無料FTPツール FileZilla の使い方 Mac・Windows対応

無料FTPツール FileZillaの使い方 Mac・Windows両対応

今回は、サーバへファイル転送をするための 無料 FTPソフト FileZillaのダウンロードから使い方を説明します。FileZillaはMACとWindowsの両方のOSに対応している有名なFTPソフトの一つで、レンタルサーバーへのファイルのアップロードやダウンロードの際に利用します。
 

※2016年10月24日時点での手順になります。
 

 

それでは説明に入っていきます。
 

FTPソフト FileZillaの使い方

FTPソフトとは

FTPソフトとは簡単にいうと、自分が契約したWebサーバーのフォルダにファイルをアップロードしたり、ダウンロードしたりするファイル転送ソフトのことです。
 

FTPソフトでサーバーにファイルをアップロードする
 

有名なFTPソフトの一つにFileZillaというソフトがありますので、今回はFileZillaについて説明します。
 
 

FileZillaとは

有名なFTPソフトの一つにFileZilla(読み方:ファイルジラ)というソフトがあります。FileZillaはMACとWindowsの両方に対応しています。
 

(注意)FTPの操作は慎重に行いましょう

ホームページ UnavaiableFTPの操作は、慎重に行う必要があります。
 
既存の必要なファイル・フォルダを誤って上書きしたり、削除・編集してしまうと、今まで使っていたホームページの画面が見れなくなったり、最悪作り直しになることもあります。
 
ファイルを編集する際は一旦PCにダウンロードしてバックアップを取ってから編集する、あるいは、ロリポップのバックアッププランを利用して、なにかあった時に戻せるようにしておくことが大切です。

 

FileZillaのインストール方法

下記サイトにアクセスします。
FileZilleのダウンロード
 

赤線の「パッケージ FileZilla Client」(※パッケージ FileZillaServerではないのでご注意ください)と書いてある方をダウンロードします。自分のOSの環境に合わせてFileZillaをダウンロードしてください。
 
FileZillaのダウンロード
 

自動ダウンロード画面が表示されます。自動でインストールされない場合は、リンクをクリックしてください。

FileZilla ダウンロード画面

FileZilla ダウンロード画面

 
 

インストール(MAC版の場合)

ダウンロード後にダブルクリック(または右クリック>解凍)などでファイルを解凍します。

FileZilla 解凍

FileZilla 解凍

 

解凍したFileZillaをアプリケーションに移動します(Windowsの場合はsetup.exeをダブルクリックでインストールしてください。)

FileZilla アプリケーションに移動

FileZilla アプリケーションに移動

 

アプリケーションからFileZillaをダブルクリックして起動します。

FileZilla ダブルクリック

FileZilla ダブルクリック

 

初回にファイルを開く際は警告ダイアログが表示される場合がありますが「はい」を選択します。

filezila ファイルオープン時の警告

filezila ファイルオープン時の警告

 

FileZillaでサーバーに接続する(クイック接続)

次に、FileZillaでサーバーにアクセスする方法を説明します。

FileZillaを起動するとメインメニューが表示されます。サーバーにアクセスするために、事前に契約したサーバーでFTPアクセス情報を確認する必要があります。
 

ロリポップのFTP情報確認方法

ここでは例として、レンタルサーバー「ロリポップ」のFTP確認手順で説明します。まずはロリポップのログイン画面にアクセスしてログインしてください。
ロリポップログイン画面
 
ユーザー設定>アカウント情報をクリックします。
ロリポップ 管理画面 ユーザー設定>アカウント情報
 
FTP情報が表示されます。FTPサーバー、FTPアカウント、FTPパスワードをメモして控えておきます。
ロリポップ管理画面 FTP情報 

 

FileZillaを開きます。FTPサーバー、FTPアカウント、FTPパスワードを入力して「クイック接続」ボタンを押下します。
FileZillaサイト クイック接続
 

証明書の警告画面が表示されますが、無視して「接続」ボタンをクリックします。
FileZilla 証明書の警告
 

接続に成功すると、右側にリモート側(サーバー側)のフォルダやファイルが見れるようになります。左側がPC側のフォルダやファイル類で、左右のドラッグ&ドロップでファイルやフォルダをアップロード・ダウンロードできますので試してみてください。

 
 

FileZillaでサーバーにアクセスする(接続設定)

毎回、FTPサーバー・アカウント・パスワードを入力するのは手間なので、FileZilla上に記憶させて利用することもできます。
 

FileZillaサイト設定アイコンを押下します。
FileZillaサイト設定アイコンを押下
 

サイト設定>「新しいサイト」ボタンをクリックします。
FileZillaサイト サイト設定>新しいサイトを作成
 

分かるように任意のサイト名を入力して、FTP情報を入力します。
FileZillaサイト サイト設定 FTP情報入力
 

文字セット>UTF8を強制を選択して接続ボタンをクリックすると、サーバーにアクセスできます。
FileZillaサイト設定 文字セット
 

接続に成功すると、右側にリモート側(サーバー側)のフォルダやファイルが見れるようになります。左側がPC側のフォルダやファイル類で、左右のドラッグ&ドロップでファイルやフォルダをアップロード・ダウンロードできますので試してみてください。

 

(※)次回から登録したサイトを選択して「接続」ボタンを押下すると、サーバーにアクセスすることができます。
FileZIlla サイトから接続
 
 

まとめ

今回は、サーバーにファイルやフォルダをアップロードしたりダウンロードするために必要なFTPソフトでFileZillaというツールを紹介しました。
 

FileZilla以外にもFFFTPというツールも有名ですが、2016年10月時点でWindows版しかないため、MAC・Windowsの両方に対応しているFileZillaを今回は紹介しています。
 

正直どのツールでも大きな機能差はないので、FileZillaをはじめ、有名なツールを一つ使えるようになれば充分だと思います。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

 

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

1 個のコメント

  • 9/2の速習コースではお世話になりました。その後忙しく中々手付かずのHP作製に昨日からようやく再開しました。開示いただいている資料を読み解きながら進めていますが、受講依頼ひと月以上経過しており忘却がひどく大変助かっています。まだ道半ばですが一言お礼申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    松本慶

    【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

    1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

    「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
    ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

    メルマガ登録はこちら

    個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ