WordPress XWRITE(エックスライト)のテーマレビュー・感想

WordPressテーマ

【使用レビュー】WordPressテーマ XWRITEの特徴と感想

ホスティング大手のエックスサーバーが2022年9月にブログ向けWordPressテーマ「XWRITE(エックスライト)」をリリースしました。

結論から言うと、XWRITEはエックスサーバー利用者で「まずは無料で有料テーマがどんなものかを体験してみたい方(期間限定)」におすすめです。

XWRITE(エックスライト)が1年間無料で利用できる!

現在リリース記念キャンペーンとして、XWRITE(エックスライト)が1年間無料で利用できます。

ユーザー専用サイトに会員登録をすると登録日から1年間無料でXWRITEが利用できるので、興味を持たれた方は是非この機会にお試し利用してみましょう。

キャンペーン期間:2022年9月7日(水)12:00 ~ 2023年9月28日(木)12:00 まで

通常料金:825円(税込)〜 /  月


 

 

XWRITE(エックスライト)のテーマ概要と特徴

XWRITEのテーマ概要

XWRITE(エックスライト)

項目 内容
テーマ名 XWRITE(エックスライト)
価格
  • 月額:990円(税込)
  • 年間:9,900円(税込)

※ただし、キャンペーン期間中に会員登録をすると、登録日から1年間無料でXWRITEが利用が可能。

ライセンス・使用範囲 100%GPL(General Public License)
テーマの特徴
  • ブログデザインを1クリックで変更可能なデザインスキンが用意されている
  • ブログに必要なカスタムブロックや機能を豊富に搭載している
  • 構造化データを出力できる
マニュアル・サポート マニュアル:公式サイトにマニュアルあり

サポート:会員制ユーザーフォーラムあり

XWRITE(エックスライト)は、ホスティング大手のエックスサーバーが開発したWordPressテーマで、「はじめてでも簡単にブログが書ける」というコンセプトの初心者・ブログ向けテーマです。

大きな特徴として、テーマにあらかじめ用意されているデザインスキンを使うことで、管理画面から1クリックでブログデザインを変更可能で、初心者の方でも簡単におしゃれなデザインのブログを作成することができます。

XWRITEではデザインスキンを利用して、1クリックでブログデザインの変更が可能。

また、ブログで重宝できるカスタムブロックや機能も搭載されています。「アイコン付きボックス」や「吹き出し」、「タイトル付きボックス」ブロック、またウィジェット機能を利用してサイドバーに人気記事一覧を表示させる機能が使えます。

中級者向けですがWordPressのテーマカスタマイザー画面から構造化データの出力設定も可能です。

なお、XWRITEのテーマファイルは、公式サイトからインストールすることが可能。テーマのインストールには、まず会員登録(無料)を行う必要があるので、まずは会員登録を済ませるようにしましょう。

 

XWRITEはこんな人におすすめ

XWRITEは以下のような方におすすめなWordPressテーマです。
 

■XWRTIEはこんな人におすすめ

  • まずは無料で有料テーマがどんなものかを体験してみたい方(期間限定)
  • シンプルでかわいいデザインのブログ向けテーマを探している方
  • ブログ執筆に便利な一通りの機能を搭載しているテーマを探している方

 

逆に、少し堅いデザインのホームページを作成したい方などは他のWordPressテーマの導入を検討した方が良いかもしれません。

 
 

XWRITEを使用するメリット・デメリット

ここまででXWRITEのテーマ概要や特徴を紹介しましたが、ここからはより深堀して、XWRITE(エックスライト) を使用するメリット・デメリットを紹介していきます。

以下はXWRITEのメリット・デメリットをまとめた表になります。

テーマ名 メリット デメリット
XWRITE
  • デザインスキンを管理画面から切り替えられる
  • ブログに必要なブロックが用意されている
  • デザインがシンプルでかわいい
  • 構造化データを出力できる
  • 大手企業が開発・運営しているので安心できる
  • 有償サブスクリプション型のため月額料金がかかる
  • テーマに関するお問い合わせ窓口はない
  • リリース間もないので情報が少ない

まずはメリットから詳しく見ていきましょう。

 

XWRITEを使用するメリット

それではまずはXWRITEのメリットです。ここでは5つのメリットを取り上げました。

■XWRITEを使用するメリット

  1. デザインスキンを管理画面から切り替えられる
  2. ブログに必要な機能が充実している
  3. デザインがシンプルでかわいい
  4. 構造化データを出力できる
  5. 大手企業が開発・運営しているので安心できる

以下では1つずつ解説していきます。

 

1. デザインスキンを管理画面から切り替えられる

まず1つ目は、デザインスキンを管理画面から切り替えられるという点です。

ブログ全体の雰囲気を変えたい場合、多くのテーマではテーマのカスタマイザー画面から設定を細かく変えていく必要がありますが、XWRITEではデザインスキンを利用して、1クリックで変更することができます。

なお2022年9月現在、「マイルド」「シンプル」「ソリッド」のデザインスキンが搭載されていますが、公式サイトによると今後はより多くのスキンが追加されていくようです。

XWRITEにデフォルト搭載されているデザインスキン

■XWRITEで利用できるデザインスキン

  • マイルド
  • シンプル
  • ソリッド

 

2. ブログに必要な機能が充実している

2つ目は、ブログに必要な機能が充実しているという点です。

こちらはすでにテーマ概要のところで先述しましたが、XWRITEをインストールするとブログの記事内やウィジェットで使える便利なカスタムブロックが使えるようになります。

XWRITEで使用できるカスタムブロック一覧

■XWRITEで使用できるカスタムブロック

  • 装飾ボックス
  • ボタン
  • アイコン付きボックス
  • ステップ
  • アコーディオン
  • ふき出し
  • タイトル付きボックス
  • ブログカード
  • [XWRITE]プロフィール(※ウィジェットでのみ使用可能)
  • [XWRITE]人気記事ランキング(※ウィジェットでのみ使用可能)
  • [XWRITE]SNS(※ウィジェットでのみ使用可能)

また、他にも複数の記事で使い回したいコンテンツがある場合などに便利な「ブロックパターン」機能もデフォルトで使用できるので、これを使用することでより効率的にブログ記事を書くことができます。

XWRITEのブロックパターン機能
 

3. デザインがシンプルでかわいい

3つ目は、デザインがシンプルでかわいいという点です。

これは特にデザインスキンを「マイルド」にしている時に言えますが、ブログ全体が少し丸みを帯びていて、かわいいブログを作成することができます。

■(参考)デザインスキン「マイルド」のブログデザイン

XWRITEのデザインスキン「マイルド」のブログデザイン例

少しWordPressテーマ「SANGO」のブログデザインと似ていますね。

そのため、かわいいデザインのWordPressテーマを探している方は「XWRITE」も候補の1つに入れてあげると良いでしょう。

4. 構造化データを出力できる

4つ目は、構造化データを出力できるという点です。

XWRITEではWordPressテーマカスタマイザーの「サイト基本設定」→「構造化データ(json-ld)」箇所から構造化データの出力をするかどうかの設定ができます。

構造化データの出力設定

これをオンにしておくと、例えばパンくずリストなどの構造化データが設置され、検索結果にもリッチリザルトが表示されるようになります。

■(参考)検索結果に画像や評価が表示されている「リッチリザルト」の例

リッチリザルトの例

引用:構造化データの仕組みについて

このように通常の検索結果よりも視覚的・操作的な機能が追加されたリッチリザルトを表示させることができれば、ユーザーのクリック率の向上が期待できるので、自然検索からの流入が増える可能性があります。

5. 大手企業が開発・運営しているので安心できる

5つ目は、大手企業が開発・運営しているテーマなので安心して利用できるという点です。

XWRITEはホスティング大手のエックスサーバー社が開発・運営しているテーマです。そのため、「突然テーマの開発がストップした」というリスクは個人で開発・運営されているテーマに比べると低いと言えます。

またホームページの情報では、デザインスキンが今後もどんどん追加されていくと記載されているので、今後より便利になっていくテーマだと考えられます。

 

XWRITEを使用するデメリット

ここまででXWRITEのメリットを紹介しましたが、次にXWRITEを使用するデメリットを紹介します。

■XWRITEを使用するデメリット

  1. 有償サブスクリプション型のため月額料金がかかる
  2. テーマに関するお問い合わせ窓口はない
  3. リリース間もないので情報が少ない

 

1. 有償サブスクリプション型のため月額料金がかかる

まず1つ目のデメリットは、有償サブスクリプション型のため月額料金がかかるという点です。

XWRITEは買い切り型のテーマではなく、月額料金825円(税込)〜を支払うことで利用することができます。

お試しで数ヶ月間使用する分にはこちらの方が都合が良いかもしれませんが、2〜3年とブログ運営を続ける場合は、1〜2万円の買い切り型テーマを利用した方がコストは安くなります。

サブスクリプション型のテーマは機能開発が活発な傾向がありますが、利用し続ける限りお金がかかる点に注意です。

なお、現在はリリース記念キャンペーンとして、XWRITE(エックスライト)が1年間無料で利用できます。

 

2. テーマに関するお問い合わせ窓口はない

2つ目のデメリットは、テーマに関するお問い合わせ窓口はないという点です。

XWRITEでは、後述するユーザーマニュアルはありますが、これは基本的にはユーザー同士で解決するための掲示板となっているので、運営に直接質問することはできません。

ただし、質問内容や状況に応じて運営側から回答をもらえることもあるようです。

基本的にユーザー同士でやり取りする場になりますが、質問内容や状況に応じて運営から回答する場合もあります。

引用:フォーラムガイドライン

 

3. リリース間もないので情報が少ない

3つ目のデメリットは、リリース間もないので情報が少ないという点です。

XWRITEは2022年9月7日にリリースされたばかりのWordPressテーマです。

エックスサーバー株式会社(所在地:大阪市北区、代表取締役:小林 尚希)は2022年9月7日、ブログ運営に最適な機能を多数搭載したWordPressテーマ「XWRITE(エックスライト)」( https://xwrite.jp/ )をリリースしました。

引用:ホスティング大手のエックスサーバー、はじめてのブログ開設に最適なWordPressテーマ「XWRITE(エックスライト)」をリリース|エックスサーバー株式会社のプレスリリース

そのため、他の人気WordPressテーマと比べるとインターネット上で探せる情報量が少ないといったデメリットがあります。

何かエラーや操作方法で分からないことがあった場合これだと困るので、インターネット上で情報を探せるテーマが良い方は、XWRITE以外の人気テーマを利用されると良いでしょう。

 

XWRITE購入後のマニュアルやサポートについて

最後に、XWRITE購入後のマニュアルやサポートについて紹介します。

結論から言うと、XWRITEには公式サイトで一般公開されている操作マニュアルや、ユーザー同士で相談や質問をすることができるユーザーフォーラムが存在します。

 

公式サイトにマニュアルが用意されている

XWRITEのマニュアル

まずはXWRITEの操作・設定マニュアルについてです。

XWRITEには、公式サイトで一般公開されている操作・設定マニュアルがあります。

こちらのマニュアルでは、「ブロックパターンの作成方法」などテーマ独自の機能に関する解説だけでなく、「ブロックエディターの使い方」といったWordPressの基礎操作に関する解説も詳しく掲載されています。

こちらのマニュアルを見ることで、WordPressを使ってブログを開設するのが始めての方でも挫折することなく設定ができるのではないかと思います。

 

会員登録をすればユーザーフォーラムが利用できる

XWRITEのユーザーフォーラム

次にXWRITEのユーザーフォーラムについてです。

XWRITEにはユーザー同士で相談や質問ができるユーザー専用サイト(フォーラム)があります。

なおこちらのユーザー専用サイトを利用するには、まずはユーザー名とメールアドレスを登録する必要があります。

 

 

まとめ

まとめです。今回はエックスサーバー社がリリースしたブログ向けWordPressテーマ「XWRITE(エックスライト)」を実際に使用してみた使用感・レビューを紹介しました。

■XWRTIEはこんな人におすすめ

  • まずは無料で有料テーマがどんなものかを体験してみたい方(期間限定)
  • シンプルでかわいいデザインのブログ向けテーマを探している方
  • ブログ執筆に便利な一通りの機能を搭載しているテーマを探している方

 

2022年10月現在・現在リリース記念キャンペーンとして、XWRITE(エックスライト)が1年間無料で利用できます。
 

XWRITE(エックスライト)が1年間無料で利用できる!

現在リリース記念キャンペーンとして、XWRITE(エックスライト)が1年間無料で利用できます。

ユーザー専用サイトに会員登録をすると登録日から1年間無料でXWRITEが利用できるので、興味を持たれた方は是非この機会にお試し利用してみましょう。

キャンペーン期間:2022年9月7日(水)12:00 ~ 2023年9月28日(木)12:00 まで

通常料金:825円(税込)〜 /  月

なお、ブログ向けのテーマを探している方は、以下の記事にて目的別におすすめなWordPress無料・有料テーマを紹介しているので、こちらもあわせてご覧頂くことをおすすめします。

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 


 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

【おすすめレンタルサーバー比較総まとめ】WordPress対応5社

国内シェア上位のエックスサーバー、ロリポップ、さくらのレンタルサーバ、およびConoHa WING、mixhostを中心にWordPressおすすめレンタルサーバーを比較・紹介していきます。これからWordPressでホームページやブログを開設するためにレンタルサーバー選びを検討している方はこちらをご覧ください。

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

-WordPressテーマ