サーバーを特定するための ネームサーバー(DNS)設定

レンタルサーバー

【ネームサーバーとは?】ネームサーバー設定の意味と特徴を徹底解説

2019年10月1日

ホームページを開設するために、まずドメイン名を取得します。このドメインを取得しただけでは「どのサーバーを使うのか」が決まっていないため、ドメイン名でアクセスすることができません。

そこで、対象のドメイン名をどのサーバーで使うのか設定を行います。

この設定をネームサーバー設定と言い、今回はネームサーバーの意味と設定方法についてご紹介していきます。
 

取得したドメインをエックスサーバーで使えるように設定したいです。ネームサーバーという設定の意味がわからなくて困っています。

ネームサーバー設定は、取得したドメインと利用するサーバーを紐づける設定です。今回は、ネームサーバーの意味と設定について詳しく説明していきますね。

 


 


 

ネームサーバー設定はサーバーとドメインを紐づける作業

ネームサーバー設定は取得したドメインと利用するサーバーを紐づけるための設定作業です。
 

ホームページを開設するために、まずドメイン名を取得されていると思います。このドメインを取得しただけでは「どのサーバーを使うのか」が決まっていないため、ドメイン名でアクセスすることができません。

そこで、ドメイン名とサーバー情報を紐づけるように設定を行います。
 

たとえば、ドメインサービス会社M社でwebst8.netを取得してレンタルサーバー会社Xでwebst8.netを利用したい場合M社のネームサーバーでX社のネームサーバーにセットすることで、X社に設置したホームページにアクセスできるようになります。
 

ネームサーバーの説明図
 

【例】ドメインサービス会社Mでwebst8.netを取得してレンタルサーバー会社Xでwebst8.netを利用したい場合

  1. ドメインの取得契約手続きをしたM社のネームサーバーで、X社のネームサーバーをセットする
  2. 向き先がX社のネームサーバーにセットされる
  3. X社に設置したホームページにアクセスができるようになる

 

ところでネームサーバーってどういうサーバーなんでしょうか?

ネームサーバーはIPアドレスとドメイン名を紐づけるサーバーのことです。

 

ネームサーバーはIPアドレスとドメイン名を紐づけるサーバー

ネームサーバーとは、ドメイン名とIPアドレスを紐づける表を持ったサーバーのことで、DNS(Domain Name System)とも呼ばれます。

インターネット上で位置(場所)を特定するためには、IPアドレス(例.192.168.1.100)というアドレスで特定されるように決まっています。

私たちが使うパソコンもインターネーットを利用する限りは、全てIPアドレスを持っています。

 

先ほどの例(ドメインサービス会社Mでwebst8.netを取得してレンタルサーバー会社Xでwebst8.netを利用したい場合)で考えてみましょう。
ネームサーバー設定による名前解決の流れ
 

パソコンからwebst8.netにアクセスする流れは、下記のようになります。

  1. パソコンがM社のネームサーバーにwebst8.netの場所を問い合わせます。
  2. M社のネームサーバーは、X社のネームサーバーに問い合わせるようにパソコンに返事をします。
  3. パソコンがX社のネームサーバーにwebst8.netの場所を問い合わせます。
  4. X社のネームサーバーはwebst8.netが設定されているX社のサーバーのIPアドレス(192.168.1.200)にアクセスするように返事をします。
  5. パソコンが192.168.1.200にアクセスします。
  6. パソコンがwebst8.netのホームページを閲覧できます。

(※)なお、実際のアクセスの流れはもっと複雑ですが、ここでは説明のために簡略化して説明しています。
 

ドメイン名とIPアドレスは現実世界でイメージに例えると

ドメイン名とIPアドレスを例えるならば、ドメイン名は住所に相当し、IPアドレスは住所を緯度経緯で表した位置指定のようなものです。

たとえば大阪城の住所は、「大阪府大阪市中央区大阪城1−1」ですね。人間が理解しやすい形です。

この形式の指定方法がドメイン名に当たります。

それに対して、大阪城の住所を緯度経度で表すと、緯度: 34.68559 経度: 135.52124になります。この緯度経度のような形式の指定方法がIPアドレスに相当します。

「緯度経度」は、GPSなどで使われるによる位置特定のための座標のようなものです。

どちらも同じ住所ですが、機械にとってはIPアドレスや緯度経度のような数字の方が理解しやすい一方、私たち人間は、数字の羅列よりも文字の方が理解しやすいので、このように2つの指定方法が存在しています。

 

それでは実際にネームサーバーの設定方法について説明していきます。

 

ネームサーバーの設定が必要なケース

ここでは、ネームサーバーの設定が必要なケースと不要なケースについて説明していきます。

ネームサーバーの設定が不要なケース

ドメインを取得した会社と同じ運営会社のレンタルサーバーを利用する場合は、基本的にネームサーバーの設定は不要です。
 

理由は、自社(系列)のネームサーバー情報が初期状態で最初から設定されているからです。
 

■ネームサーバー設定が不要な例

  • さくらインターネットで取得したドメインをさくらのレンタルサーバーで使う場合
  • エックスサーバー(エックスドメイン)で取得したドメインをエックスサーバーで使う場合
  • ムームードメインで取得したドメインをロリポップ!で使う場合(運営会社が同じGMPペポパ)
  • お名前.comで取得したドメインをお名前.comのレンタルサーバーで使う場合

 

ネームサーバーの設定が必要なケース

ネームサーバーの設定が必要なケースは、ドメインの取得契約をした会社と利用するレンタルサーバー会社が異なる場合です。
 

たとえば、ムームードメインで取得したドメインをエックスサーバーで使いたい場合に必要になります。
 

このような場合は、ドメインを取得したムームードメインに対して、エックスサーバーのネームサーバーを設定します。
ムームードメインでエックスサーバー のネームサーバーを設定
 

エックスサーバーのネームサーバーってどこに書いてあるんですか?
基本的に、公式サイトに掲載されています。

■エックスサーバー のネームサーバー情報
エックスサーバーのネームサーバーを設定
 

各社のネームサーバー名

ここでは、エックスサーバー・ロリポップ、さくらインターネットのネームサーバー名をご紹介します。
 

エックスサーバーのネームサーバーについては「ネームサーバーの設定 | エックスサーバー 」に記載があります。
エックスサーバーのネームサーバーを設定
 

ロリポップのネームサーバー名は「ネームサーバーの設定 | ロリポップ」に記載があります。
ロリポップのネームサーバー
 

さくらのネームサーバーについては「ネームサーバーの設定 | さくらインターネット」に記載があります。
さくらのネームサーバー

 

たとえば、「エックスサーバー ネームサーバー」などで検索すると公式サイトに「エックスサーバーのネームサーバーはこれを使っていください」という情報がありますのでそれを活用してください。

 

まとめ

まとめです。今回は、ネームサーバーの意味と設定方法についてご紹介しました。
 

ネームサーバー設定は取得したドメインと利用するサーバーを紐づけるための設定作業です。
 

ネームサーバーの説明図
 

難しかったですけど、なんとなく意味がわかるようになりました。

初めてホームページを開設する方にとってはわかりにくいですが、ぜひ概要を押さえておきましょう。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 


 

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-レンタルサーバー
-, , , ,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5