【WordPress ギャラリーブロック 】 ギャラリーブロックの使い方・作り方

WordPress

WordPressギャラリーブロックの使い方・ギャラリー画像の作り方

WordPressではギャラリーブロックを利用することでを並べたギャラリーを作ることができます。

本記事では、WordPressブロックエディターにおけるギャラリーブロックの使い方を解説していきます。
 

ギャラリーブロックを使ったギャラリー表示
 

■WordPress ギャラリー画像・ギャラリーブロックの使い方(動画解説版)


 


 

(※)本記事では、WordPress5.6、無料テーマLightningを利用した環境で説明しています。
 

(関連記事)ブロックエディターの使い方について

本記事では、ギャラリーブロックの使い方に絞って説明していますが、エディターの使い方全体を勉強したい方は「【徹底解説】WordPressブロックエディターの使い方」を合わせてご参照ください。

 

ギャラリーブロックの基本的な使い方

まずは、ギャラリーブロックを挿入してみましょう。投稿または固定ページ編集画面を開き、「+」ボタンを押して「ギャラリー」を選択、自分の好きな画像を選択します。
ブロックエディター>ブロックの追加>ギャラリー
 

スマートフォンの場合は、通常は下記のように2列で表示されます。


 

■ギャラリーブロックの見方は下記の通り
ギャラリーブロックの基本的な見方
 

ギャラリーブロックでできる基本機能は下記の通りです。ご利用のテーマによっては独自の設定項目がある場合もあります。

■ギャラリーブロックでできること

  • ギャラリー列数の選択
  • ギャラリーの配置変更(左揃え・中央揃え・右揃え・幅広・全幅)
  • ギャラリーのリンク(任意のリンク/メディアファイル/添付ページ)
  • ギャラリーのキャプション

 

ギャラリー列数の選択

右ツールバーのギャラリーの列の設定で、何列にするか設定することができます。
ギャラリーの列数の設定
 

■カラム設定の例


 

(補足)端数の画像の大きさが変わる場合

たとえば、3列設定で5枚のギャラリーなどを設定すると波数となる下2枚が下記のように自動で拡大されます。
ギャラリー 3列・5枚のときに2段目の2枚が拡大される
 

もし、同じ大きさに揃えたい場合は、CSSで調整するか、少し変則的ですが、クラシックブロックからギャラリー追加することで同じ大きさの画像で並べることができます。
 
クラシックブロックを追加します。
クラシックブロック追加
 

クラシックブロックでメディア追加します。
クラシックブロックでメディア追加
 

ギャラリーを選択します。
ギャラリーを選択
 

ギャラリーを追加します。
ギャラリーを追加
 

ギャラリーが追加されました。
ギャラリーが追加された
 

なお、クラシックブロックから追加した場合、ギャラリーブロックで追加した時と比べて、スマホの時も3列なら3列になる・若干デザイン見た目が変わるかもしれません。

■ギャラリーの画面(PC)
ギャラリーの画面(PC)
 
■ギャラリー画面(スマホ)
ギャラリー画面(スマホ)
 

ギャラリーの配置変更

ギャラリーブロックの上に表示されるツールバーの配置アイコンを押下するとギャラリーの配置を設定することができます。
ギャラリーブロックの配置設定
 

■ギャラリー配置変更の例


 

ギャラリーのリンク設定

右ツールバーのリンク設定で、リンクの設定することができます。
画像ブロック>画像のリンク設定
 

任意のリンクを設定できるほか、メディアファイルや添付ページなどを設定することもできます。
 

Easy FancyBoxなどのプラグインをインストールした状態でメディアファイルを選択すると、画像を押すとふわっと拡大表示させることもできます。


 

(関連記事)【画像をふわっと表示】Easy FancyBoxの使い方と設定方法
 

画像の切り抜き

画像の切り抜きをOFFにすると本来の縦横比で表示されます。
ギャラリーの設定。画像の切り抜き
 
※サイズが統一されていないとガタガタするので注意
 

ギャラリー画像の追加

ギャラリーブロック下方のアップロードまたはメディアからギャラリー画像を新たに追加できます。
ギャラリーの設定。画像の追加
 

■ギャラリー画像の追加


 

ギャラリー画像の編集

個別のギャラリー画像を選択すると、画像の順番変更や編集・削除ができます
ギャラリーの設定。画像の編集

 
■ギャラリー画像の移動


 

■ギャラリー画像の削除


 

ギャラリーのキャプションの設定

ギャラリーには、ギャラリー全体およびギャラリー画像個別にキャプションを設定することができます。

ギャラリー全体のキャプション設定

ギャラリー画像の下の部分をクリックすると、ギャラリー全体のキャプションを設定できます。

ギャラリー全体のキャプション設定
 

個別のギャラリー画像のキャプション設定

個別のギャラリー画像を選択すると、画像ひとつひとつ個別にキャプションを設定することができます。
ギャラリー 個別画像のキャプション設定
 

まとめ

まとめです。今回は、WordPressのブロックエディターにおけるギャラリーブロックの使い方を解説しました。
 

まだ少し慣れない部分もありますが、慣れていったらとても便利そうですね!

 

2018年までは旧エディター(クラシックエディター)が主流でしたが、今はブロック単位でページを作るブロックエディターが標準になりました。ぜひギャラリーブロックの使い方を覚えていってくださいね。」

 

自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方はたくさん触ってみて覚えてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, ,