ローカル環境 local by flywheelで WordPress をインストールする方法

WordPress その他・ツール類

「local by flywheel」でWordPressローカル環境を構築する方法

通常、WordPressはレンタルサーバー等(インターネット上の環境)に構築しますが、テスト環境や開発環境として自分のパソコン「ローカル環境上」にWordPressをインストールすることもできます。

今回は、「local by flywheel」(ローカル・バイ・フライホイール)というソフトウェアを利用して、WordPressのローカル環境を構築する方法を解説します(Mac・Windows両方対応)
 local by flywheelのトップページ
 


 

Local by flywheelでのローカル環境構築について

ローカル環境の説明図

ローカル環境とは、自分のPC・ローカルネットワーク上の環境のことです。

インターネット上で公開されている本番環境とは異なり、エラー等が出ても他の人に見られることはありません。そのため、開発環境やテスト環境として利用するのに向いています。

例えば、新たなプラグインを試用したり、テンプレート(functions.phpや各種phpファイル)を変更する場合やCSSやJavascriptのカスタマイズなど、先にローカル環境で試してから本番環境に適用するといった手順が一般的です。

環境 意味
本番環境(インターネット上) レンタルサーバーなどインターネット上に公開されている環境で、誰でも閲覧できる環境のこと。
※イントラ(社内)環境も本番環境ですが、ここでは一般的な説明としています。
ローカル環境(自分のPC・ローカルネットワーク) 自分のPC・ローカルネットワーク上の環境。他の人は閲覧できない閉ざされた環境で開発・テストなどに向いている

他にもローカル環境提供ソフトでMAMPやXAMPPなどもありますが、local by flywheelが一番シンプルで簡単にWordPressをインストールできます。
(関連記事)【2021年版 MAMPでWordPressをインストールする方法】

 

Local by Flywheel をインストールする

まずは、Local by Flywheelをインストールしていきます。
 

Local by Flywheel」にアクセスして、「OR DOWNLOAD FOR FREE」をクリックします。
「OR DOWNLOAD FOR FREE」をクリック
※GET START ボタンを押下するとPRO版(有償版)の方に進みますので今回は無償版を選択しています。

 

ご自身のPCのOS(Mac/Windows)を選択します。本解説ではMacを選択してダウンロードしています。
本解説ではMacを選択
 

姓名やメールアドレス電話番号などを入力して「GET IT NOW」ボタンを押下します。
姓名やメールアドレス電話番号などを入力して「GET IT NOW」ボタンを押下
 

以下の画面が表示されると、ダウンロードがスタートするので完了するまで待ちます。
ダウンロードがスタート
 

ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックして起動しましょう。(通常はダウンロードフォルダにダウンロードされます)
ダウンロードフォルダ。ファイルをダブルクリックして起動
 

Macの場合、最初に起動する際に下記のような警告が表示される場合があります。「開く」を選択します。
警告画面。開く
 

アプリケーションフォルダへの移動をしましょう。
アプリケーションフォルダへの移動
 

Macのアプリケーションフォルダを開いて、Local.appをダブルクリックして起動します。
Local.appをダブルクリックして起動
 

サービスを利用する上での規約が表示されます。規約を確認後チェックを入れて「I AGREE」(同意する)をクリックします。
規約を確認後チェックを入れて「I AGREE」(同意する)をクリック
 

「To help・・・」というポップアップメッセージが表示されます。本例ではNoを選択しておきます。
本例ではNoを選択
※上記はエラーバグ報告を有効にするか否かの設定です。報告する場合は「Turn on Error Reporting」を、しないならば「No」です。

To help make Local as great as can be, we’d love if you turned on error reporting. With this enabled, Local will automatically send errors and warnings back to the team so we can patch things up!

(Localをより良くするために、エラーレポートを有効にしていただけると嬉しいです。これを有効にすると、Localは自動的にエラーと警告をチームに送り、私たちはパッチを適用することができます。)

 

お知らせが出ているので、右上の「×」をクリックします。
右上の「×」をクリック
 

Local by Flywheelで環境設定を行う

つぎに、Local by Flywheelでサイトを作成して、WordPressをインストールしていきます。
 

新規サイトを作成する

新規サイトを作成していきます。Local By Flywheelの環境設定画面で「CREATE A NEW SITE」をクリックします。
「CREATE A NEW SITE」をクリック
 

名称は簡単なもので構いません。ここでは「webst8」という名称で入力して「CONTINUE」ボタンを押下します。
「webst8」という名称で入力して「CONTINUE」ボタンを押下
※最終的にサイト名.local(ここではwebst8.local)でローカル環境に接続できるようになります。
 

特にこだわりがない場合は、初期状態の「Preferred」を選択します。※PHPのバージョン、Webサーバーの種類等に指定があれば「Custom」を選択します。
初期状態の「Preferred」を選択
 

ユーザー名やパスワードを入力して「ADD SITE」をクリックします。※WordPressログイン時に必要なのでメモしておきましょう。
ユーザー名やパスワードを入力して「ADD SITE」をクリック
 

WEBST8のインストールが完了しました。「ADMIN」をクリックしてみましょう。
「ADMIN」をクリック
 

WordPressのログイン画面が表示されます。先ほどインストール時に入力したユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。
WordPressのログイン画面
 

下記のような管理画面に入れればOKです。
管理画面に入れればOK
 

WordPressを日本語表記設定にする

WordPressの初期状態では管理画面の言語は英語に設定されています。日本語表記に変更していきましょう。
WordPressの初期状態(英語表記)
 

Setting>Generalを選択します。
Setting>Generalを選択
 

Site LanguageをEnglish→「日本語」に変更します。
Site LanguageをEnglish→「日本語」に変更
 

「Save Changes」ボタンを押下します。
「Save Changes」ボタンを押下
 

日本語表記に変更されました。この後は自由にWordPress環境を構築していってください。
日本語表記に変更されました。
 

インストールディレクトリ(フォルダ)について

ローカル環境インストール後は、WordPressのテーマ自作やカスタマイズなど自由に扱うことができます。

Local by fleywheelではサイトをインストールした際に「ユーザー/ユーザー名/Local Sites/」にサイトが生成されます。
 

インストール先フォルダを開くには、下記の「>」アイコンをクリックします。
下記の「>」アイコンをクリック
 

Local Sites>「サイト名」フォルダが開きます。appをクリックします。
appをクリックします
 

public(公開フォルダ)をクリックします。
public(公開フォルダ)をクリック
 

この中(publicフォルダ内)にWordPressインストールファイル・フォルダ類が格納されています。
WordPressインストールファイル・フォルダ類が格納されています。
 

WordPressのテーマはwp-content/themesの中に格納されています。
 

publicフォルダ内のwp-contentフォルダをクリックします。

 

themesフォルダをクリックします。

 

各テーマフォルダが格納されています。

 

ローカル環境でテーマを自作する場合はこの「themes」フォルダの中にテーマを格納していきましょう。

テーマの自作については「【テーマ自作】WordPress オリジナルテーマの作り方と基本」をご参照ください。
 

なお、既成テーマをカスタマイズする際は、テーマファイルを直接編集するよりも子テーマを作成した方が保守性が上がります。

子テーマの詳細な作成方法については、下記記事をご覧ください。
▶︎ WordPressで子テーマを作成してカスタマイズする方法
 

まとめ

まとめです。

今回は、「local by flywheel」(ローカル・バイ・フライホイール)というソフトウェアを利用して、WordPressのローカル環境を構築する方法を解説します(Mac・Windows両方対応)

 local by flywheelのトップページ

「ローカル環境」は慣れないと構築が難しいイメージがありますが、local by flywheelを利用すると簡単にWordPressをインストールできますのでぜひ活用してみてください。

WordPressのテーマ開発やカスタマイズなどを行う場合、ローカル開発環境を構築することで、本番環境のトラブルを減らし、効率の良い作業を行うことができます。
 

なお、実際にインターネット上でWordPressを動かす場合は、レンタルサーバーなどを契約してそこでインストールする必要があります。
 

合わせて読みたい記事

レンタルサーバーを使ってWordPressを始めたい方は下記の記事を合わせてご参考ください。
 
●WordPressでブログを始めたい方
【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

●WordPressでホームページを作りたい方
【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

●おすすめのレンタルサーバーを見つけたい方
【WordPressおすすめレンタルサーバー比較5社 総まとめ】

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【関連記事】WordPressの使い方総まとめ

WordPressの使い方の総まとめを「【2021年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」で紹介しています。
 

また、MAMPで作ったWordPressをレンタルサーバー上のインターネット公開されているドメインに引越ししたい方は「【WordPress引越し】All in one Migrationの使い方と移行方法」をご参照ください。

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2021年版】WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ

WordPress(ワードプレス)の使い方  総まとめ版

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress, その他・ツール類
-, ,