WordPressのプラグインを 強制的に無効化OFFする方法

WordPress

WordPressプラグインをFTPで強制無効化・停止する方法

WordPressで特定のプラグインが原因でサイトが動かなくなったので、強制的にプラグインを無効化したい。でも管理画面に入れずに困っている人もいるのではないでしょうか。

WordPressやプラグインのバージョンを上げたタイミングで、不具合が発生してサイトが表示できなくなり、管理画面にも入れないというトラブルが起きることがあります。

そこで、ここではFTPを利用してレンタルサーバーにアクセスして、WordPressのプラグインを強制的に無効化・停止する方法をご紹介します。
 


 

本作業を実施する上での注意事項

ホームページ Unavaiable本手順はサイトトラブル発生時に強制的にプラグインをOFFするという暫定的な手順ですので、正常に動作している本番環境のWordPressサイトに適用すると、プラグインの機能などが正常に動作しなくなる可能性もあります。

本記事はテスト環境下での暫定的な手法を説明したものであり、ご利用の環境ではその他の作業が必要な場合もあります。

本番環境で実施する際は特に気をつけていただき、バックアップを取った上自己責任で実施をお願いいたします。

 

FTPでレンタルサーバーにアクセスする

まずはFTPソフトを使ってレンタルサーバーにアクセスしてください。
 

FTPソフトでサーバーにファイルをアップロードする

(※)FTPソフトを使ったことがない方については「無料FTPツール FileZilla の使い方 Mac・Windows対応」をご覧ください。
 

プラグインを個別に強制的に無効化オフにする場合

まずは、特定のプラグインを個別に無効化する方法をご紹介します。
 

FTPで対象のドメインにアクセスすると、WordPressのインストールディレクトリ・ファイル類があります。wp-contentディレクトリをダブルクリックして中に移動します。
WordPressインストールフォルダ wp-contentをダブルクリックして移動
 

pluginsディレクトリをダブルクリックして中に移動します。
wp-contentフォルダ pluginsをダブルクリックして移動
 

各プラグインが表示されますので、無効化したいフォルダ名を変更してOFFにします。本例ではsiteguardのフォルダ名の前に「00」をつけて強制的にOFFにしました。※名前はなんでも構いません。
強制的に無効化したいプラグインをりネーム(ここでは先頭に00を追記)
 

実際に、プラグインが無効化したか確認してみましょう。管理画面のプラグイン>インストール済みプラグインを押下します。
プラグイン>インストール済みプラグインを選択
 

SiteGuardが強制的にプラグインを無効化できたことが確認できます。不要な場合は一旦削除してインストールしなおすなど対策しましょう。
Sitegaurdが無効化されたことを確認
 

基本的に設定内容は保持されますが、プラグインによっては、設定内容が変わることもあります。

たとえば、SiteGuardの場合、プラグインを無効化・有効化したり、インストールし直すとログインページ変更後のURLが変わったりします。

ですので、各自対象のプラグインで動作確認しておいてください。
 

プラグイン全てを強制的に無効化オフにする場合

つぎに、全てのプラグインを強制的に無効化する方法をご紹介します。
 

プラグインが原因でサイトが全く開かない、どのプラグインか原因がわからない場合などの場合に、一気にプラグインを強制的に無効化することもできます。
 

先ほどと同様にwp-contentディレクトリをダブルクリックして移動します。
WordPressインストールフォルダ wp-contentをダブルクリックして移動
 

pluginsディレクトリの名称を変更します(本例では、先頭に00追記)
pluginsディレクトリの名称を変更
 

これで全プラグインを強制的に無効化(エラーで動かなくする)できました。プラグインが原因でサイトが全く動かなかった場合などは、この操作で再びサイトが動作して管理画面に入ることができるようになります。

実際に、プラグインが無効化したか確認してみましょう。管理画面のプラグイン>インストール済みプラグインを押下します。
プラグイン>インストール済みプラグインを選択
 

全プラグインがエラー発生して、何も見えなくなりました。
pluginsディレクトリの名称を変更します(先頭に00追記)
 

上記のままでは、プラグインが全て無効化されていることによって画面崩れがあったりエラーが起きたりしているので、最初の手順で一つ一つのプラグインを無効化などして原因を探っていく必要があります。
 

なお、この状態ではプラグインを新規インストールしたりすることも一切できないことに注意です。
プラグインインストール失敗
 

ですので、最終的には先ほどの「00plugins」を「plugins」に戻してください。
pluginsに戻す
 

なお、本操作をした後は全てのプラグインが無効化されているので、手動で有効化する必要があります。
全てのプラグインが無効化されているので、手動で有効化する必要があります。
 

 

まとめ WordPressのプラグインをFTPで強制的にOFF・無効化する方法

まとめです。今回は、FTPを利用してレンタルサーバーにアクセスして、WordPressのプラグインを強制的に無効化・OFFする方法をご紹介しました。
 

特定のプラグインが原因でサイトが動かなくなることもしばしばあります。管理画面に入ることもできずどうすることもできない状態には本方法で強制的にプラグインを無効化することができます。
 

万一WordPressやプラグインをバージョンアップして不具合が起きた場合の暫定的な対処法としてご参考になれば幸いです。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの使い方の総まとめを「【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」で紹介しています。WordPressを一から勉強したいと言う方はぜひご覧ください。

【2021年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , ,