【徹底解説】WordPressの 「タグ」機能の使い方と設定方法

WordPress

【徹底解説】WordPressのタグの使い方と設定方法

2019年7月29日

WordPressでブログを始めたばかりの方で、「タグ」をどう使えば良いかいまいち要領が掴めない人も多いのではないでしょうか。ここでは、初心者を対象にWordPressの「タグ」の使い方と設定方法について説明していきます。
 

ブログを書いています。「カテゴリー」機能は使っているんですけど、「タグ」についてはいまいちどうやって使えば良いのかイメージできなくて・・・

適切なタグの設定は「利便性の向上」や「アクセスアップ」にもなります。ここでは、WordPressの投稿のタグ機能について説明してきますね。

 

WordPress タグ機能の説明
 


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

WordPressのタグとは

WordPressのタグは投稿の各記事をタグ付けするための機能です。タグとは直訳すると「ふだ」「商品の値段・材質・製造会社名などをしるした札」です。WordPressにおいては「投稿記事を分類するために付ける小さな札」と思うと良いでしょう。
 

タグとは記事に付与するふせん・目印のようなイメージ
 

タグとカテゴリーの違い

「カテゴリー」はファイル(記事)をまとめたフォルダのようなイメージです。カテゴリーは親・子のように階層構造を持つことができるのに対して、タグは見た目の通り「札」というイメージなので階層構造を持つことはできません。
 
カテゴリーの概念イメージとタグの概念イメージ
 

カテゴリーは大きい分類・グルーピングなのに対して、タグはカテゴリーをさらに細かく分けた分類(マーク)になります。重要度的にはカテゴリーの方が大きいですが、タグも適切に利用することで、さらにブログの利便性を向上させることができるようになります。
カテゴリーとタグの使い分け・違い
 

合わせて読みたい記事

この記事では「タグ」について説明していますが、より重要な「カテゴリー」については「【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法」で詳しく説明していますので合わせてご参照ください。

【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法

 
 

タグを利用するメリット

タグを利用することで、カテゴリーだけではできないサイト内検索をタグ別で検索できるようになります。
カテゴリーとタグを上手く設定すると カテゴリ別検索とタグ別検索ができて利便性向上
 

適切にタグを設定することで、ユーザーは該当記事を探しやすくなります。
 

むやみやたらにタグを設定しても逆に利便性は向上しないので、利用者にとって使い勝手が良いようにタグを設定すると良いです。

 

タグのつけかたのコツ

  • 1記事あたりのタグの個数は3~5個以内にする
  • その記事の中に出てくる重要なキーワードをタグに設定する
  • タグは名称統一する(記事AのタグはWordPressで、記事Bのタグはワードプレス、とすると別物とみなされNG)

 
 

タグの基本的な設定方法

それでは、タグの具体的な設定方法を説明していきます。
 

タグを追加する

まずはタグを追加する手順を説明します。投稿>タグを選択します。
投稿>タグ
 

タグ設定画面が表示されます。左側がタグの新規追加フォーム、右側が追加済みのタグ一覧です。
タグの設定画面
 

タグを追加してみましょう。名前にタグ名を入力し、スラッグに半角英数でスラッグ名(※注)を入れます。
タグを新規追加する
 

(補足)スラッグについて
スラッグって何ですか??

スラッグはURLの一部のことです。ここでは、タグページのURLの一部を指します。http(s)://<サイトのURL>/tags/<タグスラッグ名>/でそのタグに属する記事一覧を表示することができます。

 

スラッグ。タグページのURLの一部で使われる

 

右側の登録タグ一覧にタグが追加されました。
追加したタグが表示された
 

同様にして、タグをいくつか追加していきましょう。


 

投稿記事でタグを選択する

タグが一通り追加できたら、投稿を新規追加してみましょう。投稿>新規追加を選択します(作成済みの記事を編集でも構いません)
投稿>新規追加
 

先ほど追加したタグ入力して追加ボタンを押下します。カンマ「 , 」を入力することで複数入力できます。
タグを入力して追加ボタンを押下します
 

タグが追加されました
 

(補足)なお、タグは上記の投稿編集画面から新規追加することもできます。ただし、投稿画面で新規追加したタグはスラッグ名など細かい設定ができません。投稿編集画面から入力した場合は、前述の手順のタグ設定ページからのスラッグ名を修正することをおすすめします。
 

1つの記事に複数のタグを設置しても構いません。ただし、複数入力できるからといって不必要に10個も20個もタグを設定すると帰って利便性が低下し、悪影響になることも考えられます。目安的には3〜5個以内にしておいた方が良いでしょう。
 

タグのつけかたのコツ

  • 1記事あたりのタグの個数は3~5個以内にする
  • その記事の中に出てくる重要なキーワードをタグに設定する
  • タグは名称統一する(記事AのタグはWordPressで、記事Bのタグはワードプレス、とすると別物とみなされNG)

 
 

でも、記事間で同じタグにしたくても、打ち間違いしそうですね。。。カテゴリーみたいに選択形式だったらありがたいんですけど・・・

たしかに毎回手打ちで入力すると打ち間違いも起きてきます。そこで、「Simple Tags」というプラグインを導入すると作成したタグを選択形式で選べるようになるのでおすすめですよ。

 

■Simple Tags利用時のタグ入力。作成済みのタグが表示されてクリックして選択することができる
Simple Tags利用時のタグ入力画面
 
 

タグ管理プラグイン「Simple Tags」を導入する

プラグイン>新規追加より、「Simple Tags」と入力して、「Simple Tags」をインストールします。
Simple Tags 今すぐインストール
 

「Simple Tags」を有効化します。
Simple Tags 有効化
 

Simple Tagsの設定は、設定>SimpleTagsから設定できますが、今回は細かい設定は行わず初期設定のままで進めます。
ダッシュボード>設定>Simple Tags
 

それでは投稿を新規作成してみましょう。投稿編集画面下部(環境によって場所は異なります)にSimpleタグ入力画面にタグの候補が表示されていますので、入力したいタグをクリックします。


 

なお、Simpleタグ入力画面が下にあって使いづらい場合は、下記のように上の方に移動させることで次回からより楽に入力することができます。


 

これなら、打ち間違いせずに記事間でタグの名称を統一できそうですね!

 

以上で、タグの設定は完了です。
 
 

特定タグの記事一覧を表示する

特定タグに属する記事一覧を、http(s)://<サイトのURL>/category/<タグスラッグ名>で表示することができます。
 

本例では「プラグイン」でタグ付けした記事一覧が表示されています。
「プラグイン」でタグ付けした記事一覧
 

また、、多くのテーマでは、投稿記事一覧や記事個別のページでタグ付けした内容が表示されます。
投稿個別のページ。タグが表示されている
 

訪問者からすると、興味のある記事を辿れるようにちゃんとタグ付けしている方が絶対に便利ですよね!

 

基本的なタグの追加方法は以上です。
 

ウィジェットのタグクラウドを活用する

外観>ウィジェットから「タグクラウド」をサイドバーに配置すると、タグ一覧が表示されます。便利な機能なので是非設置しておきましょう。


 

外観>ウィジェットを選択します。
外観>ウィジェット
 

タグクラウドをサイドバーに配置します。
タグクラウドをサイドバーに配置
 

サイドバーにタグ一覧が表示されます。
タグクラウドがサイドバーに配置された
 
 

色々なタグの設定方法

タグを編集する

タグの編集方法を説明していきます。投稿>タグを選択します。
投稿>タグ
 

編集したいタグの行にカーソルを合わせて表示された「編集」リンクをクリックします。
タグの編集
 

タグの編集画面が表示されます。ここでタグを編集することができます。
タグの編集画面
 

注意点として、(タグをインデックス登録する設定をしている場合)長く運用しているタグのスラッグを編集すると、そのタグに対して今まで蓄積したSEOの評価も変わる可能性がありますので気をつけましょう。

 

タグのスラッグ(URL)を途中で変更する場合は、リダイレクト(転送設定)などすることもできます。リダイレクトをするのに便利なプラグイン「Redirection」を「【WordPressで簡単301リダイレクト】転送設定プラグインRedirectionの使い方」で説明していますので、合わせてご参考ください。

【WordPressで簡単301リダイレクト】転送設定プラグインRedirectionの使い方


 
 

タグに説明文を追加する

タグ新規追加時またはタグ編集画面で説明文を入力すると、タグ一覧に説明文を挿入することができます。
タグの説明欄に説明文を入力することができます
 

追加した説明文はタグ一覧の冒頭に表示されます(テーマによって表示されるものもあれば表示されないものもあります)
タグページに説明が追加された
 

(タグをインデックス登録している場合は)、タグページにうまくコンテンツを挿入することで、タグページの検索順位向上も狙うことができます。

 
 

タグを削除する

タグを削除する手順を説明します。投稿>タグを選択します。
投稿>タグ
 

削除したいタグの行にカーソルを合わせ表示された「削除」リンクをクリックします。
タグを削除
 

削除の確認ダイアログが表示されますので、問題なければ「OK」をクリックします。
削除の確認ダイアログ
 

以上で、タグの削除は完了です。
 

もし削除したタグに属している投稿記事があった場合は、その記事はどうなっちゃうんでしょうか?消えちゃったりするんでしょうか?

もし削除したタグに属している投稿記事があっても消えることはないので安心してください。単純に、削除したタグ付けが消えるだけです。

 
 

特定のタグに属している投稿一覧を確認する

タグ編集ページから特定のタグに属する投稿一覧を確認することもできます。


 

現状、どんな記事をタグ付けしているのか確認し、クイック編集から簡単にタグの変更を行うことができます。
 

まとめ

まとめです。今回は、初心者を対象にWordPressのタグの使い方と設定方法について説明しました。カテゴリーとともにタグを活用することでさらに便利で見やすいブログができます。
 

カテゴリーの概念イメージとタグの概念イメージ
 

これで今日からブログにタグをちゃんと設定できそうです。

うまくタグ付けできているかどうかで訪問者の印象も変わるので、ぜひしっかり活用してみてください。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

今回は「タグ」について説明しましたが、より重要な「カテゴリー」については「【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法」で詳しく説明していますので合わせてご参照ください。

【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法

WordPressの使い方に関する総まとめを「【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」で説明していますので、WordPress初心者の方は合わせてお読みいただけば参考になると思います。

【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.