国内おすすめVPSサーバー 仮想専用サーバー比較

本記事は広告が含まれる場合があります レンタルサーバー

国内おすすめVPSサーバーを価格・機能面から徹底比較

Linuxサーバーなどで小さなアプリケーションを開発・運用する予定の方や、一時的にWindows環境を利用したい場合にはVPS(バーチャルプライベートサーバー)が便利です。
 

今回は国内でおすすめのVPS(バーチャルプライベートサーバー)を比較・ご紹介します。




サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート
エックスサーバーVPS
公式サイト
2GB〜64GB 3〜24コア 830円〜38,000円 無料 NVMe SSD 50GB〜100GB
200GB追加:月額2,750円
メール・チャット・電話
ConoHa VPS
公式サイト
512MB〜64GB 1〜24コア 751円〜59,290円 無料 SSD 30GB〜100GB
200GB追加:月額3,025円
500GB追加:月額5,445円
メール・チャット・電話
カゴヤ・ジャパン VPS
公式サイト
1GB〜32GB 1コア〜24コア 550円〜26,400円 無料 SSD 25GB〜200GB
※大容量プランあり
×
10GBあたり日額4.4円
× メール・電話
さくらVPS
公式サイト
512MB〜32GB 1〜10コア 590円〜28,234円 無料 SSD 25GB〜1600GB
契約プラン容量の2倍に変更可能
550円〜35,200円の手数料一回のみ)
× × メール・電話
ABLENET VPS
公式サイト
512MB〜16GB 1〜8コア 554円〜12,947円 無料
※v0プランのみ1,130円
HDD/SSD選択可 SSD:30〜200GB
HDD:50GB〜800GB
◯(HDDのみ)
10GBごとに月額550円
×
※v0プランへのダウングレードは不可
メール
サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート

※2024年5月13日時点で調べた10%税込表記。Linux系VPS。

サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート
エックスサーバーVPS(Windows版) 2GB〜64GB 3〜24コア 1,980円〜63,360円 無料 NVMe SSD 100GB
200GB追加:月額2,750円
メール・チャット・電話
ConoHa VPS(Windows版) 1GB〜64GB 2〜24コア 1,077円〜72,358円 無料 SSD 100GB
200GB追加:月額3,025円
500GB追加:月額5,445円
メール・チャット・電話
カゴヤ・ジャパン VPS(Windows版) 1GB〜16GB 1〜10コア 913円〜22,495円 無料 SSD 35〜600GB × ◯(オプション) × メール・電話
さくらVPS(Windows版) 1GB〜32GB 1〜10コア 1,210円〜33,780円 無料 SSD 50〜1200GB ◯(オプション:NFS形式) × × メール・電話
ABLENET VPS(Windows版) 1GB〜16GB 2〜8コア 1,587円〜14,484円 無料 SSD SSD:60GBまたはHDD:100GB
〜SSD:150GBまたはHDD:200GB
◯(外部NFS) × メール
サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート

※2024年5月13日時点で調べた10%税込表記


 

共用サーバー(レンタルサーバー)について

一般的なブログやホームページ目的で共用サーバー(レンタルサーバー)をお考えの方は「人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】」で詳しく説明していますので、レンタルサーバーをお探しの方は合わせてご覧いただければと思います。

 

 

VPS(仮想専用サーバー)とは

VPSはOS単位・リソース固定でレンタルできる仮想専用サーバー

VPSは、Virtual Private Server(バーチャルプライベートサーバー)の略で、仮想化専用サーバーとも言います。

VPSは、物理サーバー(ハードウェア)は共用されているものの、仮想化と言う技術を利用してOS単位でサーバーを借りられるようになっているサーバーです。

VPSではメモリやCPU(コア)を固定で確保できるため、共用サーバーよりも他ユーザーの影響をうけにくくなっています。

また、OS単位で起動・自由に設定できるため、共用サーバーよりも自由度が高く、OSの選定をはじめ、OS上にミドルウェア・ソフトウェアのインストールなどが自由にできます。

VPS仮想専用サーバー
 

ただし、Linux系VPSを利用する場合、レンタルサーバー(共用サーバー)よりも専門知識が求められます。

 

共用サーバーとVPSの違い

共用サーバーとVPSの違いは下記の通りです。
 

共用サーバー VPS
概要 従来の一般的な共用サーバー

一つのOS領域をシェアする共用サーバー。OSの管理者権限はなくVPSよりも自由度は低い。
初心者が触りやすく一般的なブログやホームページを作る場合に向いている。

VPS仮想専用サーバー

仮想化専用サーバー。OSの管理者権限(root) を持ち共用サーバーよりも自由度が高い。
OSの選定をはじめ、ミドルウェア・ソフトウェアのインストールが自由にできアプリ開発向け。

価格帯 安い(月額 数百円〜) 安い(月額 数百円〜)
主な操作方法 サーバー管理画面操作とFTP SSHを利用したLinuxコマンド
使い方
簡単

難しい
サーバーリソース(CPU/メモリ) 共用 固定で確保可能
サーバー保守(OS・ミドルウェア) サーバー会社 契約者
操作権限
OS一般ユーザー権限

OS管理者(root)権能
ソフトウェア・ミドルウェアのインストール
制限あり

自由に可能
主な用途 ホームページ・ブログ運営(HTML・CSSなどの静的サイトやWordPressなどのCMS) アプリ・システム開発、マインクラフトなどのゲーム環境構築、FX自動取引プログラム稼働用(※注1)など

 

AWSと国内VPSの違い

VPSの利用を検討する際、AWS(Amazon Web Service)も有力な選択肢の一つで、企業利用や中〜大規模なアプリケーションを開発運用する場合はAWSを利用することも多いです。

ただし、AWSは基本的に従量課金制で今回ご紹介するVPSよりも費用が高くなる傾向があります。加えてAWSの機能や設定も複雑なため、国内VPSサービスよりも覚えることが多くて難しく感じるかもしれません。

AWS トップページ
 

VPS AWS
価格 シンプル:(月額)固定 複雑:従量課金制
拡張性 普通 非常に高い
難しさ 普通 専門知識必要

最近ではVPSも後からスケールアップ・スケールアップ(コアやメモリ・ディスクの追加)ができるため、月額固定で契約できるVPSの方がシンプルに利用できるためおすすめです。

 

Linux系OSとWindows系OS

一般的にVPSというとOSがLinux系を指していることがが多いですが、VPSはWindows系OSとしてもサービス提供されています。

たとえば、MT4/MT5などのFX自動取引プログラム24時間稼働用目的などでよくWindows系VPSが利用されていますし、MacOSなどの人が一時的にWindows環境を利用したい場合にも便利です。

また、インターネット公開用サーバーとしては少ないかもしれませんが、Windows系サーバーで.NET系のシステム開発したい際などでも利用することができます。

通常Windows系の方がLinux系OSよりもサーバーリソースを消費しやすく、価格もLinux系VPSよりも高い傾向があります。

加えて、Windows Server系は接続ユーザーの数に応じて、Microsoft社が規定するライセンスSAL(Subscriber Access License) が別途有償で購入しておく必要がある点に注意です。
 
 

価格と性能でVPS選ぶ

ここからは、VPSの選び方のポイントとおすすめするVPSをご紹介します。一つ目はまず価格と性能で選ぶ方法です。

今回ご紹介するVPSは、「Xserver VPS」「ConoHa VPS」「カゴヤ・ジャパンVPS」「さくらVPS」および「ABLENET VPS」です。

ここでは、最も利用が多い下位〜中位プラン(メモリ512MB〜4GB)で各社の定価ベースの価格帯で比較します。
 

Linux OS系のVPSで価格比較

Linux OS系のVPSで価格比較すると下記の通りです。それぞれメモリの量に応じて、最安プランが異なることがわかります。

VPSサーバーのメモリと価格で比較(Linux系VPS)
 

メモリ512MBプラン/Linux系で比較

メモリ512MBプランでの価格は下記の通りです。512MB運用は、検証や小さいアプリなど用途は限定的になります。

VPS会社 メモリ 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ
Xserver VPS 対応プランなし
ConoHa VPS 512MB 512円 ★最安 1コア SSD:30GB
カゴヤ・ジャパン VPS 対応プランなし
さくら VPS 512MB 590円 1コア SSD:25GB
ABLENET VPS 512MB 554円 1コア SSD:30GB
(HDD:50GB選択可)

※さくらはリージョンを石狩DCを選択した場合の価格

 

メモリ1GBプラン/Linux系で比較

メモリ1GBプランでの価格は下記の通りです。512MBよりもメモリやCPUが利用できますが、最低限といった感じのスペックです。

VPS会社 メモリ 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ
Xserver VPS 対応プランなし
ConoHa VPS 1GB 1,065円 2コア SSD:100GB
カゴヤ・ジャパン VPS 1GB 550円〜★最安 1コア SSD:25GB
(大容量選択可能)
さくら VPS 1GB 807円 2コア SSD:50GB
ABLENET VPS 1.5GB 1,130円 2コア SSD:40GB
(HDD:100GB選択可)

※さくらはリージョンを石狩DCを選択した場合の価格。※ABLENETはメモリ1GBプランがないため1.5GBで比較

 

メモリ2GBプラン/Linux系で比較

メモリ2GBプランでの価格は下記の通りです。アプリ開発・稼働のほか、WordPress(KUSANAGI)、ゲーム用サーバーなど多くの用途で利用される人気のスペックです。

VPS会社 メモリ 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ
Xserver VPS 2GB 830円★最安 3コア SSD:100GB
ConoHa VPS 2GB 2,033円 3コア SSD:100GB
カゴヤ・ジャパン VPS 2GB 979円〜 3コア SSD:30GB
(大容量選択可能)
さくら VPS 2GB 1,594円 3コア SSD:100GB
ABLENET VPS 2.5GB 1,706円 3コア SSD:60GB
(HDD:200GB選択可)

※さくらはリージョンを石狩DCを選択した場合の価格。※ABLENETはメモリ2GBプランがないため2.5GBで比較

 

メモリ4GBプラン/Linux系で比較

メモリ4GBプランでの価格は下記の通りです。2GBよりも多くのリソースが利用できますが、サーバー会社によって価格帯のばらつきが大きくなってきています。

VPS会社 メモリ 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ
Xserver VPS 4GB 1,700円 4コア SSD:100GB
ConoHa VPS 4GB 3,969円 4コア SSD:100GB
カゴヤ・ジャパン VPS 4GB 1,540円〜★最安 4コア SSD:30GB
(大容量選択可能)
さくら VPS 4GB 3,227円 4コア SSD:200GB
ABLENET VPS 4GB 3,435円 4コア SSD:100GB
(HDD:400GB選択可)

 

Windows Server系のVPSで価格比較

次に、Windows Server系のVPSで価格比較します。

今回はメモリ1GB〜8GBのゾーンで、リモートデスクトップSAL1ライセンス(※)を加えた場合のケースで比較します。

メモリ2GB以上だとエックスサーバーVPSがかなり安価に利用できます。
VPSサーバーのメモリと価格で比較(Windows系VPS)
 
※Windows系はより多くのメモリを消費するためどのVPSも512GBプランはありません。
 

Windows Serverを使う場合のSALについて

Windows Server系は接続ユーザーの数に応じて、Microsoft社が規定するライセンスSAL(Subscriber Access License) が必要になります。

このライセンスはVPS会社が決めているものではなく、Microsoft社が決めているルールのため、どの会社のWindows系VPSを利用しても基本的に必要です。

 

メモリ1GBプラン/Windows系で比較

VPS会社 メモリ SAL含めた月額料金 月額料金(3年契約時) CPU ストレージ Microsoft SAL料金
Xserver VPS 対応プランなし
ConoHa VPS 1GB 1,980円 ★最安 1,210円 2コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額770円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,530円
カゴヤ・ジャパン VPS 1GB 2,068円 913円 1コア SSD:35GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,155円
  • Microsoft Office SAL:3GB/3コアプラン以上が対応
さくら VPS 1GB 2,210円 1,110円 2コア SSD:50GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,100円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ABLENET VPS 1GB 3,186円 1,936円 2コア SSD:60GB
(HDD:100GB選択可)
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,250円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,800円

 

メモリ2GBプランで比較/Windows系

VPS会社 メモリ SAL含めた月額料金 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ Microsoft SAL料金
Xserver VPS 2GB 2,970円 1,980円 3コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額990円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ConoHa VPS 2GB 3,190円 2,420円 3コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額770円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,530円
カゴヤ・ジャパン VPS 2GB 2,475円〜★最安 1,320円〜 2コア SSD:40GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,155円
  • Microsoft Office SAL:3GB/3コアプラン以上が対応
さくら VPS 2GB 3,218円 2,118円 3コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,100円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ABLENET VPS 2GB 3,763円 2,513円 3コア SSD:120GB
(HDD:100GB選択可)
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,250円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,800円

 

メモリ4GBプランで比較/Windows系

VPS会社 メモリ SAL含めた月額料金 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ Microsoft SAL料金
Xserver VPS 4GB 4,970円 ★最安 3,980円 4コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額990円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ConoHa VPS 4GB 5,489円 4,719円 4コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額770円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,530円
カゴヤ・ジャパン VPS 4GB 5,515円 3,960円 4コア SSD:120GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,155円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,410円
さくら VPS 4GB 5,430円 4,336円 4コア SSD:200GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,100円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ABLENET VPS 4GB 5,722円 4,472円 4コア SSD:150GB
(HDD:200GB選択可)
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,250円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,800円

 

メモリ8GBプランで比較/Windows系

VPS会社 メモリ SAL含めた月額料金 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ Microsoft SAL料金
Xserver VPS 8GB 8,910円  ★最安 7,920円 6コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額990円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ConoHa VPS 8GB 10,087円 9,317円 6コア SSD:100GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額770円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,530円
カゴヤ・ジャパン VPS 8GB 13,255円 12,100円 8コア SSD:200GB(300GB選択可)
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,155円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,410円
さくら VPS 8GB 9,671円 8,571円 6コア SSD:400GB
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,100円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
ABLENET VPS 8GB 7,911円 ★最安 6,661円 5コア SSD:100GB
(HDD:200GB選択可)
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,250円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,800円

 
 

短期間の利用可否(日割り・時間割契約)でVPSを選ぶ

通常3年契約など長期間の契約の方が月額料金が安くなりますが、中には数日・数週間など短期間で利用したいケースもあります。

各社VPSの最短契約期間は下記の通りです。

VPS会社 最短期間 価格
Xserver VPS 最短1ヶ月単位 1,150円〜/1ヶ月
ConoHa VPS 最短1時間単位 1.3円〜/1時間
カゴヤ・ジャパン VPS 1日単位での契約可能 20円〜/1日
さくら VPS 最短3ヶ月単位 590円〜/3ヶ月
ABLENET VPS 最短1ヶ月単位 554円〜/1ヶ月

 
※通常VPSを除いてWindows利用時のSAL(リモートデスクトップSALやOfficeSALなど)に関しては1か月分のライセンス料金が課金されます。
 

体験利用可能なVPSを選ぶ

さくらのVPSや、ABLENET VPSなど体験利用可能なVPSもあります。

まずは一度どんな感じなのか試してみたい方におすすめです。

VPS会社 体験利用可否 期間
Xserver VPS × ×
ConoHa VPS × ×
カゴヤ・ジャパン VPS × ×
さくら VPS 2週間(※)詳細はこちら
ABLENET VPS 10日間 (※)詳細はこちら

 

VPS管理機能と使いやすさで選ぶ

価格の次は、VPS管理機能と使いやすさで選ぶ方法です。
 

VPSの管理機能やアプリ・パッケージで選ぶ

VPSの場合、どの会社のVPSを利用してもLinuxの中身に関しては同じですが、スケールアップ/スケールダウンが可能か、スナップショット(イメージ保存)が可能かなど、できれば便利な機能を提供しているところがおすすめです。

  • あとからスケールアップ/スケールダウンが可能か
  • あとからディスク領域の追加は可能か
  • スナップショット(イメージ保存)がVPS管理画面から可能か

 

VPS会社 スケールアップ スケールダウン ディスク容量追加 スナップショット・イメージ保存
Xserver VPS
ConoHa VPS
カゴヤ・ジャパン VPS × △(スタンダード→大容量プランへの変更不可) ○(オプション)
さくら VPS × ×
ABLENET VPS ◯(※) △(※HDDのみ対応) ×

※ABLENETはV0プランへの変更は不可

 

また、基本的にアプリやパッケージは自分で後からなんでも追加可能ですが、Linuxに慣れていない方は最初から利用予定のアプリ・パッケージが用意されているVPSの方がすぐ使えるので楽です。

Linuxでソフトウェアのインストールや設定が苦手な初心者の場合、なるべく最初からセッティングされているOSイメージを利用すると楽でしょう。

ConoHa VPS

ConoHa VPS


 

マインクラフトにおすすめのサーバー


 

マインクラフト(Minecraft)のマルチプレイ環境構築によくVPSが利用されます。

マインクラフトを利用予定なら、事前にマインクラフト(Java版/統合版)がセッティングされたテンプレートイメージが提供されているVPSがおすすめです。簡単にMinecraftのマルチサーバーを構築することが出来ます

Xserver VPSやConoHa VPSはマインクラフト用管理ツール(マインクラフトマネージャー)も用意されているため、おすすめです。

マインクラフトの必要最低動作環境はメモリ1GB・コア2つなので、それ以上のスペックを選択する必要があります。できればメモリ2GBがおすすめです。

マインクラフトの必要最小要件

マインクラフトの必要最小要件はプレイヤー人数1-4の場合1GB、プレイヤー人数5-10の場合2GBと表記されています。快適にプレイすることを想定してプレイヤー数4人以下メモリ2GB、プレイヤー10人以下でメモリ4Gを推奨してることが多いです。
 
マインクラフトのサーバー要件については「Server/Requirements – Minecraft Wiki」をご参照ください。

 

今回は、メモリ1GB、2GB、4GBで各社VPSの価格を比較します。
マインクラフト用VPSの比較
 

メモリ1GBプラン・コア二つ対応のVPS

VPS会社 メモリ 価格 CPU ストレージ Minecraft関連
Xserver VPS 1GBプランなし
ConoHa VPS 1GB 1,065円 3コア SSD:100GB (テンプレート)Minecraft Server 統合版/Java版/※Forge
(管理コンソール)Minecraft manager
カゴヤ・ジャパン VPS 2GB&2コア対応なし
さくら VPS 2GB 807円 ★最安 2コア SSD:100GB (テンプレート)Minecraft統合版/Java版
ABLENET VPS 1.5GB 1,130円 2コア SSD:40GB
(HDD:100GB選択可)
(テンプレート)Minecraft統合版/Java版

 

メモリ2GBプランの場合

VPS会社 メモリ 価格 CPU ストレージ Minecraft関連
Xserver VPS 2GB ★最安 830円 3コア SSD:100GB (テンプレート)Minecraft Server 統合版/Java版/Forge
(管理コンソール)Minecraft manager
ConoHa VPS 2GB 2,033円 3コア SSD:100GB (テンプレート)Minecraft Server 統合版/Java版/※Forge
(管理コンソール)Minecraft manager
カゴヤ・ジャパン VPS 2GB 979円〜 3コア SSD:30GB
(大容量選択可能)
(テンプレート)Minecraft Server(Java版)
さくら VPS 2GB 1,594円 3コア SSD:100GB (テンプレート)Minecraft統合版/Java版
ABLENET VPS 2.5GB 1,706円 3コア SSD:60GB
(HDD:200GB選択可)
(テンプレート)Minecraft統合版/Java版

※ConoHaはゲーム特化のVPSConoHa for GAMEを提供しており、Forge版はこちらで利用可能

 

メモリ4GBプランの場合
VPS会社 メモリ 価格 CPU ストレージ
Xserver VPS 4GB 1,700円 4コア SSD:100GB
ConoHa VPS 4GB 3,969円 4コア SSD:100GB
カゴヤ・ジャパン VPS 4GB 1,540円〜 ★最安 4コア SSD:30GB
(大容量選択可能)
さくら VPS 4GB 3,227円 4コア SSD:200GB
ABLENET VPS 4GB 3,435円 3コア SSD:100GB
(HDD:400GB選択可)

 

FX自動売買プログラム(MT4)におすすめのサーバー

MT4ダウンロード

FX自動売買プログラム(MT4)におすすめのサーバーで比較します。

MT4の動作要件はWindows系メモリ1GB以上としているところが多いです。ただし利用形態によってもリソース消費量は変わり1GBだと重くなりタイムラグなど発生する可能性もあります。

スムーズな動作を満たすために、2GBや4GBを推奨しているところも多いので、必要に応じて途中でスペックアップや最初から高スペックを選ぶと良いでしょう。

ここではメモリ1GBの時と2GBの時で比較します。
VPSサーバーのメモリと価格で比較(Windows系1GB〜2GB)
※+リモートデスクトップSALが1ライセンス(利用者1人を想定)必要になるため、1ライセンス追加での表記です。
 

メモリ1GBプラン/Windows系で比較

メモリ1GBの時の比較です。

VPS会社 メモリ SAL含めた月額費用 月額料金(3年) CPU ストレージ リモートデスクトップSAL料金(1ライセンス)
Xserver VPS 対応プランなし
ConoHa VPS 1GB 1,980円 ★最安 1,210円 2コア SSD:100GB 月額770円
カゴヤ・ジャパン VPS 1GB 2,068円 913円 1コア SSD:35GB 月額1,155円
さくら VPS 1GB 2,210円 1,110円 2コア SSD:50GB 月額1,100円
ABLENET VPS 1GB 3,186円 1,936円 2コア SSD:60GB
(HDD:100GB選択可)
月額1,250円

 

2GBの価格は下記の通りです。カゴヤ・ジャパンが最安です。

メモリ2GBプランで比較/Windows系
VPS会社 メモリ SAL含めた月額費用 月額料金(3年) CPU ストレージ リモートデスクトップSAL料金(1ライセンス)
Xserver VPS 2GB 2,970円 1,980円 3コア SSD:100GB 月額990円
ConoHa VPS 2GB 3,190円 2,420円 3コア SSD:100GB 月額770円
カゴヤ・ジャパン VPS 2GB 2,475円〜★最安 1,320円〜 2コア SSD:40GB 月額1,155円
さくら VPS 2GB 3,218円 2,118円 3コア SSD:100GB 月額1,100円
ABLENET VPS 2GB 3,763円 2,513円 3コア SSD:120GB
(HDD:100GB選択可)
月額1,250円

 

WordPress超高速実行環境「KUSANAGI」におすすめのサーバー

KUSANAGI ロゴ

超高速CMS実行環境 KUSANAGI

超高速CMS実行環境「KUSANAGI」(以下「KUSANAGI」)は、プライム・ストラテジーが開発・提供する高速でセキュアな仮想マシンイメージです。

(参考)KUSANAGIとは | 公式サイト

WordPressを利用する場合共用型のレンタルサーバーを利用することが多いですが、CPUやメモリなどリソース固定で確保したい場合や高速チューニングしたい場合にVPSでKUSANAGIを利用しているユーザーも多くいます。

VPSでKUSANAGIを利用する場合、KUSANAGIテンプレートを提供しているVPSを選びます。

KUSANAGIの動作要件はメモリ4GB以上となっており、特におすすめは比較的安価で高速SSD(NVMe SSD)を搭載しているXserver VPSがハードウェア的に有利です。

VPS会社 メモリ 月額料金(3年契約の場合) CPU ストレージ KUSANAGIテンプレートの有無
Xserver VPS 4GB 1,700円 4コア NVMe SSD:100GB あり
ConoHa VPS 4GB 3,969円 4コア SSD:100GB あり
カゴヤ・ジャパン VPS 4GB 1,540円〜★最安 4コア SSD:30GB
(大容量選択可能)
あり
さくら VPS 4GB 3,227円 4コア SSD:200GB あり
ABLENET VPS 4GB 3,435円 4コア SSD:100GB なし

 

なお、最近ではシン・レンタルサーバーやエックスサーバーなど、プライム・ストラテジーと技術協力をしてKUSANAGIの技術を取り入れている共用サーバーもあるので、LinuxにVPSに慣れない人は共用型のサーバーを利用した方が簡単でしょう。
 

おすすめVPS

今回ご紹介するVPSは以下の通りです。




サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート
エックスサーバーVPS
公式サイト
2GB〜64GB 3〜24コア 830円〜38,000円 無料 NVMe SSD 50GB〜100GB
200GB追加:月額2,750円
メール・チャット・電話
ConoHa VPS
公式サイト
512MB〜64GB 1〜24コア 751円〜59,290円 無料 SSD 30GB〜100GB
200GB追加:月額3,025円
500GB追加:月額5,445円
メール・チャット・電話
カゴヤ・ジャパン VPS
公式サイト
1GB〜32GB 1コア〜24コア 550円〜26,400円 無料 SSD 25GB〜200GB
※大容量プランあり
×
10GBあたり日額4.4円
× メール・電話
さくらVPS
公式サイト
512MB〜32GB 1〜10コア 590円〜28,234円 無料 SSD 25GB〜1600GB
契約プラン容量の2倍に変更可能
550円〜35,200円の手数料一回のみ)
× × メール・電話
ABLENET VPS
公式サイト
512MB〜16GB 1〜8コア 554円〜12,947円 無料
※v0プランのみ1,130円
HDD/SSD選択可 SSD:30〜200GB
HDD:50GB〜800GB
◯(HDDのみ)
10GBごとに月額550円
×
※v0プランへのダウングレードは不可
メール
サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート

※2024年5月13日時点で調べた10%税込表記。Linux系VPS。

サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート
エックスサーバーVPS(Windows版) 2GB〜64GB 3〜24コア 1,980円〜63,360円 無料 NVMe SSD 100GB
200GB追加:月額2,750円
メール・チャット・電話
ConoHa VPS(Windows版) 1GB〜64GB 2〜24コア 1,077円〜72,358円 無料 SSD 100GB
200GB追加:月額3,025円
500GB追加:月額5,445円
メール・チャット・電話
カゴヤ・ジャパン VPS(Windows版) 1GB〜16GB 1〜10コア 913円〜22,495円 無料 SSD 35〜600GB × ◯(オプション) × メール・電話
さくらVPS(Windows版) 1GB〜32GB 1〜10コア 1,210円〜33,780円 無料 SSD 50〜1200GB ◯(オプション:NFS形式) × × メール・電話
ABLENET VPS(Windows版) 1GB〜16GB 2〜8コア 1,587円〜14,484円 無料 SSD SSD:60GBまたはHDD:100GB
〜SSD:150GBまたはHDD:200GB
◯(外部NFS) × メール
サーバー 仮想メモリ 仮想コア 月額費用(3年契約時) 初期費用 ストレージ種類 ストレージ容量 ストレージ追加 スナップショット/イメージ保存 スケールアップ スケールダウン サポート

※2024年5月13日時点で調べた10%税込表記


エックスサーバーVPS

エックスサーバーVPSトップページ
 
エックスサーバーVPSは、ホスティングサービス国内シェアNo1のエックスサーバー社が提供するVPSです。

共用サーバー(レンタルサーバー)と同様に、ハイスペック高性能なサーバー環境を利用できる点がメリットで、メモリ2GBの価格帯では他社よりもかなり安価に利用できます

デメリットを挙げるとするとVPSサービスのリリースは2022年9月とかなり後発なため、まだネット上の情報も少ない点がマイナス点として挙げられます。

価格とサーバースペックが魅力な一方、初心者だとつまづいた時にネット情報の少なさから少し手間取るかもしれない点には注意です。

 

項目 内容
OS種類 Linux版 Windows版
メモリプラン 2GB〜64GBプラン 2GB〜64GBプラン
仮想CPUコア 2〜24コア 3〜24コア
ストレージ容量 NVMeSSD:50〜100GB NVMeSSD:100GB
初期費用 無料 無料
月額費用(3年) 830円〜38,000円 1,980円〜63,360円
OS AlmaLinux / Arch Linux / Ubuntu、Rocky / CentOS/ Debian / Fedora / openSUSE Leap / Oracle Linux / Rocky Linux / Ubuntu Windows Server 2022, 2019, 2016 (Datacenter Edition) ※Hyper-V利用可能
※Windows Server、Windows Server for Remote Desktop、Windows Server for Remote Desktop + Officeを提供
Microsoft 接続ライセンス
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額990円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
  • SQL Server(1コア当たり):1ライセンス月額1,320円
グローバルIPアドレス IPv4アドレス1個 IPv4アドレス1個
インターネット 10Gbps共有(100Mbps制限あり) 10Gbps共有(100Mbps制限あり)
転送容量制限 無制限 無制限
ストレージ追加 追加オプション(200GB/500GB) 追加オプション(200GB/500GB)
プランアップグレード
プランダウングレード
オプション ストレージ増設、イメージ保存容量追加、SSL証明書
サポート メール、チャット、電話 メール、チャット、電話
公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2023年7月1日時点の10%税込表示


 

ConoHa VPS

ConoHa VPS

ConoHa VPSは、GMO社が提供するVPSです。512MBプランが利用でき安価に始められます。

機能やオプションも豊富でストレージ拡張や、ロードバランサー(負荷分散)、イメージ保存など豊富なラインナップが揃っており、国内VPSの中では使いやすさ・性能と機能性でトップレベルです。

デメリットとしては、2GB以上のプランで比較すると他社よりも少し高くなる傾向がありますが、割引キャンペーンなどをうまく活用するとお得に利用できます。

項目 内容
プラン Linux版 Windows版
仮想CPUコア 1〜24コア 2〜24コア
仮想メモリ 512MB〜64GB 1GB〜64GB
ストレージ容量 SSD:30GB〜 SSD:100GB
初期費用 無料 無料
月額費用(3年) 751円〜59,290円 1,210円〜72,358円
OS OS CentOS / Oracle Linux / Ubuntu / Debian / FreeBSD / Fedora / openSUSE / Arch Linux / NetBSD / OpenBSD / AlmaLinux / Rocky Linux / MIRACLE LINUX Windows Server 2022, 2019, 2016 (Datacenter Edition) ※Hyper-V利用可能
※Windows Server、Windows Server for Remote Desktop、Windows Server for Remote Desktop + Officeを提供
Microsoft 接続ライセンス
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額770円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,530円
  • SQL Server(1コア当たり):1ライセンス月額1,100円
グローバルIPアドレス IPv4アドレス 1個、IPv6アドレス17個 IPv4アドレス 1個、IPv6アドレス17個
インターネット インターネット 100Mbps共有、プライベートネットワーク 1Gbps共有) インターネット 100Mbps共有、プライベートネットワーク 1Gbps共有)
プライベートネットワーク 構築可能 構築可能
転送容量制限 無制限 無制限
ストレージ追加 追加オプション(200GB/500GB) 追加オプション(200GB/500GB)
プランアップグレード
プランダウングレード
オプション 自動バックアップ、追加ディスク、ロードバランサー、イメージ保存、追加IP、SSL証明書
サポート メール、チャット、電話 メール、チャット、電話
公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2023年7月1日時点の10%税込表示


 

なお、マインクラフトについてはConoHa VPSでも利用可能ですが、マインクラフトやその他のゲームのみの利用用途の場合はConoHa for GAMEというゲームに特化したVPSが提供されているのでこちらがおすすめです。

ConoHa for GAME

機能面・性能面がかなり高く、ネット上の情報も豊富です。割引キャンペーン期間中などで安価に利用できる場合は特におすすめのVPSです。

 

カゴヤ・ジャパンVPS

カゴヤ・ジャパンVPS
 
カゴヤ・ジャパンのVPSも老舗VPSです。

容量は少ないものの他のVPSよりもかなり安価なプランを選択することができます。容量の面で大きくスタンダードプランと大容量プランの2種類が用意されています。スタンダードと大容量間でのスペック変更はできない点に注意。

1日単位で契約できることが特徴で、1週間や2週間など短期間での利用をお探しの方におすすめです。

項目 内容
OS種類 Linux版(※注1) Windows版
メモリプラン 1GB〜32GB 1GB〜16GB
仮想CPUコア 1〜12コア 1〜10コア
基本容量 SSD:25GB〜1600GB(※注1) SSD:35GB〜600GB
初期費用 無料 無料
月額費用(3年) 550円〜28,160円 913円〜22,495円
OS AlmaLinux / Rocky Linux / CentOS / MIRACLE LINUX / Ubuntu Windows Server 2022, 2019, 2016 (Datacenter Edition) / Windows Server 2012R2 Standard Edition
※Windows Server、Windows Server for Remote Desktop、Windows Server for Remote Desktop + Officeを提供
Microsoft 接続ライセンス
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,155円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,410円(※注2)
  • SQL Server(3コア):1ライセンス月額3,300円(※注2)
プランアップグレード
プランダウングレード × ×
オプション スナップショット、定期スナップショット保存、ロードバランサー、、グローバルIPアドレス追加、SSLサーバー証明書、SSL設置代行サービス
サポート メール、電話 メール、電話
公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2023年7月1日時点の10%税込表示
(※注1)容量スタンダードプラン(〜200GBまで)と大容量プラン(200〜1600GBまで)があります。スタンダード・大容量間でのスペック変更は不可
(※注2)Microsoft Office および Microsoft SQL Serverは3コア/3GB以上のプラン選択が必要

価格も今回比較したVPSの中では最安値となっていることも多く、コストパフォーマンスに優れた使い方ができるのが魅力です。

 

さくらインターネットVPS

さくらインターネットVPS
 

さくらインターネットのVPSは老舗VPSです。スペック的にはConoHa VPSやエックスサーバーVPSの方がリードしている感がありますが、老舗な分ネット上にVPS情報も多いので、必要な情報を探しやすいです。

他のVPSと比べてストレージ容量が豊富なのが特徴で、容量2倍の設定に月額費用がかからず一度の手数料だけで実施できるのが大きな魅力です。

容量が多くてできるだけ安いVPSをお探しの方におすすめです。2週間の体験版が利用できますが、本番利用の場合は最低利用期間は3ヶ月以上になります。

項目 内容
OS種別 Linux Windows
メモリプラン 512MB〜64GB 1GB〜32GB
仮想CPUコア 1〜10コア 2〜10コア
ストレージ容量 SSD:25GB〜1600GB SSD:50GB〜1600GB
初期費用 無料 無料
月額費用 590円〜28,234円 1,110円〜33,780円
OS Ubuntu、Rocky Linux、Oracle Linux、Fedora、CentOS、Arch Linux、AlmaLinux、他 Windows Server 2022, 2019 (Datacenter Edition)
※Windows Server、Windows Server for Remote Desktop、Windows Server for Remote Desktop + Officeを提供
Microsoft 接続ライセンス
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,100円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額3,080円
  • SQL Server(1コア当たり):1ライセンス月額880円
グローバルIPアドレス IPv4アドレス × 1個 、 IPv6アドレス × 1個 IPv4アドレス × 1個 、 IPv6アドレス × 1個
インターネット インターネット:100Mbps共有、ローカルネットワーク:1Gbps共有 インターネット:100Mbps共有、ローカルネットワーク:1Gbps共有
転送容量制限 無制限 無制限
ストレージ変更 オプション(2倍に変更可能 例.25GB→50GB)
外部ストレージ(NFS)追加 オプション(100〜3200GB) オプション(100〜3200GB)
プランアップグレード
プランダウングレード × ×
オプション ストレージ変更(2倍化)、追加ストレージ(外部NFS)、SSL証明書
サポート メール、電話 メール、電話
公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2023年7月1日時点の10%税込表示


 

ABLENET VPS

ABLENET VPS
 

ABLENET VPSは、今回ご紹介している他社と比べると知名度はありませんが、25年以上サービスを運営している老舗ホスティングサービス会社です。

VPSにおいては、10日間の体験が利用できることが特徴で、まずは試してみたい方におすすめです。

定価ベースだと価格的に他の方が安く利用できるサービスもありますが、割引・スペック強化キャンペーンもよく実施されており、うまく使うと安くて高スペックのVPS環境を利用することができます。

項目 内容
OS種別 Linux版 Windows版
基本プラン V0プラン〜V5プラン WIN1プラン〜WIN5プラン
仮想メモリ 0.5GB〜16GB 1GB〜16GB
仮想CPUコア 1〜8コア 2〜8コア
基本容量 SSD:30GBまたはHDD:50GB
〜SSD:200GBまたはHDD:800GB
SSD:60GBまたはHDD:100GB
〜SSD:150GBまたはHDD:200GB
初期費用 無料 無料(V0のみ1,130円)
月額費用(3年) 554円〜12,947円 1,936円〜14,036円
OS Ubuntu Server 22.04 LTS (V0を除く) / Ubuntu Server 20.04 LTS / AlmaLinux 9.1 / AlmaLinux 8.7 / Rocky Linux 9.1 / Rocky Linux 8.7 / Oracle Linux 9.1 / Oracle Linux 8.7 / CentOS Stream8 /Minecraft Server(ubuntu/java・Integrated)/Ubuntu Desktop 22.04 with MT4・5/ CentOS 7.9  他 WindowsServer2022 / 2019 / 2016
Microsoft 接続ライセンス
  • リモートデスクトップSAL:1ライセンス月額1,250円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,800円
グローバルIPアドレス IPv4アドレス × 1個、IPv6アドレス × 65536個 IPv4アドレス × 1個、IPv6アドレス × 65536個
回線 200Mbps 共用 200Mbps 共用
転送容量制限 無制限 無制限
ストレージ追加 ◯(HHDのみ・SSD不可) ◯(HHDのみ・SSD不可)
プランアップグレード
プランダウングレード ◯(V0へのダウングレードは不可)
オプション メモリ増設、CPUコア増設、ディスク増設(HDDのみ)、グローバルIP追加
サポート メールのみ 平日9時~17時45分  メールのみ 平日9時~17時45分 
公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2023年7月1日時点の10%税込表示


 

まとめ

まとめです。今回は国内でおすすめのVPS(バーチャルプライベートサーバー)を比較・ご紹介しました。

Linuxサーバーなどで小さなアプリケーションを開発・運用する予定の方や、一時的にWindows環境を利用したい場合にはVPS(バーチャルプライベートサーバー)が便利です。
 
なお、一般的なブログやホームページ目的で共用サーバー(レンタルサーバー)をお考えの方は「人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】」で詳しく説明していますので、レンタルサーバーをお探しの方は合わせてご覧いただければと思います。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

(関連記事)【レンタルサーバーとは】仕組みや種類・特徴を徹底解説
 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 


 

-レンタルサーバー