Googleアナリティクスとサーチコンソールの仕組み・見方・使い方を徹底解説

Google アナリティクスとサーチコンソールの仕組みと設定方法を徹底解説

ここでは、ウェブサイトを活用・運営する上でほぼ必須のツールであるGoogle AnalyticsとSearch Consoleの仕組みと違いおよび設定方法を説明します。
 

サーチコンソールとアナリティクスの違い・データ取得の仕組み
 

ホームページを開設した時に、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを設置した方が良いと言われました。どういうものなのかイマイチよくわかりません。。
 

ざっくりいうと、両方ともWebサイトのSEO対策に利用するGoogleのツールです。
アナリティクスはアクセス解析に利用できますし、サーチコンソールも検索エンジンとの連携を行いデータを分析することができます。

ここでは、各ツールの概要・仕組みや設定方法について説明していきますね。

 
 

Googleアカウントが必要になりますので、Googleアカウントをお持ちでない方は事前に作成しておいてください。
 

 

【メルマガ登録はこちら!!】自分でできるSEO対策・Web集客術をGET!
集客できるHP・コンテンツの作り方を教えます! ウェブストエイト。ホームページ作成セミナーで検索順位1位獲得(2017.9調べ)

 

Google Analyticsの設定

 

Google アナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているWebサイトのアクセス解析ツールです。

Google Analytics ソリューション
 

基本的に無料で利用できます。Webサイトをアナリティクスに登録することで閲覧数やユーザーの行動など、自分にサイトに流入した後のさまざまなデータを分析できるようになります。
 

Google Analyticsの画面
 

Google Analyticsで確認できる項目の例です。サイト全体の数値のほか各ページごとの数値を確認することができます。
 

項目内容
ユーザーに関する主な指標ページビュー 「自分のサイトでどのくらいのページ数が閲覧されたか」を確認できます。
ユーザー数「自分のサイトにどのくらいのユーザー数の訪問があったか」を確認できます。
セッション数「どのくらいの訪問回数があったか」を確認できます。
(※)ユーザーがサイトに訪問してから帰るまでを1回とカウントします。
ページビュー/セッション「1訪問あたりどのくらいのページが閲覧されているか」を確認できます。
平均セッション時間平均して「1訪問あたりどのくらいの時間サイト内を閲覧してくれていたか」を確認できます。
直帰率「1ページ目の閲覧で帰ってしまう確率がどのくらいがあったか」を確認できます
集客に関する主な指標参照元/メディアGoogle検索、Yahoo検索、Facebook、Twitterなど流入経路はどこかを確認できます。
目標(コンバージョン(※))に関する主な指標目標の達成数「目標が何回達成できたか」を確認できます。
目標の達成率目標の達成率を確認できます。
例. 100人の訪問者のうち5人から申し込みがあれば5%

 

コンバージョンとはなんなのでしょうか??
 

コンバージョンとは目標のことです。
ビジネス目的で運営する場合、訪問者に問い合わせ・申し込み・購入などなんらかのアクションをしてほしいと思います。
たとえば、セミナーの申し込みページがあるとして申し込みされたらコンバージョン(目標)に設定します。実際に申し込みがあったら1件カウントします。
 

それはとても大事そうですね!!
 

注意点として、コンバージョンは手動で「なにをすればコンバージョン達成なのか」を設定する必要があります。重要な項目なので覚えておきましょう。
 

各サイトにより目標と目標の設定方法は異なるためここでは詳細は割愛しますが、コンバージョンの設定は管理>目標から設定することができます。
Googleアナリティクス 管理>目標でコンバージョンを設定します
 

ホームページやブログをしているなら必須のツールですので、ぜひ導入しておきましょう。
 

Google Analyticsの仕組み

でもこんなたくさんデータをどうやって集めているんでしょうか??
 

データを取るにはもちろんアナリティクスの設定が必要になります。簡単な仕組みを説明していきますね。
 

Google Analyticsは、下記のようなjavascript(トラッキングコードといいます)を計測対象の各ウェブページ貼り付けることで利用できるようになります。
 

グーグルアナリティクスのトラッキングコード
 

利用者がGoogle が貼り付けられたウェブページにアクセスすると、貼り付けたトラッキングコードが実行されて、Googleのサーバーにデータを転送・蓄積されます。
 
グーグルアナリティクスの仕組み
 

以下は一例ですが、どんな経路から流入してくれたのか、どのページがどのくらい閲覧されたかなど、各種データが収集されます。
Google Analyticsで収集される情報の一例
 
 

Google Analyticsの登録・設定方法

見えないところで色々と動いているんですね!設定方法は具体的にどのようにすればよいんでしょうか??
 

色々なデータを分析して改善していけるところがWebマーケティングの醍醐味でもあります!
それでは、グーグルアナリティクスの設定方法を説明していきますね!
 

下記にアクセスして、GoogleアカウントでGoogleAnalyticsにお申し込みします。
 

Google Analytics
 

Google Analytics お申込み
 

アカウント名、ウェブサイトの名前、サイトURLなどを入力します(ここでは全てドメイン名を入力)。


 

ページ下部にあるトラッキングIDを取得をクリックします。

 

利用規約を確認して「同意する」を押下します。

 

トラッキングコードが取得できます。これをウェブサイトのheadタグ内に貼り付けます。

 
 

HTMLファイルに直接トラッキングコードを貼り付ける場合

WordPressなどのCMSを利用していない場合は、対象のWebページ・HTMLファイルのheadタグ内にトラッキングコードを貼り付けます。
 

対象のWebページのheadタグ内にトラッキングコードを貼り付けます
 

複数のHTMLがある場合は、全HTMLファイルにトラッキングコードを貼り付ける必要があります。
 
 

ワードプレスでプラグインを利用してアナリティクス連携する場合

ワードプレスを利用している場合は、プラグインを利用してアナリティクス連携できます。
 

「All in ONE SEO Pack」というSEO対策プラグインを利用するとトラッキングIDを貼り付ると、プラグインが自動で全ページにトラッキングコードを出力してくれるようになります。
 

WordPress All In One SEO Packの設定。グーグルアナリティクスのトラッキングIDを貼り付ける
 

Administratorを除外しておくことで、管理者としてログインしている自分のアクセスを計測から除外することもできます。
 

設定完了後に実際にホームページにアクセスします(ワードプレスで管理者としてログインしている場合は一旦ログアウト後にアクセスしてください)。
 

Google Analyticsのリアルタイム>概要で自分のアクセスがカウントされていれば設定完了です。

グーグルアナリティクス リアルタイムレポート
 
 

グーグルアナリティクスの見方

以下は、グーグルアナリティクスで分析できる内容の一例です。
 

Google Analyticsで確認できる項目の例です。サイト全体の数値のほか各ページごとの数値を確認することができます。
 

項目内容
ユーザーに関する主な指標ページビュー 「自分のサイトでどのくらいのページ数が閲覧されたか」を確認できます。
ユーザー数「自分のサイトにどのくらいのユーザー数の訪問があったか」を確認できます。
セッション数「どのくらいの訪問回数があったか」を確認できます。
(※)ユーザーがサイトに訪問してから帰るまでを1回とカウントします。
ページビュー/セッション「1訪問あたりどのくらいのページが閲覧されているか」を確認できます。
平均セッション時間平均して「1訪問あたりどのくらいの時間サイト内を閲覧してくれていたか」を確認できます。
直帰率「1ページ目の閲覧で帰ってしまう確率がどのくらいがあったか」を確認できます
集客に関する主な指標参照元/メディアGoogle検索、Yahoo検索、Facebook、Twitterなど流入経路はどこかを確認できます。
目標(コンバージョン(※))に関する主な指標目標の達成数「目標が何回達成できたか」を確認できます。
目標の達成率目標の達成率を確認できます。
例. 100人の訪問者のうち5人から申し込みがあれば5%

 

例1)ウェブサイト全体のユーザーに関する指標

ある期間におけるウェブサイト全体のページビュー、セッション数、ユーザー数、ページビュー/セッション数、新規セッション数などがわかります。
アナリティクス ユーザーに関する指標のデータ。
 

例2)集客に関する指標

集客>全てのコンテンツ>参照元・メディアを確認すると、各検索エンジンやSNSからどのくらいのアクセスがあったからを確認することができます。

グーグルアナリティクス 集客>全てのコンテンツ>参照元・メディアのデータサンプル
 

例3)コンバージョンに関する指標

事前に目標を設定しておくことで、目標の達成数や達成率を把握することができます。

■サイト内全体でのコンバージョン概要
グーグルアナリティクス サイト内全体でのコンバージョン概要
 

■ワードプレスセミナーページのコンバージョン情報
グーグルアナリティクス ワードプレスセミナーページでのコンバージョン情報
 
 

アナリティクスで分析できるサンプル

上記の他にも色々な分析ができます。

■ユーザーの行動の例■
グーグルアナリティクス ユーザーの行動
 

■男女別・年齢別概要の例
グーグルアナリティクス 男女別・年齢別概要
 

■地域別の例
グーグルアナリティクス 地域別
 

■ブラウザ別の例
グーグルアナリティクス ブラウザ別
 

色々なデータを見ることができるんですね!!
 

でも、逆にたくさんあってまずはどれを見たら良いのか悩んでしまういます。
 

たしかに、高機能なので逆にどれを見たら良いのか悩みますよね。
 

本サイトはではざっくり下記のような項目を確認しています。

項目見ている内容何を目的に見てどう対応するか
サイト全体の概要 ◎サイト全体の閲覧数(PV)やセッション数が増えてきているか
○サイト全体の滞在時間(平均セッション時間)が増えてきているか
○サイト全体の直帰率が下がってきているか
○検索エンジンやSNSからの流入の割合が増えているか(流入元バランス)
サイト全体が育ってきているかを見ています。
検索エンジンやSNSからの流入を増やし、閲覧数やセッション数が増加するようにコンテンツの追加・改善に取り組んでいきます。
そのほか、滞在時間や直帰率も悪くなって来ていないか確認して、改善するように取り組んでいきます。
最初に見られたページ(ランディングページ) ◎どのページがたくさん閲覧されているか
○直帰率が下がってきているか
○滞在時間が増えてきているか
閲覧数の多いページを中心に、2ページ目(誘導したいページ)への誘導を増やし直帰率の低下を測ったり、滞在時間が増加するように改善を行います。
コンバージョン(目標達成) ◎コンバージョン数が増えているか
◎コンバージョン率が増えているか
コンバージョン数(率)が多い流入経路がどこかなど確認します。
コンバージョン数の増加と率の増加を目指して対象ページのアクセス数増加と滞在時間UPするようにコンテンツの追加・改善を行います。

 
 

Google Search Console

 

Google Search Consoleとは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。

グーグルサーチコンソール トップページ
 

サーチコンソールにサイトを登録すると次の機能が利用できるようになります。

  • Googleで行われた検索で、どんなキーワードで検索されて何回表示されて何回クリックされたか、平均順位などの情報を解析できます
  • Googleにサイトマップの登録を行い、コンテンツを認識できるかどうかなどのテストができます。
  • 重大なエラーや問題が発生した場合に通知を受け取ることができます

 

■本サイトが表示された・クリックされた検索クエリの一覧
Google サーチコンソール 検索クエリのサンプル
 
 

Google Search Consoleの仕組み

自分のサイトのURLを登録したりサイトマップをサーチコンソールに登録することで、検索エンジンとの連携を行うことができます。
グーグルサーチコンソールの仕組み・原理
 

連携をしておくことで、自分のサイトがどのような検索キーワードで表示されたか、クリックされたかなどを確認できるようになります。
Google サーチコンソール 検索クエリのサンプル
 

■検索キーワードのデータ一覧の確認

 
 

アナリティクスとサーチコンソールの違い

グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールはなにが違うんでしょうか??
 

ざっくりいうと、Google Analyticsは自分のホームページに到着〜離脱するまでの動きを確認できるのに対して、
Google Search Consoleは検索エンジンの連携を行い、ホームページに到着するまでの動き(Googleでどのように検索されて流入したか)を確認することができます。
 

サーチコンソールとアナリティクスの違い・データ取得の仕組み(概要図)
サーチコンソールとアナリティクスの違い・データ取得の仕組み
 

上図のように、サーチコンソールは主にGoogleでの検索に関するデータを蓄積するのに対して、アナリティクスは主に閲覧後のデータを蓄積します。
 
 

Google Search Consoleの設定方法

サイトURLをサーチコンソールに登録する

Googleにログインしている状態で下記のサイトにアクセスします。
 

Google ウェブマスターツール
 

プロパティを追加します。
Google Search Console 所有権の確認
 

自分のホームページのURLを入力して追加します。
Google Search Console 所有権の確認
 

SSL化(URLがhttps://〜)している場合は、https://〜で登録しましょう。
 

所有権の確認を行います。先にGoogle Analytics登録済みの方はグーグルアナリティクスで所有権を確認できます。
Google Search Console 所有権の確認
 

問題なければ所有権の確認が完了します。
Google Search Console 所有権の確認
 

管理画面に入れたらOKです。
Google Search Consoleの画面
 

サイトマップの登録

サーチコンソールの登録が終わったら、HPのサイトマップを登録しましょう。
 

サイトマップとは何なのでしょうか??
 

簡単にいうと、サイトマップはWebサイトのページ情報がまとめられたマップ(地図)になります。
検索エンジンと、そのサイトがどのようなページがあっていつ更新されたかが記録されています。
 

■サイトマップの例
http(s)://ドメイン名/sitemap.xmlでXMLサイトマップが確認できる
 

なるほど!サイトマップを登録するとどんなメリットがあるんでしょうか??
 

サイトマップを作成してサーチコンソールに登録しておくことで、新しく公開したページや更新したページが検索エンジンに反映される(インデックスされるといいまう)スピードが早くなったり、検索エンジンの回遊性(サイトを巡回してくれる頻度やスピード)もあがります。
つまり、SEO対策で非常に重要な役割を担っています。
 

ワードプレスの場合、All in One SEO Packというプラグインを利用してサイトマップを生成できます(Google XML Sitemapなど他のプラグインでサイトマップをすでに作成されている場合は本操作は不要です。)

管理画面の機能設定より XMLサイトマップを有効化します。
All in ONE SEO Pack XMLサイトマップを有効化する
 

http(s)://ドメイン名/sitemap.xmlで生成されたXMLサイトマップを確認できます。
http(s)://ドメイン名/sitemap.xmlでXMLサイトマップが確認できる
 

サーチコンソールでサイトマップを登録します。
サーチコンソールでサイトマップを登録する
 

以上で、サイトマップの登録は完了です。
 
 

サーチコンソールの見方・使い方

ここでは、サーチコンソールの簡単な見方・使い方をいくつか紹介します。
 

検索アナリティクス

是非活用して欲しいのが検索アナリティクスの機能です。
 

サイト全体や各ページごとにどんなキーワードで表示・アクセスされているかを一覧で確認できます。

Google サーチコンソール 検索クエリのサンプル
 
 

サイトへのリンク

サイトへのリンクを見ると、自分のサイトが外部のどんなサイトからリンクされているか(被リンクと言います)を確認することができます。
 

どんなサイトから自分のサイトがリンクされているかが確認できます。
サーチコンソール サイトへのリンク
 

詳細を見るとヤフーからリンクされていることが確認できます。
サーチコンソール サイトへのリンク Yahooからのリンクを確認
 

さらに詳細を見るとヤフーの知恵袋(URLまでわかります)からリンクされていることが確認できます。
サーチコンソール サイトへのリンク Yahooの知恵袋のアドレスからのリンクを確認
 

しっかりとしたコンテンツを作成するとだれかがそのコンテンツを紹介してくれるため、自然発生的に被リンクが集まります。
 

有力なサイトから被リンクは、自分のサイトの品質が高いということを示す根拠にもなるため、検索順位の向上も期待できます。
 

しっかりと作り込んだコンテンツに被リンクがあるかどうか確認して見ましょう。
 

Fetch As Google

ウェブページを新たに作成したり、更新した場合、Fetch As Googleという機能を使って検索エンジンに反映をリクエストすることができます。
 

Googleサーチコンソール>クロール>Fetch As Googleから、更新したURLを登録します。
Googleサーチコンソール フェッチアズグーグル登録
 

「インデックス登録をリクエスト」ボタンを押下します。
Googleサーチコンソール フェッチアズグーグル インデックスリクエスト
 

「ロボットではない」にチェックを入れて、「このURLのみクロールする」にチェックして送信ボタンを押下します。
Googleサーチコンソール フェッチアズグーグル 送信
 

インデックス登録をリクエスト済みになっていることを確認して完了です。
Googleサーチコンソール フェッチアズグーグル インデックスリクエスト完了
 

Fetch As Googleを利用すると比較的すぐにグーグルに反映してくれるので、Webページを更新したらどんどん利用していきましょう。
 

【メルマガ登録はこちら!!】自分でできるSEO対策・Web集客術をGET!
集客できるHP・コンテンツの作り方を教えます! ウェブストエイト。ホームページ作成セミナーで検索順位1位獲得(2017.9調べ)

 

まとめ

ここでは、ウェブサイトを活用・運営する上でほぼ必須のツールであるGoogle アナリティクスとサーチコンソールの仕組みや違いおよび見方を中心に説明しました。
 

アナリティクスでは、ユーザーがサイトに訪問した後の閲覧データを中心に確認することができます。
 

サーチコンソールではWebサイトと検索エンジンの連携を行い、検索エンジンに関するデータを中心に確認することができます。
 

サーチコンソールとアナリティクスの違い・データ取得の仕組み
 

どちらもWebマーケティングをするためには必須と言ってよいほど重要なツールですので是非導入しておきましょう。
 

HPを作成したら、アナリティクスとサーチコンソールを利用して分析や改善を重ねていきましょう。
 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

「自分で作る選択を!」個人事業主のための大阪のホームページ作成とWeb集客の教室・スクール 「Webst8」

ウェブストエイトは自分でホームページ制作・Web集客したい方向けの少人数制個別指導のスクール・塾です。 スタンダート48時間コースとプロフェッショナル80時間コースから選択して受講できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ