【ConoHaで閲覧できませんと 表示された時の対策・WAF除外設定】

ConoHa WordPress

【ConoHa 閲覧できません(Forbidden Access)エラー時の解決方法】

今回は、ConoHa WINGで閲覧できません(Forbidden Access)のエラー画面が出た時の対処法として、WAF(Web Application Firewall)の除外設定のやり方をご説明します。
 

■ConoHa WING 閲覧できません(Forbidden Access)のエラー
ConoHa WING 閲覧できません(Forbidden Access)
 

ConoHa WINGにWordPressをインストールしたんですが、閲覧できません(Forbidden Access)というエラー画面が出ちゃって。。どうしたら良いんでしょうか?

ConoHa WINGでこのエラーが起きる場合は、WAFの誤検知であることが多いです。今回は、WAFの除外設定のやり方を説明していきますね。

 


 

(関連記事)ConoHaでWordPressをインストールする手順

ConoHa WINGでこれからWordPressを開設する方は「【ConoHa WINGでWordPressをインストールする方法】」の記事をご参照ください。

 

WordPressで「閲覧できません(Forbidden Access)」と表示されるエラー

ConoHaWINGにインストールしたWordPressの管理画面をしていると、まれにボタンを押した拍子に下記のようなエラー画面が表示されることがあります。
 

ConoHa WING 閲覧できません(Forbidden Access)
 

閲覧できません(Forbidden Access)
指定したウェブページを表示することができません。
入力したURLや値が正しくない可能性がございますのでご確認ください。

The Server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct.Please confirm the value.

 

例. AddQuickTagで「変更を保存」時に本エラーが発生
1. AddQuickTagの設定で「変更を保存」ボタンを押す
AddQuickTag の設定画面で変更を保存する
 

2. 閲覧できません(Forbidden Access)のエラーが発生。AddQuickTagの設定の保存ができない
ConoHa WING 閲覧できません(Forbidden Access)
 

この画面です。WordPressで普通に管理画面を触っていたんですが、ボタンを押したらエラーが起きました。

 

(関連記事)ロリポップの場合は403エラーと表示されます。

なお、ロリポップをご利用の場合は下記のような403エラーと表示されます。サーバーによって文言は若干変わりますので注意しましょう。
ロリポップの403エラー画面

ロリポップをご利用の場合は「【ロリポップで403エラーが出た時の対処法】WAFの無効化・除外設定」をご参照ください。

 
 

ConoHa WINGでWAFの誤検知を除外設定する方法

ConoHa WINGのコントロールパネルWAF検知エラーの除外設定する方法をご紹介します。
 

まずはConoHa WINGのログイン画面にいきましょう。
ConoHa WING ログイン画面
 

ログインできたら、ConoHaの管理画面が表示されます。サイト設定>サイトセキュリティ設定を選択します。
ConoHa WING コントロールパネル サイト設定>サイトセキュリティ設定
 

サイトセキュリティ>WAFを選択します。
ConoHa WING コントロールパネル サイトセキュリティ>WAF
 

エラー画面が発生した時間帯と合致していることを確認して「除外」を選択します。(無関係と思われる時間帯の行は無闇に除外しないようにしましょう)
ConoHa WING コントロールパネル WAF除外設定
 

「対象の攻撃を除外しますか?」と聞かれるので、「はい」を選択します。
ConoHa WING コントロールパネル WAF除外する
 

対象の行が「除外設定」されたことを確認してOKです。
ConoHa WING コントロールパネル WAF除外設定
 

5分分程度待ってから、WordPress側でエラーが起きた操作を実施してみて、エラーが起きなくなっていれば完了です。
 

(補足)Forbiddenの意味はアクセス拒否が原因で起こるエラー

ホームページ UnavaiableForbiddenと表示されるエラーは、多くはサーバー側から閲覧権限不足・アクセス拒否の返答があった場合に表示されるエラーです。

エラー番号は「403」で403エラー・403Forbiddenエラーとも言われます。403は、エラーの中でも、ページは存在しているけどもアクセスが拒否されたことを示すエラーになります。
 

HTTP 403、またはエラーメッセージ Forbidden(「閲覧禁止」「禁止されています」の意)は、HTTPステータスコードの一つ。ページが存在するものの、特定のアクセス者にページを表示する権限が付与されず、アクセスが拒否されたことを示すもの。また、サイトの制作者側の設計ミスによる障害やサイトが非常に混雑している時、URLが間違っている場合にも表示される事がある。
(※)WikiPediaより引用

 

403エラーが起きる原因はいくつかありますが、WordPressの場合WAFの誤検知が原因でよくこのエラーが起きます。
 

WAFとは、Web Application Firewall(ウェブ・アプリケーション・ファイアフォール)の略で、Webサイトの改ざんを防ぐためのセキュリティ機能の1つです。
 

Webサイトの改ざんを防ぐため機能ではありますが、まれに管理画面の通常の操作も誤検知されて、403エラーが起きることがあります。
 

WAFは、Windowsのパソコンのファイアーウォールなイメージですね。対策としては、パソコンと同様に、ファイアーウォールそのものを無効化するか、個別に除外設定するふた通りの方法があります。

 
 

(補足)WAFを無効化することも可能だが非推奨

今回は、除外設定する方法をご説明しましたが、WAFを無効化することもできます。
 
ただし、セキュリティが若干下がってしまうため、不都合がなければ除外設定の方がおすすめです。

 

■ConoHaの管理画面のWAFの利用設定をOFFにする
ConoHa WING コントロールパネル OFFにするとセキュリティが下がるので非推奨
 

■WordPress管理画面上からConoHa WING WAF設定をOFFにする
WordPress管理画面上からConoHa WING WAF設定をOFFにする
 
 

まとめ 閲覧できませんと表示された時の対策

まとめです。今回は、レンタルサーバー「ConoHa WING」で403Forbiddenエラー(閲覧できません)と表示された場合のWAF除外設定のやり方をご紹介しました。
 

ConoHa WING 閲覧できません(Forbidden Access)
 

なんだか色々ややこしいですが、これでなんとか引き続きWordPressを操作できそうです。

エラー系は初心者だとややこしいくて大変ですね。エラーが起きた時は表示されている文言をコピーしてそのままGoogle検索すると結構解決策が載っているのでおすすめですよ。

 

エラーが起きるとあわててしまいますが、エラーで表示されている文言をコピー(今回だと「ConoHa WING 閲覧できません(Forbidden Access)」...の部分)してそのままGoogle検索すると結構解決策が載っているのでエラーが起きたら試してみてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの基本的な使い方については「【2020年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」をご参照ください。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 


 

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-ConoHa, WordPress
-, ,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5