バリューサーバーvalueserverの特徴 評判・メリット・デメリット

本記事は広告が含まれる場合があります レンタルサーバー

【格安】バリューサーバーの評判やデメリット

今回は、GMOデジロック社のバリューサーバーの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。
 

結論から言うと、今から契約するなら、同GMOデジロック社の「コアサーバー」をはじめ、ロリポップやConoHa WINGなど、そのほかのレンタルサーバーの方がおすすめです。

しかし、個人・趣味サイト目的で格安プランを契約するならバリューサーバーで安価に運用できるメリットもあります。今回バリューサーバーに興味を持っている人向けにバリューサーバーの評判・口コミや特徴をご紹介します。
 

おすすめレンタルサーバー比較

おすすめのレンタルサーバーについては「【総まとめ版】人気レンタルサーバーおすすめ比較12選」をご参照ください。

 

 

本記事記載の内容は、2023年9月15日時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトで確認するようにしてください。

 

バリューサーバーの特徴や評判・口コミ

バリューサーバーの評価(当社独自)
おすすめ度:

GMOデジロック社の格安レンタルサーバー。短期間契約で格安で利用したい場合におすすめ。

おすすめプラン エコプラン
プラン 初期費用 月額費用 WordPress 無料ドメイン バックアップ
まるっと 0円 137円〜(※注) ×
エコ 1,100円 183円〜 ×
スタンダード 2,200円 366円〜 ×
ビジネス 3,300円 1,760円〜 ×

(※)まるっとプランは独自ドメイン+サーバー代のセット価格


 

バリューサーバーは、GMOデジロックが運営する格安のレンタルサーバーです。

プランは、「まるっとプラン」「エコプラン」「スタンダードプラン」「ビジネスプラン」の4つが用意されています。なお、「まるっと」は独自ドメインとサーバー代のセットで提供しています。

今どきの最新性能・機能といった感じのサーバーではなく1世代前の格安サーバーといった印象で、今から契約するなら、同GMOデジロック社の「コアサーバー」をはじめ、エックスサーバーやConoHaWINGなど、そのほかのレンタルサーバーの方がおすすめです。
 

バリューサーバーの評判・口コミ

ネット上のバリューサーバーの評判としては、ほぼほぼ「安価に利用できて嬉しい」といった声に集約できます。

月額183円からWordPressを利用できるので、同じ格安サーバーであるスターサーバーやロリポップのライトプラン(月額220円〜)などと比較しても特に安価に利用できます。

一方よくない口コミや不満の声としては「サイト表示が遅い」「遅すぎてエラー(Internal Server Error 500)が出た」や、「使いにくい」「サポート面・セキュリティ面が不安」といった声がありました。

バリューサーバーは安価であるというメリットがある一方、良くも悪くも格安レンタルサーバーです。

月額100〜200円の予算くらいでレンタルサーバーを検討するならおすすめですが、安定性や速度、サポートを求めるなら月額500円以上のコアサーバーやロリポップやエックスサーバーなどの方がおすすめです。
 

バリューサーバーのプラン詳細とおすすめプラン

バリューサーバーのプランは下記の通りです。小さなWordPress1サイトという用途であればエコプランがおすすめです。

プラン名 まるっと エコ スタンダード ビジネス
初期費用 0円 1,100円 2,200円 3,300円
月額費用 137円〜(※注1) 183円〜 366円〜 1,760円〜
Webサーバー Apache Apache Apache Apache
ディスク容量 25GB 200GB 400GB 800GB
WordPress
マルチドメイン 5個 25個 無制限 無制限
MySQL上限 1個 1個 無制限 無制限
自動バックアップ ◯(15世代) ◯(15世代) ◯(15世代) ◯(15世代)
バックアップデータ受渡
メールアドレス作成 3 100 無制限 無制限
メールサポート
電話サポート × × × △(コールバック予約必要)

(※注1)まるっとは、独自ドメイン取得+サーバー代のセット価格。(※)2024年5月1日時点の税込表示


 

サーバー性能・機能的には、XREA以上・コアサーバー以下といった感じです。プラン変更には対応していないため注意しましょう。

プラン変更について
料金の違うプラン間の移行は残念ながら対応いたしておりません。また、料金差分のみでのアップグレードなども対応いたしておりません。
新規サーバー取得を行なっていただき、再設定およびデータ移動を行なっていただく必要がございます。

よくある質問 | バリューサーバーより引用

 

バリューサーバーを利用するメリットとデメリット

バリューサーバーを利用するメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
バリューサーバーの特徴
  • 格安(月額183円〜)でWordPressサイトを利用できる
  • 機能・性能面で期待はあまりできない
  • プラン変更ができない
  • 電話サポートがない
  • WAF対応(セキュリティ対策の一つ)していない

 

バリューサーバーを利用するメリット

大きなメリットとしては、格安(月額183円〜)でWordPressサイト利用できる点です。

他の格安で利用できるサーバーとして有名なスターサーバーのライトプランやロリポップのライトプラン(月額220円〜)、さくらのスタンダードプラン(月額425円〜)などと比較しても特に安価に利用できるのが大きなメリットです。

バリューサーバー
エコプラン
スターサーバー
ライトプラン
ロリポップ
ライトプラン
さくらサーバー
スタンダード
月額
料金
183円〜 220円〜 220円〜 465円〜

 

バリューサーバーを利用するデメリット

バリューサーバーを利用するデメリットとしては、主に下記のような点があります。

  • 機能・性能面で期待はあまりできない
  • プラン変更ができない
  • 電話サポートがない
  • WAF対応(セキュリティ対策の一つ)していない

機能・性能面で期待はあまりできない

一つ目は、機能・性能面で期待はあまりできないという点です。

月額183円〜WordPressを利用できるという大きなメリットがある一方、月額500円程度の中位プランで比較すると他社と比較してやや機能・性能・サポート面が弱いです。

安さも重要視しつつ機能や性能を求めるなら、同GMOデジロック社のコアサーバーをはじめ、人気サーバーのエックスサーバーやConoHaWINGの方が機能・性能・サポート面で充実しており、コストパフォーマンス的にもおすすめです。
 

プラン変更ができない

二つ目のデメリットとして、プラン変更ができない点があります。

ロリポップの場合はプランのダウングレードやアップグレードが可能なので月額220円のライトプランからスタートしてサイト規模に応じてスタンダードプラン→ハイスピードプランと徐々にスケールアップが可能です。

一方、バリューサーバーはプラン変更ができないので、小さいプランから始めてサイト規模に応じたアップグレードができないため、規模が大きくなるかもしれないサイトではデメリットと言えます。
 

電話サポートがない

三つ目のデメリットとして、電話サポートがない点があります。

多くのサーバーでは、中位プラン以上の場合は電話サポートがあるところも多いですが、バリューサーバーの場合は中位プランのスタンダードプランや上位プランのビジネスプランでも電話サポートはありません。

そのため、サポートを重要視する方にはあまりおすすめできません。
 

WAF対応(セキュリティ対策の一つ)していない

四つ目のデメリットとして、WAF対応(Web Application FireWall)していない点が挙げられます。

近年、WordPressのハッキング被害が相次いでおり、WAFやIDS、海外アクセス拒否などのセキュリティ機能が重要視されています。

WAFは有名なセキュリティ機能の一つですが、バリューサーバーの場合は対応していません。

そのため、セキュリティ機能を重要視している方にとっては、コアサーバーやエックスサーバーやロリポップなどのWAFが標準装備されているサーバーを検討してみると良いでしょう。
 
(関連)【コアサーバー】CoreServerの評判・特徴やv1とv2の違い
(関連)【エックスサーバー評判】特徴とおすすめプラン・メリットデメリット
(関連)【ロリポップ評判】特徴・おすすめプランとメリットデメリット
 

バリューサーバーとその他の格安サーバー

下記はバリューサーバーとその他の有名格安サーバーの一覧です。

項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 WordPress ストレージ容量 Webサーバー 転送容量制限 マルチドメイン MySQL 独自SSL メールアドレス作成 自動バックアップ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
エコノミー
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのロリポップ最安プラン。ロリポップはシェア・知名度もあるので同価格帯なら一番おすすめ 99円 無料 × 120GB Apache 無制限 50個 0個 ドメイン毎20個
(オプション330円/月)
× ◯(上位プランのみ)
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
ライトプラン
公式サイト
WordPressが利用できる格安プラン。趣味・個人活動サイトにおすすめ。ロリポップはシェア・知名度もあるので同価格帯なら一番おすすめ 220円 無料 350GB Apache 無制限 200個 50個 無制限
(オプション330円/月)
× ◯(上位プランのみ)
コアサーバー
コアサーバーロゴ
CORE-MINI
公式サイト
WordPressが利用できるコアサーバー格安プラン。従来スペックプランV1内でしかプラン変更できない点に注意 220円 0円 200GB Apache 基本制限なし 50個 10個 200個 ◯(15世代) × ◯(注:V1プラン内のみ)
コアサーバー
コアサーバーロゴ
CORE-X
公式サイト
WordPressが利用できるコアサーバーV2プラン。無料ドメインもありおすすめ 390円 1,650円 400GB LiteSpeed 無制限 無制限 無制限 無制限 ◯(15世代) × ◯(注:V2プラン内のみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
エコノミープラン
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのスターサーバー最安プラン 138円 1,650円 × nginx+Apache 20GB 200GB/1日 20個 0個 200個 × × × ◯(上位プランのみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
ライトプラン
公式サイト
WordPressが利用できる格安プラン。趣味・個人活動のサイト作成におすすめのプランで同価格帯では性能が高いのが強み 220円 1,650円 160GB nginx+Apache 500GB/1日 50個 1個 500個 × × × ◯(上位プランのみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
スタンダードプラン
公式サイト
WordPressサイトを複数利用する場合におすすめのプラン上位プランにアップグレード不可の点に注意。 440円 1,650円 200GB nginx+Apache 700GB/日 無制限 30個 1,000個 × × × ×
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
ライトプラン
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのさくら最安プラン 121円 0円 × 100GB nginx+Apache 無制限 20個 0個 無制限 × ◯(上位プランのみ)
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
スタンダードプラン
公式サイト
WordPressを複数サイト運営する場合におすすめのプラン 500円 0円 300GB nginx+Apache 無制限 200個 50個 無制限 ◯(設定要) △(コールバック予約) ◯(上位プランのみ)
バリューサーバー
バリューサーバーロゴ
エコ
公式サイト
WordPressが183円から利用できる超格安プラン。プラン変更できないので注意。 183円 1,100円 200GB Apache 基本制限なし 25個 1個 100個 ◯(15世代) × × ×
XREA
XREA ロゴ
XREA Plus
XREA
WordPressが利用できる趣味・個人サイトにおすすめの格安プラン。上位プランがないので注意。 209円 0円 200GB Apache 無制限 64個 10個 100個 ◯(15世代) × × ×
項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 WordPress ストレージ容量 Webサーバー 転送容量制限 マルチドメイン MySQL 独自SSL メールアドレス作成 自動バックアップ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否

※2024年5月1日時点の3年契約税込表示


 

主に格安で有名なレンタルサーバー(下位プラン)を中心に挙げています。

なお、格安サーバーに関する特徴や詳細は「【安いサーバー】おすすめ格安レンタルサーバー比較」をあわせてご参照ください。
 

まとめ

まとめです。今回は、GMOデジロック社のバリューサーバーの特徴やメリットデメリットをご紹介しました。

結論から言うと、今から契約するなら、同GMOデジロック社のコアサーバーや、そのほかのレンタルサーバーの方がおすすめです。

しかし、バリューサーバーも安価に利用できるメリットがあります。

バリューサーバーは、個人・趣味サイト目的で下位プラン(エコプラン)利用想定であれば、月額183円からWordPressを利用できる点が大きなメリットです。

一方、デメリットとしては、中位プラン以上で比較すると他社と比較してやや機能サポート面が弱く、プラン変更ができない点などいくつかあります。

同GMOデジロック社のコアサーバーをはじめ、人気サーバーのロリポップやConoHaWINGの方が機能・性能・サポート面で充実しています。

 

なお、バリューサーバー以外のおすすめレンタルサーバーを下記に紹介していますので、ご興味ある方は合わせてご参照ください。
【総まとめ版】人気レンタルサーバーおすすめ比較12選
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 


 

検索して記事を見つける

探したいキーワードを入力・検索して記事を見つけたい方はこちら

-レンタルサーバー