All-in-One WP Migrationで WordPressをらくらく移行

WordPress

【WordPress引越し】All in one Migrationの使い方と移行方法

投稿日:

WordPressを異なるドメインに引越しする時に、非常に便利なブラグインが「All in One WP Migration(オールインワン ダブルピー マイグレーション)」です。
 

all-in-one-wp-migration
 

今回は、All in One WP Migrationの無料版を使ってWordPressを異なるドメインに引越しする手順を徹底解説していきます。
 


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

今回説明するWordPress引越し概要

今回は、All in one WP Migrationを利用して下記のような引越しを行なっていきます。
All in one WP MigrationによるWordPressの移行
 

(補足)All in One WP Migrationには無料版と有料版があります。今回は無料版を使った引越し方法を説明していきますが、有料版の場合は無料版よりも手順を簡略化して引越しすることができます。
all-in-one wp migrationには無料版と有料版がある。今回は無料版で説明
https://import.wp-migration.com/より引用
 

今回は、下記の7つのステップでWordPressを引越しする手順を説明していきます。
WordPressを移行するための7ステップ
 

移行作業の注意事項

注意引越し元のPHPバージョンと引越し先のPHPバージョンが異なる場合は、All in one WP Migrationのインポート時にエラーが起きる場合があります。

事前にWordPressは最新版にし、引越し元と引越し先でPHPのバージョンを揃えておくことを推奨します。

本番環境への引越し作業は、実際の環境により予期せぬトラブルが起きることも少なからずあります。

本手順は特定の環境下における手順を示したものであり、個々の環境下でその他の作業が必要な場合もありますので、バックアップなどを取得の上自己責任にて実施をお願いいたします。

 

引越し元WordPressの作業

【ステップ1】WordPressにAll in one WP Migrationをインストールする

まずは、引越し元のWordPressにAll in one WP Migrationをインストールしていきます。
 

プラグイン>新規追加をします。
プラグイン>新規追加
 

All in One WP Migrationで検索して、インストールします。
All in One WP Migration をインストール
 

All in one WP Migrationを有効化します。
All in one WP Migrationを有効化します。
 

【ステップ2】WordPressのデータをエクスポートする

次にAll in one WP Migraitonを使って移転元のデータをエクスポートしていきます。
 

(補足)SiteGuardを有効化している場合は一旦無効化を推奨

以前、セキュリティプラグイン「WP SiteGuard」を有効化している状態で、All in one WP Migrationで移行したところ、.htaccessの設定により管理画面にアクセスできない現象がありました。

SiteGuard WordPressおすすめプラグイン

トラブルを減らすために、WP SiteGuardを導入している場合は、一旦無効化してから下記のエクスポート操作を実施することをおすすめします。

 

All in one WP Migration>エクスポートを選択します。
All in one WP Migration>エクスポート
 

ここでは、高度な設定をクリックします。
高度な設定をクリック
 

メディアファイルをエクスポートしないを選択。エクスポート先をクリックします。
メディアファイルをエクスポートしないを選択。エクスポート先をクリック
 

「ファイル」を選択します。
ファイルを選択
 

All in One WP Migrationでデータダウンロードします。
All in One WP Migrationでデータダウンロード
 

All in One WP Migrationでエクスポートしたファイルが通常、Windows、Mac共にダウンロードフォルダに保存されます。後ほどこのファイルを後ほど移転先WordPressにアップロードしていきます。
All in One WP Migrationでエクスポートしたファイル
 

【ステップ3】引越し元のメディアファイルをFTPでPCにダウンロードする

次に、引越し元のメディアファイルをFTPでPCにダウンロードします。
 

FTP(※)でサーバーにログインし、<WordPressインストール先>/wp-content/uploadsの中を開きます。
メディアフォルダ・ファイル類をFTPでダウンロード
 

(※)FTPとは

自分が契約したWebサーバーのフォルダにファイルをアップロードしたり、ダウンロードしたりするファイル転送ソフトのことです。本ブログではMac・Windowsの両方に対応しているFileZillaの説明を「無料FTPツール FileZilla の使い方 Mac・Windows対応」に説明しています。FTPソフトがない方は合わせてご参照ください。

 

PCにメディアフォルダ・ファイル類がダウンロードできたことを確認します。
メディアフォルダ・ファイル類がダウンロードできたことを確認
 
 

引越し先WordPressの作業

つぎに、引越し先のWordPressを設定していきます。
 

【ステップ4】WordPressを事前インストールする

事前に引越し先のドメインでWordPressをインストールする必要があります。
 

下記はエックスサーバーの簡単インストール画面です。ご利用のレンタルサーバーに合わせて先に引越し先のドメインに対してWordPressをインストールしましょう。
WordPressのインストール1

なお、ブログ名やユーザー名、パスワード、メールアドレスは移転元WordPressと同じでなくても構いませんが、引越し元のデータインポート後に上書きされますので同じにしておくと混乱がなくなります。

 

WordPressをインストールします。
WordPressのインストール2
 

インストール完了後、WordPressの初期画面が表示されていることを確認します。
WordPressインストール初期状態
 

移転先のWordPressにログインして管理画面に入りましょう。
WordPressのログイン画面
 
 

【ステップ5】WordPressにAll in one WP Migrationをインストールする

引越し先でWordPressをインストールしたら、引越し元と同様にAll in one WP Migrationをインストールしていきます。
 

プラグイン>新規追加を選択します。
プラグイン>新規追加
 

All in One WP Migration をインストールします。
All in One WP Migration をインストール
 

All in one WP Migrationを有効化します。
All in one WP Migration 有効化
 

【ステップ6】WordPressのデータをインポートする

次に、引越し元のWordPressのデータを引越し先にインポートしていきます。
 

All in one WP Migration>インポートを選択します。
All in one WP Migration>インポート
 

All in one WP Migration インポート元をクリックします。先ほど引越し元のWordPressのAll in one WP Migrationでエクスポートしたファイルをアップロードします。
All in one WP Migration インポート
 

無料版のAll in one WP Migrationw利用している場合の多くでは下記の容量制限の警告画面が表示されます。
All in one WP Migration インポート警告
(ご利用の環境によっては、上記警告が表示されずそのままアップロードできる場合もあります)
 

上記の警告画面が出た場合は、php.iniで容量制限値を拡張する必要があります。

参考)How to Increase Maximum Upload File Size in WordPress
 

(補足)有料版を利用すると容量制限なく移行できます

All in one WP Migrationは今回紹介している無料版の他に、有料版があります。

All-in-One WP Migration All-in-One WP Migration Import

php.iniなどのややこしい操作を省きたい場合は、有料版を購入すると容量制限なく移行することができます。

All-in-One WP Migration Importより引用

 

今回は、エックスサーバーを例に説明します。サーバーパネルでPHP.iniを選択します。
エックスサーバー  php.ini設定
 

エックスサーバー php.ini設定が開きます。
エックスサーバー  php.ini設定
 

ここでは、下記のようにphp.iniで容量制限サイズの上限値変更をします。ここで設定する項目は下記の通りです。

 

ざっくり言うと、容量制限値を512MBに変更し、それに伴いアップロード時間やメモリも制限値をあげるという設定です。

 

上限値を変更して確認ボタンをクリックします。
エックスサーバー  php.ini設定
 

確定ボタンをクリックします。
エックスサーバー  php.ini設定
 

All in one WP Migration>インポートから、再度インポートをしてみましょう。インポート元をクリックします。
All in one WP Migration インポート
※設定がうまくいっていると最大アップロードサイズも512MBになっているはずです。
 

ファイルを選択し、引越し元のWordPressでエクスポートしたファイルを再度インポートをしてみましょう。
All in one WP Migration インポート ファイルん選択
 

インポート中の画面が表示されます。ブラウザを閉じずに完成するまで待ちます。
All in one WP Migration インポート中
 

All in one WP Migrationの警告が表示されます。開始ボタンをクリックします。
All in one WP Migration インポート 警告
 

完成後に完了ボタンを押下します。
All in one WP Migration インポート完了
 

移転先でトップページをみてみましょう。引越し元のサイトのレイアウトになっています。ただし、現時点ではほとんどの画像が表示されていません。
移転後のWordPress 画像が表示されない
 

ご利用の環境によっては「データベースを更新しますか?」と表示されることがありますが、その場合は更新してOKです。

 

続いて、【ステップ3】でダウンロードした引越し元のメディアファイル類を引越し先にアップロードしていきます。
 
 

【ステップ7】引越し元のメディアファイルをFTPでPCにアップロードする

事前にダウンロードした移転元のメディアファイル類をFTPでアップロードします。
 

FTP(※)でサーバーにログインし、<WordPressインストール先>/wp-content/uploadsの中を開きます。ドラッグ&ドロップでメディアファイル類をアップロードしましょう。
FTPでメディアファイル類をアップロード
 

先ほど表示されていなくなっていた画像が表示されています。
引越し先でWordPress復元完了
 
 

以上で、ドメイン変更を伴うWordPressの引越しは完了です。
 
 

【補足】その他環境によって必要になる細かい設定

以下はその他の細かい設定です。少し技術的な設定もありますので、該当する・わかる方だけ設定をしておきましょう。
 

無効化していたSiteGuardを有効化する

SiteGuardを導入していて、【ステップ2】の時にSiteGuardを無効化していた場合は、有効化しておきましょう。
 

有効化するとログインURLが変わるので注意しましょう。
 

(関連記事)セキュリティ対策プラグイン WP SiteGuard

【セキュリティ対策】WordPress「SiteGuard WP Plugin」の使い方を徹底開設

 

メールアドレスに注意しよう

xxxx.net→xxxx.comに移転すると本文中やお問い合わせののメールアドレスのあっとマーク@の後ろのドメインもxxxx.comに変更されています。
 

本文やお問い合わせフォームなどのメールアドレスを確認して、間違っていたらメールアドレスを正しいメールアドレスに変更しましょう。
 

GoogleAnalyticsやSearchConsoleを変更する

GoogleAnalyticsやSearchConsoleを登録している場合は、移転先のドメインに変更しましょう。
 

Google Analytics お申込み
 

移転元のドメインでnoindexやリダイレクト設定をかけよう

移転元のドメインはもう廃止し、移転先のドメインに恒久的に移転する場合は、移転元のドメインに対して、noindex設定や.htaccessなどで引越し先にリダイレクトの設定をしましょう。
 

 
 

まとめ

まとめです。今回は、WordPressを異なるドメインに引越しする時に役立つプラグイン「All in One WP Migration」の無料版を使った引越し手順を解説しました。
 

All in one WP MigrationによるWordPressの移行
 

テスト環境から本番環境へ、本番環境のデータをテスト環境へ移転したり、する場合にも便利ですのでぜひ覚えておきましょう。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの使い方の総まとめを「【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」で紹介しています。WordPressを一から勉強したいおと言う方はぜひご覧ください。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.