【ブロガーに人気のテーマStork】 使ってみた感想・レビュー

WordPress

【ストークってどう?】人気テーマSTORKを使ってみた感想・レビュー

2019年9月18日

ブロガーにおすすめのテーマとしてよく話題に上がるWordPressテーマ「STORK19」ですが、実際のところ使い勝手がどうか気になる人も多いのではないでしょうか。
 

結論としては、デザインも綺麗で、記事も書きやすくおすすめのテーマです。
 

今回は、ブロガーにおすすめのWordPressテーマ「ストーク」を実際に使ってみた感想をレビューとしてご紹介したいと思います。
 

PICK UP ストーク19

2019年の後半にSTORKの改良版STORK19(ストーク19)がリリースされました。デザインはほぼ同じで新エディターグーテンベルグへの機能対応強化や表示速度の改善などさらに進化しています。
 
本記事では、従来のSTORKで解説していますが、今からご購入される場合は、WordPressテーマ「STORK19」を購入すると良いと思います。

 

ストークっていうテーマのデザインが好きで、購入しようか悩んでいます。。

STORK(ストーク)は人気でおすすめできるテーマですよ。今回はストークを使ってみて感じたメリットやデメリットを説明していきますね。

 


 

次章の見方について

(※)価格をはじめとした内容は、2019年9月確認時点の情報です。また、あくまで当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報・利用ルールは公式サイトをご確認ください。

 

STORKの概要 ブロガーに人気の特化型テーマ

ワードプレス有料テーマ Sork トップページ
 

項目内容
テーマ名STORK(ストーク) STORK「ストーク」の公式サイトはこちら
価格10,800円(税込み)
オススメ度 おすすめ度:
初心者から有名なブロガーまで以前からたくさんの人が利用している安心のテーマです。ブロガー機能に特化したOPENCAGE(オープンケージ)シリーズの中でもとくにおすすめのテーマ

なお、2019年後半にSTORKの進化版STORK19がリリースされました。今から購入する場合は「STORK19」の方がおすすめです。

 

「STORK」は、ブログマーケッターJUNICHIが監修し、OPENCAGE(オープンケージ)が製作した国産のテーマです。
 

特徴としては、記事装飾用のショートコードやモバイル含めたデザインのカスタマイズ機能が多く、ウィジェットも充実しておりアドセンス広告の設置など効果的なブログを作る機能が揃っています。使いやすさとデザイン性に優れ、記事に集中することができるテーマです。
 

また、1カラムのランディングページ作成機能やスライドショー設置機能もあり、非常に高機能なテーマです。
 

OPENCAGEシリーズの中でも特に機能性に優れ、初心者から有名なブロガーまで多くの人が利用しています。

OPENCAGEシリーズの比較表
OPENCAGEシリーズの比較表(2019年9月時点)※公式サイトより引用

 

注意すべき点としては、1テーマ購入で1サイトだけしか利用できない(本人所有のサイトでも、複数サイトの利用不可)という注意点がありますが、当面は1サイトのみ運営するという人にとっては十分お勧めできるテーマだと思います。
 

開発者のJUNICHIさんはどんな人?

開発者のJUNICHI(松原潤一)さんは、ブログマーケッターとしてご活躍されておれるブロガー兼経営者です。
 
もともと大阪の食品メーカーで勤められたのち、色々な試行錯誤を経て、ブログをメインに収益化に成功。現在はデジタルマーケティングを主とした株式会社ファンファーレの代表をされておられます。
 


 

 

 

実際にSTORKを使用した感想:メリットと満足点

実際に、STORKを使用して感じたメリット・満足点は、「記事を装飾するショートコードが豊富にある点」、「デザインに清潔感があり信頼性を獲得しやすい点」そして「ランディングページ作成機能も用意されている点」の3点です。
 

【メリット1】記事を装飾するショートコードが豊富で簡単に装飾できる

1つ目のメリットは、記事を装飾するショートコードが豊富にある点です。吹き出しやボックス、ボタンなどをショートコードで簡単に利用することができます。
 

HTML、CSSの操作は必要なく、直観的で簡単に設定することができます。
 

■ショートコードを利用した記事の装飾


 

【メリット2】デザインに清潔感があり、カスタマイズ性にも優れている

2つ目のメリットは、STORKはデザインに清潔感があり、カスタマイズ性にも優れている点です。
 

全体的なデザインとして、老若男女幅広い人に好まれるような清潔感のあるデザインを作りやすいのが強みです。また、モバイル用のカスタマイズ設定も多く、スマートフォンを重視した作りなっています。
 

■固定ページ・投稿の見出しや各種デザインの変更


 

■色の変更は自由にできるため、デザインのテイストを変更しやすい


 

■投稿一覧のデザイン変更


 
 

【メリット3】ランディングページ作成機能もあり訴求力の高いページを作ることができる

3つ目のメリットは、STORKには、ランディングページ(LP)作成機能も用意されており、商品訴求のページが作りやすい点です。
 

■ランディングページ(1カラムの長いページ)の作成


 

ブロガー向けテーマであるものの、ランディングページ機能も備わっており、訴求力の高いページを作ることができます。
 

STORKの良い点まとめ

  • 記事を装飾するショートコードが豊富で簡単に装飾できる
  • デザインに清潔感があり、カスタマイズ性にも優れている
  • ランディングページ作成機能もあり訴求力の高いページを作ることができる

 

 

実際にStorkを使用した感想:デメリットと不満点

実際に、STORKを使用して感じたデメリット・不満点は、「ショートコードを登録するのが一手間かかる点」、「1ライセンスで1サイトしか利用できない点」の2点です。
 

【デメリット1】ショートコードを登録するのが一手間かかる点

1つ目のデメリットは、STORKはショートコードを登録するのが一手間かかる点です。
 

最初からショートコード類が登録されているAFFINGERやJIN、SANGOと違い、ショートコードの登録に一手間かかかります。とはいえ、基本的に最初に設定してしまえば良いので大きなデメリットではないと思います。
 

なお、ショートコードの登録はプラグインAddQuickTagを利用して一括登録することができます。AddQuickTag一括登録用のファイルが用意されていて、一括登録することができます。
 

ここでは詳細な手順は割愛しますが、ストークのサイトに移動して、AddQuickTagインポート用ファイルをダウンロードします。
 

zipファイルをダウンロードします。
 

AddQuickTagでダウンロードしたファイルをアップロードすれば完了です。(※)ファイルをインポートすると既存で登録しているコードが削除されるので注意してください。
 

Storkで用意されているショートコード類がAddQuickTagに登録されて利用することができるようになります。


 

AddQuickTagの使い方については「【らくらく装飾】 AddQuicktagの設定方法&使い方を徹底解説」をご参照ください。
 
 

【デメリット2】1ライセンスで1サイトしか利用できない点

2つ目のデメリットは、STORKは、1ライセンスで1サイトしか利用できない点です。
 

1回の購入で1サイトにご利用可能です。※1

※1. テーマ内のPHPファイルはGPLライセンスです。画像やCSSファイル、JavaScriptファイルは独自ライセンスとなりますので、それらをコピーして別サイトとしてご利用いただくことはできません。

 

したがって、複数サイトを量産するような使い方をしたい方にはコストパフォーマンス的にあまりおすすめできないでしょう。
 

しかし、ほとんどの人にとっては当面は1サイトのみ運営するという方が多いと思うので十分お勧めできるテーマだと思います。
 
 

Storkはこんな人におすすめ

以上を踏まえて、STORK(ストーク)は、下記のような方におすすめです。
 

  • 女性にも男性にも訴求できる清潔感のあるデザインのブログを作りたい方
  • HTML・CSSの知識はないけれど記事のレイアウト・装飾もできるだけ良い見せ方をしたい
  • 商品販売用のランディングページ(1カラムレイアウトの長いページ)を作成したい方

 

STORKは、OPENCAGEシリーズの中でも特に機能性に優れており、初心者から有名なブロガーまで多くの人が利用しています。

OPENCAGEシリーズの比較表
OPENCAGEシリーズの比較表(2019年9月時点)※公式サイトより引用

 

 
 

Storkの使い方や使い方のマニュアルは?

STORKの使い方は、OPENCAGEの公式サイトに掲載されています。
OPENCAGE STORKの使い方ページ
 

マニュアルがしっかりとしてわかりやすいので、初心者でも使いやすいと思います。

 

また、購入時に会員登録を行いますが、購入時の会員情報でOPENCAGEのサイトにログインすることで最新版をダウンロードして利用することができます。
OPENCAGE 購入者用ページ
 
 

まとめ STORKはブログにおすすめの高機能テーマ

まとめです。今回は、ブログにおすすめのテーマで評判の「ストークの公式サイトはこちら」の使用レビューをしました。
 

STORK(ストーク)は、下記のような方におすすめです。
 

  • 女性にも男性にも訴求できる清潔感のあるデザインのブログを作りたい方
  • HTML・CSSの知識はないけれど記事のレイアウト・装飾もできるだけ良い見せ方をしたい
  • 商品販売用のランディングページ(1カラムレイアウトの長いページ)を作成したい方

 

OPENCAGEシリーズの中でも特に機能性に優れており、初心者から有名なブロガーまで多くの人が利用しているおすすめテーマですので、ぜひ選択肢の1つに入れてみると良いと思います。
 

 

なお、今回はSTORKをご紹介しましたが、STORK含めたブログアフィリエイト向けのテーマとして、「【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選」におすすめテーマを5つご紹介していますので、気になる方は合わせてご参考いただけたらと思います。

そのほかの関連記事は下記の通りです。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , ,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5