【記事をワンクリックで複製】WordPressプラグイン Duplicate Postの使い方

WordPress

【WordPress記事複製プラグイン】Duplicate Postの使い方

2019年8月31日

今回は、WordPress(ワードプレス)の固定ページ・投稿記事を複製・コピーできるプラグイン「Duplicate Post(デュプリケイト ポスト)」の使い方を紹介します。
 


 

WordPressでブログを書いているんですが、前の記事をコピーして使いまわせたりできるんでしょうか?

Duplicate Postというプラグインを利用すれば、投稿や固定ページを複製することができます。今回はDuplicate Postの使い方をご紹介していきますね。

 

この記事を読んでわかること

  • WordPress固定ページ・投稿・カスタム投稿を複製する方法
  • Duplicate Postの使い方


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

プラグインを導入する上での注意事項

注意プラグインは、スマートフォンのアプリのように、好きな機能をWordPress本体に組み込むことができる機能です。

プラグインは便利ですが、古いプラグインや、ご利用のテーマやプラグインの組み合わせによっては競合して、不具合を起こす場合もあります。

 

固定ページ・投稿記事の複製プラグイン「Duplicate Post」

Duplicate Postの概要

WordPress 便利なプラグイン 記事を複製 Duplicate Post
 

Duplicate Postは、投稿や固定ページを複製することができます。単純な機能ですが、ブログを書く人にとっては、作業スピードをアップすることができるのでとてもおすすめのプラグインです。
WordPress ブログ・固定ページの複製
 

Duplicate Postをインストール・有効化する

まずは、Duplicate Postをインストール・有効化していきましょう。
 

プラグイン>新規追加を選択します。
プラグイン>新規追加
 

「Duplicate Post」と検索して、表示された下記のプラグインをインストールします。
Duplicate Post インストール
 

Duplicate Postを有効化します。
Duplicate Post 有効化
 
 

Duplicate Postの基本的な使い方

Duplicate Postの使い方はシンプルです。インストール後に投稿一覧または固定ページ一覧で「複製」という項目があるので選択するだけです。
WordPress ブログ・固定ページの複製
 


 

記事の中身が複製されて、下書きとして保存されます。あとは、タイトルや本文など自由に書き換えていけばOKです。

 
 

【補足】カスタム投稿タイプは複製設定が必要

カスタム投稿タイプ(※)は初期状態では、「複製」という項目が表示されておらず選択することができません。
 

カスタム投稿タイプを運用していない方(投稿や固定ページ以外は使っていない方)はこの章は関係ありませんので読み飛ばしていただいて大丈夫です。

 

■カスタム投稿タイプ(ニュース)の例
カスタム投稿ニュースに複製が表示されていない
 

(補足)カスタム投稿タイプとは

新着情報・コラム記事・製品一覧といったように、投稿以外にも複数別のジャンルで投稿のように一覧作成したい場合もでてきます。そのようなニーズに適しているのが「カスタム投稿タイプ」です。カスタム投稿タイプは、「固定ページ」「投稿」のほかに新たに別の「投稿」を作成する機能になります。
 

カスタム投稿についての詳しい説明や作り方は「WordPress カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー(カスタム分類)を徹底解説」をあわせてご参照ください。
 
カスタム投稿タイプの例 「WEBST8動物園」

 

カスタム投稿タイプで複製を有効化するには、設定>Duplicate Postで設定を行います。
設定>Duplicate Post
 

「権限」タブを開き、カスタム投稿タイプ(ここでは、ニュース)にチェックを入れて保存します。
カスタム投稿タイプニュースにチェックを入れて保存する
 

設定後、カスタム投稿タイプ(ここではニュース)一覧を確認すると、「複製」が表示されて選択できるようになっています。
カスタム投稿「ニュース」に複製が表示された
 

以上で、カスタム投稿タイプでの複製有効化の設定は完了です。
 
 

Duplicate Postの色々な設定

基本的に、インストール・有効化すればそのまま利用できるDuplicate Postですが、細かい設定もできるので、補足としてご紹介していきます。
 

Duplicate Postの詳細設定は、設定>Duplicate Postを選択します。
設定>Duplicate Post
 

Duplicate Postの詳細設定が表示されます。「複製元」タブでは、複製する項目(何を複製するか)を選択することができます。
Duplicate Post 設定画面1
 

権限タブでは、複製可能なユーザー権限や、どの投稿タイプで「複製」機能を有効化するか選択することができます。
Duplicate Post 設定画面2
 

先ほどカスタム投稿タイプ「ニュース」もここで有効化しましたね。

 

表示タブでは、どこに「複製」のリンクを表示するか設定することができます。
Duplicate Post 設定画面3
 

基本的に特に困ったことがない限りそのままの設定で問題ないですが、必要があれば適宣設定してみてください。

 
 

まとめ Duplicate Postで記事を複製して効率化UP

まとめです。今回は、WordPressのプラグイン Duplicate Postを利用してWordPressの投稿や固定ページを複製(コピー)する方法を紹介しました。
 


 

これがあれば、前の記事を雛形にして、新しく記事を作成できるので作業効率がアップしそうですね!

Duplicate Postはすごくシンプルなんですが、非常に便利な機能なのでたくさんブログを書く人は入れておいても損はないと思います。

 

そのほかにもおすすめプラグインを、「目的別WordPressのおすすめプラグインを徹底解説!」でまとめてご紹介していますので、次のステップとしてぜひご参考にしてみてください。

【2020年版】目的別WordPressのおすすめプラグインを徹底解説!


 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございましたs。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの使い方を「【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」に詳しく説明していますので、WordPressの使い方を一通り勉強したい方は合わせてご参照いただければ幸いです。

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5