WordPress検索エンジンに 表示させない設定【noindex設定】

WordPress

【noindex設定】WordPress検索エンジンに表示させない設定

投稿日:2019年10月23日 更新日:

今回は、WordPress(ワードプレス)で作成したサイトを検索エンジンにヒットしないようにする設定(noindex設定と言います)のやり方を説明していきます。
 

WordPressでホームページを作っているんですが、まだ作成中なのであんまり見られたくないです。検索エンジンに表示させたくないんですがどうしたらよいんでしょうか??

 

WordPressではnoindex設定と言って検索エンジンに表示させない設定をすることができます。

 


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

noindex設定とは

noindexとは、GoogleやYahoo、そのほかの検索エンジンで表示させないようにする設定です。
 

noindex設定の説明
 

テストサイトやミラーコンテンツサイト、会員限定サイトなど、検索に表示させたくない場合に有効です。
 

ただし、noindex設定を尊重するかどうかは検索エンジンの判断によるので、基本的に検索に表示されなくなりますが、絶対というわけではありません。

 
 

WordPressサイト全体のnoindex設定

WordPressでは、サイト全体でnoindex設定をかけることができます。設定方法は下記の通りです。
 

まず、設定>表示設定を選択します。
設定>表示設定
 

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れて保存します。
表示設定>検索エンジンにインデックスしないようにするにチェックを入れる
 

以上で、設定は完了です。
 

なお、ロリポップなどのレンタルサーバーでは、WordPressインストール時にnoindex設定をかけることもできます。

ロリポップ WordPress 簡単インストール noindex設定
 
 

個別ページ・一部ページのみnoindex設定

WordPressでは、SEO系のプラグインを利用すれば、個別ページや投稿タイプごと、カテゴリーごとにnoindexの設定をすることも可能です。
 

■All in one SEO Pack。個別のページにnoindex設定画面
All in one SEO Pack noindex設定
 

■All in one SEO Pack。投稿タイプ・カテゴリー毎のnoindex設定画面
All in one SEO Pack noindex設定
 

関連記事

All in one SEO Packに関する使い方については「【徹底解説】WordPressのSEO対策「All in one SEO Pack」の設定と使い方」をご参照ください。

 
 

すでにインデックスされたURLを削除するためには

すでに、インデックス(検索エンジンに表示されるURL)を削除するためには、GoogleのURL削除ツールを利用します。
 

Search Console URL削除ツール
 

ただし、URL削除ツールで、無闇にインデックスを削除すると、サイトの検索順位が下がる場合もあるので、URL削除ツールは緊急で検索エンジン表示させたくない場合のみ利用するようにしましょう。

 

詳しくは「URL削除ツール - Search Console ヘルプ」をご参照ください。
 

URL 削除ツールの誤った使い方
URL 削除ツールは、機密情報が誤って公開されている場合など、すぐにブロックする必要があるコンテンツに対する最初のステップとして使用します。他の目的でこのツールを使用すると、サイトで問題が発生することがあります。

誤った情報をクリーンアップする目的でこのツールを使用しないでください(404 エラーの古いページなど)。

Search Console のアカウントのクロールエラーに対応する目的でこのツールを使用しないでください。

サイトを「ゼロから再スタート」する目的でこのツールを使用しないでください。

ハッキングされた後でサイトを「オフライン」にする目的でこのツールを使用しないでください。

サイトの正しい「バージョン」をインデックスに登録する目的でこのツールを使用しないでください。

(※)「URL削除ツール - Search Console ヘルプ」より引用

 

まとめ

まとめです。今回は、WordPress(ワードプレス)で作成したサイトを検索エンジンにヒットしないようにする設定(noindex設定と言います)のやり方を説明しました。
 

ありがとうございました。一旦noindex設定にしておいて、ホームページがちゃんとできたら公開したいと思います。

 

noindex設定は、テストサイトやミラーコンテンツサイト、会員限定サイトなど、検索に表示させたくない場合に有効です。必要に応じて使いましょう。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの基本的な使い方については「【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」をご参照ください。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.