WordPressのパーマリンク の変更手順とおすすめ設定

WordPress

【やさしく解説】WordPressのパーマリンクの変更手順とおすすめ設定

投稿日:2017年5月30日 更新日:

WordPressのパーマリンクはサイトのURL構造を定義する重要な設定で、最初に設定しておくべき項目です。
 

今回は、WordPressのパーマリンクの意味とおすすめのパーマリンク設定について説明していきます。
 

■WordPressのパーマリンク共通設定
WordPressのパーマリンク設定
 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 


 

WordPressパーマリンクとは

パーマリンクの概要

パーマリンク(Permanent Link)とは直訳すると「恒久的なリンク」です。WordPressでは、固定ページ、投稿やカテゴリーなどの各ページのURLのことを指します。
 

パーマリンク
 

パーマリンクとは、固定ページやブログ投稿、カテゴリー・タグアーカイブなどの永続的 (パーマネント) な URL のことです。パーマリンクは、コンテンツにリンクするための Web アドレスです。

(※)管理画面/パーマリンク設定 | WordPressCodexより引用

 

パーマリンクは最初に設定すべき設定項目

WordPressではパーマリンクの構造をどうするか設定することができます。
 

WordPressのパーマリンク設定
 

パーマリンクの設定は後から実施することも可能ですが、最初に設定すべき項目です。なぜなら、後から変更すると、外部リンクからの以前のURLにアクセスした時に404エラーが起きたり、SEOに悪影響を及ぼす可能性があるからです。
 

各投稿のURLは永続的で、変更されるべきではありません。このため「パーマリンク」という名称になっています。
(※)管理画面/パーマリンク設定 | WordPressCodexより引用

 

パーマリンクの具体的な設定方法は後ほど説明していきますね。

 
 

パーマリンクとスラッグの違い

パーマリンクのほかに「スラッグ」という設定を見かけましたが、スラッグとパーマリンクの違いってなんでしょうか??

パーマリンクはURL全体を指すのに対して、スラッグはURLの末尾部分を指します。

 

■WordPressの投稿編集画面(ブロックエディター版)
WordPress 投稿画面 URLスラッグ
 

パーマリンクとスラッグの違い
 
 

WordPressパーマリンクの共通設定

それでは、具体的なパーマリンクの設定方法について説明していきます。ダッシュボード(管理画面)にて、設定>パーマリンク設定を選択します。

WordPress パーマリンクの設定 設定>パーマリンク設定

設定>パーマリンク設定


 

パーマリンクの共通設定画面が表示されます。ここでは主に投稿のURL構造を設定することができます。パーマリンクを変更するには、以下の中からラジオボタンを一つ選んで保存するだけです。
WordPressのパーマリンク設定
 

設定内容意味
基本末尾はWordPressで自動的に連番が振られる。
例. http://www.example.com/?p=123
日付と投稿名投稿日付とタイトル(投稿スラッグ)を用いた構造
例. http://www.example.com/2019/07/31/sample-post/
月と投稿名投稿月とタイトル(投稿スラッグ)を用いた構造
例. http://www.example.com/2019/07/sample-post/
数字ベース投稿ID を用いた構造
例. http://www.example.com/archives/123
投稿名投稿名を用いた構造
例. http://www.sample.com/sample-post
カスタム構造上記以外で自分独自で構造を定義できる設定。
例. http:///www.sample.com/%year%/%postname%/

 

パーマリンクのオプション設定って?

パーマリンクオプション設定
パーマリンクのオプション設定では、カテゴリーやタグのURL構造をカスタマイズできます。
たとえば、カテゴリーベースに topics を使えば、カテゴリーのリンクが https://webst8.net/topics/uncategorized/ のようになります。

ただし、基本的に使わなくても良いので、空欄のままで大丈夫です。

 

ここでは、例としてパーマリンクの共通設定を「投稿名」にして保存します。
パーマリンクの共通設定で「投稿名」を選択して変更を保存
 

以上でパーマリンクの共通設定は完了です。
 

注意)パーマリンクを変更すると今までの投稿URLも変更されます
すでに投稿で何件かブログを書いている場合は、すでに公開しているブログのURLも変更されますので注意しましょう。
 

後からパーマリンク変更する場合の注意点
 

アクセスがたくさんあるページや検索上位に位置しているページについては、せっかくのアクセスを無駄にしないために、301リダイレクト(転送)の設定をしておきましょう。
 

リダイレクトの設定については、「【WordPressで簡単301リダイレクト】転送設定プラグインRedirectionの使い方」をご参照ください。

【WordPressで簡単301リダイレクト】転送設定プラグインRedirectionの使い方


 
 

SEO視点でのおすすめパーマリンク設定

当サイトでは「投稿名(例. /sample-post/)」を採用しています。シンプルで検索エンジンにも比較的相性が良いのでおすすめです。
 

パーマリンクの共通設定で「投稿名」を選択
 

「日付を含めた投稿名(例. /2017/10/06/sample-post/」にしていない理由は、執筆時の日付が含まれると、古い記事を後から最新情報に書き直した時にURLの日付部分が古い情報のイメージを与えてしまうためです。
 

また、管理する上では上記の基本の「?p=123」などの自動連番は楽ですが、ユーザーや検索エンジン視点で考えると意味のない英数字の羅列よりも意味のある表記の方が推奨されていますので、あまり使わない方がよいでしょう。
 

下記は、Googleが推奨するURL構造です。

シンプルな URL 構造を維持する
サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。

http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

シンプルな URL 構造を維持する | Google Search Consoleヘルプ

 

各投稿記事のスラッグの変更方法

つぎに各投稿ページのスラッグ変更方法を説明します。パーマリンクの共通設定で「投稿名」を選択すると、最初は日本語含めたタイトル名がそのままスラッグになっています。

パーマリンクを投稿名に設定。初期はタイトル名がURLに設定される

パーマリンクを投稿名に設定。初期はタイトル名がURLに設定される


 

当サイトではタイトルを表す半角英数の英語(単語間はハイフンで区切る)にスラッグを変更しています。変更するには、下記のタイトル編集ボタンを押します。

パーマリンクの設定。意味をそのままで英語表記に変更する

意味をそのままで英語表記に変更する(クラシックエディター版)


 

(※)新エディター(ブロックエディター)の場合は、右サイドバーの下記箇所からスラッグの設定ができます。
WordPress 投稿画面 URLスラッグ

 

日本語から英語に直す理由は、日本語URLの場合は、URLをコピー&ペーストした際に「%5%1%9%1...」のように変換されるのを避けるためです。基本的に、前述でご紹介したGoogle Search Consoleのヘルプ”シンプルな URL 構造を維持する”の内容に従って設定しています。

 

なお、複数の投稿でURLが重複した場合は、連番で-2などが自動で末尾に加えられるので重複の心配はありません。
 
■ある投稿記事のスラッグを「test」にしている状態

testというURL

testというURL


 

■新しく作成した投稿記事でスラッグと「test」にして保存すると、自動的に「test-2」になります。
もう一つtestというURLを設定すると自動的に「test-2」と連番が付与される
 

以上でスラッグの変更は完了です。記事を下書き保存または公開して保存してください。
 
 

まとめ

まとめです。今回は、WordPressのパーマリンクの意味とおすすめのパーマリンク設定について説明しました。
 

パーマリンクとスラッグの違い
 

WordPressのパーマリンクはサイトのURL構造を定義する重要な設定で、最初に設定しておくべき項目です。後から修正すると、今までの投稿記事のURLも変更されて、手間がかかるので最初に設定しておきましょう。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの使い方に関する総まとめを「【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」で説明していますので、WordPress初心者の方は合わせてお読みいただけば参考になると思います。

【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.