【らくらく装飾】 WordPress AddQuicktagで記事に任意のコードを挿入する方法

らくらく装飾 AddQuickTagで任意のコードを記事に挿入する方法

今回は、WordPressのプラグイン AddQuickTagを利用してエディターに任意のコードを挿入する方法を紹介します。
 

記事の装飾をするときに、いつも手打ちでHTMLを書いたりメモ帳に書いたコードをコピーしているんですが、もっと簡単にできないんでしょうか??
できますよ。AddQuicktagというプラグインを利用して、あらかじめコードを登録して1操作で記事にコードを挿入することができます。今回はAddQuicktagの使い方を説明していきますね。
 

 

「AddQuicktag」とは

AddQuicktagというプラグインを利用すると、あらかじめ任意のコードを登録することができ、記事内で簡単にコードを挿入することができるようになります。投稿画面での作業の手間と時間を短縮することができます。

 

たとえば、下記のように文章中にマーカーを入れる装飾をしたい場合、毎回HTML・CSSコードを入力したり大変ですね。

■表示例
文章の中にマーカーで印を入ります。
 

■上記のソースコード

 

下記のHTMLタグをあらかじめコードを登録して、必要な場所に簡単にコードを入力してくれるプラグインが「AddQuicktag」です。AddQuicktagを利用することで、投稿画面での作業の手間と時間を短縮することができます。
 
 

AddQuicktagの設定方法

AddQuicktagのインストール

プラグイン>新規追加より、画面右上の検索ボックスに「AddQuicktag」で検索します。「AddQuicktag」が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。
addquicktagのインストール
 

インストールが終わりましたら、「有効化」をクリックします。
addquicktagの有効化
 

「AddQuicktag」の設定を行なっていきます。管理画面から「設定」を選択し、「AddQuicktag」をクリックします。
WordPress >設定>AddQuicktag
 

AddQuicktagの設定

「AddQuicktag」の設定画面が表示されます。
addquicktagの設定画面
 

ここでは、<span class="mark"></span>のタグをAddQuicktagに設定する例で説明します。
 

開始タグに、<span class="mark">を、終了タグに</span>を入力します。ボタン名にはここでは「黄色マーカー」とわかるように命名します。右側のチェックボックスにすべてにチェックが入れて「変更を保存」をクリックします。
addquicktagの設定 タグを設定する
 

設定が終わったら、投稿(または固定ページ)>新規作成より、エディター画面を出しましょう。Quicktagsというツールが増えています。

■ビジュアルエディター
AddQuicktag ビジュアルエディター 黄色マーカー
 

なお、テキストエディターでも、黄色マーカーというボタンが増えており、利用することができます。
 

■テキストエディター
AddQuicktag テキストエディター 黄色マーカー
 

使い方は下記の通りです。任意の文字を選択した状態でAddQuickタグを選択すると選択した範囲を囲むようにタグが設置されます。

 

(※)上記のようにマーカーの色を表示するためには、登録したタグに対して事前に下記のようなCSSを記述している必要があります。

 

参考)WordPressのカスタマイズ>追加CSSの画面
追加CSSで設定
 
 

任意のショートコードもAddQuicktagに登録可能

先ほどは、HTMLコードを挿入する例で説明しましたが、AddQuiktagは任意のショートコードを挿入することもできます。
 

下記は、SpeechBubble(吹き出しプラグイン)のコードをAddQuicktagに登録した例です。
speech bubbleのショートコードをAddQuicktagに貼り付けた例
 

同様にして、任意の文章を選択した状態でQuicktags>「吹き出し女性左」を選択してショートコードを挿入します。

 
 

よく使うコードを一度登録しておいたら、ずっと使えるのですごく便利になりますね
 

補足)タグ登録時に設定した「アクセスキー」と順番について
AddQuicktag アクセスキーと順番

「アクセスキー」とは「ショートカットキー」のことで「ALT」ボタン+設定したアクセスキーボタンで「AddQuicktag」に登録したコードが入力されます。
 

「順番」は「AddQuicktag」のビジュアルエディタ、テキストエディタに表示される順番を設定することができます。設定しない場合は、登録した順に表示されます。

 
 

(補足)ブロックエディター(Gutenberg)でAddQuicktagを使用する方法

Gutenberg(グーテンベルグブロックエディター)をご利用の場合は、フォーマット>クラシックを選択することで利用できます。

 

従来のエディターを利用したい方は、下記を参考にClassic Editorプラグインをインストールして利用しましょう。

【Classic Editor】ワードプレス5.0にグーテンベルグから従来エディターに戻す方法


 

以上のように「AddQuicktag」にあらかじめコードを登録しておけば、作業が楽になり記事を書くことに専念することができます。
 

まとめ よく使うコードを登録して書くことに専念しよう

いかがでしたでしょうか。今回はAddQuicktagを利用してエディターにボタンを追加して、任意のコードを記事内に挿入する方法をご紹介しました。
 

 

よく使うコードを登録しておくと、記事を書く方に集中できますのでとてもお勧めのプラグインです。
 

便利な機能ですのでぜひ活用してみてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『自分で作る選択を!』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

 

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ