無料サーバーXREAの始め方・WordPressインストール方法

本記事は広告が含まれる場合があります WordPress レンタルサーバー

無料サーバーXREAでWordPressをインストールする方法

今回は無料レンタルサーバーXREAでWordPressをインストールする方法を解説します。

XREA Freeは無料でWordPressを利用でき、さらに、無料でSSLや「.shop」ドメインが初年度無料(※キャンペーン期間中)など、無料で使えるサービスとしてはかなり高機能です。

ただし、少し手順が煩雑なため、今回はXREAでWordPressをインストールする方法をご紹介します。

 

 

XREAでWordPressをインストールする手順

XREAでWordPressをインストールする手順は以下の通りです。1つづつ順に解説します。

◾️XREAでWordPressをインストールする手順

  1. バリュードメインへのユーザー登録を済ませる
  2. XREAのアカウントを作成する
  3. STEP. 3:「.shop」ドメインにWordPressをインストールする
  4. STEP. 4:XREAの初期設定を変更する
  5. STEP. 5:WordPressの初期設定を済ませる

 

STEP. 1:バリュードメインへのユーザー登録を済ませる

まずはバリュードメインへのユーザー登録を済ませる必要があります。

※XREAの無料レンタルサーバーを利用するには、バリュードメインへのユーザー登録が必須です。

以下のURLから、バリュードメインの公式サイトにアクセスします。

https://www.value-domain.com/

「ユーザー登録」をクリックします。

「ユーザー登録」をクリック

 

ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力し、「入力内容を確認」をクリックします。

ユーザーアカウント作成画面

 

入力内容に問題がなければ「登録する」をクリックします。

入力内容確認画面

 

登録したメールアドレス宛に認証コードが届くので、こちらを入力して「認証を行う」をクリックします。

メールアドレス認証画面

 

ユーザー情報を入力し、「入力内容を確認」をクリックします。

※フォーム下部にある「SMS認証」は空白のままでOK。

ユーザー情報入力画面

 

入力内容に誤りがなければ、「プライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れ、「ユーザー登録する」をクリックします。

ユーザー情報入力確認画面

 

以上で、バリュードメインのユーザー登録が完了です。

登録が完了すればメールアドレス宛に確認メールが届きます。

バリュードメインのユーザー登録完了画面

 

STEP. 2:XREAのアカウントを作成する

続いて、XREAのアカウントを作成します。

以下のURLよりバリュードメインにログインします。

https://www.value-domain.com/login.php?action=login

バリュードメインのログイン画面が表示されたら、STEP. 1で作成したユーザー名・パスワードを使ってログインします。

バリュードメインのログイン画面

 

ログインができたら、「サーバー>XREA」をクリックします。

サーバー>XREA

 

初回はSMS認証があるので、電話番号を入力して「続ける」をクリックします。

電話番号を入力し「続ける」をクリック

 

届いた認証コードを入力して「認証を行う」をクリックします。

届いた認証コードを入力して「認証を行う」をクリック

 

SMS認証が完了したら、「SMS本人認証に成功しました。」と表示されるので、再度「サーバー>XREA」をクリックします。

サーバー>XREA

 

「XREAの新規アカウントを作成」をクリックします。

「XREAの新規アカウントを作成」をクリック

 

「XREA(無料)を取得」をクリックします。

「XREA(無料)を取得」をクリック

 

任意のアカウント名、ドメイン名を入力し、「利用規約に同意する」にチェックを入れた後で「登録」をクリックします。

XREAアカウントの取得・作成画面

Value Authとは?

デフォルトで「Value Authの無料登録を行う」にチェックが入っていますが、Value Authとは、WordPressログイン時に認証コードを使った2段階認証を実装できるセキュリティサービスのことです。

必要がない場合はチェックを外していても構いませんが、2段階認証を実装してセキュリティを高めたい場合はチェックを入れたままにしておきましょう。

なお、本記事ではValue-Authを利用して、2段階認証を設定する方法については割愛しますが、興味がある方は以下を参考にしてみて下さい。

参考:WordPressログインの2段階認証 | ユーザーガイド | Value-Auth(バリューオース)

 

以上で、XREAアカウントと.shopドメインの登録が完了です。

XREAアカウントと.shopドメインの登録完了画面

 

STEP. 3:「.shop」ドメインにWordPressをインストールする

次に、登録した「.shop」ドメインにWordPressをインストールします。

「サーバー>XREA」画面を開き、STEP. 2で作成したサーバーアカウントの新コントロールパネルを開きます。

「新コントロールパネル」をクリック

 

コントロールパネルが開いたら、左サイドバーにある「サイト設定」をクリックします。

「サイト設定」をクリック

 

「ツール/セキュリティ」をクリックします。

「ツール/セキュリティ」をクリック

 

少し下にスクロールしたところにある「CMSインストール」と書かれた項目で、「WordPress」をクリックします。

「CMSインストール」と書かれた項目で、「WordPress」をクリック

 

WordPressのインストールパスを設定し、「サイト:」の後ろにはwwwなしのドメイン名を選択して「CMSインストール」をクリックします。

CMSインストールパスとサイトを選択

 

以上でCMSのインストールができました。

WordPressのインストール完了画面

 

なお、WordPressはデータベースがないと使えないので、データベースも作成しておきましょう。

「データベース」をクリックします。

「データベース」をクリック

 

「データベースの新規追加」をクリックします。

「データベースの新規追加」をクリック

 

データベース名とパスワードを設定し、「データベースを新規作成する」をクリックします。

※ここで作成したデータベース名とパスワードはWordPressの初期設定で必要になるので、必ずメモに控えておいて下さい。

データベースの新規作成画面

 

以上でデータベースが作成されました。

データベース作成完了画面

 

STEP. 4:XREAの初期設定を変更する

ここまでで.shopドメイン(webst8.shop)下にWordPressのインストールができましたが、URLバーに「webst8.shop」と入力すると、「Forbidden - ・・・」と表示されます。

403エラー

※ドメイン取得直後はアクセスできませんと表示されることもあります

ドメイン取得直後は「このサイトにアクセスできません」と表示されることもあります。
まだドメインとインターネットの設定がうまく反映されていないためです。この場合、数時間待って再度アクセスしてみましょう。
このサイトにアクセスできません

 

「Forbidden - ・・・」と表示されるのは、XREAの初期設定で、「webst8.shop」にアクセスした際、「www.webst8.shop」に転送されるようになっているためです。

また「webst8.shop」と「www.webst8.shop」でドキュメントルートが分かれており、前者では「/public_html/webst8.shop」、後者では「/public_html」のデータを参照します。

XREAのサイト設定デフォルト
 

上図の通り、webst8.shopにアクセスすると「www.webst8.shop」転送されて、現状ファイルが存在しないディレクトリ「/public_html」を参照し、403エラーが表示されてしまいます。

 

そこで、デフォルトで設定されている転送ルールを無効化して、「webst8.shop」でアクセスできるようにXREAの初期設定を変更します。

「サイト設定」をクリックします。

「サイト設定」をクリック

 

「Transfer」と書かれた設定の上で、「設定変更」アイコンをクリックします。

「設定変更」アイコンをクリック

 

「転送設定」項目を空にし、「無料SSL」にチェックを入れてから「サイト設定を変更する」をクリックします。

転送設定を無効化し「無料SSL」にチェックを入れる

メモ

SSLとは、インターネット上のデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。SSL化を設定するとWebサイトのセキュリティを高めることができます。

SSLについて詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせてご覧下さい。

関連記事:【SSLとは】SSLの意味と必要性および仕組みや種類を解説

 

以上で、転送設定を無効化できました。

試しに「webst8.shop」をURLバーに入力してみましょう。

WordPressの初期設定画面

 

上のような画面が表示されればOKです。

 

変わらず転送されてしまう場合はブラウザキャッシュをクリアしよう

転送設定を無効化しても引き続き「Forbidden - You don't have permission to access this resource.」と書かれた画面が表示される場合は、ブラウザのキャッシュをクリアして再度試してみて下さい。

Google Chromeの場合は、以下の手順でキャッシュをクリアできます。

 

ブラウザ右上の「︙」(縦三本リーダー)をクリックし、「閲覧履歴を消去」をクリックします。

「閲覧履歴を消去」をクリック

 

「データを消去」をクリックします。

「データを消去」をクリック

 

これでキャッシュがクリアできたので、現在開いているタブを閉じ、再度.shopドメインをURLバーに打ち込んでみて下さい。

 

STEP. 5:WordPressの初期設定を済ませる

最後にWordPressの初期設定を済ませましょう。

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

「さあ、始めましょう!」をクリック

 

データベースの新規作成時に設定した、データベース名・パスワードなど各種情報を入力して、「送信」をクリックします。

データベース情報を入力

データベース名 データベース新規作成時に設定したデータベース名を入力。

データベース名

ユーザー名 データベース名と同じ値を入力。
パスワード データベース新規作成時に設定したパスワードを入力。

データベースパスワード

データベースのホスト名 デフォルトの「localhost」のままでOK。
テーブル接頭辞 デフォルトの「wp_」のままでOK。

 

「インストール実行」をクリックします。

「インストール実行」をクリック

 

サイトのタイトルやWordPressログイン時に使用したいユーザー名・パスワード、メールアドレスを入力して「WordPressをインストール」をクリックします。

WordPressの情報を入力して「WordPressをインストール」をクリック

 

以上でWordPressがインストールされました。

WordPressのインストール完了画面

 

試しに、.shopドメイン(webst8.shop)をURLバーに打ち込んでみましょう。

WordPressが無事にインストールされていれば、以下のような画面が表示されます。(デフォルトでは使用テーマ「Twenty Twenty-Two」が適用されています。)

XREA上にインストールされたWordPress

 

また、URL末尾に「/wp-admin」(例: webst8.shop/wp-admin)を付けてアクセスします。

URL末尾に「/wp-admin」(例: webst8.shop/wp-admin)を付けてアクセスする

 

ログイン画面が表示されるので、先ほど設定したWordPressログイン時のユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

ユーザー名とパスワードを入力し、ログインする

 

これでWordPressの管理画面にログインできました。

WordPressの管理画面

 

まとめ

まとめです。今回は無料レンタルサーバーXREAを使ってWordPressをインストールする方法を解説しました。

XREA Freeは無料でWordPressを利用できるので、学習目的などで利用する際に便利です。

一方、Webサイト上に広告が表示されたり制限も多いため商用や1年以上長く運用する予定の場合は有料のレンタルサーバーの方がおすすめです。

有名なレンタルサーバーについては「人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】」をご参照ください。

なお、WordPressインストール後の使い方については以下の記事をご参照下さい。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

-WordPress, レンタルサーバー