お名前.comで取得の独自ドメインをさくらサーバーとBASE(ベイス)で併用するためのDNS設定

お名前.comで取得の独自ドメインをさくらサーバーとベースで併用するためのDNS設定

今回は、お名前.comで取得したドメインに対して、ルートドメイン(例. webst8.work)をさくらのレンタルサーバーで利用しつつ、サブドメイン(例. shop.webst8.work)をネットショップサイトとしてBASE(ベイス)で利用するためのDNSの設定手順をご紹介します。
 

お名前.comでドメインを取得して ルートドメイン(例. webst8.work)をさくらのレンタルサーバーでワードプレスとして利用し、サブドメイン(例. shop.webst8.work)をベイスでネットショップ用として利用する
 

(※)条件の違いにより設定が異なる場合もあります。あくまでこちらで検証した環境での結果であること前提で読み進めてください。
 

【メルマガ登録はこちら!!】
HTML・CSS・お役立ち情報をGET

HTML・CSS 自分でHP・Web制作したい個人事業主様向けWebスクール ウェブストエイト

 

 

前提条件

今回の前提条件を下記に記載します。
 

前提条件

  • お名前.comでドメイン取得済み(例として「webst8.work」とする)
  • ルートドメイン「webst8.work」をさくらのレンタルサーバーで利用している状態
  • 新たにサブドメイン「shop.webst8.work」をネットショップ用にベイスで利用する

 

お名前.comでドメインを取得して ルートドメイン(例. webst8.work)をさくらのレンタルサーバーでワードプレスとして利用し、サブドメイン(例. shop.webst8.work)をベイスでネットショップ用として利用する
 

これからお名前.com、さくらのレンタルサーバー、base(ベイス)に登録する際は下記からお申し込みすることができます。

利用サービスサイト
お名前.com【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com
さくらレンタルサーバーさくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
base(ベイス)初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】

 

設定方法と設定手順

具体的な設定方法について説明していきます。
 

設定は、お名前.comのDNSレコードの設定で、ベイス用にCNAME設定を行い、AレコードにさくらレンタルサーバーのIPアドレスを設定することで実現できます。
 

■概略図
お名前.com管理のネームサーバーを利用する ベイス用CNAME設定とさくら用Aレコード設定をしておく
(簡略化しているため厳密な経路とは異なります。以降の概略図も同様)
 

(※)DNS、CNAME、Aレコードなどの意味はこちらをご参照ください。
 
 

設定手順

それでは、具体的な設定手順について説明していきます。

さくらのレンタルサーバーの管理画面でサーバ情報を確認する

まずはさくらのレンタルサーバーにログインします。

さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
 

コントロールパネルにログイン後、管理画面でサーバ情報を確認します。
さくらサーバー コントロールパネル サーバー情報の表示
 

IPアドレスを確認してメモしておいてください。(※)IPアドレスを間違うと対象ドメインにアクセスできなくなるため注意してください。
さくらサーバー コントロールパネル サーバー情報の表示>IPアドレスの確認
 
 

お名前.comでDNSの設定を行う

つぎに、お名前.comでDNSの設定を行います。
 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com
 

お名前.cmにログイン後、DNS>「ドメインのDNS関連機能設定」を選択します。

お名前.com 管理ページ DNS>ドメインのDNS関連機能設定
 

該当ドメイン(ここでは、webst8.work)を選択して「次へ進む」を選択します。
お名前.com 管理ページ DNS関連機能設定 ドメインにチェックを入れて次へ進む
 

「DNSレコード設定を利用する」に対して「設定する」を選択します。
お名前.com 管理ページ DNS関連機能設定 DNSレコード設定を利用する
 

まずベイスに接続するための設定を行います。以下のように入力して追加ボタンを押下してください。

設定項目入力値
ホスト名ネットショップで利用したいサブドメイン名(本例ではshop)
TYPECNAME
VALUEcname.thebase.in

 
お名前.com 管理ページ DNS関連機能設定 CNAMEの設定 baseの設定をする
 

次に、さくらレンタルサーバーのIPアドレスをAレコードに登録します。以下のように入力して追加ボタンを押下してください。

設定項目入力値
ホスト名(今回さくらで利用するドメインはルートドメインなので) 空白
TYPEA
VALUEさくらサーバーで確認したIPアドレス
本例では、192.168.1.100と記載していますが実際には192.168.1.100ではないので、各自のサーバーIPアドレスを入力してください。

お名前.com 管理ページ DNS関連機能設定 DNSレコード設定 AレコードにさくらサーバーのIPアドレスを入力
 

「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックを入れて「確認画面へ進む」を選択します。
お名前.com 管理ページ DNS関連機能設定 DNSレコード設定 転送用のネームサーバーに変更するにチェックを入れて確認画面へ進む
 

確認画面が表示されます。内容を確認して「設定する」ボタンを押下します。
お名前.com 管理ページ DNS関連機能設定 DNSレコード設定 内容を確認して設定する
 
ここから反映まで最大72時間かかります(こちらで試した際は1時間程度で済みました。)
 
 

ベイス(BASE)側で独自ドメインを設定する

お名前.com側でドメインの設定が反映された後で、ベイス側でサブドメイン(shop.webst8.work)を設定を行います。
 

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】
 

ベイスの管理画面のAppsより独自ドメインをインストールしてください。
ベイス>Apps>独自ドメイン
 

ベイス>Apps>独自ドメイン>インストール
 

サブドメイン名(ここでは、shop.webst8.work)を入力してOKボタンを押下します。
ベイス 独自ドメインの設定
 

お名前.com側でまだDNSが反映中の場合はエラーが出ますのでその場合はしばらく待ってから再度試してください。
ベイス 独自ドメインの設定 エラー
 

うまくいくと、申請中状態になります。
ベイス 独自ドメインの設定
 

ドメインに接続できるかを確認する

最後に、ドメインに接続できるかを確認します。

  • さくらサーバーに設定したルートドメイン「webst8.work」に接続できるか
  • ベイスに設定したサブドメイン「shop.webst8.work」に接続できるか

 

さくらレンタルサーバーにインストールしたWordPress用のwebst8.work
 

ベイスにインストールしたネットショップ用のshop.webst8.work用
 

うまく表示されていれば完了です。運用・環境によってほかの動作確認も必要な場合もあるので、必要に応じて各自動作を確かめてください。
 
 

DNS設定の解説

ここでは、設定の解説を行います。

以下は、お名前.comで取得したドメインをベイスで利用するための設定手順です。

Q. お名前.comの場合の設定方法を教えて下さい。
■お名前.com側の設定
1.ログイン後”ドメイン設定”ページへ
2.”DNS関連機能の設定”ページへ
3.”DNSレコードの設定を利用する”ページへ
4.ご利用になりたい任意のドメインを選んで入力画面へ進む
5.TYPEでcnameを選択。ホスト名にサブドメイン、valueに”cname.thebase.in”を入力して追加
(たとえばbase.com というドメインの場合、サブドメインにwwwと入力することで「www.base.com」といったURLでショップを運営することができます。)
6.確認画面へ進む
7.情報を確認して、設定するをクリック
8.DNSレコード設定 完了
■BASE(ベイス)側の設定
1.独自ドメインAppsをインストール
4.設定したサブドメインを入力して、保存するをクリック
5.設定完了

独自ドメインの設定 | BASEより引用
 

しかし、本例のようにルートドメイン「webst8.com」をさくらレンタルサーバーで利用する場合(※)は追加の設定が必要になりますので注意してください。
 

(※)さくらレンタルサーバーだけでなく、お名前.com系列以外のサーバーで利用する場合には追加の設定が必要になると思われます。
 

また参考として、同じエラーが起きている人のために今回は試行錯誤したプロセスを紹介しておきます。
 

試行錯誤したプロセスの概要

  1. 手順に従ってお名前.comでshop.webst8.workのCNAME設定をすると、さくらレンタルサーバーで利用していたルートドメイン「webst8.work」に接続できなくなった
    (原因:ネームサーバーがさくらレンタルサーバーからお名前.comに書き換わったため、さくらレンタルサーバーを参照できなくなった)
  2. お名前.com側のネームサーバーをさくらレンタルサーバーの値に書き換えるとルートドメイン「webst8.work」に接続できるようになったが、今度はshop.webst8.workに接続できなくなった
    (原因:ネームサーバーがさくらレンタルサーバーを利用するようになったため、お名前.comのCNAME設定ができなくなった。)

 

DNSと主要レコードの説明

詳しい説明に入る前にまず、DNSと主要レコードについて簡単に説明します。
 
DNS(ネームサーバー)は、インターネット通信時にドメイン名とIPアドレスを関連づけているサーバーです。
 
各ドメイン名とIPアドレスなどの情報を紐づけたテーブルをゾーン情報と言います。
 
DNSの設定を適切に行うことで、ドメイン名で指定のサイトにアクセスすることができるようになっています。
 
ゾーン情報を細かい設定は割愛しますが、今回の設定で目に触れる項目は下記の通りです。
 

DNSのタイプ意味
NS対象ドメインの情報を持っているDNSサーバ名を指定する
例)さくらのネームサーバーなら「ns1.dns.ne.jp」
お名前.comのネームサーバーなら「01.dnsv.jp」など
A該当ドメインのサーバーのIPアドレス
(例. 192.168.1.100)
CNAMEサーバー名(ホスト名)のエイリアス(別名)
(例. cname.thebase.in)

 

今回の手順でもネームサーバーの設定やCNAME、Aレコードの設定をしているので、まず上記の意味を押さえて起きましょう。
 

元々はさくらのネームサーバーを設定している状態

さて、今回の設定をする前は、元々さくらのネームサーバーを設定している状態でした。

お名前.comでさくらのネームサーバーを設定している状態
 

さくらのネームサーバに設定しているので、さくらサーバー上に構築した「webst8.work」にアクセスすることができます。
元々のネームサーバー設定
 

さくらサーバのIPをAレコードに設定しないとルートドメインにアクセスできない

上記状態から下記の手順に従い、お名前.comでベイスのCNAMEを登録して、お名前.comのネームサーバーを設定する状態にしたとします。
 

Q. お名前.comの場合の設定方法を教えて下さい。
■お名前.com側の設定
1.ログイン後”ドメイン設定”ページへ
2.”DNS関連機能の設定”ページへ
3.”DNSレコードの設定を利用する”ページへ
4.ご利用になりたい任意のドメインを選んで入力画面へ進む
5.TYPEでcnameを選択。ホスト名にサブドメイン、valueに”cname.thebase.in”を入力して追加
(たとえばbase.com というドメインの場合、サブドメインにwwwと入力することで「www.base.com」といったURLでショップを運営することができます。)
6.確認画面へ進む
7.情報を確認して、設定するをクリック
8.DNSレコード設定 完了

独自ドメインの設定 | BASEより引用
 

すると、さくらのネームサーバーを参照できなくなるため、さくらのサーバー上に構築した「webst8.work」にアクセスできなくなります。
 

お名前.comにさくらサーバの情報をAレコードに設定をしていない場合、ルートドメイン (webst8.work)を参照できない
 

手順通り設定したら、もともと設定していたドメインにアクセスできなくなったので最初はびっくりしました。
 
 

さくらのネームサーバーを利用するとベイスのドメインにアクセスできない

前述の手順でアクセスできなくなったので、さくらのネームサーバーを設定し直しましたが、今度はショップ(shop.webst8.work)にアクセスできなくなりました。
 

さくらのネームサーバーを設定をしている場合 ベイス用ドメイン(shop.webst8.work)を参照できない
 

さくらのネームサーバーを利用しているので、お名前.comに設定したCNAMEの設定が参照されなくなったことが原因です。
 
 

お名前.comのネームサーバーでさくらとベイスの両方の設定をすれば併用ができる

そこで、今回のようにお名前.comのネームサーバーを利用しつつ、さくらとベイスの両方を設定すれば、両方にアクセスできるようになります。

お名前.com管理のネームサーバーを利用する ベイス用CNAME設定とさくら用Aレコード設定をしておく
 

答えがわかってしまえば、意外と単純なこと原因だったことに気づきます。
 
 

運用上の注意点

運用上の注意点ですが、お名前.comにさくらのレンタルサーバーIPアドレスを直接登録して参照しているため、さくらのレンタルサーバーのIPアドレスが変更されると閲覧できなくなります。
 

まれにサーバーの入れ替えや何らかの事情でIPアドレスが変わる可能性も0ではありません。
 

サーバーのIPアドレスが変わる際にはアナウンスがされるケースが多い(と思われます)が、アナウンスされても、メールやお知らせをみていなかったり意味がわからず放置しているといつのまにかアクセスできなくなりますので注意が必要です。
 

さくらのサーバーにアクセスできなくなった場合はIPアドレスを確認するようにしましょう(もし変更されていたら、お名前.com)に再設定してあげましょう。
 
 

他に方法はないか

さくらのネームサーバーを利用しつつ、さくらのネームサーバーでベイスのCNAMEを登録できないかと思いましたが、調べてみたところ、レンタルサーバーのプランのみでは外部取得したドメインに対してCNAMEの設定変更は許可されていないようなので厳しいそうです。
 

他社で管理しているドメインはゾーン情報を編集には対応しておりません。 ネームサーバサービスをご利用いただくことで編集が可能となります。
※「さくらのVPS」「専用サーバ」「ハウジング」等のサービスをご契約の場合、無料で使えるゾーンがございます。

ネームサーバサービスをご利用いただきゾーン情報の編集が可能となった後も、 「さくらのレンタルサーバ」へドメインを追加している場合はゾーン情報が編集できないため、一度ドメイン設定を削除する必要があります。 ドメイン設定を削除する場合は以下の手順にしたがって削除を行ってください。

(※)ドメインのゾーン編集 | 桜のサポート情報より引用
 
 

あるいは、お名前.com側で、さくら用のルートドメイン(webst8.work)に対してAレコード(IPアドレス)ではなく、CNAMEを設定できればとも思いましたが、調べてみたところ、ルートドメイン(ホストなし)に対してCNAMEは設定できないとの情報がありました(未検証なので気になる方は試してみてください)。
 

※ホスト名なしのCNAMEレコードは登録することができません。
※ホスト名を空白にて設定したい場合、IPアドレスをご確認のうえ、Aレコード設定をご利用ください。

 

【ドメイン】DNSレコード設定の各レコードの意味を教えてください。 | お名前.comヘルプセンターより引用。
 

というわけで、現状はお名前.comのネームサーバーを利用しつつ、さくらのサーバーIPアドレスをAレコードに登録し、ベイスのCNAMEを設定するという方法になるかと思います。
 
 

まとめ

まとめです。
 

今回は、お名前.comで取得したドメインに対して、ルートドメイン(例. webst8.work)をさくらのレンタルサーバーで利用しつつ、サブドメイン(例. shop.webst8.work)をネットショップサイトとしてBASE(ベイス)で利用する方法をご紹介しました。
 

お名前.comでドメインを取得して ルートドメイン(例. webst8.work)をさくらのレンタルサーバーでワードプレスとして利用し、サブドメイン(例. shop.webst8.work)をベースでネットショップ用として利用する
 

これからお名前.com、さくらのレンタルサーバー、base(ベイス)に登録する際は下記からお申し込みすることができます。

利用サービスサイト
お名前.com【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com
さくらレンタルサーバーさくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
base(ベイス)初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】

 

今回は、あくまでこちらで検証した環境での結果です。条件の違いにより設定が異なる場合もあり、失敗すると接続できなくなるので設定変更は自己責任で行ってくださいね。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

 

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ