ロリポップ・さくらのレンタルサーバ メリットデメリット比較や違いを解説

レンタルサーバー

【初心者はどっち?】ロリポップとさくらのレンタルサーバ徹底比較

WordPressでブログ・ホームページを始めようと思った時に、まずはレンタルサーバー選びでどれが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は、レンタルサーバーサービスを提供している「ロリポップ!」か「さくらのレンタルサーバ」のどちらにしようか悩んでいる方向けに比較・解説していきたいと思います。
 

ロリポップ対さくらインターネット
 

WordPressを始めたくてレンタルサーバーを選ぼうとしているんだけど、さくらレンタルサーバーかロリポップでどっちにするか悩んでいます。

どちらも十分おすすめできるサーバーです。基本的にどちらでも大きな違いはないのですが、細かい部分でやや違いがありますので、今回は両社レンタルサーバーの違いを説明しながら特徴やおすすめする人について説明していきますね。

 

合わせて読みたい記事

今回は、レンタルサーバーのうち、ロリポップとさくらのレンタルサーバで比較していますが、そのほかのレンタルサーバー含めた比較検討したい方は、「【WordPressおすすめレンタルサーバー比較5社 総まとめ】」にエックスサーバー・ロリポップ・さくらインターネットおよびConoHa、mixhostで5社で料金・機能比較していますので、是非ご参照ください。

 


 

(注意事項)本記事を読み進めるにあたって

ホームページ Unavaiable本記事記載の内容は、2021年12月1日時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。
また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトで確認するようにしてください。

 
 

ロリポップvsさくらレンタルサーバー徹底比較

まず先に結論としては、ロリポップとさくらレンタルサーバーはそれぞれ下記のような方にお勧めします。
 
ロリポップ さくらレンタルサーバー比較
 

ロリポップ!はこんな人におすすめ

  • 安さを求めつつ、なるべく表示スピードも求める人
  • サーバー管理画面が初心者向けで少しでも簡単な方が良い人

 
さくらのレンタルサーバはこんな人におすすめ

  • 少しでも安い方が良い人

(※)ロリポップ、さくらのレンタルサーバ共にスタンダードプランの想定での比較です。

 

合わせて読みたい記事

●ロリポップを使っての独自ドメイン取得、WordPressまでの設置については「【ロリポップ】ロリポップ+独自ドメインでWordPressをインストールする」をご参考ください。
 

●さくらのレンタルサーバーを使っての独自ドメイン取得、WordPressまでの設置については「【さくらレンタルサーバー】WordPress独自ドメインインストール手順」をご参考ください。

 
 

ロリポップとさくらレンタルサーバーを簡単比較

基本的に通常の用途においては、どちらも大きな差はありません。通常のホームページ・ブログであればサイトの表示速度・体感的にも大きな違いは感じないでしょう。
 

以下は、ロリポップとさくらレンタルサーバーの簡単比較です。

項目 ロリポップ さくらレンタルサーバー
おすすめ度
  • 管理機能:
  • サーバー性能:
  • 簡単さ:
  • 価格:
  • 管理機能:
  • サーバー性能:
  • 簡単さ:
  • 価格:
公式はこちら ロリポップ! さくらのレンタルサーバ
初年度合計費用 9,570円 6,286円
2年目以降合計費用 7,920円 5,238円
無料独自ドメインプレゼント あり なし
こんな点がメリット
  • 管理画面がわかりやすい
  • あとからサーバー(上位)プラン変更ができる
  • サーバー性能がロリポップよりやや優位
  • 無料ドメインが一つ使える(条件あり)
  • ロリポップよりもサーバー費用が安い
  • サーバーバックアップが無料でできる
こんな点がデメリット
  • さくらレンタルサーバーよりサーバー費用がやや高い
  • WAFの誤検知が多い
  • 管理画面の操作がロリポップと比較するとややわかりにくい
  • サーバープラン変更が後からできない
運営会社 GMOペパボ株式会社 さくらインターネット株式会社
公式はこちら ロリポップ! さくらのレンタルサーバ

(※)比較するにあたって、さくらレンタルサーバー、ロリポップサーバーともにスタンダードプラン、かつ一年契約の10%税込価格の場合で比較しました。
 
 

契約期間ごとの比較ではさくらがやや安価だが3年契約でほぼ同等

契約期間別 ロリポップとさくらのレンタルサーバ 月額費用

ロリポップとさくらのレンタルサーバ 月額費用(2021年11月)

両レンタルサーバーの人気プラン「スタンダードプラン」における契約期間別価格の比較です。

ロリポップ、さくらのレンタルサーバともに契約期間が長いほど、月額単価が安くなります。

項目 ロリポップ!
スタンダード
さくらのレンタルサーバ
スタンダード
初期費用 3,300円 1,048円
月額費用(3ヶ月契約の場合) 770円 524円
月額費用(6ヶ月契約の場合) 715円 524円
月額費用(1年契約の場合) 660円
(独自ドメイン1つ無料)
436円(※1)
月額費用(2年契約の場合) 550円
(独自ドメイン1つ無料)
436円(※1)
月額費用(3年契約の場合) 990円
(独自ドメイン1つ無料)
436円(※1)

(※)2021年12月時点の税込表示の通常価格になります。各社キャンペーンなどで表示内容とは異なる場合があります。
(※1)さくらのレンタルサーバは年一括払いで5,238円になり、月額換算・小数点切り捨てして表示しています。

 

サーバー費用は、両者スタンダードプランで比較するとさくらのレンタルサーバの方がロリポップよりもやや安価に運用することができます。

さくらのレンタルサーバは1年契約(年間一括払い)で月額436円相当で、ロリポップは1年契約の場合月額660円と少しさくらよりも高い目ですが、3年契約で月額440円とほぼ同額になります。

3年契約した場合で比較するとロリポップが月額440円+後述の無料独自ドメインがついてくるので契約期間が3年の場合はロリポップがお得になるでしょう。
 
 

一般的に一年以上の契約の方がキャンペーン適用される条件になっていたり、後述の無料ドメインが利用できるケースが多いので、契約する場合は1年以上が良いでしょう。

 

無料独自ドメインはロリポップが一つ取得・利用可能でお得

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらのレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
無料独自ドメイン あり なし

 

通常サーバー契約と同時に独自ドメインを取得・費用がかかりますが、ロリポップは、ドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』が2020年9月にスタートされて、よりお得になりました。

価格はドメインの種類で若干異なりますが.comであれば年間1,500円程度しますので、ロリポップで実質1,500円安く運用できることになりお得です。

なお、ロリポップで無料の独自ドメイン取得するには1年以上契約などの一定の条件がありますので、適用条件の詳細は公式サイトをご参照ください。

『ムームードメイン』の対象ドメインと、『ロリポップ!』のレンタルサーバーの両方を新規でご契約いただく場合、レンタルサーバーをご契約中はドメインを無料でご利用いただける『ドメインずっと無料』の提供を開始しました。
・・・(中略)
ロリポップ!レンタルサーバーにて、以下条件をすべて満たしている必要があります。

  • ライト、スタンダード、ハイスピード、エンタープライズのいずれかのプランでのご契約
  • 12か月以上の契約期間でのご契約
  • 自動更新の設定

2020/09/29 ドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』を提供開始 | ロリポップより引用

 

 

ロリポップとさくらの各プラン料金を比較

次にロリポップとさくらの各プランのラインナップと料金で比較します。

項目 プラン名 月額費用 初期費用
ロリポップ エコノミー 132円/月 1,650円
ライト 330円/月 1,650円
スタンダード 660円/月 1,650円
ハイスピード 825円/月 0円
エンタープライズ 2,200円/月 3,300円
さくらのレンタルサーバ ライト 130円/月 1,048円
スタンダード 436円/月 1,048円
プレミアム 1,309円/月 1,048円
ビジネス 2,182円/月 5,238円
ビジネスプロ 3,928円/月 5,238円

(※)2021年12月時点で1年契約・税込表記になります。
 

サーバーの各プランを比較すると、ロリポップとさくらはスランダードプランまでの安価なプランでは価格帯や機能が似通っています。

WordPressを使わない静的サイトのみであれば、ロリポップエコノミープランまたはさくらライトプランで月額130円程度で運用できます。

WordPress利用想定であればロリポップは月額330円のライトプランや月額660円のスタンダードプランから、さくらの月額465円のスタンダードプランから利用できます。

なお、上位プランで比較するとさくらの方が法人向けを意識した上位プランが法にに用意されています。
 
 

ロリポップとさくらのレンタルサーバの運営実績・国内シェアで比較

ロリポップとさくらインターネットの運営実績・国内シェアは下記の通りです。

項目 ロリポップ さくらインターネット
サービス運営実績・期間 長い(2001年〜) 長い(1996年〜)
国内シェア 第2位 第3位

 

運営実績という点では、さくらインターネットおよびロリポップともに老舗であり10年以上長い稼働実績があります。

また、両レンタルサーバー共に国内市場シェアも大きく、2021年時点ではロリポップ国内シェア第二位、さくらインターネット国内シェア第三位となっており、ネットや本にも多く掲載されているので安心して利用することができます。
 

■2021年日本のサーバー会社のシェア(1位エックスサーバー  2位ロリポップ 3位さくらインターネット)
2021年 日本のホスティング会社のシェアトップ3
 

(参考)■2020年日本のサーバー会社のシェア(1位エックスサーバー  2位さくらインターネット 3位ロリポップ)
2020年時点 日本のホスティング会社のシェアトップ3
世界のウェブホスティング市場シェア | HostAdviceより引用

 

2001年10月個人向けホスティングサービスを主要業務として、当社の前身となる合資会社マダメ企画を設立
2001年11月『ロリポップ!レンタルサーバー』提供開始
沿革 | 企業情報 |GMPペポパより引用

 

1996年12月さくらインターネットを創業。共用レンタルサーバサービス (さくらウェブ) 開始
沿革 | 企業情報 | さくらインターネットより引用

 

基本的にロリポップもさくらレンタルサーバーも多くの利用者が使うサービスですので、どちらを選んでも大きな失敗の可能性は低いでしょう。自分にあったレンタルサーバーを使ってみてください。
 

 

ロリポップとさくらのサーバスペックを詳細比較

次に、具体的なスペック面から見た詳細な比較もしてみましょう。

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
公式はこちら ロリポップ! さくらのレンタルサーバ
Webサーバーソフトウェア Apache2.4系 nginx
ディスクの種類 SSD HDD (※)ただしデータベースサーバーはSSD
ディスク容量 250GB 100GB
転送容量制限 800GB/日相当 700GB/日
無料SSL あり あり
マルチドメイン
(ドメイン上限)
200個 200個
MySQL上限 50個 50個
自動バックアップ あり(オプション月額300円) あり(無料で設定可能)
FTPアカウント数 1 1
プラン変更 (上位プラン変更のみ)可能 不可(※)新規作成&移行の必要あり
ドメインごとのPHPバージョン変更 管理画面から可能 管理画面から不可(設定自体は可能)
メールサポート あり あり
電話サポート あり あり
公式はこちら ロリポップ! さくらのレンタルサーバ

 

表を見ても意味がわかりません・・・

確かにスペック表を見てもわかりにくいですよね汗。詳しくは割愛しますがここでは簡単に解説していきますね。

 
 

Webサーバーソフトウェア。nginx採用サーバーが優位

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
Webサーバーソフトウェア Apache2.4系 nginx

 

Webサーバーソフトウェアの性能では、nginx(エンジンエックス)を採用しているさくらレンタルサーバーの方が優位です。
 

(※)Webサーバーソフトウェアは、Webサイトを動作させる上で必要なソフトウェアです。従来から広く利用されているApache系と後発のnginx(エンジンエックス)が大きなシェアを占めており、社内サーバーではIISなども有名です。一般的なベンチマークでは、nginx系の方がApache系よりも処理能力が高い結果が出ています。


1秒間あたりのHTTPリクエスト処理数

https://theorganicagency.com/blog/apache-vs-nginx-performance-comparison/
より引用

 
 

ストレージ(ディスク)について。SSD搭載をしているサーバーが優位

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
ディスクの種類 SSD HDD (※)ただしデータベースサーバーはSSD
ストレージ容量 250GB 100GB

 
SSDを搭載しているサーバーは、データの読み取り書き取りの処理速度が早く、サイトが高速になる一因となります。ロリポップは2020年8月に全プランオールSSD化されディスク相当部分の処理速度がより優位になりました。

なお、さくらレンタルサーバーは一部サーバー(データベースサーバー)をSSD化しており、一部高速化を実現しています。
 
ストレージの容量上限についてはどれも100GB以上あり、この上限を超える運用は限られるので、それほど気にしなくても良いと思います。
 
 

転送容量制限(〇〇GB/日)について。それほど気にしなくて構いません

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
転送容量制限 24TB/月 (800GB/1日相当) 700GB/日

転送容量制限とは、サーバーとのデータの送受信の合計量に関する制限のことですが、ロリポップ・さくらレンタルサーバーともに気にしなくて構いません。
 

転送容量制限をイメージで例えると、携帯の通信パケット制限と同じですね

 

転送容量制限については、2021年にさくら・ロリポップともに大幅増強されて700GBクになりました。しかしあまり気にしなくても良いでしょう。
 

転送容量とは、例えば「WEBサイトを閲覧する際に通信するデータ」や、「サーバーへファイルをアップロード・ダウンロードする際に発生するデータ」が該当します。転送容量制限(〇〇GB/日)は、1日あたりのこれらのデータ量の制限です。
 

仮に1回のWebページの閲覧で平均5MBのデータが発生と仮定するとします。容量制限が700GB/日≒700,000MB/日の場合、700,000[MB/日]÷5[MB/PV]=140,000[PV/1日]が概算の上限値ということになります。
 

1ヶ月に換算すると420万PVのサイトですが、この規模になる前に、転送容量制限以外の要素がボトルネックでサイトが重くなる可能性が高いので、気にしなくて良いと思います。
 

仮に数十万PVの規模までサイト成長した場合、収益も十分出ているはずです。もっと上位のサーバープランに変更して投資した方がよいでしょう。

 

マルチドメイン上限・MySQL上限について。それほど気にしなくても構いません

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
マルチドメイン
(ドメイン上限)
200個 200個
MySQL上限 50個 50個

 

今回スペック比較としてマルチドメイン(設置できるドメインの上限数)やMySQLの上限数を記載しています。ロリポップ・さくらレンタルサーバーともに同程度のスペックですが、それほど気にしなくて良いと思います。
 
マルチドメインに関してですが、一つのレンタルサーバーにドメインを200個以上入れる運用は通常起こりえません。
 
またMySQLの上限はさくらで50、ロリポップで50個となって同じになっていますが、WordPress1個インストールにつきMySQL1個利用する場合でもWordPress50個以上インストールする際に関連する上限になります。通常、そんなに多く導入することはないので、基本的に気にしなくて良いでしょう。
 

無料SSLについて。ロリポップ・さくらレンタルサーバー共に実装可能

無料SSLについては、ロリポップ・さくらレンタルサーバー共に実装可能です。さくらレンタルサーバーには常時SSL用のプラグインがありますが、両方実装可能ということで大きな差はないでしょう。
 

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みを指します。今社は、Let’s EncryptというSSLが無料で実現できます。
SSL化の説明図2
 

通信をSSL化(HTTPS)をすることで、通信データを保護し、クレジットカードのような他人に知られると悪用される重要な情報を守ります。
 

今では、SSL化が一般的になり、無料に設定もできますので、基本的に最初の導入時にSSL化しておいた方が良いでしょう。

 
 

バックアップについては有料オプションと無料で違いがある

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
自動バックアップ あり
(オプション月額300円)
あり
(無料。設定必要)

 

レンタルサーバーのバックアップについては、ロリポップが有料オプション月額300円なのに対して、さくらレンタルサーバーは無料で設定することができます。
 

ロリポップの場合は、月額300円のバックアップオプションに入ることで自動でバックアップを取ることができるようになります。ただし、基本の月額500円と加えると月額800円になるので少し格安感がなくなります。
バックアップオプションについて | ロリポップ
 

さくらレンタルサーバーの場合は、スタンダードプランの範囲内でバックアップ機能が無料で備わっています。
さくらのバックアップは、サイト情報、WordPressのデータベース、Webサイトを構成する情報をスナップショットと言われる手法でバックアップしています。難点は、自分で設定しなければならないというところでしょうか。
 

なお、さくらのレンタルサーバのバックアップおよびステージング機能についてはそれぞれ下記をご参照ください。

 

参考)WordPressの場合バックアッププラグインでバックアップできます

WordPressの場合は、バックアッププラグインなどもありますので、そちらを使ってもバックアップできます。
WordPressのバックアップ 有名プラグインbackWPupの使い方

 

両社FTPアカウントを複数作成できないことに注意

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
FTPアカウント数 1 1

 

Webサイト制作者がレンタルサーバーを利用する場合、サーバー内に該当ディレクトリだけアクセス権限のあるFTPアカウントを作り、協力パートナーに教えて作業してもらう、といった利用の仕方ができます。今回比較対象のロリポップ・さくらレンタルサーバーは共にFTPアカウントを複数作成することができないのでこの運用はできません。
 

ただし、初心者の方が上記のような運用をすることはあまりないと思いますので、それほど気にしなくても構いません。

 

関連)エックスサーバーではFTPアカウントを複数作成できます

なお、今回比較対象ではありませんが、レンタルサーバーの「エックスサーバー」では複数のFTPアカウントとディレクトリ単位での制限ができるため、Web制作関係の人にとっては便利なのでオススメです。
 
レンタルサーバー Xserver

エックスサーバーFTPアカウント追加

エックスサーバーFTPアカウント追加画面

 
 

プラン変更はさくらレンタルサーバーができない点に注意

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
プラン変更 (上位プラン変更のみ)可能 不可

 

さくらレンタルサーバーは、サーバーのプランを途中で変更できないことに注意です。たとえば、ライトプラン→スタンダードプランに変更したい場合は新規契約に加えて移設作業をする必要がありますので、初心者にとっては少々大変です。したがって、スタンダードプランで契約する分にはさくらレンタルサーバーはおすすめですが、ライトプランでの契約はおすすめしません。
 

さくらのレンタルサーバは、プランごとに収容サーバが異なるため、プラン変更には現在対応できておりません。
別のプランを新規にお申込みいただき、データ等を移行していただく必要がございます。
サービスプランを変更する | さくらのサポート情報より引用

 
 

管理画面からPHPのバージョン変更ができるかどうか

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
ドメインごとのPHPバージョン変更 管理画面から可能 管理画面から不可(設定自体は可能)

 
さくらレンタルサーバーはドメインごとにPHPのバージョン変更が管理画面からできない点に注意です。一つのサイトを運営する場合は両社ともに変わりはありませんが、複数のドメインをレンタルサーバーに運用するときに影響する場合があります。
 
たとえば、あたらしいドメインを取得してサイトを作ろうと思ったけれど、昔設置した古いサイト(放置しているけれど使っているサイト・定期的な管理がされていないようなサイト)がボトルネックになり、PHPのバージョンを上げにくいといったケースがあり得ます。
 

ただし、管理画面からポチっとはできませんが、ドメインごとのPHPバージョン変更自体はできますので利便性の問題でしょう。

 
 

ロリポップとさくらレンタルサーバー比較表まとめ

両レンタルサーバーの比較表のまとめです。こうしてみると、価格安さはさくらレンタルサーバーに軍配が上がる一方で、サーバー性能・管理機能はロリポップに軍配が上がります。

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
値段
無料独自ドメイン ×
Webサーバーソフトウェア
ディスクについて
転送容量について
無料SSL
マルチドメイン・MySQLについて
バックアップについて
FTPアカウント数
プラン変更について
ドメインごとのPHP変更
メールサポート
電話サポート
公式はこちら ロリポップ! さくらのレンタルサーバ

 

 

ここからは、各レンタルサーバーの特徴についてもご紹介していきます。

 

【ロリポップ】コスパ重視ならこれ!高速高性能も実現した人気サーバー

ロリポップの特徴とメリットデメリット

レンタルサーバーロリポップトップページ
 

ロリポップの概要

項目 内容
公式サイト ロリポップ公式サイト
初期費用 1,650円(エコノミー/ライト/スタンダードプラン)
0円(ハイスピードプラン)
3,300円(円タープライズプラン)
月額費用 エコノミープラン:132円
ライトプラン:330円
スタンダードプラン:660円
ハイスピードプラン:825円
エンタープライズプラン:2,200円
※1年間契約の場合・税込表示。
おすすめプラン スタンダードプラン:660円
コメント GMOペポパが運営する老舗のレンタルサーバー
昔は格安は良いけれど、サーバー性能・表示速度が遅いとの声もあったが、
ここ2,3年でサーバー性能大幅リニューアルにより安価&高性能のサーバーになりました。
備考
  • 契約中は独自ドメイン1つ永久無料

 

ロリポップはGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。月額132円〜2,200円(税込)の価格帯でサイトを導入できるというコストパフォーマンスに優れたサーバーです。
 

管理画面がわかりやすく比較的直感的に操作でき、サーバー性能的にも通常のホームページを運営する分には全く問題ないので、初心者におすすめのサーバーです。
 

昔は「いかにも格安」と言ったデザインと性能でしたが、ここ2,3年で見た目も性能も大幅にアップしたため、コストパフォーマンス&性能に優れたレンタルサーバーになってきています。

 

ご利用実績200万サイト以上!16年を迎える老舗格安レンタルサーバー。ホームページ運営なら、ずっと使えるレンタルサーバー「ロリポップ!」
簡単、無料SSL、充実サポート、高速性能で初心者から商用サイトまで利用されています。

 

ロリポップのメリットとデメリット

ロリポップを使ってみた感想としては、月額500円の価格帯のスタンダードプランにおいては高性能な環境が提供されており(ライトプランだと330円)、一般的な小規模サイト運営においてはかなりコスパが良く運用できるという点です。

ロリポップの具体的なメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
ロリポップの特徴
  • 月額660円のスタンダードプラン(ライトプラン330円)と格安でWordPressを解説できる
  • サーバー契約中はドメインが一つ無料で取得・更新できる(エコノミープラン除く)
  • プラングレードアップができるので、安く始めて運用に応じて拡張することができる
  • 老舗サーバーなので本やネットに情報が多い
  • サーバー契約と同時にWordPress開設する機能がない
  • バックアップオプションが有償でオプション付けると格安感がなくなる
  • ハイスピードプラン以上がWAF除外設定不可・php.ini設定不可など若干制限あり
  • アダルトサイト運営は不可

 

ロリポップ 爆速宣言
 

格安レンタルサーバーとして、コストパフォーマンスの高さで人気のロリポップですが、ここ最近はスペック増強と速度改善にも力を入れているようです。2020年8月には、全プランで転送容量が大幅アップデートされました。
 

大きなポイントは、ハードウェア増強に伴いハードディスクが全プランでSSD化されたことを始め、CPUやメモリも増強されたことによるサーバーの高速安定化です。
 

従来のハードウェアとの比較(スタンダードプラン)
ロリポップ公式サイト、従来のハードウェアとの比較(スタンダードプラン)より引用

 

ロリポップを使ってみた感想やメリットデメリットについて「【使用感想】ロリポップのおすすめプランとメリットデメリット」で詳しく紹介していますので、ロリポップを検討されている方は合わせてご参考いただけたらと思います。
 

ロリポップはこんな人におすすめ

以上を踏まえるとロリポップ(スタンダードプラン)は、下記のような人・法人におすすめです。

ロリポップはこんな人におすすめ

  • できるだけ安く・月額500円くらいからWordPressのサイトを作りたい人
  • 下位プランから小さく始めて規模に応じてサーバーを拡張したい人
  • 店舗ホームページタイプのサイトや地道にブログを始めたい人
  • 不便でない範囲であればサイトの表示速度やスペックを追求しない人
  • 5万PV以内(※)のWebサイトを作るつもりの人

(※)PVはサイトの内容に依存するためあくまで目安です。ネットの情報などを参考に比較的安全目と思われる値で記載。

 

ロリポップの各プランの機能・性能比較

スタンダードプランの他に下位プランであるエコノミープラン、ライトプラン、および上位プランのエンタープライズプランが提供されています。下記は、ロリポップの各プラン比較です。

ロリポップ 契約期間ごとの月額価格

ロリポップ 契約期間ごとの月額価格(2021年12月時点)


 

プラン名 エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン ハイスピードプラン エンタープライズプラン
初期費用 1,650円 1,650円 1,650円 0円 3,300円
月額費用 132円 330円 660円 825円 2,200円
ディスクの種類 SSD SSD SSD SSD SSD
ディスク容量 30GB 160GB 250GB 350GB 1TB(1000GB)
転送容量制限 8TB/月 (266GB/1日相当) 15TB/月 (500GB/1日相当) 24TB/月 (800GB/1日相当) 30TB/月 (1.0TB/1日相当) 36TB/月 (1.2TB/1日相当)
独自ドメイン上限 50個 100個 200個 無制限 無制限
MySQL個数上限 未対応(WordPress不可) 1個 50個 無制限 無制限
PHP(CGI版) あり あり あり ※LiteSpeed版として実装 ※LiteSpeed版として実装
PHP(モジュール版※高速) なし あり あり ※LiteSpeed版として実装 ※LiteSpeed版として実装
PHP(LightSpeed版※最高速) なし なし なし あり あり
WAFのログ検知・個別除外 × ×
メールサポート あり あり あり あり あり
電話サポート なし なし あり あり あり

(※)1年契約の場合の10%税込価格で記載。
(※)2021年12月時点で公式サイトから確認した内容です。
 

この中でのおすすめは、スタンダードプランとハイスピードプランです。

エコノミープランとライトプランは機能性能面を考慮するとあまりおすすめではありません。理由としては、まず月額100円のエコノミープランはWordPressインストールできないため除外します。

また、月額330円のライトプランもMySQLが一個しか利用できないのに対し(※)、月額500円のスタンダードプランは50個インストールできること、加えてサイト高速化につながるPHP(モジュール版)も利用できないためです。
(※)WordPress1つインストールにつき、MySQL1つが推奨されます。
 

なお、ロリポップを使う上でよくおこるのがWAF(サイトの改ざん防止のためのセキュリティ機能の一つ)の誤検知で、通常の管理画面操作やプラグインの操作でも誤検知がしばしば起こります。

その場合は、一時的にWAF無効化もしくはプラグインで除外設定できます。
 

■ロリポップの403エラー画面
ロリポップの403エラー画面
 

WordPressを触っていてWAFが誤検知された場合は、こちらの記事「【ロリポップで403エラーが出た時の対処法】WAFの無効化・除外設定」で回避することができますのでご参考ください。
 

ただし、ハイスピードプラン・エンタープライズの制限事項として、2021年12月時点では、WAF(Web Application Firewall)で検知・防御ログの確認と個別除外設定ができないようになっているようです。
 
403エラーが起きた際はWAFを無効化するか、都度無効化・有効化切り替えなど実施する必要がありますのでご注意ください。
 

 
 

【さくらのレンタルサーバ】個人にも法人にも根強い人気の老舗サーバー

さくらレンタルサーバーの特徴とメリットデメリット

レンタルサーバーさくらレンタルサーバートップページ
 

さくらのレンタルサーバーの概要

項目 内容
初期費用 1,048円(ライト/スタンダード/プレミアムプラン)
5,238円(ビジネスプラン/ビジネスプロプラン)
月額費用 ライトプラン:130円
スタンダードプラン:436円
プレミアムプラン:1,309円
ビジネスプラン:2,182円
ビジネスプロプラン:3,928円
(※)年額一括を月割り換算。小数点切り捨て。
おすすめプラン スタンダードプラン:436円
※複数人が管理する法人の場合はビジネスプラン以上がおすすめ
コメント さくらインターネットが運営する老舗のレンタルサーバー
利用者も多く、以前から高性能・安定稼働の実績があるので、個人も法人も安心して利用できる点が大きいと思います。
WordPressを利用する人でも月額436円のスタンダードプランで費用負担を抑えて運営することができます。
備考
  • バックアップ&ステージング機能あり(ライトプラン除く)(※1)
公式サイト さくらのレンタルサーバ

※1年間契約の場合・税込表示。マネージド専用サーバーは除外。
(参考)さくらのバックアップ&ステージング機能については「【さくらのレンタルサーバ】WordPressバックアップ機能の使い方」をご参照ください。
 
 

さくらレンタルサーバーは、老舗で法人・個人ともに多くの実績を持つ株式会社さくらインターネットが提供するレンタルサーバーです。自前でデータセンターを持ち、レンタルサーバー以外にもVPSや専用サーバーなど上級者向けにサーバーを提供しているのも特徴です。
 

高速の通信回線と高度なセキュリティを備えた創業20年の信頼できるレンタルサーバー。無料SSL、ブログ開設、WordPress、ドメイン取得できます。
趣味から商用利用まで安心して利用できます。

 

また、WordPressで初心者向けのベストセラー「いちばんやさしいWordPressの教本」では、さくらレンタルサーバーを題材にWordPressの作り方を紹介しているのが大きな強みです。
 

 

書籍で、さくらレンタルサーバーの開設手順が詳しく掲載されているので、本の通りやればそのままWordPressでホームページを作成できます。そういった意味で、さくらレンタルサーバーを利用すると、ホームページが作りやすいでしょう。
 

さくらレンタルサーバーのメリットとデメリット

さくらレンタルサーバーを使ってみた感想(スタンダードプランを使用)としては、安価に利用できる手堅いレンタルサーバーといった感じです。

「サーバー性能・処理速度の速さ」とか「管理画面がわかりやすさ」といった意味では「一番良い」といった感じではありませんが、昔からあるサーバーで本やネットにも情報が多く利用者も多いので安心して使えるのではないかなと思います。

さくらレンタルサーバーの具体的なメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
さくらレンタルサーバーの特徴
  • 老舗で自前のデータセンターも所有しているので個人・法人ともに安心して利用できる
  • ネットや本などで情報がたくさん掲載されている
  • 月額100円台や500円台の安価に利用できるプランが用意されている
  • 法人向けにビジネス、ビジネスプロプランやマネージド専用サーバーなど豊富なラインナップが用意されてる
  • 初心者にとってわかりやすいサーバーというわけではない
  • プラン変更が途中でできない(新規契約&移行の必要がある)
  • 機能・性能面で最も良いサーバーというわけではない
  • アダルトサイト運営は不可

 

さくらインターネットのレンタルサーバーは、ディスク制限・データベース・転送容量制限値が他のレンタルサーバーよりも大きい印象がありましたが、ここ2,3年で大きくスペックアップしました。

「さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ」転送量の目安値増量について
ウェブアプリケーションの多様化等により、昨今のウェブ転送量は増加傾向にあります。さくらのレンタルサーバでは、お客さまにより快適にサービスを利用いただくため、昨年10月の増量※1に引き続き、さらに転送量を引き上げることといたしました。

さくらインターネット 上限緩和比較表

(※)2021年3月25日 | 【さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ】転送量目安値の増量についてより引用

とはいえ、現時点でサーバーのプラン変更ができない点や、複数ドメイン運用時に管理画面上からドメイン指定でPHPのバージョン変更ができない点など、少し不便なところもまだ残っています。今後の改善にも期待です。

さくらレンタルサーバー(スタンダードプラン)を使ってみた感想やメリットデメリットについて「【使用感想】さくらレンタルサーバーのおすすめプランとメリットデメリット」で詳しく紹介していますので、さくらのレンタルサーバーを検討されている方は合わせてご参考いただけたらと思います。
 

さくらのレンタルサーバーはこんな人におすすめ

以上を踏まえるとさくらのレンタルサーバー(スタンダードプラン)は下記のような人・法人におすすめです。

さくらレンタルサーバーはこんな人におすすめ

  • 店舗ホームページタイプのサイトや地道にブログを始めたい人
  • 不便でない範囲であればサイトの表示速度やスペックを追求しない人
  • 5万PV以内(※)のWebサイトを作るつもりの人
  • WordPressの書籍「いちばんやさしいWordPressの教本」を見ながらそのまま進めたい人
  • より価格・コストパフォーマンス重視の人

(※)PVはサイトの内容に依存するためあくまで目安です。ネットの情報などを参考に比較的安全目と思われる値で記載。

 

さくらレンタルサーバーの各プランの機能・性能比較

下記は、さくらレンタルサーバーのプラン比較です。

さくらのレンタルサーバ 契約期間ごとの月額費用

契約期間ごとの月額費用(2021年12月時点)※マネージドプラン除く

さくらは、スタンダードプランの他に下位プランであるライトプラン、および上位プランのプレミアムプラン、ビジネスプラン、ビジネスプロプラン、さらに一台専有タイプのマネージドプランが提供されています。

プラン名 ライトプラン スタンダードプラン プレミアムプラン ビジネスプラン以上
初期費用 1,048円 1,048円 1,048円 5,238円~
月額費用(※) 130.9円 524円 1,571円 2,619円〜
ディスク種類 HDD HDD(DBサーバーのみSSD) HDD HDD〜
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB〜
転送容量制限 200GB/1日 700GB/1日 800GB/1日 900GB/1日
独自ドメイン上限 20個 200個 300個 400個〜
MySQL個数上限 未対応(WordPress不可) 50個 100個 200個〜
PHP(CGI版) あり あり あり あり
PHP(モジュール版) なし あり あり あり
メールサポート あり あり あり あり
電話サポート あり あり あり あり

(※)ライトプランは年間払いのみ。スタンダードプラン以上は月額費用が年間一括払いで記載の価格からさらに2ヶ月分安くなります。
(※)2021年12月時点で公式サイトから確認した内容です。1年契約の場合の10%税込価格で記載。
 

この中でライトプランは、WordPressに対応していないので除外します。WordPressを今すぐ使わない場合でも、また後からプラン変更があとからできないことを考慮すると、ライトプランよりもスタンダードプランがおすすめです。また、ビジネスプラン以上は企業向けのハイエンドタイプのため、新規で通常のホームページ・ブログを作るという人は除外して良いでしょう。
 

さくらレンタルサーバーの詳細は「さくらのレンタルサーバ」からご確認ください。
 
 

さくらはインフラ事業者として様々なサービス・実績があります

余談ですが、さくらインターネットは、レンタルサーバーの他にもVPSやクラウド・専用サーバーなど、法人向けの様々なインフラサービスを提供しており、自前のデータセンター(サーバー専用の建物)を所有している点も強みです。

実際、2018年に北海道で起きた大きな地震の際も、自前の予備電源で60時間の停電を乗り切り、大きな障害を起こすことなくサービスを継続することができたのが以前話題になりました。
 

2018年9月6日に北海道を襲った震災により、停電状態に陥ったさくらインターネットの石狩データセンターに対し、9月8日ようやく電力供給が再開された。想定を超えた約60時間を非常用電源設備で乗り切り、インフラ事業者としての矜持を見せた石狩データセンターの「奇跡」について、改めてきちんと説明していきたいと思う。
約60時間を非常用電源設備で乗り切った石狩データセンターの奇跡より引用

 

さくらのレンタルサーバーで独自ドメイン取得〜WordPressインストールまでの手順を「【さくらレンタルサーバー】WordPress独自ドメインインストール手順」に記載しています。さくらのレンタルサーバーを契約してWordPressをインストールする際にご参考ください。
 

まとめ

ロリポップ対さくらインターネット
 

まとめです。今回は、レンタルサーバーサービスを提供している「ロリポップ」と「さくらレンタルサーバー」で比較しました。
 

ロリポップ さくらレンタルサーバー比較
 

ロリポップはこんな人におすすめ

  • サーバー管理画面が初心者向けで少しでも簡単な方が良い人

ロリポップ!

 

さくらレンタルサーバーはこんな人におすすめ

  • 少しでも安い方が良い人

さくらのレンタルサーバ

 

(※)ロリポップ、スタンダードプラン共にスタンダードプランの想定での比較です。
 

両レンタルサーバーの比較表のまとめです。こうしてみると、値段はさくらレンタルサーバーに軍配が上がる一方で、サーバー性能(機能)はロリポップに軍配が上がっています。

項目 ロリポップ
(スタンダードプラン)
さくらレンタルサーバー
(スタンダードプラン)
値段
無料独自ドメイン ×
Webサーバーソフトウェア
ディスクについて
転送容量について
無料SSL
マルチドメイン・MySQLについて
バックアップについて
FTPアカウント数
プラン変更について
ドメインごとのPHP変更
メールサポート
電話サポート
公式はこちら ロリポップ! さくらのレンタルサーバ

 

うーん、やっぱり悩みますね。

正直なところ、携帯でいうと「docomo」と「softbank」と「au」のどれがおすすめかというのと、同じくらい大きな差はありません。サクッと決めて、中身のWebサイト作りに力を入れていった方が良いでしょう

 

基本的にさくらレンタルサーバーもロリポップも十分良いサービスですので、どちらを選んでも大きな失敗の可能性は低いでしょう。自分にあったレンタルサーバーを使ってみてください。
 

 

 

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

今回は、レンタルサーバーのうち、ロリポップとさくらのレンタルサーバで比較しましたが、そのほかのレンタルサーバー含めた比較をされている方は、「【WordPressおすすめレンタルサーバー比較5社 総まとめ】」にエックスサーバー・ロリポップ・さくらインターネットおよびConoHa、mixhostで5社で料金・機能比較していますので、是非ご参照ください。

 


 

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2021年版】WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ

WordPress(ワードプレス)の使い方  総まとめ版

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-レンタルサーバー
-, ,