【WordPressで簡単301リダイレクト】転送設定プラグインRedirectionの使い方

WordPress

【WordPressで簡単301リダイレクト】転送設定プラグインRedirectionの使い方

2019年7月26日

今回は、古いURLにきたアクセスを新しい別のURLに転送(リダイレクト)することができるWordPressプラグイン「Redirection(リダイレクション)」の使い方と設定方法をご紹介します。
 

WordPressのブログのURLを以前変えたんですけど、検索エンジンで検索しても古いURLのまま表示されています。。古いURLにアクセスがあったら正しいURLに転送したいんだけど、どうしたらよいでしょうか??

「Redirection(リダイレクション)」というプラグインを利用すると、初心者でも簡単にURLの転送(リダイレクト)を行えますよ!今回はRedirecitonの使い方を説明していきますね。

 

RedirectionによるURLの転送設定


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

プラグインを導入する上での注意事項

ホームページ Unavaiableプラグインは、スマートフォンのアプリのように、好きな機能をWordPress本体に組み込むことができる機能です。プラグインは便利ですが、古いプラグインや、ご利用のテーマやプラグインの組み合わせによっては競合して、不具合を起こす場合もあります。
 

そのためすでに運用済みの本番環境で導入する場合は、事前にバックアップを取得しておく、必要に応じて検証環境を作って事前に試しておくなどが推奨されます。プラグインの導入は自己責任でお願いいたします。

 
 

転送設定プラグインRedirectionの使い方の導入

Redirection(リダイレクション)の概要

WordPress 転送設定プラグイン「Redirection(リダイレクション)」
 

なんらかの理由で一度検索エンジンに登録されたURLを後から変更する場合、そのままにしておくと他サイトからの被リンクや検索エンジン経由で古いURLにアクセスしたときに404エラーページなどが表示されてせっかくのアクセスが無駄になってしまいます。
存在しないURLをそのまま放っておくと 訪問者が見たいページにたどり着けない
 

Redirectionは、古いURLにきたアクセスを新しい別のURLに301転送(リダイレクト)することができるWordPressプラグインです。
RedirectionによるURLの転送設定
 

通常、301リダイレクトを行うには、.htaccessなどの制御ファイルを利用して、転送設定を行いますが初心者にはやや難しいです。「Redirection」を利用すると簡単に転送設定が可能です。また、上級者にも使えるように正規表現も設定できるので、1つのルールで複数の転送設定をすることもできます。
 

301リダイレクトの流れ
 

(補足)そもそも301リダイレクトって何?

301リダイレクトと302リダイレクトの違い
 

そもそも301リダイレクトってなんなんでしょうか??

転送の仕方にもいくつか種類があります。301リダイレクトは転送の仕方の1種類で、恒久的な転送設定(Permanent Redirect)というものです。

 

301リダイレクト(Permanent Redirect)は恒久的な転送設定で、Webサイトやページの引っ越し時に使用します。転送先ページは旧ページのSEO評価を受け継ぐ事ができます。(※)SEO評価を何%くらい引き継がれるか、Googleのアルゴリズムが判断するため状況により差があります(必ずしも100%そのまま評価が引き継がれる訳ではありません。)
 

このほかにも恒久的な移転ではなく、一時的な転送用に302リダイレクトという転送設定などもあります。302リダイレクトでは転送先にSEOの評価が引き継がれません。
 

よくある301リダイレクトの利用ケース

  • ウェブサイトの移転やリニューアルに伴いURLが変更になる場合
  • 古い(すでにない)URLを新しいURLに転送する場合
  • URLの正規化(httpとhttps、wwwありなしなど)

 

注意点としては、301リダイレクトはSEOの評価も引き継ぐという性質上、むやみやたらに設定するとSEOの評価が低くなるリスクもあるので注意してください。

 
 

Redirectionのインストール

まずは、Redirectionのインストールをしていきます。プラグイン>新規追加を選択します。
管理画面>プラグイン>新規追加
 

Redirectionで検索してヒットした下記プラグインを「今すぐインストール」します。
Redirectionを今すぐインストールする
 

有効化ボタンを押下して、Redirectionを有効化します。
Redirectionを有効化する
 

以上で、Redirectionのインストールは完了です。引き続き、Redirectionの使い方を説明していきます。
 
 

Redirectionの基本的な使い方

転送ルールを設定する

まずは基本的な転送ルールを設定していきましょう。WordPressの管理画面からツール>Redirectionを選択します。
WordPressダッシュボード>ツール>Redirection
 

初回のみ、Redirectionのセットアップ画面が表示されます。「セットアップの開始」ボタンをクリックします。
Redirectionのセットアップ開始
 

ここでは、そのまま「セットアップ続行」をクリックします(チェックボックスにチェックを入れるとログや監視機能を強化しますがここでは無視します)
Redirectionのセットアップ続行
 

「セットアップ完了」ボタンをクリックします。
Redirectionのセットアップ完了
 

Redirectionの設定画面が表示されますので、ここで転送設定ルールを作っていきます。
Redirectionの設定画面
 

転送設定ルールの設定です。上側が転送元URL、下側が転送先URLです。
Redirectionの転送ルール設定
 

転送元URLは自サイトのURLを相対URLで指定して、転送先URLにはhttp(s)から始まる完全なURLを入力します。転送先URLは自サイト以外の外部ドメインでも設定可能です。
転送ルールを設定する
(※)転送ルールは、正規表現でも設定可能です(中上級者向け設定)。
 

なお、転送元URLは、相対URLでなくhttpsから始まるURLをそのまま入力しても問題ありません。
転送元URLは、相対URLでなくhttpsから始まるURLをそのまま入力しても問題ありません。

 

転送ルールが追加されました。
転送ルールが設定されました
 

最後に、実際に転送元のURLにアクセスして、転送先のURLにリダイレクトがかけられていればOKです。


 

一度設定した転送ルールを編集する

一度設定した転送ルールは、あとから「編集」「削除」「無効化」「Check Redirect(リダイレクトの確認)」することができます。
あとから「編集」「削除」「無効化」「Check Redirect(リダイレクトの確認)」も可能
 

(上級者向け)転送ルールの細かい設定

転送ルールは、さらに細かい設定も可能です。301リダイレクトの他に302リダイレクト、そのほかのリダイレクト処理をすることもできます。


 

(補足)Redirectionの詳細設定

使用頻度は低くなりますが、Redirectionの細かい設定・確認画面を補足していきます。

ツール>Redirectionを選択して下さい。
WordPressダッシュボード>ツール>Redirection
 

Redirectionの画面が表示されます。上部に詳細設定欄が並んでいます。
Redirectionの詳細設定
 

Redirectionのグループ設定は、各転送ルールのグルーピング設定です。目的・用途に応じてグルーピングすることで管理がしやすいくなります。
Redirectionグループ設定
 

Redirectionのログ確認は、Redirectionによる転送履歴をログに残したものです。いつ、どんな転送処理が行われているか確認することができます。
Redirectionログ確認
 

Redirectionのインポート/エクスポート設定では、大量の転送ルールをCSVで一括インポートしたりエクスポートしたりすることができます。
Redirection インポート/エクスポート設定
 

Redirectionの詳細設定では、セットアップ時に指定したログ・監視の強化設定などを再設定することができます。
Redirection詳細設定
 

難しい設定項目もあるので、初心者向けということでここでは割愛しますが、興味のある方は色々試してみてください。

 
 

まとめ

まとめです。今回は、古いURLにきたアクセスを新しい別のURLに転送(リダイレクト)することができるWordPressプラグイン「Redirection(リダイレクション)」の使い方と設定方法をご紹介しました。
 

RedirectionによるURLの転送設定
 

これで、正しいURLでアクセスしてもらえそうです

注意点としては、301リダイレクトはSEOの評価も引き継ぐという性質上、むやみやたらに設定するとSEOの評価が低くなるリスクもあるので注意してください。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございましたs。
 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.