【購読者/寄稿者/投稿者/編集者/管理者】WordPressユーザー権限の違いを解説

WordPress

【購読者/寄稿者/投稿者/編集者/管理者】WordPressユーザー権限の違い

投稿日:

WordPress(ワードプレス)では、管理者の他に、購読者・寄稿者・投稿者・編集者と合計5つのユーザー権限を設定できることをご存知でしょうか。
 

たとえば1つのWordPressサイトを複数人で管理する場合に、担当に応じてユーザー権限を設定することで、サイト運営をスムーズに運営することができます。

WordPressの5つのユーザータイプ
 

今回は、「購読者/寄稿者/投稿者/編集者/管理者」とWordPressユーザー権限の違いを説明していきます。

 


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

WordPressのユーザー権限
購読者・寄稿者・投稿者・編集者・管理者の違い

WordPressのユーザー権限とは

WordPressでは、ユーザー権限「購読者」「寄稿者」「投稿者」「編集者」「管理者」の合計5つのユーザー権限が用意されています。
 

管理画面のユーザーから新規作成・編集で各ユーザーに対してユーザー権限を設定することができます。
WordPressのユーザー設定
 

■ユーザーのユーザー権限設定
WordPressのユーザー権限
 

購読者・寄稿者・投稿者・編集者・管理者のできることの違い

購読者→寄稿者→投稿者→編集者→管理者の順に権限が強くなりできることが多くなります。
 

購読者・寄稿者・投稿者・編集者・管理者は、それぞれ下記のような違いがあります。

ユーザータイプ説明
購読者購読者は、記事に対してユーザーのみコメントできる設定にした場合にコメントを投稿することができます。また、WP Membersなどで会員サイト化した場合に、購読者としてログインした人のみ記事を閲覧できるという運用をすることができます。
寄稿者寄稿者は、記事の投稿を行うことができます。ただし、「公開」はできず、「レビュー待ちとして送信」しかできません。また、通常の設定では「メディア」が利用できないため、画像を挿入することができません。
投稿者投稿者は、記事の投稿を行うことができます。寄稿者と違い記事を「公開」することができます。逆に寄稿者のように「レビュー待ちとして送信」ができません。投稿者は「メディア」を利用できるので、画像を挿入することができます。
編集者編集者は、投稿に加えて、カテゴリーやタグの設定、固定ページ、カスタム投稿タイプを利用することができます。また、寄稿者が投稿したレビュー待ちの記事を公開することができます。
ただし、WordPressのテーマ変更やウィジェット、プラグインなどのWordPressの基本設定はできません。
管理者管理者は、WordPressの全手の操作権限を持ったユーザーです。

 

購読者・寄稿者・投稿者・編集者・管理者のできることの違いは下記の通りです。

購読者寄稿者投稿者編集者管理者
投稿新規追加×
投稿メディア(画像)利用××
投稿レビュー待ち送信××××
投稿公開××
投稿カテゴリの編集×××
投稿タグの編集×××
他アカウント作成
の投稿編集
×××
固定ページ
追加・編集・削除
×××
カスタム投稿の
追加・編集:削除
×××
テーマ
追加・編集・削除
××××
プラグイン
追加・設定・削除
××××
ユーザー
追加・編集・削除
××××
そのほか
基本設定
××××

 

それでは、各ユーザー権限について具体的に説明していきます。

 

 

購読者のできることはコメント投稿・記事を読むこと

購読者は、WordPressのディスカッションでログインしたユーザーのみコメントできる設定」にした場合にコメントを投稿することができます。
 

管理者側で、設定>ディスカッション設定で「ログインユーザーにみコメントを許可する」にチェックを入れていた場合に、購読者は記事にコメントを投稿することができます。
設定>ディスカッション設定 ログインユーザーにみコメントを許可する
 

■ログインしていいないユーザーはコメントを入力することができない
ログインしてないとコメントを入力できない
 

■購読者としてログインしていると、購読者はコメントすることができます
購読者はコメントすることができる
 

なお、下記は購読者ユーザーのダッシュボード画面です。基本的に自分自身のプロフィール情報しか編集することはできません。
購読者ユーザーのログイン画面
 

また、WP Membersなどで会員サイト化した場合に、購読者としてログインした人のみ記事を閲覧できるという運用をすることができます。

 

 

寄稿者のできることは投稿追加(公開はできない)

寄稿者は、記事の投稿を行うことができます。ただし、「公開」はできず、「レビュー待ちとして送信」しかできません。また、通常の設定では「メディア」が利用できないため、画像を挿入することができません。
 

■寄稿者の管理画面 おもに投稿が利用できます。
寄稿者の管理画面
 

寄稿者の投稿一覧画面。他の人が作った投稿は編集できず、新規投稿のみできます。
寄稿者の投稿一覧画面
 

寄稿者は、投稿で新規追加できるが、画像(や動画・音声ファイルなど)などのメディアファイルをアップロードして使用することはできません。
投稿編集画面 画像のアップロードはできない
 

また、寄稿者は自身の記事を公開できず 「レビュー待ちとして送信」のみ可能です。
寄稿者は自身の記事を公開できず 「レビュー待ちとして送信」のみ可能
 

また、寄稿者は自身の投稿記事を編集することができますが、他のアカウントの投稿記事を編集することはできません。


 

■寄稿者の投稿新規追加の流れ


 

どういう時に寄稿者を活用できるんでしょうか??

 

たとえば、1つのWordPressサイトを複数人で運用している時に活用できます。寄稿者が記事を作成して 編集者または管理者が確認&公開するといった、承認フローを作ることができます。

 

寄稿者が記事を作成して 編集者または管理者が確認&公開
 

なお、投稿以外には自身のプロフィールを触ることはできます。お問い合わせフォームなどのカスタム投稿タイプやツールは表示されていますが、編集することはできません。

 
 
 

投稿者のできることは投稿追加(公開できる)

投稿者は、記事の投稿を行うことができます。寄稿者と違い記事を「公開」することができます。逆に寄稿者のように「レビュー待ちとして送信」ができません。投稿者は「メディア」を利用できるので、画像を挿入することができます。
 

下記は投稿者のダッシュボード画面です。投稿ののほか、「メディア」を利用できます
投稿者のダッシュボード メディアを利用できる
 

投稿者の投稿一覧画面です。寄稿者と同様に、他の人が作った投稿記事を編集することはできません。
投稿者の投稿一覧 他アカウントの記事は編集することはできない
 

投稿者の投稿編集画面です。寄稿者と違って、投稿者は画像(や動画・音声ファイル)などのメディアをアップロードして使用することができます。
投稿者の投稿一覧 メディアをアップロード・設定できる
 

投稿者は、投稿をそのまま公開することができます。
投稿者の投稿 投稿を公開することができる
 

■投稿者の投稿新規追加の一連の流れ


 

■投稿者の管理画面。寄稿者と同様に、投稿以外には自身のプロフィールを触ることはできます。お問い合わせフォームなどのカスタム投稿タイプやツールは表示されていますが、編集することはできません。


 
 

編集者のできることは投稿・固定ページの追加・編集・削除

編集者は、投稿に加えてカテゴリーやタグの設定、固定ページを利用することができます。また、寄稿者が投稿したレビュー待ちの記事を公開することができます。
ただし、WordPressのテーマ変更やウィジェット、プラグインなどのWordPressの基本設定はできません。
 

編集者の管理画面。編集者は固定ページを 編集することができます。
編集者の管理画面。編集者は固定ページを 編集することができる
 

編集者の管理画面。投稿のカテゴリーやタグを設定することができます。
編集者の管理画面。投稿のカテゴリーやタグを設定することができる
 

編集者は他の作成者の投稿記事を 編集することができます。
編集者は他の作成者の投稿記事を 編集することができる
 

編集者は寄稿者の投稿記事を 「公開」することができます。
編集者は寄稿者の投稿記事を 「公開」することができる
 

■編集者の管理画面


 
 

管理者のできることはWordPressのすべての操作

管理者はWordPressのすべての操作をすることができます。
 

WordPressの管理者のダッシュボード
 
 

まとめ

まとめです。今回は、WordPress(ワードプレス)のユーザー権限「購読者」「寄稿者」「投稿者」「編集者」「管理者」の合計5つのユーザー権限でそれぞれできることできないことを説明しました。
 

WordPressの5つのユーザータイプ
 

購読者・寄稿者・投稿者・編集者・管理者のできることの違いは下記の通りです。

購読者寄稿者投稿者編集者管理者
投稿新規追加×
投稿メディア(画像)利用××
投稿レビュー待ち送信××××
投稿公開××
投稿カテゴリの編集×××
投稿タグの編集×××
他アカウント作成
の投稿編集
×××
固定ページ
追加・編集・削除
×××
カスタム投稿の
追加・編集:削除
×××
テーマ
追加・編集・削除
××××
プラグイン
追加・設定・削除
××××
ユーザー
追加・編集・削除
××××
そのほか
基本設定
××××

 

WordPressの用意されているユーザー権限をうまく活用することで、WP Membersなどのプラグインを利用することで購読者のみ投稿記事を閲覧可能にしたり、複数人が運営するサイトでた寄稿者が投稿記事をまず作成して、編集者が確認&公開といったフローを組むことができるようになります。
 

知っておくと便利ですのでぜひユーザー権限を活用しましょう。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの基本的な使い方については「【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」をご参照ください。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.