【Classic Editor】ワードプレス5.0にグーテンベルグから従来エディターに戻す方法

【Classic Editor】ワードプレス5.0にグーテンベルグから従来エディターに戻す方法
ホームページの作り方に関する記事一覧はこちらをご参照ください。
【ここだけ見れば作れちゃう!】初心者向けホームページの作り方まとめ
 

本記事では、ワードプレス5.0からリリースされたグーテンベルグ(Gutenberg)エディタの使い方を解説していきます。
 

ワードプレスを更新したら、ブログの編集画面がまったく変わってしまいました。元に戻す方法はあるんでしょうか??
 

ワードプレスは5.0系からグーテンベルグ(Gutenberg)という新しいエディターに変わったんです。知らないとびっくりしますよね(苦笑)
ここでは、元のエディターに戻す方法をご紹介していきますね。
 

【メルマガ登録はこちら!!】
ワードプレスの便利な使い方情報をGET

WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト

 

 

WordPressの新エディターGutenberg(グーテンベルグ)とは

グーテンベルグエディター(Gutenberg Editor)とは、WordPress5.0から新しく追加されたエディターのことです。これまでのクラシックエディター(ビジュアルエディターやテキストエディター)と違い、ブロック単位でコンテンツを作っていくエディターになります。
 

従来のエディターと新しいエディター(Gutenberg)
 


 
 

従来のエディターに戻すプラグイン

従来のエディター(クラシックエディター)の方が使い勝手が良い人もいるでしょうし、そもそも普段使っているプラグインがGutenberg未対応の場合はこれまで使っていた機能の一部が使えなくなります。
 

その場合は、プラグイン「Classic Editor」を利用することで従来のエディターに戻すことができます。
 

Classic Editor
 

Classic Editorとは

Classic EditorはWordPressチームによって管理されている公式のプラグインです。以前の(classic)WordPressエディタを復元します。Gutenberg未対応のプラグインやテーマを利用している場合は、Classic Editorを導入することで再度利用可能になります。

 

Classic Editorで元に戻す手順

ここでは、Classic Editorで元に戻す手順をご紹介します。
 

プラグイン>新規追加から「Classic Editor」を追加しましょう。
プラグイン>新規追加
 

「Classic Editor」をインストールします。
プラグイン「Classic Editor」をインストールする
 

プラグイン「Classic Editor」を有効化します。
Classic Editorを有効化する
 

以上で設定完了です。固定ページや投稿の編集画面を開いて、元のエディターに戻って入ればOKです。
従来のClassic Editorに戻っていることを確認
 

オプション設定 新エディターとの併用

旧エディター(クラシックエディター)を新エディター(ブロックエディター)を併用することもできます。
 

併用したい場合は、設定>投稿設定をクリックします。
設定>投稿設定
 

「すべてのユーザーのデフォルトエディター」をここでは「クラシックエディター」にして、「ユーザーにエディターの切り替え許可をします」を「はい」にします。
クラシックエディターの設定
 

固定ページ一覧または投稿ページ一覧をみると、各ページの編集が新エディター(ブロックエディター)と旧エディター(クラシックエディター)から選択できるようになっています。
新エディター(ブロックエディター)と旧エディター(クラシックエディター)から選択できる
 

以上で設定は完了です。
 

(注意)Classic Editorの提供は2021年末までかもしれない

Classic Editorは公式のWordPressプラグインですが、2019年2月時点で公式サイトを見る限り、下記のように記載しています。

少なくとも2022年まで、または必要とされる限り完全にサポートされ、維持されます。

Classic Editor is an official WordPress plugin, and will be fully supported and maintained until at least 2022, or as long as is necessary.
Classic Editor | WordPress.orgより引用

かなり先の話ですが、2022年以降Classic Editorもサポートされるか廃止されるかわかりませんので、留意しておきましょう。

 
 

まとめ 当面はClassic Editorで問題なし

いかがでしたでしょうか。今回はワードプレス5.0系でプラグイン「Classic Editor」を導入して従来のエディターに戻す方法をご紹介しました。
 

本記事執筆の2019年2月時点では、まだGutenbergエディターの評判も微妙で、まだまだ従来のエディターの利用者が多数を占めている模様です。
 

テーマやプラグインもまだGutenbergエディター対応していないものも多く、ここしばらくはClassic Editorが重宝されることでしょう。
 

とはいえ、半年、一年と徐々に新しいエディターの利用者が増えて来てGutenbergエディターが主流になってくるであろうと思われるので、今のうちからある程度試して見るのも良いかもしれません。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

 

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ