使い方を6ステップで解説」をご参照ください。

なお、そのほかのよく使うおすすめプラグイン一覧を「WordPressおすすめプラグインを一覧・目的別紹介」でご紹介していますので、プラグインをお探しの方はあわせてご参考いただけると幸いです。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

【おすすめレンタルサーバー比較総まとめ】WordPress対応5社

国内シェア上位のエックスサーバー、ロリポップ、さくらのレンタルサーバ、およびConoHa WING、mixhostを中心にWordPressおすすめレンタルサーバーを比較・紹介していきます。これからWordPressでホームページやブログを開設するためにレンタルサーバー選びを検討している方はこちらをご覧ください。

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

-WordPressプラグイン