【Password Protectedの使い方】 WordPressをパスワード保護する方法

WordPress

【Password Protectedの使い方】WordPress全体をパスワード保護する方法

WordPressでサイトを作成している途中で、人に見られないためにWordPressサイトにパスワードをかけたい人もいるのではないでしょうか。

Password Protectedというプラグインを使えば、簡単にWordPress全体にパスワードで保護をかけることができます。

今回はPassword Protectedを使って、サイト全体に簡単にパスワードをかける方法を紹介します。
 


 

プラグインを導入する上での注意事項

ホームページ Unavaiableプラグインは、スマートフォンのアプリのように、好きな機能をWordPress本体に組み込むことができる機能です。プラグインは便利ですが、古いプラグインや、ご利用のテーマやプラグインの組み合わせによっては競合して、不具合を起こす場合もあります。

特にWordPressのアップグレード・ダウングレードは不具合が起こる原因になりやすいので、バックアップを取った上自己責任で実施をお願いいたします。

 

Password Protectedとは

Password Protected | WordPress org

Password Protectedは、WordPressサイト全体にパスワード保護をかけるプラグインです。

サイト作成途中でまだ誰にもWordpressサイトを見られたくないという場合や、知り合い専用でパスワードを知っている人のみサイトを見れるようにしたいといった場合に活用することができます。

ここでは、Password Protectedの簡単な使い方を説明していきます。

Password Protectedをインストールする

まずはPassword Protectedをインストールしていきます。

プラグイン>新規追加を押下します。
プラグイン>新規追加
 

Password Protectedと入力して検索して、Password Protectedを「今すぐインストール」をクリックします。
Password Protectedを検索して今すぐインストールする
 

Password Protectedを有効化します。
password protectedを有効化します
 

Password Protectedの設定方法

つぎにPassword Protectedを設定をしていきます。設定>パスワード保護をクリックします。
設定>パスワード保護
 

以下の画面が出てきます。「パスワード保護状況」の有効にチェック、および「管理者を許可する」にチェックを入れたのち、設定したいパスワードを入力しましょう。

■主な設定項目説明

設定 項目
パスワード保護状況 パスワード保護状況の「有効」のボックスにチェックを入れます。パスワードを入力しないとWebサイト全体を見ることができないようにします。
許可する権限 パスワードなしで閲覧許可をする権限を設定します。通常は、「管理者を許可する」にチェックを入れればOKです。
新しいパスワード ここにサイト全体にかけるパスワードを設定します。新しいパスワードに2回パスワードを入れます。このパスワードはWenサイトを見てもいい人に教えるパスワードなので、ログインパスワードとは別のパスワードにしておきましょう。
許可するIPアドレス パスワードなしでログインできるIPアドレスを設定できます。通常は何もしなくOKです。
Allow Remember me Allow Remember meにチェックを入れれば、パスワード表示画面にログイン状態を保存するというチェックというボックスが出てきますので、チェックをつけてログインすれば、その都度パスワードを入れなくても表示されるようになります。通常は何もしなくOKです。
Remember for this many days Allow Remember meでチェックを入れた場合に、何日間保存しておくかの設定です。Remember for this many daysに入っている14という数字は、14日間の設定ということになります。

 

入力したら、変更を保存をクリックすると以下のアドミンバーの表示が以下のように、鍵が閉じているアイコンが追加で表示されます。
password-protected設定後。アドミンバーに鍵がついている 
 
以上で、パスワードの設定は完了です。
 

パスワード設定状況の確認

パスワードが設定できたら、シークレットウインドウやプライベートプラウズなど管理者としてログインしていない状態でサイトにアクセスしましょう。
 

パスワード正しくかかっていれば、パスワードを入力しないと、サイトを見れないようになっています。
パスワード保護されているページ
 

設定したパスワードを入力して画面が表示されるか確認しましょう。
パスワードを入力してログインする
 

管理者としてログインしたい場合は通常通り

なおWordPressに管理者としてログインしたい場合は、通常通りでログインのログインURL(サイト名/wp-admin/)などでできます。
WordPressにログインする
 
(関連記事)【WordPressログイン方法】管理画面にログインできない時の対処法

 

まとめ Password Protectedの使い方

password-protected
 

まとめです。今回は、Password Protectedというプラグインを使えば、簡単にWordPress全体にパスワードで保護をかける方法をご紹介しました。

制作しているときに誰かに見せる場合や、購入者等の特定の人に見せる場合は、他の人に見られないようにパスワードが設定できるので、このプラグインを使うととても便利です。

なお、ユーザーごとにパスワードをかけたい場合などは、「wp members」のような会員サイトを構築するプラグインを活用すると良いでしょう。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2021年版】WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ

WordPress(ワードプレス)の使い方  総まとめ版

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , ,