CoreServerコアサーバーの特徴評判メリット・デメリット

本記事は広告が含まれる場合があります レンタルサーバー

【コアサーバー】CoreServerの評判やv1とv2の違いを解説

レンタルサーバーはできるだけ安く使いたいけどその中でもできるだけ高スペックなほうが良いという方は多いと思います。

コアサーバー知名度はそれほど高くないものの、高スペック環境で月額220円〜と安価にWordPressを利用できるコスパの良いレンタルサーバーの一つです。

少しプランが複雑ですが、基本的に今から契約するならV2(新環境プラン)前提で、個人であればCore-X(月額390円〜)もしくは、法人であればCore-Y以上(690円〜)がおすすめです。

今回は、GMOデジロック社のコアサーバーの特徴や評判、およびメリット・デメリットをご紹介します。
 

 

他社含めたレンタルサーバー比較について

本記事では、コアサーバーを中心にご紹介していますが、他社含めたおすすめのレンタルサーバーを「人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】」に記載しています。

 

本記事記載の内容は、2023年9月15日時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトで確認するようにしてください。

 
 

「コアサーバー」の特徴と評判・口コミ

コアサーバーの評価(当社独自)
おすすめ度:

GMOデジロック社が運営するレンタルサーバー。高速高性能のV2環境が月額390円〜利用できる点が強み。

おすすめプラン Core-X
メリット
  • ドメイン1個無料
  • 無料体験利用あり
  • プラン変更上位のみ可能
  • バックアップ復元機能あり(無料)
  • リソース上限管理機能あり(CPU/メモリ)
デメリット
  • 電話サポートなし(Core-Zのみ対応)
  • V2・V1環境とプラン体系が分かりづらく制約が複雑
プラン 月額費用 WordPress 無料ドメイン バックアップ
V2
新環境
Core-X 390円〜 対応 ◯(1個)
Core-Y 690円〜 対応 ◯(1個)
Core-Z 1,990円〜 対応 ◯(1個)

※V2環境は初期費用1,650円が発生
 

コアサーバーは、高速SSD、無料SSL、WordPressに対応しているレンタルサーバーです。月額220円〜と安価な値段からWordPressを利用できることが強みです。

コアサーバーの運営元のGMOデジロック社(GMO Digirock)は日本国内で第4位のシェアがあり、幅広く利用されています。

日本でのウェブホスティングのマーケットシェア(2023年1月)

GMOデジロック社が国内シェア第4位(2023年時点)※hostadviceより引用

コアサーバーの提供プランは大きくV1プラン(従来プラン)とV2プラン(新環境プラン)がありますが、基本的に今から契約するなら、V2(新環境プラン)がおすすめです。
 

コアサーバーの感想や評判・口コミ

コアサーバーの評判を要約すると、「わりと安い価格なのにそこそこ早く動作するからコスパが良いと思う」「ロリポップやエックスサーバーほど知名度はないけど意外と良い」といった声が多いです。
 
「月額200〜500円程度でWordPressのホームページや個人ブログを始めたい人」におすすめです。
 
反面、「あんまりネット上に情報が見つからない」や、「V1とV2のプランが分かりづらい」など使い方・導入面で少しややこしいという声が多かったです。
コアサーバーの評価(当社独自)

コアサーバーの評価(当社独自)

 

コアサーバーの良い評判・口コミ

コアサーバーの良い評判・口コミとしては「わりと安い価格なのにそこそこ早く動作するからコスパが良いと思う」や「ロリポップやエックスサーバーほど知名度はないけど意外と良い」といった声が多く見受けられました。

WordPressが利用できる一番安いプランであるV1環境のCore Miniは月額220円〜から、V2環境のCORE-Xプランは月額390円〜利用できます(基本的にV2環境がおすすめ)。

高速・高性能で有名な月額1,000円代のエックスサーバーやConoHa WINGを使って優位性が出るほどのサイトを運営する人は実際それほど多くありませんので、ちょっとしたホームページやブログであれば、コアサーバーの方が安価に利用できます。

なお、同じ価格帯だとロリポップがよく比較されます。シェア・ネット上の情報の多さで比較するとロリポップが優位な点が多く見受けられます。

(関連)【利用歴5年強】ロリポップ!の評判と特徴・おすすめプラン比較
 

コアサーバーの悪い評判・口コミ

コアサーバーの悪い口コミ・評判としては、「ネット上であまり情報が見つからないので困った時にやり方が分かりずらい」「プランが分かりづらい」や「サポートが微妙・・・」というネット上の声がいくつか見受けられました。

コアサーバーは安価であるというメリットがある一方、エックスサーバーやロリポップほど利用者は多くないのでネット上の情報は多くないです。

また、V1プランのCore-Miniプラン、V2環境のCore-Xプラン (V1→V2へのアップグレード不可)など、プラン環境が初心者には少しややこしいという声も見受けられました。

IT関係に苦手意識があるWordPress初心者や、月額1000円程度の予算があるならエックスサーバー、ConoHaWING、ロリポップの方がおすすめできます。
 

コアサーバーのおすすめプランとv1プランとv2プランの違い比較

コアサーバーの提供プランとスペックの詳細をご紹介します。コアサーバーには大きくV1プラン(従来サーバー環境)とV2プラン(新サーバー環境)があります。

従来環境であるV1環境は安価なもののそれ以外の利用メリットが薄いため、コアサーバーを利用するなら、V2プランがおすすめです。

V1とV2の違い

V1プラン V2プラン
初期費用 無料 1,650円
価格 220円〜 390円〜
無料独自ドメイン ×
自動バックアップ
サーバー性能

  • Apache
  • SATA型SSD
  • WAFなし

  • LiteSpeed
  • NVMe型SSD
  • WAF導入済み
プラン変更 不可 可能

 

V2プランはどのプランでも無料ドメイン1つ+自動バックアップ付きで、個人であればCore-Xもしくは、法人であればCore-Y以上がおすすめです。

サーバーサービス名 おすすめプラン 初期費用 月額費用 無料独自ドメイン利用 ディスクサイズ WordPress対応 マルチドメイン上限 MySQL個数制限 転送容量制限

Webサーバー Webフォント提供 Webフォント制限 バックアップ機能 復元機能(データ取得) メールアドレス作成数 メールボックス容量制限 メール送受信サイズ制限 メール送信数制限 メール受信数制限 メーリングリスト メールマガジン アダルトサイト プラン変更 メールサポート チャットサポート 電話サポート
コアサーバーV2プラン CORE-X 1,650円 390円〜 あり(1つ) 400GB 無制限 無制限 無制限 LiteSpeed × × ◯(3世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 5,000送受信/日 5,000送受信/日 × ×
◯※

V2プラン内での上位プランへのアップグレードのみ対応

◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV2プラン CORE-Y 1,650円 690円〜 あり(1つ) 600GB 無制限 無制限 無制限 LiteSpeed × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 10,000送受信/日 10,000送受信/日 × ×
◯※

V2プラン内での上位プランへのアップグレードのみ対応

◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV2プラン CORE-Z 1,650円 1,990円〜 あり(1つ) 900GB 無制限 無制限 無制限 LiteSpeed × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 40,000送受信/日 40,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) △(コールバック予約制)
コアサーバーV1プラン CORE-Mini 無料 220円〜 なし 200GB 無制限 10 無制限 Apache × × ◯(15世代) 200 10GB/1アドレス(推奨) 不明 5,000送受信/日 5,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV1プラン CORE-A 無料 440円〜 なし 400GB 無制限 無制限 無制限 Apache × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 10,000送受信/日 10,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV1プラン CORE-B 無料 880円〜 なし 600GB 無制限 無制限 無制限 Apache × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 40,000送受信/日 40,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) △(コールバック予約制)
コアサーバーV1プラン CORE-C 無料 2,750円〜 なし 1200GB 無制限 無制限 無制限 Apache × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 120,000送受信/日 120,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) △(コールバック予約制)

(※)2024年5月1日時点の税込表示

それでもV1プランの月額220円が魅力という方は、上位プランへのアップグレード制限のないロリポップのライトプランなどを検討してみても良いと思います。

なお、V1ーV2間でのプラン変更はできず、やや複雑なのでご注意ください。また、V1プランはV1内でのプランアップグレード・ダウングレードもできないのでご注意ください。

プラン変更について
A V2プラン(CORE-X、Y、Z)

・別プランへの変更(CORE-X ↔ CORE-Yなど)
アップグレードが行えます。手順は「登録済みアカウントのプラン変更」をご確認ください。

V1プラン(CORE-mini、A、B、C)

・別プランへの変更(CORE-A ↔ CORE-Bなど)
アップグレードや、ダウングレードは行っておりません。
別途ご希望のプランを契約していだだく必要がございます。

よくある質問 | コアサーバーより引用

 

コアサーバー公式サイトはこちら

 

コアサーバーを利用するメリットとデメリット

コアサーバーのメリットは、同価格帯ではかなり高いコストパフォーマンスで利用できる点です。

V2プランCore-Xが月額390円〜と安価でWordPressも利用可能&自動バックアップもついているため、他の有名なロリポップやさくらのレンタルサーバーなどと比較しても、優位性があります。

反面、V1・V2と少しプランや違いが複雑で初めてレンタルサーバーを契約する初心者にとっては、もっと有名でシンプルなロリポップやエックスサーバーなどの有名サーバーの方が使いやすいかもしれません。

メリット デメリット
コアサーバーの特徴
  • 安価に高速高性能なサーバーを利用できる
  • V2プランは、全プラン自動バックアップ機能が用意されている
  • ネット上の情報は多くないため初心者が情報を見つけるのに苦労する可能性あり
  • プランと制約が複雑。月額200円台なら別サーバー検討の余地も

 

コアサーバーを利用するメリット

コアサーバーを利用するメリットは主に下記のような点が挙げられます。

  • 安価に高速高性能なサーバーを利用できる
  • V2プランは、全プラン自動バックアップ機能が用意されている

 

安価に高速高性能なサーバーを利用できる

一つ目のメリットは、安価に高速高性能なサーバーを利用できるという点です。

コアサーバーの場合は月額390円〜のCore-XプランでもNVMe型SSD(※)、LiteSpeed、無料独自ドメイン付き、など同価格帯のレンタルサーバープランの中では、かなり高性能・高コスパな位置付けになります。

スペック・価格帯的に近いさくらのスタンダードプランと比較しても、コアサーバーは自動バックアップ機能や無料独自ドメインがついていたりかなり魅力的です。

ロリポップ・さくら・コアサーバー比較(2023年月時点)

ロリポップ・さくら・コアサーバー比較(2023年9月時点)

 

知名度はロリポップやさくらのレンタルサーバーほとではありませんが、コアサーバーを運営するGMOデジロック社も国内シェア第4位と大きい会社なので安心です。
 
(参考)レンタルサーバーのSSDとは?特徴・HDDとの違いやメリット
 

V2プランは、全プラン自動バックアップ機能が用意されている

二つ目のメリットは、V2プランは、全プラン自動バックアップ機能が用意されているという点です。

さくらのスタンダードプラン(月額436円〜)は、基本的に契約時点での自動バックアップ機能はありませんが、コアサーバーの場合は月額390円〜のCore-Xプランから自動バックアップ機能がついているため、万一のサイト障害の時にも安心です。
  

コアサーバーを利用するデメリット

一方、コアサーバーを利用するデメリットは主に下記のような点が挙げられます。

  • ネット上の情報は多くないため初心者が情報を見つけるのに苦労する可能性あり
  • プランと制約が複雑。月額200円台なら別サーバー検討の余地も

 

ネット上の情報は多くないため初心者が情報を見つけるのに苦労する可能性あり

ネット上の情報は多くないため初心者が情報を見つけるのに苦労する可能性あります。

初心者向け重視であればロリポップやエックスサーバーなど他の有名サーバーがおすすめ
 

プランと制約が複雑。月額200円台なら別サーバー検討の余地も

二つ目のデメリットは、プランと制約が複雑である点です。

V1プラン-V2プラン間でのプラン変更は不可になります。

V1プランのCore-Miniは月額220円〜とかなり安価に利用できますがプラン変更不可でアップグレードできない点に注意です。

月額200円代のV1プランのCore-Miniを選ぶならアップグレード可能なロリポップのライトプランなど別サーバー検討してみても良いと思います。

(関連)【利用歴5年強】ロリポップ!の評判と特徴・おすすめプラン比較
 

まとめ

まとめです。今回は、GMOデジロック社の「コアサーバー」の特徴やメリットデメリットをご紹介しました。

コアサーバー トップページ

 

V2プランのCore-Xは月額390円〜と安価な値段で利用でき、WordPressも対応・自動バックアップ付きで、同価格帯でもかなりコストパフォーマンスが高いことが強みです。

少しプランが複雑ですが、基本的に今から契約するなら、V2(新環境プラン)前提で、個人であればCore-Xもしくは、法人であればCore-Y以上がおすすめです。
 

コアサーバー公式サイトはこちら

 

なお、コアサーバー以外のおすすめレンタルサーバーを下記に紹介していますので、ご興味ある方は合わせてご参照ください。
人気レンタルサーバーおすすめ比較12選【選び方徹底ガイド】
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 


 

-レンタルサーバー