WordPress XML Sitemap の使い方・サイトマップ登録方法

SEO WordPress

【Google XML Sitemapsの使い方と設定方法】

2019年7月3日

XMLサイトマップは、検索エンジンに自サイトの情報を正確に伝えるための重要なSEO対策の一つです。
 

本記事では、WordPressのサイトマップ生成プラグイン「Google XML Sitemaps」の導入と使い方を説明していきます。
 

サイトマップっていうのがいまいちわからないです。

 

サイトマップは、自分のサイトの情報をまとめた地図のようなものでSEO対策の一つになります。ここでは、サイトマップの意味やGoogle XML Sitemapsの導入方法を説明していきますね。

 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 


 

【はじめに】XMLサイトマップとはサイト情報をまとめた地図

XMLサイトマップとは、Googleなどの検索エンジンに自分のWebサイトのページや更新日時を伝えるためのサイトのマップ(地図)です。
 

サイトマップを作成することで、Webサイトのコンテンツの状態をタイムリーにGoogleに伝え、検索エンジンに反映されやすくなります。
 

XML サイトマップの説明
 

XML サイトマップの実体
 

(HTML)サイトマップという似た用語がありますが、こちらはユーザー向けにサイトのページ一覧をまとめたページで、XMLサイトマップとは異なりますのでご注意ください。

 

XMLサイトマップの特徴

  • XMLサイトマップはWebサイトのページ情報がまとめられた検索エンジン向けのマップ(地図)
  • XMLサイトマップを作成・登録することで、サイトが検索エンジンに反映されやすくなる(SEO対策)

 
 

【ステップ1】Google XML Sitemapsを導入する

ここでは、WordPressの有名なサイトマッププラグイン「Google XML Sitemaps」の導入方法を説明していきます。
 

Google XML Sitemapsとは

google xml sitemaps
 

Google XML Sitemapsとは、XMLサイトマップを作成するWordPressのプラグインです。
 

固定ページ・投稿でページを作成・更新するたびに自動で最新のXMLサイトマップを生成して、検索エンジンにWebサイトのコンテンツの状態をタイムリーに通知することができます。
 

(補足)すでに別のプラグインを利用されている方は設定不要です

注意All in one SEO Packのサイトマップ機能など、別のプラグインですでにXMLサイトマップを運用されている方は、Google XML Sitemapでサイトマップは作る必要はありません(競合するので作らない方が良いです)
 
本サイトの「【徹底解説】WordPressのSEO対策「All in one SEO Pack」の設定と使い方」を実施した方はこのページに記載の手順は不要ですのでご注意ください。

 

Google XML Sitemapをインストール・有効化する

まずは、「Google XML Sitemap」をインストール・有効化していきます。
 

WordPressの管理画面から、プラグイン>新規追加を選択します。
管理画面>プラグイン>新規追加
 

「Google XML Sitemaps」をインストールします。
Google XML Sitemaps 今すぐインストール
 

インストール後に有効化します。
Google XML Sitemaps 有効化
 

以上で、Google XML Sitemapsの導入は完了です。次に初期設定を行なっていきます。
 
 

【ステップ2】Google XML Sitemapsを設定する

次にサイトマップの設定を行なっていきます。設定>XML Sitemapsを選択します。
設定>XML Sitemap
 

カテゴリをサイトマップに含めるために、カテゴリにチェックを入れます。
XML Sitemaps 設定 カテゴリにチェックを入れる
 

各項目の意味は下記の通りです。基本的に、Googleの検索エンジンに登録したいページにチェックを入れて、Googleの検索エンジンに登録させたくないページ(中身のないページや重複コンテンツ)はチェックを外しておきます。

大項目項目意味
WordPress標準コンテンツホームページ通常チェック必須
(トップページをサイトマップに含めるかどうか)
投稿(個別記事)を含める通常チェック必須
(投稿ページをサイトマップに含めるかどうか)
固定ページを含める通常チェック必須
(固定ページをサイトマップに含めるかどうか)
カテゴリーページを含める当サイトではチェック推奨
(投稿カテゴリーページをサイトマップに含めるかどうか)。ただし投稿カテゴリーを運用ない人はチェック不要
アーカイブページを含める当サイトではチェックしていない
(年別・月別投稿一覧などのページをサイトマップに含めるかどうか)
投稿者ページを含める当サイトではチェックしていない
(WordPressユーザーごとにページをサイトマップに含めるかどうか)
タグページを含める当サイトではチェックしていない
(投稿タグページをサイトマップに含めるかどうか) タグ運用をしっかりしている人はチェック入れるのもあり
カスタムタクソノミー(※)〇〇(導入しているカスタム分類名が表示される)を含めるカスタムタクソノミー運用している場合は必要に応じてチェック
(カスタムタクソノミーページをサイトマップに含めるかどうか)
カスタム投稿(※)〇〇(導入しているカスタム投稿名が表示される)を含めるカスタム投稿運用している場合は必要に応じてチェック
(カスタム投稿を運用している人はチェック入れると良い)
詳細なオプション最終更新日時を含める通常チェック必須

 

(※中級者者向け)カスタム投稿タイプをご利用の方

カスタム投稿タイプをご利用の方は、カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミー(カスタム分類)にも、チェックを入れてサイトマップに含めましょう。
 

XML Sitemaps カスタム投稿タイプを作成している方は必要に応じてチェック
 

「カスタム投稿タイプって何?」という方はこちらの記事「WordPress カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー(カスタム分類)を徹底解説」をご参照ください。

WordPress カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー(カスタム分類)を徹底解説

カスタム投稿タイプやカスタム分類に心当たりのない方は無視してOKです。

 

そのほかの細かい設定は初期設定状態で問題ありません。下部にある「設定を更新」ボタンをクリックします。
Google XML Sitemaps 設定を更新
 

サイトマップはhttp(s)://ドメイン/sitemap.xml で生成されます。
 

確認のために、「http(s)://ドメイン/sitemap.xml」にアクセスしてみましょう。下記のようなサイトマップが表示されていればOKです。
サイトマップ
 
 

【ステップ3】Google SearchConsoleにサイトマップを登録する

つづけて、SearchConsoleの画面に行きサイトマップを登録します。
 

Googleにログインしている状態で「Google SearchConsole」にアクセスします。
 

そもそもサイトマップって何?という方は「Googleアナリティクスとサーチコンソールの仕組み・見方・使い方を徹底解説」をご覧ください。

 

サイトマップをクリックします。
Google Search Console サイトマップをクリック
 

「sitemap.xml」と入力して送信ボタンを押下します。
sitemap.xmlと入力して送信
 

サイトマップが登録されました。
サイトマップが送信されました。
 

「取得できませんでした」と表示される場合があります。その場合は、時間を置いて再度試してみましょう。
取得できませんでしたのメッセージ

 

以上で、サイトマップの登録は完了です。
 
 

まとめ Google XML Sitemapの使い方

今回は、、WordPressのサイトマップ生成プラグイン「Google XML Sitemaps」の導入と使い方を説明しました。
 

XMLサイトマップの特徴は下記の通りです。

  • XMLサイトマップはWebサイトのページ情報がまとめられた検索エンジン向けのマップ(地図)
  • XMLサイトマップを作成・登録することで、サイトが検索エンジンに反映されやすくなる(SEO対策)

 

XML サイトマップの説明
 

サイトマップは、通常「http(s)://ドメイン/sitemap.xml」に生成されるので、このURLをGoogle Search Consoleに登録しておきます。
 

Google XML Sitemapsを利用することで、検索エンジンにWebサイトのコンテンツの状態をタイムリーに通知することができます。
 

自分のサイトを検索エンジンにタイムリーに伝えるためには必須の内容ですのでぜひ設定しておきましょう。

 

そのほかのおすすめプラグインについて「知っておきたいおすすめWordPressプラグイン一覧」でご紹介していますので、次のステップとしてぜひご参考にしてみてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの使い方を「【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」に詳しく説明していますので、WordPressの使い方を一通り勉強したい方は合わせてご参照いただければ幸いです。

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-SEO, WordPress
-, ,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5