法人向けエックスサーバービジネスの特徴とエックスサーバーとの違い

エックスサーバー

【エックスサーバービジネス】個人・法人向けの違いと特徴

2019年7月13日

今回は、法人・企業向けのレンタルサーバー「エックスサーバービジネス」について、特徴と感想および通常のエックスサーバーとの比較をしていきたいと思います。
 

合わせて読みたい記事

エックスサーバービジネス含めた中小企業・法人向けレンタルサーバーを検討している人は「【法人向け】ビジネス用途おすすめレンタルサーバー比較」を合わせてご参考ください。

レンタルサーバーの価格帯別傾向(法人レンタルサーバー)

 


 

本記事記載の内容は、2022年8月1日時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトでご確認ください。

 
 

「エックスサーバービジネス」ってどんなレンタルサーバー?

エックスサーバービジネスの概要

レンタルサーバー エックスサーバービジネス トップページ
 

エックスサーバービジネスは、エックスサーバー株式会社が運営する、法人・企業を主対象にしたレンタルサーバーサービスです。

200万サイトの運営実績を持つ(通常の)エックスサーバーのノウハウをもとに、より法人に特化した設定代行サービスやセキュリティ管理・サポートなどを提供している中小企業におすすめのレンタルサーバーです。
 

結論から言うと、月額予算3000円台が許容範囲な法人・企業であれば、一番おすすめの法人向けレンタルサーバーです。

■エックスサーバービジネスはこんな人におすすめ

  • Webサイトのセキュリティ運用をより厳密にしたい企業
  • 必要に応じてサーバー系に関する設定代行をして欲しい企業
  • 企業認証SSL・EV SSLでサイトを運営したい企業
  • より最新・高性能なサーバーに移行したい(移行も代行して欲しい)企業

 

「Xserverビジネス」は、法人・企業様のニーズに特化した高品質なレンタルサーバーサービスです。200万サイト以上の運用実績をもつ「エックスサーバー」 (国内シェアNo.1)で培った豊富なノウハウをもとに、安定したサービスを提供いたします。

表示スピードを追求したWebサイト高速・安定化機能「Xアクセラレータ Ver.2」をはじめ、読み込み速度の向上と高い耐障害性を兼ね備えた「オールSSD RAID10構成」の採用など、ハイスペック環境の提供でお客様のビジネスを強くサポートします。
(※)公式サイトより引用

 

エックスサーバービジネスを利用するメリット

法人向けレンタルサーバーのメリットとデメリット
 

通常の月額1000円台のエックスサーバーもスペックはかなり高いので法人利用することも十分できますが、法人向けレンタルサーバーの方がより高セキュリティ・高安定性・手厚いサポートなど、より法人向けを意識した作りになっています。

価格が高くなりますが、そのぶん格安サーバーと比較してサーバー一台にたくさんの利用者を詰め込まれず、より安定性が期待できます

下記はエックスサーバーとエックスサーバービジネスの主な違いです。サーバー性能は基本的に同じですが、よりサポート・セキュリティが強化されていることがわかります。

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
値段 月額3,752円〜 月額990円〜
基本的なWebサーバー性能 同じ
Web改ざん検知 ×
セコムセキュリティ診断 ×
無料設定代行 ×
無料HP作成代行 ×
メールサポート 同じ
チャットサポート 同じ
電話サポート 同じ
プラン変更について
公式はこちら エックスサーバービジネス エックスサーバー

 

なお、個人ユースも多い月額500〜1000円の価格帯のおすすめレンタルサーバーについては「おすすめレンタルサーバー比較5社総まとめ WordPress対応」をご参照ください。
 

エックスサーバービジネスの各プラン比較

エックスサーバービジネスでは、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「エンタープライズプラン」の3つのプランが用意されています。

エックスサーバービジネス 契約期間ごとの月額費用

エックスサーバービジネス 契約期間ごとの月額費用(2022年8月時点)


 

下記は1年契約での各プランの価格と性能の表です。

項目 スタンダードプラン プレミアムプラン エンタープライズプラン
価格面 初期費用 16,500円 16,500円 16,500円
月額費用 4,180円
(年間50,160円)
8,360円
(年間100,320円)
12,540円
(年間150,480円)
Webサーバー機能 Webサーバーソフトウェア nginx(エンジンエックス)
ディスク種類 SSD SSD SSD
ディスク容量 300GB 400GB 500GB
転送容量制限 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン
(ドメイン上限)
無制限 無制限 無制限
MySQL上限 無制限 無制限 無制限
無料SSL
企業認証SSL
EV SSL
セコムセキュリティ診断
PHP動作モード Fast CGI Fast CGI Fast CGI
FTPアカウント数 無制限 無制限 無制限
Webフォント提供 あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
Webフォント制限 ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:無制限
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:無制限
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:無制限
メール機能 メールアカウント作成数制限 無制限 無制限 無制限
メールボックス容量 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス
メール1通のサイズ制限 100MB/送信
※受信は制限なし
100MB/送信
※受信は制限なし
100MB/送信
※受信は制限なし
メール送信数制限 1,500送信/時間
15,000送信/日
1,500送信/時間
15,000送信/日
1,500送信/時間
15,000送信/日
メーリングリスト機能 ◯(20件)
1リスト500アドレスまで
◯(30件)
1リスト500アドレスまで
◯(40件)
1リスト500アドレスまで
メールマガジン機能 ◯(10件)
1メルマガ1,000アドレスまで
◯(15件)
1メルマガ1,000アドレスまで
◯(20件)
1メルマガ1,000アドレスまで
サポート面 自動バックアップ ◯(14日分) ◯(14日分) ◯(14日分)
無料設定代行 ◯(月3回まで) ◯(月5回まで) ◯(月5回まで)
無料HP作成代行
メールサポート ◯(24時間受付) ◯(24時間受付) ◯(24時間受付)
チャットサポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
電話サポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
あとからプラン変更 ◯(上位プランへの変更のみ)
公式はこちら エックスサーバービジネス

(※)2022年8月時点の内容。費用は10%消費税の1年契約の場合の定価ベースで記載。契約期間によって月額費用がやや異なります。
 


 

エックスサーバービジネスの主な特徴

つぎに、エックスサーバービジネスの主な特徴をご紹介します。
 

特徴1 改ざん検知機能などのセキュリティ機能が豊富

エックスサーバービジネスではWeb改ざん検知機能やセコムセキュリティ診断など、セキュリティリスクを意識した中小企業向けにより高度なセキュリティ対策を実施しています。

Web改ざん検知機能

Web改ざん検知機能
Web改ざん検知機能 | エックスサーバービジネスより引用

 
エックスサーバービジネスではWeb改ざん検知機能が実装されています。

WordPressなどの有名オープンソースCMSは、どうしても不正攻撃の対象になりやすいといったリスクがあります。

ハッキングされてしまうと、サイト改ざんされたり、意図せぬページが作成されてしまうといったことがあり、そういったリスクをいち早く検知したい場合に役立ちます。

Xserverビジネスでは、Webサイト改ざんやマルウェア、フィッシングサイトといった脅威に対し自動診断を行う「Web改ざん検知設定」機能を全プラン無料でご利用いただけます。セキュリティ対策の一環としてぜひお役立てください。

 

セコムセキュリティ診断

エックスサーバービジネスのセコムセキュリティ診断サービス
エックスサーバービジネスにはセコムセキュリティ診断というサービスが提供されています。

セコムセキュリティ診断とは、セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断サービスで、ネットワーク上の脆弱性を厳格に診断し客観的なセキュリティチェックを定期的に実施するサービスです。

上記のセキュリティ診断を行うサービスの範囲内に、自社サイトを導入できるため企業にとって大事なセキュリティ対策を安価に実施することができます。
 

高度な診断技術を持つセキュリティエンジニアがお客様のサーバー・ネットワーク機器に対して診断を行い、問題点を洗い出し、より安全・安心なサーバー・ネットワーク機器の運用を支援するサービスです。
セコムセキュリティ診断サービス【セコム公式サイト】より引用

 
 

特徴2 無料設定代行サービスがついている

設定代行サービス
 

2つめの特徴は、無料設定代行サービスがついているという点です。

無料サーバー設定代行とは、主に下記の内容をエックスサーバーのエンジニアスタッフが設定代行するサービスです。

■エックスサーバービジネスの設定代行内容(スタンダードプラン)

項目 エックスサーバービジネス(スタンダードプラン)
まとめて初期設定 独自ドメイン設定/簡単インストール/メールアドレス作成をまとめて実施
CMSインストール WordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール
メールアドレス作成 メールアカウント設定を追加します(30アカウントまで)
独自ドメイン設定 独自ドメイン設定を追加します(10ドメインまで)
サブドメイン設定 サブドメイン設定を追加します(10ドメインまで)
サーバーのデータ削除 指定したディレクトリ配下のデータを削除します
サーバー移転 運用中のサーバーからエックスサーバービジネスへのWebサイト移転を代行します。WordPressの移転も対応しております

(※)2022年8月時点の内容です。スタンダードプランは月3回、プレミアム・エンタープライズプランは月5回までが無料の範囲内。またサーバー移転は初回のWebサイト1つのみ無料となっています。所要日数などは公式サイト参照のこと。最新の正確な情報は必ず公式サイトをご覧ください。

 

珍しいサービスとして、他サーバーからエックスサーバービジネスへの移転代行作業が挙げられます。

法人企業でよくある困りごとに、「今あるサーバーの環境に不満はあるけど、移転する技術がない。移転費用を見積もったら高い」という課題があるのではないでしょうか。

業者に見積もりをとった場合10万円〜数十万円以上かかる場合もありますが、エックスサーバービジネスの場合は1サイトの移転無料で、追加でも15,000円と非常に安価なのでサーバー変更に伴う負担を抑えられるでしょう。
 

実際移転した時の話

以前、知り合いのとある法人様が某サーバー会社からエックスサーバービジネスへ複数のWordPressサイトを移転された話です。移転の際に、実際に私も少しサポートもさせていただきましたが、その時の反応としては、エックスサーバーのスタッフの質問のレスポンスは結構早く、対応品質的にも良かったとのことでした。
 
ただし、注意点としては、Webの用語レベルで全くわからないWeb未経験者の場合はコミュニケーションがうまくいかず厳しいかもしれないという点です。
 
「依頼して後はよろしくお願いします」的な感じではなく、移転に伴う必要情報のやりとりなどエックスサーバー側のスタッフする必要があります。
 
その中でドメインの移管手続き、SSL証明書の発行、hostsファイルを変更しての動作テストなど必要な手順は教えてくれますが、これらの用語が全くわからないWeb未経験者の場合はコミュニケーションがうまくいかず厳しいかもしれません。
 
逆に、実際のホームページ制作・開発まで携わっていなくても、委託先の制作会社とのやりとりをした経験があったり、PCに苦手意識のないWeb担当者であれば、円滑に進行できるのではないかと思います。

 
 

特徴3 無料ホームページ制作代行サービスがついている

ホームページ制作代行サービス

3つめの特徴として、まだホームページを持っていない契約者の法人様向けに無料でホームページを制作代行するというサービスがあります。

基本的に決まったWordPressテーマでテンプレートに沿って文言や写真を当てはめていくといった簡易的なものですが、早くそれなりのホームページを持ちたいと言った人は使ってみるのも良いと思います。

無料ホームページ制作代行について詳しくは「ホームページ無料制作サービスのお申し込み」をご参照ください。

特徴4 企業認証SSL・EV SSLを実装できる

4つめの特徴が、無料SSLのほかに、より信頼性の高い企業認証SSLやEV SSLが実装可能という点です。
エックスサーバービジネスSSL
 

また、無料SSLと違って、サイトシールを利用することができるので、企業としてセキュリティ対策を施しているとアピールすることもできます。

 

もはやWebサイトの必需品となりつつあるSSL証明書を無料・格安でご提供。
低コストなドメイン認証SSL、最高水準の信頼性を誇るEV SSLまで幅広く利用可能で、マルウェアやフィッシングURLを自動検知するセキュリティ診断対応のSSLも提供しています。
(※)公式サイトより引用

 
 

特徴5 最新のハイスペックサーバー環境を利用できる

エックスサーバービジネスの特徴としては、サーバー環境が非常にハイスペックで安定稼働・動作スピードが早いといった特徴があります。

  • 最大48コアCPU&大容量512GBメモリ搭載の最新高性能サーバー
  • オールSSD RAID10構成
  • 大量アクセスに強いnginx(エンジンエックス)採用
  • バックボーン快適なネットワーク環境・国内データセンター管理

などなど

 

サーバースペックそのものは、(通常の)エックスサーバーと大きく違うわけありませんが、エックスサーバーの提供するレンタルサーバーは他社のレンタルサーバー会社と比較してハイスペック・動作が早いと評判です。

 

実際移転した時の話

実際に某レンタルサーバー会社からエックスサーバービジネスに移転した企業サイトの話ですが、サーバー移転前は表示に3〜5秒くらいかかっていた遅いサイト(特に画像の読み込みに時間がかかっていた)が、エックスサーバービジネスに移転後、体感的にわかるレベルで明らかに早くなっていました。

もし、今のレンタルサーバーのサーバー環境が原因でサイト表示が遅い場合、大きく改善する可能性もあります。

 

 
 

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違い・比較

つぎに、エックスサーバービジネスとエックスサーバーを比較してみましょう。

結論から言うと、サーバー性能(ディスク容量、Webサーバー、転送容量、etc)については大きな違いはありませんが、エックスサーバービジネスでは通常のエックスサーバーよりも、法人を意識してよりセキュリティ対策やサポート体制が厚いという点が違いです。
 

個人利用も多い通常の「エックスサーバー」の特徴

エックスサーバー社では、法人向けのサーバーサービス「エックスサーバービジネス」の他に、個人向けに「エックスサーバー(法人利用も可能)」も提供しています。

レンタルサーバーエックスサーバートップページ
 

エックスサーバーの概要

項目 内容
公式サイト エックスサーバー
初期費用 3,300円
月額費用 スタンダードプラン:1,100円
プレミアムプラン:2,200円
ビジネスプラン:4,400円
※2022年8月1日時点の1年間契約の場合・税込表示。
おすすめプラン スタンダードプラン:1,100円
コメント 国内シェアNo1の有名レンタルサーバー
性能面・価格面・実績面・サポート面とバランスが良いことで定評。
備考
  • 自動バックアップ・復元データ取得標準装備
  • 契約中は独自ドメイン1つ永久無料
  • 2021年10月よりリソース保証機能実装

 

エックスサーバーは、国内シェアNo1の大手レンタルサーバーで、月額1000円位から利用することができるオールSSDのハイスペックサーバーです。

価格・サーバースペック・機能・サポートのバランスが良いのが特徴で、シェアと実績もあるのでネットにも情報が多く個人だけでなく、法人も利用している代表的なレンタルサーバーです。
2021年 日本のホスティング会社のシェアトップ3
2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア | hostadviceより引用
 

なお、エックスサーバーを使ってみた感想・評判については「【使用感想】エックスサーバーおすすめプランとメリットデメリット」をあわせてご参照ください。
 

 

 

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違い

次に、エックスサーバービジネスとエックスサーバーを比較していきましょう。

以下は、両者の一番ベーシックなプランでの簡単比較です。

エックスサーバーとエックスサーバービジネス(ともにスタンダードプラン)の月額費用比較

スタンダードプランの月額費用比較(2022年8月時点)


 
項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
初期費用 16,500円 3,300円
月額費用 4,180円
(年間50,160円)
1,100円
(年間13,200円)
Webサーバーソフトウェア nginx
ディスク容量 300GB
転送容量制限 無制限
マルチドメイン
(ドメイン上限)
無制限
MySQL個数上限 無制限
自動バックアップ
(14日分の過去データ)
セコムセキュリティ診断 ×
無料設定代行 ◯(月3回) ×
メールサポート ◯(24時間受付)
チャットサポート ◯(平日10:00〜18:00)
電話サポート ◯(平日10:00〜18:00)
あとからプラン変更
(上位プランのみ)

(上位プラン・下位プラン共に可能)
公式はこちら エックスサーバービジネス
エックスサーバー

(※)2022年8月時点の内容。一年契約の10%税込価格の場合で比較しました。


 

価格についてはエックスサーバービジネスの方がエックスサーバーよりも4倍ほど高い

エックスサーバーとエックスサーバービジネス(ともにスタンダードプラン)の月額費用比較

スタンダードプランの月額費用比較(2022年8月時点)

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
初年度合計費用 66,660円
※初期費用16,500円+月額費用4,180円*12ヶ月
16,500円
※初期費用3,300円+1,100円*12ヶ月
2年目以降合計費用 50,160円
※月額費用4,180円*12ヶ月
13,200円
※1,100円*12ヶ月

(※)2022年8月時点の内容。費用は共に10%消費税込みの1年契約の場合の定価ベースで記載。契約期間によって月額費用はやや異なります。
 

サーバーにかかる費用については、価格についてはエックスサーバービジネスの方がエックスサーバーよりも4倍ほど高くなります。

しかし、個人利用も多いエックスサーバーに比べて、エックスサーバービジネスは利用者は基本的に法人でセキュリティ対策などもより強化されているので、法人向けサービスとしては決して高くない費用だと言えるでしょう。
 
 

ストレージ(ディスク)については両者変わらず

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(X10プラン)
ディスク種類 オールSSD オールSSD
ディスク容量 300GB 300GB

 

ストレージ(ディスク)については両者変わらずです。SSDを搭載しているサーバーは、データの読み取り書き取りの処理速度が早く、サイトが高速になる一因となります。

エックスサーバービジネス・エックスサーバー共に全ストレージオールSSDで高速化を実現しています。
 
 

転送容量制限については、エックスサーバービジネスもエックスサーバーも無制限

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(X10プラン)
転送容量制限 無制限 無制限

転送容量制限とは、サーバーとのデータの送受信の合計量に関する制限のことですが、エックスサーバーもエックスサーバービジネスも無制限で同等になっています
 

参考サイト)
よくある質問 - 転送量課金はなしとありますが、転送量がどれだけ増えてもいいのですか? | エックスサーバービジネス公式サイト
よくある質問 - 転送量課金はなしとありますが、転送量がどれだけ増えてもいいのですか? | エックスサーバー公式サイト
 

転送容量制限をイメージで例えると、携帯の通信パケット制限と同じですね

 

SSLは共に企業認証SSL・EV SSLが実装可能

エックスサーバー、エックスサーバービジネスともに、ドメイン認証認証に加えて、企業認証SSL・EV認証SSLが実装可能です。

このたびエックスサーバーでは、有償の『オプション独自SSL』において、「企業認証(OV)SSL」および「EV SSL」の提供を開始いたしました。

「企業認証SSL」と「EV SSL」は、いずれも法人を対象とした認証レベルの高いSSL証明書です。
ウェブサイトを運営する組織が法的にも物理的にも存在することが証明されるため、サイト訪問者へより高い信頼性をアピールできます。

有償の『オプション独自SSL』において「企業認証(OV)SSL」および「EV SSL」の提供を開始 | エックスサーバー公式サイトより引用

(関連記事)【SSLとは】SSLの意味と必要性および仕組みや種類を解説
 

バックアップは両方ともに標準で備わっている

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
自動バックアップ
バックアップ期間 最大過去14日分 最大過去14日分

 

レンタルサーバーのバックアップについては、標準のエックスサーバーおよびエックスサーバービジネス共に標準で備わっています。

契約した時点で無料でWeb領域・データベース領域のバックアップを最大過去14日分自動でとってくれます。

万一サイトのデータ消失や不具合が起きてバックアップから戻したい際に利用することができます。
 

プラン変更はエックスサーバービジネスは上位プランしか変更できない点に注意

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
プラン変更 △(上位プラン変更のみ)

 
注意しておきたい点は、エックスサーバービジネスについては、プラン変更は下位プランから上位プランのみ可能という点です。

例えば、スタンダードプランからプレミアムプランへや、プレミアムからエンタープライズプランへのプラン可能は可能ですが、エンタープライズプランからプレミアムプランへやプレミアムプランからスタンダードプランへのプラン変更は不可になります。

したがって、特別な事情がない限り、スタンダードプランから始めると良いでしょう。
 
 

エックスサーバービジネス・エックスサーバー比較表まとめ

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの比較的まとめです。
 

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
値段 月額3,752円〜 月額990円〜
基本的なWebサーバー性能 同じ
Web改ざん検知 ×
セコムセキュリティ診断 ×
無料設定代行 ×
無料HP作成代行 ×
メールサポート 同じ
チャットサポート 同じ
電話サポート 同じ
プラン変更について
公式はこちら エックスサーバービジネス エックスサーバー

 

まとめ

まとめです。今回は、法人・企業向けのレンタルサーバー「エックスサーバービジネス」の特徴、および通常のエックスサーバーとの違いを説明していきました。
 

■エックスサーバービジネスはこんな人におすすめ

  • Webサイトのセキュリティ運用をより厳密にしたい企業
  • 必要に応じてサーバー系に関する設定代行をして欲しい企業
  • 企業認証SSL・EV SSLでサイトを運営したい企業
  • より最新・高性能なサーバーに移行したい(移行も代行して欲しい)企業

 

法人といえども、自前でサーバーを用意すると初期費用・運用費用がかなり負担になりますが、レンタルサーバーを用意することでコストを安価に抑えることができます。

エックスサーバービジネスは、法人を想定したサービスで、安定したサーバー環境を提供していますので、企業にとって良い選択肢となるのではないでしょうか。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

合わせて読みたい記事

今回は、エックスサーバービジネスとエックスサーバーとの比較でしたが、中小企業・法人向けレンタルサーバーを検討している人は「【法人向け】ビジネス用途おすすめレンタルサーバー比較」を合わせてご参考ください。

また、個人・法人ユース兼用のサーバー(月額500〜1000円の価格帯)のおすすめサーバーをお探しの方は「【おすすめレンタルサーバー比較】WordPress対応5社総まとめ】」をご参照ください。

 


 

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

【おすすめレンタルサーバー比較総まとめ】WordPress対応5社

国内シェア上位のエックスサーバー、ロリポップ、さくらのレンタルサーバ、およびConoHa WING、mixhostを中心にWordPressおすすめレンタルサーバーを比較・紹介していきます。これからWordPressでホームページやブログを開設するためにレンタルサーバー選びを検討している方はこちらをご覧ください。

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

-エックスサーバー
-,