法人向けエックスサーバービジネスの特徴とエックスサーバーとの違い

本記事は広告が含まれる場合があります エックスサーバー

【エックスサーバービジネスの評判】個人・法人向けの違いと特徴

企業向けレンタルサーバーを探している法人で、エックスサーバービジネス(xserver business)を検討しているが、エックスサーバー公式サイトはこちらとの違いが気になっている人は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、サーバースペックはほぼ同等なものの、サイトの改ざん検知機能をはじめエックスサーバービジネスの方がよりセキュリティ強化・サポート強化した法人特化のサービスになっています。

今回は、法人・企業向けのレンタルサーバー「エックスサーバービジネス」の特徴や評判、通常のエックスサーバーとの違いを比較をしていきます。
 
エックスサーバービジネス ロゴ
 

合わせて読みたい記事

エックスサーバービジネス含めたレンタルサーバーを検討している人は「人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】」を合わせてご参考ください。

 

サーバー 公式サイト プラン
赤字がおすすめ
キャンペーン内容 期間 おすすめ用途

コスパ重視

ロリポップ!ロゴ

ロリポップ
公式サイト
エコノミー
ライト
スタンダード
ハイスピード
(月額550円〜)

エンタープライズ
契約期間最大2倍キャンペーン(ライト・スタンダード:12、24、36ヶ月契約で3ヶ月延長 / ハイスピード:1、3、6ヵ月契約で1ヶ月延長) 2024年6月30日(日)23:59まで
個人ブログ
個人HP

機能性重視

エックスサーバー

Xサーバー
公式サイト
スタンダード
(月額990円〜)

プレミアム
ビジネス
半額キャッシュバックで実質月額495円〜キャンペーン 2024年6月5日(水)12:00まで
会社ホームページ
個人HP

簡単さ重視

ConoHa ロゴ

ConoHaWING
公式サイト
ベーシック
(月額968円〜)

スタンダード
プレミアム
ビジネス(Biz)シリーズ
最大55%オフ!月額643円~スタート応援キャンペーン 2024年5月24日(火) 16:00まで
個人ブログ

シン・レンタルサーバーロゴ シン・レンタルサーバー
公式サイト
ベーシック
(月額770円〜)

スタンダード
プレミアム
ビジネス
リザーブド
12ヶ月以上契約で30%オフ!《月額539円〜》キャンペーン 2024年6月10日(月)12:00まで
個人ブログ(アダルト可)
コアサーバーロゴ コアサーバー公式サイト Core-X
(月額390円〜)

Core-Y
Core-Z
※V2新環境シリーズ
個人HP
ラッコサーバー ラッコサーバー公式サイト RK1
(月額330円〜)

RK2
RK3
個人ブログ
さくらのレンタルサーバ さくらサーバ
公式サイト
ライト
スタンダード
(月額500円〜)

ビジネス
ビジネスプロ
個人HP
会社HP
mixhostロゴ mixhost
公式サイト
スタンダード
(月額1320円〜)

プレミアム
ビジネス
最大70%OFF!月額968円(税込)〜使える初回割キャンペーン 現時点で期限なし
個人ブログ(アダルト可)
個人ブログ(アダルト可)
カラフルボックスロゴ カラフルボックス公式サイト BOX1
BOX2
(月額1320円〜)

BOX3〜BOX8
BOX2が月484円〜通常サーバー:50%OFF、アダルト対応サーバー:60%OFF (BOX2以上)キャンペーン 現時点で期限なし
個人ブログ(アダルト可)
個人ブログ(アダルト可)
エックスサーバービジネスロゴ Xサーバービジネス公式サイト スタンダード
(月額3762円〜)

プレミアム
ビジネス
月額料金30%キャッシュバックで実質月額2,633円〜使えるキャンペーン 2024年7月1日(月)12:00まで
会社HP

 
※(更新日)2024年5月21日。キャンペーンは予告なく終了される場合があります。適用条件含めた最新の正確な情報は各公式サイトをご確認ください。


 

 

本記事記載の内容は、2023年9月15日時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトでご確認ください。

 
 

エックスサーバービジネスの特徴と評判・口コミ

エックスサーバービジネス評価(当サイト独自)
おすすめ度:

サイトの改ざん検知機能や設定代行など、エックスサーバーよりもセキュリティ強化・サポート強化した法人特化サーバー。

おすすめプラン スタンダードプラン
特徴
  • ドメイン2個無料(.jp/.co.jp含む)
  • 無料体験利用あり
  • WordPressサイトの設定が可能
  • プラン変更上位のみ可能
  • バックアップ復元機能あり(無料)
  • メールサポート24時間以内返信(土日祝も対応)
  • 改ざん検知機能あり
デメリット
  • 法人といえども小規模ホームページであればオーバースペックになり気味
  • 初期費用が16,500円かかる
プラン 月額費用 WordPress 無料ドメイン バックアップ
スタンダードプラン 3,762円〜
プレミアムプラン 7,524円〜
ビジネスプラン 11,286円〜

 

エックスサーバービジネスは、エックスサーバー株式会社が運営する、法人・企業を主対象にしたレンタルサーバーサービスです。

240万サイトの運営実績を持つ(通常の)エックスサーバーのノウハウをもとに、より法人に特化した設定代行サービスやセキュリティ管理・サポートなどを提供している中小企業におすすめのレンタルサーバーです。


 

「Xserverビジネス」は、法人・企業様のニーズに特化した高品質なレンタルサーバーサービスです。240万サイト以上の運用実績をもつ「エックスサーバー」 (国内シェアNo.1)で培った豊富なノウハウをもとに、安定したサービスを提供いたします。
(※)公式サイトより引用

 

エックスサーバーとの違いとビジネスを利用するメリット

エックスサーバー社では、法人向けの月額4000円弱から利用できる「エックスサーバービジネス」の他に、月額1000円弱から利用できる「エックスサーバー(個人も法人も利用可)」も提供しています。

レンタルサーバーエックスサーバートップページ
エックスサーバー公式サイトはこちら
 

サーバー性能(ディスク容量、Webサーバー、転送量、etc)についてはエックスサーバーと大きな違いはありませんが、エックスサーバービジネスの方が、法人を意識してよりセキュリティ対策や安定稼働体制・サポート体制が厚いという点が違いです。
 

エックスサーバーとエックスサーバービジネスの比較

下記はエックスサーバーとエックスサーバービジネスの主な違いです。サーバー性能は基本的に同じですが、稼働率の保証制度(SLA)も定められており、よりサポート体制・セキュリティ体制が強化されていることがわかります。

項目 エックスサーバー
(スタンダードプラン)
エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
値段 月額990円〜 月額3,752円〜
基本的なWebサーバー性能 同じ
Web改ざん検知 ×
無料設定代行 ×
無料HP作成代行 ×
SLA(稼働率保証制度) ×
サポート 同じ(メール/電話/チャット)
プラン変更 △(上位プラン変更のみ)

 

価格が高くなりますが、格安サーバーと比較してサーバー一台にたくさんの利用者を詰め込まれず、より安定性が期待できます

法人向けレンタルサーバーのメリットとデメリット
 

エックスサーバービジネスがおすすめな人 エックスサーバーがおすすめな人
  • Webサイトのセキュリティ運用をより厳密にしたい企業
  • 会員サイト機能などを盛り込んだWebサイトを作成・運用予定の企業
  • 必要に応じてサーバー系に関する設定代行をして欲しい企業
  • 安定稼働・SLA(品質保証制度)※を重要視する企業
  • より最新・高性能なサーバーに移行したい(移行も代行して欲しい)企業
  • 会員情報をもたない一般的なホームページを作成予定の個人・法人
  • WordPressでブログを作りたいブロガー・個人事業主
  • コストパフォーマンスが良い(ある程度安い)方が良い個人・法人

(※)SLA(品質保証制度)は、サーバー稼働率の基準値を定め万が一基準値を下回る場合には利用料金を返金する制度
 
 

エックスサーバービジネスを利用するデメリット

エックスサーバービジネスを利用するデメリットとしては、やはり月額4,000円程度かかるという価格の高さです。

通常のエックスサーバーが初期費用無料・月額990円程度なのに対して、エックスサーバービジネスは初期費用16,500円・月額3,752円と4倍近くの値段がかかります。

スペック的大差はないので、エックスサーバービジネスのセキュリティやサポート体制分で、この価格差を許容できるかどうかが判断の分かれ目です。

エックスサーバーとエックスサーバービジネス(ともにスタンダードプラン)の月額費用比較

スタンダードプランの月額費用比較(2023年9月時点)


 

法人利用で価格重視であれば、月額2,122円から利用できる「さくらのレンタルサーバ(ビジネスプラン)」などもおすすめです。

また、エックスサーバービジネスは24時間サポートはないため、土日祝日や24時間のサポート体制を求める場合は、「CPIレンタルサーバー」などを検討した方が良いかもしれません。
 

代表的な法人向けレンタルサーバー

エックスサーバービジネス以外の代表的な法人向けレンタルサーバーを下記にご紹介します。

項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 無料ドメイン WordPress ディスク容量 SSL対応  転送容量制限 マルチドメイン MySQL 複数ユーザーFTPアカウント 自動バックアップ セキュリティ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否 サーバーの場所
エックスサーバー
エックスサーバー
スタンダード
公式サイト
個人ユースも多いが、法人利用も3〜4割あると言われている国内シェアNo1のレンタルサーバー。24時間メールサポート体制で安価に法人で利用するなら一番おすすめ。 990円 無料 ◯(2つ) 300GB(WEB+メール) 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 無制限 ◯(個数無制限/1DBあたり5GBまで) ◯(過去14日分) WAF搭載 ◯(24時間以内返答) ◯(平日10:00〜18:00) ◯(平日10:00〜18:00) ◯(上位プラン変更のみ) 国内データセンター
エックスサーバービジネス
エックスサーバービジネス ロゴ
スタンダード
公式サイト
エックスサーバー社の提供する法人特化サーバー。改ざん検知機能・設定代行サービスなど、エックスサーバーよりもセキュリティ・手厚いサービスを提供 3,762円 16,500円 ◯(2つ) 300GB(WEB+メール) 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 無制限 ◯(個数無制限/1DBあたり5GBまで) ◯(過去14日分) WAF搭載 ◯(24時間以内返答) ◯(平日10:00〜18:00) ◯(平日10:00〜18:00) ◯(上位プラン変更のみ) 国内データセンター
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
ビジネス
公式サイト
老舗のさくらのレンタルサーバ。個人利用も多いスタンダードプランから法人向けのビジネス・ビジネスプロと幅広いラインナップ。価格と性能のバランスが良い 1,980円 0円 × 600GB(WEB+メール) 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 400個 ◯(200個/合計8GBまで) ◯(8世代・要設定) WAF搭載 ◯(翌営業日以内返答) ◯(平日10:00〜18:00) ◯(平日10:00〜18:00) (上位プラン変更のみ) 国内データセンター
ConoHa WING
ConoHa ロゴ
Bizライト
公式サイト
最新性能に加えてビジネスプランでは月額1331円〜で.co.jpの取得更新費用が無料と、高コスパで使える法人向けプラン。 1,331円 0円 ◯(2個) 300GB 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 無制限 無制限 ◯(14日) WAF搭載 ◯(平日10:00〜18:00) ◯(平日10:00〜18:00) 国内データセンター
カゴヤ(KAGOYA)
kagoya ロゴ
ライトプラン(1コア/4GB)
公式サイト
法人利用率80%以上。一般的な共用タイプと違い、契約ごとに仮想専用サーバーを用意。 1,485円 無料 ◯(1年目のみ) 100GB(Web100GB+メール80GB) 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 無制限 ◯(10GBまで無料) WAF搭載 × ◯(平日10:00〜17:00) 国内データセンター
GMO iCLUSTA+
GMO iCLUSTA+ロゴ
レギュラー
公式サイト
大手GMOが運営する法人特化のレンタルサーバー。スペック的には普通なものの、安価に利用できるのが強み。
1,155円※

現在為替レートの影響などにより一時的にサーチャージ料が別途発生します

0円 × 500GB(WEB360GB+メール140GB) 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 91個 ◯(150個) ◯(7世代) WAF未搭載 ◯(原則24時間以内返答) × ◯(平日10:00〜18:00) × 国内データセンター
CPIレンタルサーバー
CPIレンタルサーバーロゴ
ビジネススタンダード
公式サイト
法人向けオプションが豊富な法人利用率90%以上のサーバー。安定稼働・メール運用重視な法人におすすめ 4,840円 0円 × 500GB(WEB300GB+メール200GB) 無料SSL
ドメイン認証SSL/企業認証SSL/EV SSL 
無制限 10個 ◯(合計10GBまで) ◯(30世代) WAF搭載 × ◯(平日10:00〜18:00) × 国内データセンター

※2024年5月1日時点の3年契約税込表示


 

エックスサーバービジネスはこんな人におすすめ

月額予算3000円台が許容範囲な法人・企業であれば、一番おすすめの法人向けレンタルサーバーです。

■エックスサーバービジネスはこんな人におすすめ

  • Webサイトのセキュリティ運用をより厳密にしたい企業
  • 会員サイト機能などを盛り込んだWebサイトを作成・運用予定の企業
  • 必要に応じてサーバー系に関する設定代行をして欲しい企業
  • 安定稼働・SLA(品質保証制度)※を重要視する企業
  • より最新・高性能なサーバーに移行したい(移行も代行して欲しい)企業
通常のエックスサーバーよりも月額2,500円程度高くなりますが、2,500円高くなっても安定性・高セキュリティを重要視する・価値を感じるのであればエックスサーバービジネスが良いでしょう。

 

エックスサーバービジネスの評判・口コミ

エックスサーバービジネスの評判としては、「安心感・信頼感がある」「サーバースペックが高くて早くて快適」「セキュリティにも安心」といった内容で、おおむね好評です。
 
国内シェアNo1のエックスサーバーのノウハウをベースに法人向けに応用しており、法人が安心して利用できると評判でした。
 
反面、月額3,762円以上とエックスサーバーよりも値段が4倍近く高く、コストパフォーマンス的には微妙・・といった声もありました。
 
実際問題、通常の月額1,000円台のエックスサーバーで十分なケースも多いので、コスト的に厳しい場合はわざわざエックスサーバービジネスを選ばなくても良いかもしれません。
エックスサーバービジネス評価(当サイト独自)
エックスサーバービジネス評価(当サイト独自)

 

エックスサーバービジネスの良い評判・口コミ

エックスサーバーを利用している知人やネット上の口コミを集約すると、「エックスサーバービジネスに移転してからサイト表示がかなり早くなった」「セキュリティ的にしっかりしているので安心」「使いやすい」といった声が多いです。

サーバースペック的には通常のエックスサーバーと大差ありませんが、実際にエックスサーバーからエックスサーバービジネスに移転して早くなったサイトの事例はありました。やはり安定重視しているのはビジネス版のほうでしょう。

法人向けレンタルサーバーのメリットとデメリット

法人向けレンタルサーバーの特徴


 

エックスサーバービジネスの悪い評判・口コミ

一方、悪い口コミ・評判としては、「結構高いのでコストパフォーマンス的には微妙・・」「2022年に起こったサーバー障害に関して不安」といった声がありました。

実際問題、通常の月額1,000円台のエックスサーバーのスタンダードプランでも通常のホームページやブログであれば十分なケースがほとんどです

ネットショップ機能をつけたり、会員サイト機能をつけたりなどセキュリティ面・安定性により厳格さを求める場合にエックスサーバービジネスはおすすめですが、コスト的に厳しい場合はわざわざエックスサーバービジネスを選ばなくても良いかもしれません。

また、これまで10年以上安定性で群を抜いていたと評判のエックスサーバーですが、2022年の前半に少し大きめのサーバー障害発生が発生して、TwitterなどのSNSでも障害発生時は「法人向けで安定さを売りにしているのにこのレベルの障害は厳しい」といった少し不安の声が挙がっていました。

万一のサーバー障害用にSLA(品質保証制度)を導入しているとはいえ、機会損失に対する返金ではなく月額料金に対する返金のため、仮に返金されてもせいぜい数千円程度の話です。

しかし、いずれも早期に復旧されており対策も発表されていますので、今後の安定運営に期待です。


 

4/10 PM11:53頃~4/11 AM1:50頃までのデータセンター電源設備不具合によるネットワーク障害について(4/12 PM8:28更新)
2022年04月10日 PM11:53頃~2022年4月11日 AM1:50頃にかけて、データセンターの電源システムの故障により、冗長化していた主要ネットワーク機器が同時に停止し、
提供サービスにおきまして大規模なネットワーク障害が発生しておりました。
この度の障害で多大なるご迷惑をおかけしましことを心よりお詫び申し上げます。
障害・メンテナンス情報より | エックスサーバー公式サイト

 

エックスサーバービジネスの各プラン比較とおすすめプラン

エックスサーバービジネスでは、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「エンタープライズプラン」の3つのプランが用意されています。通常のホームページやメディアサイト運用目的であればスタンダードプランで十分です

エックスサーバービジネス 契約期間ごとの月額費用

エックスサーバービジネス 契約期間ごとの月額費用(2023年9月時点)


 

下記は1年契約での各プランの価格と性能の表です。後からプランアップグレード変更も可能です。

項目 スタンダードプラン プレミアムプラン エンタープライズプラン
価格面 初期費用 16,500円 16,500円 16,500円
月額費用 3,762円〜 7,524円〜 11,286円〜
Webサーバー機能 Webサーバーソフトウェア nginx(エンジンエックス)
ディスク種類 SSD SSD SSD
ディスク容量 300GB 400GB 500GB
転送容量制限 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン
(ドメイン上限)
無制限 無制限 無制限
MySQL上限 無制限 無制限 無制限
無料SSL
企業認証SSL
EV SSL
セコムセキュリティ診断
PHP動作モード Fast CGI Fast CGI Fast CGI
FTPアカウント数 無制限 無制限 無制限
Webフォント提供 あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
Webフォント制限 ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:無制限
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:無制限
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:無制限
メール機能 メールアカウント作成数制限 無制限 無制限 無制限
メールボックス容量 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス
メール1通のサイズ制限 100MB/送信
※受信は制限なし
100MB/送信
※受信は制限なし
100MB/送信
※受信は制限なし
メール送信数制限 1,500送信/時間
15,000送信/日
1,500送信/時間
15,000送信/日
1,500送信/時間
15,000送信/日
メーリングリスト機能 ◯(20件)
1リスト500アドレスまで
◯(30件)
1リスト500アドレスまで
◯(40件)
1リスト500アドレスまで
メールマガジン機能 ◯(10件)
1メルマガ1,000アドレスまで
◯(15件)
1メルマガ1,000アドレスまで
◯(20件)
1メルマガ1,000アドレスまで
サポート面 自動バックアップ ◯(14日分) ◯(14日分) ◯(14日分)
無料設定代行 ◯(月3回まで) ◯(月5回まで) ◯(月5回まで)
無料HP作成代行
メールサポート ◯(24時間受付
&48時間以内返答)
◯(24時間受付
&48時間以内返答)
◯(24時間受付
&48時間以内返答)
チャットサポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
電話サポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
あとからプラン変更 ◯(上位プランへの変更のみ)

(※)2024年5月1日時点の税込表示


 

エックスサーバービジネスの主な特徴(エックスサーバーとの違い)

つぎに、エックスサーバーにはない機能・サービスを中心にエックスサーバービジネスの主な特徴をご紹介します。

基本的なサーバー性能は同じですが、価格面、セキュリティ面・サポート面に主な違いがあります。

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
初期費用 16,500円 0円
月額費用 3,762円〜 990円〜
Webサーバーソフトウェア nginx
ストレージ容量 300GB
転送容量制限 無制限
マルチドメイン
(ドメイン上限)
無制限
MySQL個数上限 無制限
自動バックアップ
(14日分の過去データ)
セコムセキュリティ診断
無料設定代行 ◯(月3回) ×
無料サーバー移転 ◯(1サイト無料) ×
無料サイト制作代行 ◯(1サイト無料) ×
Web改ざん検知 ×
SLA(稼働率保証) ×
サポート 同じ(メール/電話/チャット)
あとからプラン変更
(上位プランのみ)

(上位プラン・下位プラン共に可能)
公式はこちら エックスサーバービジネス
エックスサーバー

(※)2024年5月1日時点の税込表示


 
 

特徴1 価格はエックスサーバービジネスの方が4倍ほど高い

エックスサーバーとエックスサーバービジネス(ともにスタンダードプラン)の月額費用比較

スタンダードプランの月額費用比較(2023年9月時点)

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
初期費用 16,500円 0円
月額費用 月額3,752円〜 月額990円〜

(※)2023年9月時点の内容。10%税込み表記
 

サーバーにかかる費用については、価格についてはエックスサーバービジネスの方がエックスサーバーよりも4倍ほど高くなります。

しかし、個人利用も多いエックスサーバーに比べて、エックスサーバービジネスは利用者は基本的に法人でセキュリティ対策などもより強化されているので、法人向けサービスとしては決して高くない費用だと言えるでしょう。
 

特徴2 SLA(品質保証制度)が導入されている

二つ目の特徴は、エックスサーバービジネスではSLA(品質保証制度)が導入されています。

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
SLA ×

 

SLA(品質保証制度)は、サーバー稼働率の基準値を定め万が一基準値を下回る場合には利用料金を返金する制度です。

エックスサーバービジネスでは月99.99%を基準に、サーバー障害などで基準を下回った場合は、月額料金の一部を返金する内容になっています。

Xserverビジネスでは、お客様に安心してご利用いただけるようサービス品質にこだわり、サーバーの正常稼働についてSLA(品質保証制度)を定めています。

月間のサーバー稼働率が99.99%を下回る場合には、定めた保証基準に沿ってご利用料金の一部または全額を返金いたします。

 
なお、SLAの仕様については「SLA(品質保証制度) - 機能詳細 | 法人向けレンタルサーバー【Xserverビジネス】」をご参照ください
 

特徴3 改ざん検知機能などのセキュリティ機能が豊富

三つ目の特徴として、エックスサーバービジネスではWeb改ざん検知機能やセコムセキュリティ診断など、セキュリティリスクを意識した中小企業向けにセキュリティ対策を強化しています。

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
Web改ざん検知 ×
セコムセキュリティ診断
企業認証SSL・EV SSL
SSL証明書持ち込み × ×

Web改ざん検知機能

Web改ざん検知機能
Web改ざん検知機能 | エックスサーバービジネスより引用

 
エックスサーバービジネスでは、クラウドセキュア株式会社のWeb改ざん検知機能も取り入れており、Webサイトの改ざんやマルウェア等が確認されたときは、すぐにメール通知されます。

万一ハッキングを受けた場合にいち早く発見して被害を最小限に防ぐことができるので、法人でWordPressサイトなどを運用している場合やEC・会員サイト機能を取り入れている場合には特に心強い機能です。

本機能は、クラウドセキュア株式会社のWeb改ざん検知 を利用し、Webサイトの改ざんやマルウェア等を検知する機能です。
「Web改ざん検知設定」を有効にすると、お客様のWebサイトを毎日自動巡回・診断し、Webサイトの改ざんやマルウェア等が確認されたときは、すぐにメール通知を行います。
安全性を確認したWebサイトには、診断日付が記載したセキュアシールを発行し、サイト上に掲載することで、訪問者に安全性の配慮をアピールすることができます。
Web改ざん検知機能 | 公式サイトより引用

 

(関連)【WordPressハッキング事例】ウイルス・マルウェア感染
 

セコムセキュリティ診断

セコムセキュリティ診断

セコムセキュリティ診断 | 公式サイトより引用

エックスサーバービジネスにはセコムセキュリティ診断というサービスが提供されています。

セコムセキュリティ診断とは、セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断サービスで、ネットワーク上の脆弱性を厳格に診断し客観的なセキュリティチェックを定期的に実施するサービスです。

上記のセキュリティ診断を行うサービスの範囲内に、自社サイトを導入できるため企業にとって大事なセキュリティ対策を安価に実施することができます。

高度な診断技術を持つセキュリティエンジニアがお客様のサーバー・ネットワーク機器に対して診断を行い、問題点を洗い出し、より安全・安心なサーバー・ネットワーク機器の運用を支援するサービスです。
セコムセキュリティ診断サービス【セコム公式サイト】より引用

※セコムセキュリティ診断は、通常のエックスサーバーでも実装されました。
 

企業認証SSL、EV SSLが実装可能

エックスサーバービジネスでは、無料SSLのほかに、より信頼性の高い企業認証SSLやEV SSLが実装可能です。
エックスサーバービジネスSSL
 

無料SSLと違って、サイトシールを利用することができるので、企業としてセキュリティ対策を施しているとアピールすることもできます。

もはやWebサイトの必需品となりつつあるSSL証明書を無料・格安でご提供。
低コストなドメイン認証SSL、最高水準の信頼性を誇るEV SSLまで幅広く利用可能で、マルウェアやフィッシングURLを自動検知するセキュリティ診断対応のSSLも提供しています。
(※)公式サイトより引用

 

(※)なお、企業認証SSLおよびEV SSLは通常のエックスサーバーでも対応されるようになりました。

(関連記事)【SSLとは】SSLの意味と必要性および仕組みや種類を解説
 

特徴4 無料設定代行サービスがついている

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
無料設定代行サービス ◯(月3回) ×
サイト移設サービス ◯(1サイト無料) ×(1サイト33,000円)

 

四つ目の特徴は、無料設定代行サービスがついているという点です。

設定代行サービス
 

無料サーバー設定代行とは、主に下記の内容をエックスサーバーのエンジニアスタッフが設定代行するサービスです。

■エックスサーバービジネスの設定代行内容(スタンダードプラン)

項目 エックスサーバービジネス(スタンダードプラン)
まとめて初期設定 独自ドメイン設定/簡単インストール/メールアドレス作成をまとめて実施
CMSインストール WordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール
メールアドレス作成 メールアカウント設定を追加します(30アカウントまで)
独自ドメイン設定 独自ドメイン設定を追加します(10ドメインまで)
サブドメイン設定 サブドメイン設定を追加します(10ドメインまで)
サーバーのデータ削除 指定したディレクトリ配下のデータを削除します
サーバー移転 運用中のサーバーからエックスサーバービジネスへのWebサイト移転を代行します。WordPressの移転も対応しております

(※)2023年9月時点の内容です。スタンダードプランは月3回、プレミアム・エンタープライズプランは月5回までが無料の範囲内。またサーバー移転は初回のWebサイト1つのみ無料となっています。所要日数などは公式サイト参照のこと。最新の正確な情報は必ず公式サイトをご覧ください。

 

他サーバーからのサイト引っ越し代行作業

また、他サーバーからエックスサーバービジネスへの移転代行作業が1サイト無料で提供されています。

法人企業でよくある困りごとに、「今あるサーバーの環境に不満はあるけど、移転する技術がない。移転費用を見積もったら高い」という課題があるのではないでしょうか。

業者に見積もりをとった場合10万円〜数十万円以上かかる場合もありますが、エックスサーバービジネスの場合は1サイトの移転無料で、追加でも15,000円と非常に安価なのでサーバー変更に伴う負担を抑えられるでしょう。
 

実際移転した時の話

以前、知り合いのとある法人様が某サーバー会社からエックスサーバービジネスへ複数のWordPressサイトを移転された話です。移転の際に、実際に私も少しサポートもさせていただきましたが、その時の反応としては、エックスサーバーのスタッフの質問のレスポンスは結構早く、対応品質的にも良かったとのことでした。
 
ただし、注意点としては、Webの用語レベルで全くわからないWeb未経験者の場合はコミュニケーションがうまくいかず厳しいかもしれないという点です。
 
「依頼して後はよろしくお願いします」的な感じではなく、移転に伴う必要情報のやりとりなどエックスサーバー側のスタッフする必要があります。
 
その中でドメインの移管手続き、SSL証明書の発行、hostsファイルを変更しての動作テストなど必要な手順は教えてくれますが、これらの用語が全くわからないWeb未経験者の場合はコミュニケーションがうまくいかず厳しいかもしれません。
 
逆に、実際のホームページ制作・開発まで携わっていなくても、委託先の制作会社とのやりとりをした経験があったり、PCに苦手意識のないWeb担当者であれば、円滑に進行できるのではないかと思います。

 
 

特徴5 無料ホームページ制作代行サービスがついている

ホームページ制作代行サービス

五つ目の特徴として、まだホームページを持っていない契約者の法人様向けに無料でホームページを制作代行するというサービスがあります。

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
無料ホームページ制作代行 ×

基本的に決まったWordPressテーマでテンプレートに沿って文言や写真を当てはめていくといった簡易的なものですが、早くそれなりのホームページを持ちたいと言った人は使ってみるのも良いと思います。

無料ホームページ制作代行について詳しくは「ホームページ無料制作サービスのお申し込み」をご参照ください。

 
 

特徴6 プラン変更は上位プランしか変更できない

なお、通常のエックスサーバーと違って、エックスサーバービジネスでは、プラン変更は上位プランしか変更できない点に注意です。

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
プラン変更 △(上位プラン変更のみ)

 

例えば、スタンダードプランからプレミアムプランへや、プレミアムからエンタープライズプランへのプラン可能は可能ですが、エンタープライズプランからプレミアムプランへやプレミアムプランからスタンダードプランへのプラン変更は不可になります。

したがって、特別な事情がない限り、スタンダードプランから始めると良いでしょう。
 

特徴7 最新のサーバー性能・機能を利用できる

最後に、サーバー環境が非常にハイスペックで安定稼働・動作スピードが早いといった特徴があります。

  • 最大48コアCPU&大容量512GBメモリ搭載の最新高性能サーバー
  • オールNVMe RAID10構成 RAID10構成
  • 大量アクセスに強いnginx(エンジンエックス)採用
  • バックボーン快適なネットワーク環境・国内データセンター管理

などなど

 

サーバースペックそのものは、(通常の)エックスサーバーと大きく違うわけありませんが、エックスサーバーの提供するレンタルサーバーは他社のレンタルサーバー会社と比較してハイスペック・動作が早いと評判です。

実際移転した時の話

実際に某レンタルサーバー会社からエックスサーバービジネスに移転した企業サイトの話ですが、サーバー移転前は表示に3〜5秒くらいかかっていた遅いサイト(特に画像の読み込みに時間がかかっていた)が、エックスサーバービジネスに移転後、体感的にわかるレベルで明らかに早くなっていました。

もし、今のレンタルサーバーのサーバー環境が原因でサイト表示が遅い場合、大きく改善する可能性もあります。

 

ストレージ(ディスク)は300GB・オールSSD(NVMe)を採用して高速化実現

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
ディスク種類 SSD(NVMe) SSD(NVMe)
ディスク容量 300GB 300GB

 

ストレージ(ディスク)については、スタンダードプランで容量300GBになっておりかなり大容量が確保されています。

ディスクの種類はHDDよりも早いSSDが搭載。さらに従来の接続規格SATA/SASよりも高速化されたインターフェース「NVMe(Non-Volatile Memory Express)」を採用しており、高速化が実現されています。

エックスサーバーSSD(NVMe方式)

エックスサーバービジネス公式サイトより引用


 

転送量制限については無制限

転送量制限とは、サーバーとのデータの送受信の合計量に関する制限のことですが、エックスサーバーもエックスサーバービジネスも無制限で同等になっています

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
転送量制限 無制限 無制限

転送量制限についての説明
 

参考サイト)
よくある質問 - 転送量課金はなしとありますが、転送量がどれだけ増えてもいいのですか? | エックスサーバービジネス公式サイト
よくある質問 - 転送量課金はなしとありますが、転送量がどれだけ増えてもいいのですか? | エックスサーバー公式サイト
 

転送量制限をイメージで例えると、携帯の通信パケット制限と同じですね

 

バックアップ・復元機能は14日間分が標準で備わっている

項目 エックスサーバービジネス
(スタンダードプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
自動バックアップ
バックアップ期間 最大過去14日分 最大過去14日分

 

レンタルサーバーのバックアップについては、標準のエックスサーバーおよびエックスサーバービジネス共に標準で備わっています。

契約した時点で無料でWeb領域・データベース領域のバックアップを最大過去14日分自動でとってくれます。

万一サイトのデータ消失や不具合が起きてバックアップから戻したい際に利用することができます。
 

バックアップと復元(データ提供)機能について

(補足)通常のエックスサーバーの概要と特徴

最後に、通常のエックスサーバーついても簡単に紹介します。

レンタルサーバーエックスサーバートップページ
 

エックスサーバー評価(当サイト独自)
おすすめ度:

国内シェアNo1の有名レンタルサーバー。性能面・価格面・実績面・サポート面とバランスが良く、法人からも個人からも人気。

おすすめプラン スタンダードプラン
特徴
  • ドメイン二個無料
  • 無料体験利用あり
  • WordPressサイトの設定が可能
  • プラン変更上位・下位共に可能
  • バックアップ復元機能あり(無料)
  • モリサワWebフォントあり
  • リソース保証(CPU/メモリ)
  • メールサポート24時間以内返信(土日祝も対応)
デメリット
  • 小さいサイトを運営する場合は割高になりがち
プラン 月額費用 WordPress 無料ドメイン バックアップ
スタンダードプラン 990円〜
プレミアムプラン 1,980円〜
ビジネスプラン 3,960円〜

※初期費用は全プラン無料


 

エックスサーバーは、国内シェアNo1の有名レンタルサーバーです。性能面・価格面・実績面・サポート面とバランスが良いことで定評があり、シェアと実績もあるのでネットにも情報が多く法人にも個人にもオールマイティに人気があります。

プラン名はビジネスと同じ(スタンダードプラン、上位のプレミアムプラン、ビジネスプラン)が提供されており、月額990円から利用することができます。
エックスサーバーの3つのプラン
 

下記は、エックスサーバーの各プラン比較です。

エックスサーバープラン スタンダードプラン プレミアムプラン ビジネスプラン
料金・価格 初期費用 0円 0円 0円
月額費用 990円〜 1,980円〜 3,960円〜
無料独自ドメイン ◯(2個) ◯(2個) ◯(2個)
Webサーバー機能 ストレージ種類 SSD(NVMe) SSD(NVMe) SSD(NVMe)
ストレージ容量 300GB 400GB 500GB
転送容量制限 無制限 無制限 無制限
独自ドメイン上限 無制限 無制限 無制限
MySQL個数上限 無制限 無制限 無制限
PHP ◯(FastCGI) ◯(FastCGI) ◯(FastCGI)
Webフォント提供 あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
Webフォント利用制限 ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:75,000PV/月
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:75,000PV/月
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:75,000PV/月
メール機能 メールアカウント作成数制限 無制限 無制限 無制限
メールボックス容量 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス
メール1通のサイズ制限 100MB/送信
※受信は制限なし
100MB/送信
※受信は制限なし
100MB/送信
※受信は制限なし
メール送信数制限 1,500送信/時間
15,000送信/日
1,500送信/時間
15,000送信/日
1,500送信/時間
15,000送信/日
メーリングリスト機能 ◯(20件)
1リスト500アドレスまで
◯(30件)
1リスト500アドレスまで
◯(40件)
1リスト500アドレスまで
メールマガジン機能 ◯(10件)
1メルマガ1,000アドレスまで
◯(15件)
1メルマガ1,000アドレスまで
◯(20件)
1メルマガ1,000アドレスまで
サポート面 バックアップ ◯(14日間) ◯(14日間) ◯(14日間)
復元機能(データ取得)
メールサポート ◯(24時間以内返答) ◯(24時間以内返答) ◯(24時間以内返答)
チャットサポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
電話サポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
プラン変更 可能

(※)2024年5月1日時点の税込表示


 

一番ベーシックなスタンダードプランでも基本的に十分なスペック・性能があり、後からプラン変更も可能ですので、まずはスタンダードプランからで良いでしょう。

エックスサーバーは、一般的なホームページやブログを作成予定の個人・法人におすすめのサーバーです。
 

エックスサーバーがおすすめな人 エックスサーバービジネスがおすすめな人
  • 会員情報をもたない一般的なホームページを作成予定の個人・法人
  • WordPressでブログを作りたいブロガー・個人事業主
  • コストパフォーマンスが良い(ある程度安い)方が良い個人・法人
  • Webサイトのセキュリティ運用をより厳密にしたい企業
  • 会員サイト機能などを盛り込んだWebサイトを作成・運用予定の企業
  • 必要に応じてサーバー系に関する設定代行をして欲しい企業
  • 企業認証SSL・EV SSLでサイトを運営したい企業
  • より最新・高性能なサーバーに移行したい(移行も代行して欲しい)企業

なお、エックスサーバーを使ってみた感想・評判については「【使用感想】エックスサーバーおすすめプランとメリットデメリット」をあわせてご参照ください。
 

 

まとめ

まとめです。今回は、法人・企業向けのレンタルサーバー「エックスサーバービジネス(xserver business)」の特徴、および通常のエックスサーバーとの違いを説明しました。
 

レンタルサーバー エックスサーバービジネス トップページ

エックスサーバービジネスがおすすめな人 エックスサーバーがおすすめな人
  • Webサイトのセキュリティ運用をより厳密にしたい企業
  • 会員サイト機能などを盛り込んだWebサイトを作成・運用予定の企業
  • 必要に応じてサーバー系に関する設定代行をして欲しい企業
  • 安定稼働・SLA(品質保証制度)※を重要視する企業
  • より最新・高性能なサーバーに移行したい(移行も代行して欲しい)企業
  • 会員情報をもたない一般的なホームページを作成予定の個人・法人
  • WordPressでブログを作りたいブロガー・個人事業主
  • コストパフォーマンスが良い(ある程度安い)方が良い個人・法人

(※)SLA(品質保証制度)は、サーバー稼働率の基準値を定め万が一基準値を下回る場合には利用料金を返金する制度
 

法人といえども、自前でサーバーを用意すると初期費用・運用費用がかなり負担になりますが、レンタルサーバーを用意することでコストを安価に抑えることができます。

エックスサーバービジネスは、法人を想定したサービスで、安定したサーバー環境を提供していますので、企業にとって良い選択肢となるのではないでしょうか。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

 

合わせて読みたい記事

個人・法人ユース兼用のサーバー(月額500〜1000円の価格帯)のおすすめサーバーをお探しの方は「人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】」をご参照ください。

 


 

-エックスサーバー
-,