Canva デザイン作成ツールCanva (キャンバ)の使い方

その他・ツール類

無料のデザイン作成ツール Canva(キャンバ)の使い方

今回は使い勝手の良いデザインツール、Canva(キャンバ)PC版の「始め方」と「使い方」をご紹介したいと思います。

Canvaを使えば、簡単におしゃれな画像等を作ることができるようになります。ぜひ、試してみてください。
 

■【Canva】Web上のデザイン作成ツールCanvaの使い方・その1(動画解説版)


 

■【Canva】Web上のデザイン作成ツールCanvaの使い方・その2(動画解説版)


 

■デザイン作成ツールCanvaでホームページのロゴ・サイトアイコンを作成する方法(動画解説版)


 

Canvaの始め方

Canvaとは人気急上昇のデザイン作成ツール

Canvaとは、無料で利用できるWeb上のデザイン作成ツールです。

画像や図形・テキストを組み合わせて加工して、画像化し、Web上に使う画像や名刺・チラシなどを作成することができます。
Canva トップページ
 

Canvaは、オンラインで使える無料のグラフィックデザインツールです。パソコンのブラウザがあればいつでもデザインが可能です。もちろん、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のアプリにも対応してます。

2013年にオーストラリアで誕生して以来、2019年現在では世界190カ国で月間2,000万人以上のユーザーによって使われています。Canvaを使えば、今まで敷居の高かったデザインが、簡単にしかも無料で作れます。
(※)Canva公式サイトより引用

 

Canvaの魅力の一つに、「豊富なテンプレート」を活用して、手軽におしゃれなコンテンツを作成できることが挙げられます。数多くのデザインプレートを活用することで、初心者でもおしゃれなデザインを作成することができます。
 

■Canvaのおもな特徴

  • 豊富なテンプレートや写真を利用でき、初心者でもおしゃれなWeb用の画像、チラシなどが作成できる
  • 画像の上にテキストやイラスト、図形などを入れて加工することができる
  • Canva自体に多くの30万点を超える画像や、アイコン・イラスト素材が備わっており利用することができる
  • 写真の色合い変更やぼかしなどの加工・エフェクト機能も用意されている
  • PC用(Chromeなどブラウザ)だけではなく、スマホでもアプリで利用できる
  • 無料版と有料版があり、有料版は背景透過やサイズのリサイズなどさらにできることが増える

 

Canvaで無料会員登録する

Canvaを利用するために、まず最初にCanvaの無料会員登録をしていきましょう。
 

Canvaのリンク」からCanvaトップページに飛びます。
 

Canvaのトップページで新規登録ボタンをクリックします。
Canva 新規登録
 

アカウント作成画面が表示されますので、メールアドレスで登録します。(GoogleアカウントやFacebookアカウントを利用して登録することも可能です。)
canva メールアドレスで新規登録
 

アカウント情報を入力して「開始する!」を押下します。
canva メールアドレスで新規登録
 

利用者確認のため、先ほど入力したメールアドレス宛に番号が届きますので、メールに届いた番号を確認して入力後「完了」ボタンを押下します。
「完了」ボタンを押下
 

利用目的を選択します。ここでは、小規模ビジネスを選択します。基本的にどれを選んでも使える機能は一緒です。
利用目的を選択
 

下記の画面が表示されたら、ここでは、「スキップ」を選択します。
「スキップ」を選択
 

Canvaには有料プラン「Canva Pro」もあります。ここでは無料で使いたいので「後で」を選択しておきます。※有料プランの無料トライアルは後でも加入できます。
「後で」を選択
 

下記の画面が表示されたら、ここでは、「スキップ」を選択します。
「スキップ」を選択
 

最初にどのデザインで作成するかの画面が表示されます。なんでも構いませんがここでは「Instagram」を選択します。
ここでは「Instagram」を選択
 

ここでは一旦説明のためホーム画面に戻りたいので、「ホーム」を選択します。
「ホーム」を選択
 

下記はCanvaのホーム画面(https://www.canva.com/)です。この画面でブックマークしておくと便利だと思います。
Canvaのホーム画面
 
 

テンプレートを使ってデザインを作成する

下記は、Canvaのホーム画面です。ここから好きな用途・サイズの画像を作成することができます。
Canvaのホーム画面
 

いろいろな作成のやり方がありますが、今回は実際にテンプレートを使って下記のようなサムネイル画像(YouTube風)を作りながら、基本的な機能の設定、活用方法を説明していきます。
 

今回作る画像
 

テンプレートを選択する

検索窓にキーワードを入れてテンプレートを探してみましょう。「YouTubeサムネイル」で検索すると、以下のように候補となるテンプレートがでてきます。今回は以下のテンプレートを使って作成したいと思います。画像をクリックします。
今回選択するテンプレート
 

デザイン作成画面が表示されます。
デザイン作成画面が表示
 

(補足)テンプレート選択に関して

検索の他に、下記のように「動画」アイコンをクリックし、動画関連のテンプレートの中からイメージの合う「YouTubeサムネイル」のテンプレートを選ことも可能です。

 

また、右下に「¥」と表示されているのは「有料」素材になるので選択する場合は気をつけましょう。
「有料」素材

 

画像をアップロードする

まずは画像を差し替えてみましょう。左メニューのアップロードを選択します。
左メニューのアップロードを選択
 

デバイスを選択します。PCのダイアログが表示されますので、ご自身の所有する任意の画像を選択・アップロードしてみましょう。
デバイスを選択
 

画像がアップロードされます。画像を選択(クリック)してみましょう。
画像を選択(クリック)
 

右側のキャンバス画面に選択した画像が埋め込まれました。
画像が埋め込まれました
 

元からあった後ろの画像は不要なので今回削除します。後ろの画像を選択(クリック)してから、右クリック>削除を選択します。
後ろの画像を選択(クリック)してから、右クリック>削除を選択
 

元からあった後ろの画像が削除されました。
画像が削除されました
 

画像の重なり順序を変更する

アップロードした画像を選択(クリック)して、右クリック>最背面に移動を選択します。
右クリック>最背面に移動を選択
 

画像の大きさを拡大・位置調整する

画像が後ろ側に移動しました。四隅の○のところを選択して、画像の大きさを好きなように拡大・位置調整してみましょう。
画像の大きさを好きなように拡大・位置調整
 

元々のテキストを変更する

下記のようにキャンバス全体を覆うように画像を拡大・位置調整しました。次にテキストの部分をダブルクリックしてテキストを編集していきます。
テキストの部分をダブルクリックしてテキストを編集
 

今回は下記のようにテキストを編集しました。
テキストを編集しました
 

ファイル名を設定して画像をダウンロードする

上のメニューバーのタイトルをわかりやすいように変更しましょう。ここでは例としてcanva-demoと入力しました。
canva-demoと入力
 

最後に上のメニューバー右のダウンロードを選択してダウンロードしましょう。通常の画像であればPNG形式で良いと思います。
上のメニューバー右のダウンロードを選択してダウンロード
 

ダウンロード中、下記のようなダイアログが表示されますが、×で閉じて構いません。
宣伝画面。×で閉じて構いません
 

通常はPCのダウンロードフォルダに保存されます。ダブルクリックして開いてみましょう。
通常はPCのダウンロードフォルダに保存されます
 

下記のように画像が作成できました。ブログやYouTubeのサムネイルに利用しましょう。
Canvaで画像が作成できました
 
 

カスタムデザインで画像を作成する

つぎに、テンプレートを使わずにオリジナルのデザインを作成してみましょう。
 

ホーム画面で「デザインを作成」ボタンを押下します。

 

どの大きさをするか選択できます。ここではカスタムサイズを選択します。
カスタムサイズを選択
 

サイズを入力します。ここでは例として1400*865と入力して「新しいデザインを作成」ボタンを押下しました。
1400*865と入力して「新しいデザインを作成」ボタンを押下
 

キャンバスが作成されました。先ほどと同様にアップロードをクリックして、画像をアップロードしてみましょう。
画像をアップロード
 

メディアをアップロードから画像を選択&アップロードして、アップロードした画像をクリックします。
アップロードした画像をクリック
 

四角の●にカーソルを合わせてドラッグしてサイズと位置を良い感じに調整しましょう。
四角の●にカーソルを合わせてドラッグしてサイズと位置を良い感じに調整
 

次に素材を選択して、線と図形より四角形を選択します。
線と図形より四角形を選択
 

四角形の素材が挿入されました。●部分にカーソルを合わせて、大きさと位置を調整します。
●部分にカーソルを合わせて、大きさと位置を調整
 

四角形にフォーカスしたい状態で左上の色のアイコンをクリックして色を変更していきます。
色を変更
 

好きな色をクリックして選びます。
好きな色をクリック
 

四角形の色が変わりました。
色が変わりました
 

右上の透明度のアイコンをクリックすると、四角形の色の透明度を変更できます。
右上の透明度のアイコンをクリックして透明度変更
 

同様にして、素材>四角形を挿入して緑の背景色を設定します。
同様にして素材>四角形を挿入して緑の背景色
 

次にテキストを入力していきます。左メニューのテキスト>見出しを追加をクリックします。
左メニューのテキスト>見出しを追加をクリック
 

見出しが追加されました。
見出しが追加されました
 

テキストを編集して、位置を移動します。
テキストを編集して、位置を移動
 

テキストをフォーカスした状態でフォントサイズを変更します。
フォントサイズを変更
 

次にフォントファミリー(字体)を変更してみましょう。
フォントファミリー(字体)を変更
 

同様にして、テキスト>見出しを追加して、位置調整・テキストを入力してみましょう。
テキスト>見出しを追加して、位置調整・テキストを入力
 

テキストをフォーカスした状態で、黄枠のアイコンをクリックして、文字間隔や行間隔を調整しましょう。
黄枠のアイコンをクリックして、文字間隔や行間隔を調整
 

最後にエフェクトで影をつけてみましょう。右上の「エフェクト」を選択します。
右上の「エフェクト」を選択
 

影付きを選択します。
影付きを選択
 

色を黒色に変更します。必要に応じて、ぼかしや向きなども調整してみてください。
色を黒色に変更
 

最後に名前をわかりやすい変更(ここではcanva-demo)に変更して、ダウンロードボタンを押下してダウンロードします。
名前変更後、ダウンロードボタンを押下してダウンロード
 

下記の画像が作成できました。
画像が作成できました。
 

なお、ホーム画面に戻ると、作成したデザインが、トップページの「あなたのデザイン」の一覧に加わっているはずです。あとから再び編集したりすることができます。
Canvaホーム画面
 

※反映に少し時間がかかる場合があり、テンプレートのままの画像しか表示されていない場合もありますが、少し時間をおいて画面の更新をすると表示されるはずです。
 

Canvaのホーム画面の見方

ダッシュボードは大きく3つのエリア(メニューバー・サイドバー・デザイン一覧)に分かれています。
 

ホーム画面の見方
 

メニューバーにある項目

メニューバーには、「ホーム」、「テンプレート」、「機能」、「学ぶ」、「プラン」等があります。
 

ホーム

ホームの文字をクリックするとトップページに戻ります。(Canvaのロゴをクリックしてもホームに戻れます)

ホームの文字をクリックするとトップページに戻ります
 

テンプレート

テンプレートにカーソルを合わせると以下のようにカテゴリー別に区分されたテンプレートが表示されます。

テンプレートメニュー
 

テンプレートのタブをクリックすると、以下の画面に遷移して、テンプレートのキーワード検索も可能です。
テンプレートのキーワード検索も可能
 

上記の検索は、以下のホーム画面でのメーニューバーでの検索と同様の役割です。

 

各種機能

各種機能にカーソルを合わせると以下のように用途別に区分された項目が表示されます。

各種機能
 

実際に機能のタブをクリックすると、Canvaでデザイン作成に関する機能の紹介、解説ページに遷移します。
 

トップ中央の「Canvaでデザインを開始」のボタンをクリックするとホームへ戻ります。
Canvaでデザインを開始」
 

学ぶ

「学ぶ」は、デザインに関するノウハウやリソースの紹介です。カーソルを合わせると分野が表示されます。
学ぶ
 

クリックをするとCanvaがオススメするアイディアやツールの紹介のページに遷移します。
学ぶのページ 
 

プラン

プランは各プランの案内です。
プラン
 

アカウント情報

アカウント情報では、メールアドレスやアカウント情報などの変更、更新などを行うことができます。
アカウント情報
 

デザインの作成

デザインの作成は、デザインの作成をスタートする起点の一つです。
 

フリーワード検索での素材、テンプレートの検索が可能です。また、下部には作成したいフォーマットが列記されており、選択して簡単に作成を開始することもできます。
デザインの作成
 

サイドバー

サイドバーは、下記のような項目があります。
サイドバー
 

簡単に整理すると以下のとおりになります。
サイドバーの説明
 

デザイン一覧

1つ目のパーツは画面の中央上段部分です。ここでは、各メディアに適したサイズ選択ができ、真っ白なキャンパスで新たなコンテンツを作成できます。(後からテンプレートや素材を差し込むこともできます)

その下には、編集中(or作成済)の自分のデザインが一覧で表示されます。クリックをすれば、編集を再開することができます。
デザイン一覧
 

さらに下にスクロールすると、メディア毎のテンプレートも用意されています。
デザイン一覧
 

補足 Canva無料版と有料版Canva Pro

Canvaには、無料版の他に有料版(Canva Pro)もあります。ブログやホームページ作成で日常的にCanvaで画像加工をする場合は、Proの方ができることも多いのでおすすめです。

プラン Canva無料版 Canva Pro
価格 無料 月払い 1500¥/月
年一括払い 12000¥(1000¥/月)
クラウドストレージ 5GB 100GB
テンプレート数 25万点以上 42万点以上
背景透過機能 なし あり
マジックリサイズ機能

(全て作り終えた後でもデザインのサイズ、解像度の変更が可能)

なし あり

 

無料版でもほとんどの機能が利用できるんですが、Canva Proだとさらに背景透過やマジックリサイズ機能が利用できて便利です。

 

まとめ

まとめです。今回は、Canvaの紹介と基本的な使い方についてご紹介していきました。
 

Canva トップページ
 

Canvaはデザイン初心者も上級者も幅広く活用できるデザインツールです。ブログやホームページの画像加工でお悩みの方は是非使ってみてください。
 

今回は以上になります。ご覧頂きありがとうございました!

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2021年版】WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ

WordPress(ワードプレス)の使い方  総まとめ版

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-その他・ツール類
-,