格安レンタルサーバー比較 おすすめ 6選紹介

本記事は広告が含まれる場合があります レンタルサーバー

【安いサーバー】おすすめ格安レンタルサーバー

個人の方で、趣味や勉強でホームページ・ブログを始めたいけれど、できるだけ費用を抑えて運営したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レンタルサーバーには法人・ビジネス用途から個人向けまで色々なサービスが提供されていますが、できるだけ安価にホームページ・ブログを始めたい方には月額100円〜400円くらいの価格帯の格安レンタルサーバーも選択肢の一つです。

今回は個人ユースを想定しておすすめの格安レンタルサーバーをご紹介します。

レンタルサーバーの価格帯別傾向(格安レンタルサーバー)

合わせて読みたい記事

今回は月額100〜400円程度の格安レンタルサーバーをご紹介していますが、月額500円〜1000円の価格帯のレンタルサーバー、月額2000〜5000円の法人向けレンタルサーバーを下記のご紹介していますので、安定稼働・高速表示を求める方は下記も合わせてご参考いただければ幸いです。

サーバー 公式サイト キャンペーン内容 期間
エックスサーバー
エックスサーバー
公式サイト 最大30%オフ!月額693円〜利用できる冬のトク割キャンペーン 2024年2月26日(月)12:00まで
ConoHaWING
ConoHa ロゴ
公式サイト 最大55%オフ!月額643円~Blog Creatorリリース記念キャンペーン 2024年2月28日(水) 16:00まで
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
公式サイト 契約期間最大2倍キャンペーン(2倍:エコノミー・ライト・スタンダード:1、3、6ヵ月契約、6ヶ月延長:ハイスピード:12、24、36ヵ月契約) 2024年5月6日(月)23:59まで
シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
公式サイト 12ヶ月以上契約で初回契約30%オフ!《月額539円〜》キャンペーン 2024年3月4日(月)12:00まで
さくらレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
公式サイト
mixhost
mixhost ロゴ
公式サイト 最大70%OFF!月額968円(税込)〜使える初回割キャンペーン 現時点で期限なし

※(更新日)2024年2月20日。キャンペーンは予告なく終了される場合があります。適用条件含めた最新の正確な情報は各公式サイトをご確認ください。

本記事記載の内容は、2023年9月15日時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトで確認するようにしてください。

格安レンタルサーバーおすすめプラン比較表

今回ご紹介する格安レンタルサーバーの一覧を下記に記載します。月額100円代は基本的にWordPress・データベースは利用できず、HTML・CSSなどの静的サイトやメール利用目的に適しています。

月額200円〜400円台になるとWordPressも利用できるようになりディスク容量も余裕が出てくるのでコストパフォーマンスが高くなる傾向があります。

項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 WordPress ストレージ容量 Webサーバー 転送容量制限 マルチドメイン MySQL 独自SSL メールアドレス作成 自動バックアップ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
エコノミー
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのロリポップ最安プラン。ロリポップはシェア・知名度もあるので同価格帯なら一番おすすめ 99円 無料 × 120GB Apache 無制限 50個 0個 ドメイン毎20個
(オプション330円/月)
× ◯(上位プランのみ)
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
ライトプラン
公式サイト
WordPressが利用できる格安プラン。趣味・個人活動サイトにおすすめ。ロリポップはシェア・知名度もあるので同価格帯なら一番おすすめ 220円 無料 350GB Apache 無制限 200個 50個 無制限
(オプション330円/月)
× ◯(上位プランのみ)
コアサーバー
コアサーバーロゴ
CORE-MINI
公式サイト
WordPressが利用できるコアサーバー格安プラン。従来スペックプランV1内でしかプラン変更できない点に注意 220円 0円 200GB Apache 基本制限なし 50個 10個 200個 ◯(15世代) × ◯(注:V1プラン内のみ)
コアサーバー
コアサーバーロゴ
CORE-X
公式サイト
WordPressが利用できるコアサーバーV2プラン。無料ドメインもありおすすめ 390円 1,650円 300GB LiteSpeed 10TB/月 無制限 無制限 無制限 ◯(15世代) × ◯(注:V2プラン内のみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
エコノミープラン
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのスターサーバー最安プラン 138円 1,650円 × nginx+Apache 20GB 200GB/1日 20個 0個 200個 × × × ◯(上位プランのみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
ライトプラン
公式サイト
WordPressが利用できる格安プラン。趣味・個人活動のサイト作成におすすめのプランで同価格帯では性能が高いのが強み 220円 1,650円 160GB nginx+Apache 500GB/1日 50個 1個 500個 × × × ◯(上位プランのみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
スタンダードプラン
公式サイト
WordPressサイトを複数利用する場合におすすめのプラン上位プランにアップグレード不可の点に注意。 440円 1,650円 200GB nginx+Apache 700GB/日 無制限 30個 1,000個 × × × ×
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
ライトプラン
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのさくら最安プラン 131円 0円 × 100GB nginx+Apache 無制限 20個 0個 無制限 × ◯(上位プランのみ)
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
スタンダードプラン
公式サイト
WordPressを複数サイト運営する場合におすすめのプラン 425円 0円 300GB nginx+Apache 無制限 200個 50個 無制限 ◯(設定要) △(コールバック予約) ◯(上位プランのみ)
バリューサーバー
バリューサーバーロゴ
エコ
公式サイト
WordPressが183円から利用できる超格安プラン。プラン変更できないので注意。 183円 1,100円 200GB Apache 基本制限なし 25個 1個 100個 ◯(15世代) × × ×
XREA
XREA ロゴ
XREA Plus
XREA
WordPressが利用できる趣味・個人サイトにおすすめの格安プラン。上位プランがないので注意。 209円 0円 200GB Apache 無制限 64個 10個 100個 ◯(15世代) × × ×
項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 WordPress ストレージ容量 Webサーバー 転送容量制限 マルチドメイン MySQL 独自SSL メールアドレス作成 自動バックアップ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否

※2024年2月20日時点で調べた3年契約税込表示。最新の正確な情報は公式サイトをご確認ください。

※価格帯が400円台までのレンタルサーバーを紹介しています。もっともコストパフォーマンスの良い500円〜1,000円のおすすめレンタルサーバーの比較については「【徹底解説】レンタルサーバーおすすめ比較7選WordPress対応」をご参照ください。

格安レンタルサーバーの特徴・メリットとデメリット

格安レンタルサーバーのメリットとデメリット

格安レンタルサーバーは、安いという特性上どうしてもスペック・機能は低くなりがちですが、収益目的でない小規模な趣味のサイトやサイトが不安定・遅い時があっても問題(クレーム)や機会損失になりにくいサイトなどで向いています

項目評価コメント
価格100円〜300円程度で利用できる
WordPress100円台は非対応・200〜300円台は対応の場合が多い
サイト表示速度遅い〜普通
サーバー性能基本的に最低限の機能が多く、複数サイト・大規模サイト運営には不向き
バックアップなしor有料オプション
サポートメールのみ(電話なし)
こんな方におすすめ-趣味サイト・非収益目的サイト・サークルや同好会サイトなど

格安サーバーをおすすめできる方

  • 多少サイト表示が遅い/不安定でも問題になりにくい(機会損失になりにくい)サイトを作る場合
  • アクセス数がある程度多くない想定のサイトの場合(月1万PVもいかない規模のサイト)
  • 大学・趣味のサークルなど収益化が見込めないサイトでできるだけ安価に運営したい方
  • 勉強・検証目的のサイトを作りたい方
  • WordPressなどのシステムを入れずHTML・CSSなどの静的サイトで十分な方

格安レンタルサーバーのメリット

格安レンタルサーバーのメリットは、なんといっても安いことです。

格安レンタルサーバーのメリット

  • 月額費用が安価に運営できる
  • 完全無料サーバーと違ってサポートがある・実用レベルのサイトが運営できる
  • 小さく始めて状況に応じてアップグレードなどコストを抑えながら運営できる

無料レンタルサーバーの場合、広告表示がついたり放っておくとサイト凍結されたりサポートなしなど実用レベルには向いていませんが、格安の場合はちゃんとメールサポートがあったりしっていますので、実用レベルのサイトを運用することができます。

また、ロリポップをはじめ、多くのレンタルサーバーは、上位プランへのアップグレードができます。

小さく初めてサイトが育ったらプランをアップグレードするというやり方を取ることで、コストを最小限に抑えながら運営することができます。

格安レンタルサーバーのデメリット

格安レンタルサーバーのデメリットは、スペック・機能の低さ、サポートの弱さなどが代表的です。

基本的にメールサポートはあるものの、基本的に電話サポートがなく、基本的に何かを犠牲にすることで価格を抑えているため、手厚い環境を求める場合には向いていません。

またサーバー側でバックアップがとられていないもの多いので、基本的に自分でデータのバックアップはしっかりとっておく必要があります。

格安レンタルサーバーのデメリット

  • スペック・機能が低く、サイト表示が遅い・不安定な傾向がある
  • バックアップ環境がなかったり、電話サポートがなかったりサポート体制は薄い傾向がある

上記を考慮すると、基本的にビジネス用途・サイトに問題が起こるとクレーム・機会損失になりやすいサイトを運用する場合は、格安レンタルサーバーよりも月額500〜1000円台の中価格帯のレンタルサーバーがおすすめです。

無料サーバーと有料サーバーの違いとデメリット

今回は月額100円〜400円程度の費用がかかる格安サーバーをご紹介していますが、なかには無料で提供しているレンタルサーバーもあります。

無料サーバーと有料との違い・デメリット

WordPressでブログやホームページを作りたいに「できれば費用をかけずに始めたい」と思うかもしれませんが、一般的に、サーバーの機能性能が著しく低く、関係ない広告が表示されるなどの制限があります。

無料レンタルサーバーのデメリットとしては、関係ない広告が表示されたり、ディスク容量が1〜2GBと極端に少ない、サポートなし、サーバーが不安定などデメリットが大きいです。

ですので、勉強や検証・お試し目的にはおすすめですが、それ以外でビジネス用途やブログアフィリエイト目的、趣味サイトでも1年以上など長く運用する想定の場合は有料のレンタルサーバーがおすすめです。

なお、無料レンタルサーバーとして国内で有名なのはエックスサーバー社のXFREEや、GMO社のXREA(エクスリア)、ネットオウルシャ社のスターサーバーフリーがあります。

無料レンタルサーバーについて詳しくは「【無料レンタルサーバー】有料版との違いや特徴・デメリット」をご参照ください。
 

ここからは格安レンタルサーバーについてご紹介していきます。

【ロリポップ!】GMOペパボが運営する人気サーバー

レンタルサーバーロリポップトップページ

ロリポップの概要

項目 内容
公式サイト ロリポップ公式サイト
コメント GMOペパボ運営の老舗レンタルサーバー。ここ数年でサーバー性能の大幅強化により安価&高性能に
おすすめ:ハイスピード
メリット
  • 初心者でも安価&簡単にWordPressを始められる
  • ハイスピードプラン以上は独自ドメイン2つ永久無料&バックアップ標準装備
  • 月額220円〜のライトプランからWordPressを使える
  • サポート対応が手厚い(土日祝含め原則24時間返答※スタンダード以下は48時間以内)
デメリット
  • 3年未満の契約の場合に月額料金が割高
  • スタンダードプラン以下はバックアップなし&無料独自ドメインなし
  • ハイスピードプランもバックアップの復元にサポートへ連絡必要
プラン 月額費用 WordPress 無料ドメイン バックアップ
エコノミードプラン 99円〜 × × ×
ライトプラン 220円〜 × ×
スタンダードプラン 440円〜 × ×
ハイスピードプラン 550円〜 ◯(2個)
エンタープライズプラン 2,200円〜 ◯(2個)

※初期費用は全プラン無料

ロリポップ!は、GMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。格安として有名ですが最近はスペック・高速化環境にも力を入れていて、性能&コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーです。

管理画面がわかりやすく比較的直感的に操作でき、サーバー性能的にも通常のホームページを運営する分には全く問題ないので、初心者におすすめのサーバーです。

また、国内シェア第2位のポジションでシェアが多いので、他の格安サーバーと比較して店舗・小さいビジネス(個人事業主) や法人利用も多くサポートも慣れているのが強みです。

2023年日本のホスティング会社。シェアNo2 ロリポップ

2023年時点の国内シェア hostadviceより引用

ロリポップ!公式サイトはこちら

ロリポップ提供プランとおすすめプラン

ロリポップでは、下位プランであるエコノミープラン(WordPress不可)・ライトプランのほかに、ベーシックプラン(旧ハイスピードプラン)・エンタープライズプランが提供されています。

目的別ロリポップのおすすめプラン

一番おすすめは、無料独自ドメイン(年額1,500円〜2,000円程度が無料)ががついている「ベーシックプラン(旧ハイスピードプラン)」です。WordPress高速化・自動バックアップが付いている点を考慮すると機能と価格のバランスが良いです。

一方月額100円〜200円台の格安で利用する前提で、趣味やサークルなどの非営利、小規模型のホームページをWordPressで1つ運営する目的なら月額220円〜のライトプランがおすすめです。なおエコノミープラン(月額98円〜)はWordPressが利用不可な点に注意。

ロリポップは3年契約が最もコストパフォーマンスが高い

ロリポップ 契約期間ごとの月額価格
ロリポップ 契約期間ごとの月額価格

ロリポップの場合、契約期間が長いほど月額費用が安くなる傾向がかなり強いです。

特にベーシックプランは、期間を長くすると価格が安くなる傾向が大きいため、長期間契約のメリットが大きくなります。逆に、3年契約未満は月額費用が高い目になるため、ロリポップを契約するなら3年契約の方が良いでしょう。

ロリポップを使った感想・評判・口コミ

ロリポップを使ってみた感想としては、月額200円〜月額500円くらいの予算ならロリポップが第一候補という印象です。

昔は「いかにも格安」「安いけど性能・安定性は微妙・・」といった感じでしたが、ここ2,3年で見た目も性能も大幅にアップしたため、一般的なホームページやブログを運営する分には全く問題ないと思います。  

反面、ベーシックプラン以上(旧ハイスピードプラン以上)でPHP設定やセキュリティ周りで一部使えなくなる機能がある(後述)ことがまだ改善事項だなと感じられました。

(体験談)過去サポートで問い合わせた際の対応は丁寧で早かった

2017年〜2018年頃の話になりますが、ホームページ制作でロリポップを利用していた頃、夜の時間帯になると表示にかなり時間がかかる(5秒〜10秒ほど)トラブルがありました。

その際、サポートに問い合わせたところ、「ご利用のサーバーが高負荷だったため、別の負荷の低いサーバーに移設させていただきます」との回答がすぐにありスムーズにサーバー移設してもらいました。

この度はお問合せいただき、誠にありがとうございます。 カスタマーサービス ●●よりご案内いたします。 お問合せいただきました件に関しまして確認いたしましたところご利用いただいておりますサーバー(●●)にて高負荷が発生しておりました。そのためサイトの表示に時間がかかっていた可能性がございます。 お客様にはご迷惑をおかけ致し申し訳ございません。つきましては、負荷の低いサーバーへの移設をご提案させていただきたく存じます。 移設につきましては弊社にて対応を行わせていただき費用は発生いたしません。 >まだ、立ち上げたばかりでアクセスもほとんどない状況なのですが、サイトの表示がタイミングによって著しく遅い件(10秒以上かかることがたびたびおこる)についてご確認いただきたくご連絡させていただきました。...(以下略) (当時のサポート問い合わせメールの回答から抜粋)

当時は高負荷なサーバー(?)と思いましたが、サポートデスクの返事は早かったです。2020年頃からサーバースペックも上がり、当時のような現象は少ないのではないのかなと思います。

ロリポップの各プランスペック比較

下記はロリポップの各プランのスペック比較です。格安でWordPress利用前提なら月額220円〜のライトプランが有力です。

プラン名 エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン ハイスピードプラン エンタープライズプラン
概要 おすすめ度
主な使用用途 メールアドレス利用・静的サイトにおすすめ 趣味のホームページにおすすめ 趣味・ビジネス用ホームページにおすすめ 無料ドメイン付きの一番コスパの良いプラン 大規模サイト・法人サイトにおすすめ
料金・価格 初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額費用 99円〜 220円〜 440円〜 550円〜 2,200円〜
無料独自ドメイン × × × 2個 2個
Webサーバー機能 WordPress ×
利用不可

可能

可能

可能・最高速

可能・最高速
ストレージ種類
SSD

SSD

SSD

SSD

SSD
ストレージ容量
120GB

350GB

450GB
◯+
500GB

1.2TB(1200GB)
転送容量制限
無制限

無制限

無制限

無制限

無制限
Webサーバーソフトウェア
Apache

Apache

Apache

LiteSpeed

LiteSpeed
独自ドメイン上限
50個

200個

300個

無制限

無制限
MySQL個数上限 ×
未対応
(WordPress不可)

50個

100個

無制限

無制限
PHP
(CGI)

(CGI+Module)

(CGI+Module)

(LiteSpeed)

(LiteSpeed)
WAFのログ検知・個別除外 × ×
Webフォント提供 × × × × ×
メール機能 メールアカウント作成数制限 20個/1ドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限
メールボックス容量 1GB/1アドレス 5GB/1アドレス 5GB/1アドレス 20GB/1アドレス 20GB/1アドレス
メール1通のサイズ制限 100MB/送受信 100MB/送受信 100MB/送受信 100MB/送受信 100MB/送受信
メール送信数制限 100送信/時間
1,000送信/日
300送信/時間
3,000送信/日
1,000送信/時間
10,000送信/日
1,000送信/時間
10,000送信/日
1,000送信/時間
10,000送信/日
メーリングリスト機能 ◯(1件)
1リスト500アドレスまで
◯(5件)
1リスト500アドレスまで
◯(10件)
1リスト500アドレスまで
◯(20件)
1リスト500アドレスまで
◯(30件)
1リスト500アドレスまで
メールマガジン機能 ◯(1件)
1メルマガ500アドレスまで
◯(5件)
1メルマガ500アドレスまで
◯(10件)
1メルマガ500アドレスまで
◯(10件)
1メルマガ500アドレスまで
◯(30件)
1メルマガ500アドレスまで
サポート面 自動バックアップ × オプション × オプション × オプション
無料(復元も無料)

無料(復元も無料)
メールサポート ◯(24時間受付
&48時間以内返答)
◯(24時間受付
&48時間以内返答)
◯(24時間受付
&48時間以内返答)
◯(24時間受付
&24時間以内返答)
◯(24時間受付
&24時間以内返答)
チャットサポート ◯(平日:9:30〜13:00 14:00〜17:30) ◯(平日:9:30〜13:00 14:00〜17:30) ◯(平日:9:30〜13:00 14:00〜17:30) ◯(平日:9:30〜13:00 14:00〜17:30) ◯(平日:9:30〜13:00 14:00〜17:30)
電話サポート × × ◯(平日:10:00〜18:00) ◯(平日:10:00〜18:00) ◯(平日:10:00〜18:00)
プラン変更 可能
公式サイト ロリポップ公式サイト
プラン名 エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン ハイスピードプラン エンタープライズプラン

(※)2024年2月20日時点の税込表示

月額100円代の最安プラン「エコノミープラン」
ロリポップ エコノミープラン

エコノミープランは、月額99円でできる最もロリポップの中でも格安なプランです。

HTML・CSSなどの静的サイトを開設する際に利用したり、独自ドメインを利用した専用メールアドレスの運用などをしたい場合におすすめです。

ただし、WordPress利用不可・電話サポートなしと、汎用性が大きくないため、あらかじめ用途が決まっている場合を除いてあまりおすすめではありません。
 

エコノミープランの主な機能スペック

  • 容量70GB
  • WordPress利用不可
  • WebサーバーApache
  • 転送量無制限
  • MySQL利用不可
  • PHP(CGIのみ)
  • 電話サポートなし
WordPressが利用できる格安プラン「ライトプラン」
ロリポップ ライトプラン

ライトプランは、月額220円(税込)〜利用できる格安プランです。

エコノミープランと違って、WordPressが利用できます。趣味や非営利目的、小規模ホームページのWordPressサイトを1つ運営する場合におすすめです。

ベーシックプランに比べるとかなり機能・性能が制限されますが、月額200〜300円の他社の格安レンタルサーバーと比較した際ではライトプランが有力候補になると思います。

ライトプランの主な機能スペック

  • 容量200GB
  • WordPress利用可能
  • WebサーバーApache
  • 転送量無制限
  • MySQL個数上限1個
  • PHP(CGI・Module両方対応)
  • 電話サポートなし
ライトプランは、「Wix」や「Ameba Ownd」などで無料のホームページを作成するか、格安レンタルサーバーでWordPressサイトを作るかを悩んでいる副業をしている人や小さい店舗型サイトなどを作りたい個人事業主におすすめです。

その他のプランの詳細は「【使用感想】ロリポップのおすすめプランとメリットデメリット」をご参照ください。

なお、ロリポップでは上位プランへの変更が可能なので、最初エコノミープランかライトプランから始めてあとからプランのアップグレードすることでコストを抑えながら拡張・サイト運営することができます。

ロリポップ!公式サイトはこちら

なお、ロリポップを使ってみた感想やメリットデメリットについて「【使用感想】ロリポップのおすすめプランとメリットデメリット」で詳しく紹介していますので、ロリポップを検討されている方は合わせてご参考ください

【コアサーバー】GMOデジロック社運営のXREAの上位サーバー

コアサーバー トップページ
項目 内容
公式サイト 公式サイトはこちら
コメント GMOデジロック社が運営するレンタルサーバー。高速高性能のV2環境が月額390円〜利用できる点が強み。
おすすめ:Core-X
メリット
  • 月額費用がかなり安価に高速高性能なサーバーを利用できる
  • 全プラン自動バックアップ機能(V2環境)が用意されている
デメリット
  • ネット上の情報は多くなく初心者向け・簡単といった感じではない
  • V2・V1環境とプラン体系が分かりづらく制約が複雑
プラン 月額費用 WordPress 無料ドメイン バックアップ
V2
新環境
Core-X 390円〜 対応 ◯(1個)
Core-Y 690円〜 対応 ◯(1個)
Core-Z 1,990円〜 対応 ◯(1個)

※V2環境は初期費用1,650円が発生
 

コアサーバー高速SSD、無料SSL、WordPressに対応しているレンタルサーバーです。

安価な値段で高速高性能なスペックのサーバーが利用できることが強みです。

コアサーバーの運営元のGMOデジロック社(GMO Digirock)は日本国内で第4位のシェアがあり、幅広く利用されています。価格は安いもののスペックは格安を超える性能があります。

コアサーバーの提供プランは大きくV1プラン(従来プラン)とV2プラン(新環境プラン)があります。

今回は格安プランの紹介ということで従来V1プランが月額CORE-Miniが月額220円〜、V2(新環境プラン)のCore-Xが月額390円〜利用することができます。

コアサーバーの良い評判・メリット

コアサーバーの良い評判・口コミとしては「わりと安い価格なのにそこそこ早く動作するからコスパが良いと思う」や「ロリポップやエックスサーバーほど知名度はないけど意外と良い」といった声が多く見受けられました。

WordPressが利用できる一番安いプランであるV1環境の下位プランCore Miniは月額220円〜から利用できます。V2環境のCORE-Xプランは月額390円〜利用できます。

特にCORE-XはWordPress高速化のためのサーバー環境も整っているので安価&高性能なサーバーを利用できる点が大きなメリットです。

高速・高性能で有名な月額1,000円代のエックスサーバーやConoHa WINGを使って優位性が出るほどのサイトを運営する人は実際それほど多くありませんので、ちょっとしたホームページやブログであれば、コアサーバーの方が安価に利用できます。

なお、同じ価格帯だとロリポップがよく比較されます。シェア・ネット上の情報の多さで比較するとロリポップが優位な点が多く見受けられます。

(関連)【利用歴5年強】ロリポップ!の評判と特徴・おすすめプラン比較


 

コアサーバーの悪い評判・デメリット

コアサーバーの悪い口コミ・評判としては、「ネット上であまり情報が見つからないので困った時にやり方が分かりずらい」「プランが分かりづらい」や「サポートが微妙・・・」というネット上の声がいくつか見受けられました。

コアサーバーは安価であるというメリットがある一方、エックスサーバーやロリポップほど利用者は多くないのでネット上の情報は多くないです。

また、V1プランのCore-Miniプラン、V2環境のCore-Xプラン (V1→V2へのアップグレード不可)など、初心者には最初のプラン選びが少しややこしいかもしれません。

IT関係に苦手意識があるWordPress初心者や、月額1000円程度の予算があるならエックスサーバー、ConoHaWING、ロリポップを選んでも良いかもしれません。

V1とV2の違い

コアサーバーの提供プランとスペックの詳細をご紹介します。コアサーバーには大きくV1プラン(従来サーバー環境)とV2プラン(新サーバー環境)があります。

従来環境であるV1環境は安価なものの、プラン変更ができないなど注意点があります。

そのため、価格は390円〜になりますが、V2環境のCore-Xプランの方がおすすめです。

V1プランV2プラン
初期費用無料1,650円
価格220円〜390円〜
無料独自ドメイン×
自動バックアップ
サーバー性能△ Apache SATA型SSD WAFなし◯ LiteSpeed NVMe型SSD WAF導入済み
プラン変更不可可能

コアサーバーのスペック比較

コアサーバーの各プランのスペック詳細は下記の通りです。

サーバーサービス名 おすすめプラン 公式HP 初期費用 月額費用 無料独自ドメイン利用 ディスクサイズ WordPress対応 マルチドメイン上限 MySQL個数制限 転送容量制限

Webサーバー Webフォント提供 Webフォント制限 バックアップ機能 復元機能(データ取得) メールアドレス作成数 メールボックス容量制限 メール送受信サイズ制限 メール送信数制限 メール受信数制限 メーリングリスト メールマガジン アダルトサイト プラン変更 メールサポート チャットサポート 電話サポート
コアサーバーV2プラン CORE-X 公式サイト 1,650円 390円〜 あり(1つ) 300GB 無制限 無制限 10TB/月 LiteSpeed × × ◯(3世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 5,000送受信/日 5,000送受信/日 × ×
◯※

V2プラン内での上位プランへのアップグレードのみ対応

◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV2プラン CORE-Y 公式サイト 1,650円 690円〜 あり(1つ) 500GB 無制限 無制限 20TB/月 LiteSpeed × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 10,000送受信/日 10,000送受信/日 × ×
◯※

V2プラン内での上位プランへのアップグレードのみ対応

◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV2プラン CORE-Z 公式サイト 1,650円 1,990円〜 あり(1つ) 800GB 無制限 無制限 30TB/月 LiteSpeed × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 40,000送受信/日 40,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) △(コールバック予約制)
コアサーバーV1プラン CORE-Mini 公式サイト 無料 220円〜 なし 200GB 無制限 10 無制限 Apache × × ◯(15世代) 200 10GB/1アドレス(推奨) 不明 5,000送受信/日 5,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV1プラン CORE-A 公式サイト 無料 440円〜 なし 400GB 無制限 無制限 無制限 Apache × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 10,000送受信/日 10,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) ×
コアサーバーV1プラン CORE-B 公式サイト 無料 880円〜 なし 600GB 無制限 無制限 無制限 Apache × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 40,000送受信/日 40,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) △(コールバック予約制)
コアサーバーV1プラン CORE-C 公式サイト 無料 2,750円〜 なし 1200GB 無制限 無制限 無制限 Apache × × ◯(15世代) 無制限 10GB/1アドレス(推奨) 不明 120,000送受信/日 120,000送受信/日 × × × ◯(平日10:00〜17:00) △(コールバック予約制)

(※)2024年2月20日時点の税込表示

なお、V1ーV2間でのプラン変更はできず、やや複雑なのでご注意ください。また、V1プランはV1内でのプランアップグレード・ダウングレードもできないのでご注意ください。

プラン変更について
A V2プラン(CORE-X、Y、Z)

・別プランへの変更(CORE-X ↔ CORE-Yなど)
アップグレードが行えます。手順は「登録済みアカウントのプラン変更」をご確認ください。

V1プラン(CORE-mini、A、B、C)

・別プランへの変更(CORE-A ↔ CORE-Bなど)
アップグレードや、ダウングレードは行っておりません。
別途ご希望のプランを契約していだだく必要がございます。

よくある質問 | コアサーバーより引用

なお、各スペックの詳細含めた特徴・メリットデメリットは「コアサーバー(CoreServer)の特徴やメリットデメリット」をご参照ください。

コアサーバー公式サイトはこちら

【スターサーバー】ネットオウル社が運営する格安サーバー

スターサーバー トップページ

スターサーバーは、ネットオウル社が運営する高速・格安のクラウド型レンタルサーバーです。

特徴としては、格安レンタルサーバーなのに、オールSSD&nginx(エンジンエックス)を搭載した高速サーバー環境を提供していることで、サイト表示や安定性は格安サーバーの中でもかなり高い方だと思います。

プランは、エコノミープラン(WordPress不可)、ライトプランの他に、スタンダードプラン、ハイスピードプラン、エンタープライズプランが用意されています。

格安重視でWordPressを利用しないなら月額138円〜のエコノミープランWordPressを利用するなら月額220円〜のライトプランがおすすめです。

スターサーバーの良い評判・メリット

スターサーバーの良い評判・口コミとしては「安い早い。この価格帯(月額200円〜400円)なら十分な性能」といった声が多く見受けられました。

WordPressが利用できる一番安いプランであるライトプランは月額220円〜から利用できます。スタンダードプランは440円から利用できます。

高速・高性能で有名な月額1,000円代のエックスサーバーやConoHa WINGを使って優位性が出るほどのサイトを運営する人は実際それほど多くありませんので、数ページの小さなホームページや小さなブログを運営する多くの人にとっては、スターサーバーの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

なお、同じ価格帯だとロリポップがよく比較されます。シェア・ネット上の情報の多さ・中位プラン以上で比較するとロリポップが優位な点が多く見受けられます。

(関連)【利用歴5年強】ロリポップ!の評判と特徴・おすすめプラン比較

しかし、同じ月額200円台のロリポップライトプラン(月額200円台)とスターサーバーのライトプラン同士で比較するとスターサーバーの方がnginx(エンジンエックス)搭載の高速化環境を期待でき、性能面で優位です。
 
 

スターサーバーの悪い評判・デメリット

スターサーバーの悪い口コミ・評判としては、「ネット上であまり情報が見つからないので困った時にやり方が分かりずらい」、「バックアップの仕組みがないので不安」や「電話サポートがない・サポートが微妙・・・」というネット上の声がいくつか見受けられました。

スターサーバーは安価であるというメリットがある一方、良くも悪くも格安レンタルサーバーです。

月額500円以上かかる中位プラン以上を契約する予定なら、電話サポートやバックアップのあるロリポップや、エックスサーバー、ConoHaWINGの方がおすすめできます。

また、プラン変更の制限が大きく、小さく始めて徐々にスケールアップがしにくい点にも注意が必要です。具体的にいうと、一度中位プラン以下で契約すると上位プランへのアップグレードができません

対象プランはエコノミー・ライト・スタンダード・ハイスピードプランで、今より上位となるプランへの変更が可能です。 なお、プラン変更には以下の条件があります。
・エコノミー、ライトはスタンダードまでのプラン変更が可能です。
・エコノミー、ライト、スタンダードはハイスピード、エンタープライズへの変更はできません。
・プレミアム、ビジネスへのプラン変更はできません。
・お申し込み完了後は、元のプランを含め下位となるプランに変更することはできません。

スターサーバープラン変更
スターサーバー公式サイトより引用

スターサーバーの各プランスペック比較 

スターサーバーのおすすめプランは「ライトプラン」です。小さな個人サイトやブログを一つ運用するのに向いているプランです。

下記の通り大きく5つ、エコノミープラン、ライトプラン、およびスタンダードプラン、ハイスピードプラン、エンタープライズプランが用意されています。

プラン名 エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン ハイスピードプラン エンタープライズプラン
初期費用 1,650円 1,650円 1,650円 0円 5,500円
月額費用 138円 220円〜 440円〜 550円〜 2,090円〜
無料独自ドメイン × × × ◯(1つ) ◯(1つ)
Webサーバー nginx nginx nginx nginx nginx
ディスク容量 20GB 160GB 200GB 320GB 500GB
WordPress ×
独自ドメイン上限 20個 50個 無制限 無制限 無制限
MySQL上限 0 1個 30個 無制限 無制限
転送容量制限 6TB/月 15TB/月 21TB/月 27TB/月 36TB/月
自動バックアップ × × × × ×
メールアドレス作成数 200 500 1,000 無制限 無制限
メールサポート
チャットサポート × × × × ×
電話サポート × × × × ×
プラン変更
◯※

上位プランへのアップグレードのみ対応。※エコノミー、ライトはスタンダードまでのプラン変更が可能。エコノミー、ライト、スタンダードはハイスピード、エンタープライズへの変更は不可
◯※

上位プランへのアップグレードのみ対応。※エコノミー、ライトはスタンダードまでのプラン変更が可能。エコノミー、ライト、スタンダードはハイスピード、エンタープライズへの変更は不可
×※

スタンダードはハイスピード、エンタープライズへの変更は不可
◯※

上位プラン(エンタープライズ)への変更のみ可能
×

(※)2024年2月20日時点の税込表示

このうち、エコノミープランはWordPressが利用できないことに注意が必要です。また、ハイスピードプラン以上は無料ドメインが1つ利用できます。

また、プラン変更はやや特殊で、上位プランへのスケールアップができないので気をつけましょう。

スターサーバー公式サイトはこちら

なお、スターサーバーの各スペックの詳細含めた特徴・メリットデメリットは「スターサーバー(StarServer)の特徴やメリットデメリット」をご参照ください。
 

【さくらのレンタルサーバ】さくらインターネットが運営する老舗サーバー

さくらレンタルサーバートップページ

さくらのレンタルサーバーは、老舗で法人・個人ともに多くの実績を持つ株式会社さくらインターネットが提供するレンタルサーバーです。自前でデータセンターを持ち、レンタルサーバー以外にもVPSや専用サーバーなど上級者向けにサーバーを提供しているのも特徴です。

なお、下位プランであるライトプラン(WordPress不可)のほかに、スタンダードプラン、プレミアムプラン、および法人向けのビジネスプラン、ビジネスプロプラン、などが用意されています。

格安重視でWordPressを利用しないなら月額127円〜のライトプランWordPressを利用するなら月額436円〜のスタンダードプランがおすすめです。

さくらの良い評判・メリット

さくらを利用している知人やネット上の口コミを集約すると、「普通のホームページやブログなら高いサーバーを選ばなくてもさくらで十分」や「最近はサーバー性能アップや高速化にも力をいれてくれて嬉しい」といった声が多いです。

WordPressが利用できるさくらのスタンダードプランは月額425円〜から利用できます。

今でも国内最速レベルのサーバー環境といった感じではありませんが、月額1,000円代のエックスサーバーやConoHa WINGを使って優位性が出るほどのサイトを運営する人は実際それほど多くありません。

一般的なホームページやブログを運営する多くの人にとっては、さくらの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

老舗のサーバーで、利用者も多く、以前から高性能・安定稼働の実績があるので、個人も法人も安心して利用できる点が大きいと思います。

2022年 日本のホスティング会社のシェアトップ さくらが第3位
出典:日本でのウェブホスティングのマーケットシェア | hostadvice※2023年時点

自前のデータセンターも所有しており、実際、2018年に北海道で起きた大きな地震の際も、自前の予備電源で60時間の停電を乗り切り、大きな障害を起こすことなくサービスを継続することができたのが以前話題になりました。

さくらの悪い評判・デメリット

一方さくらの悪い口コミ・評判としては、「さくらは管理画面が分かりにくい・・」や「WordPressインストール時に余計なプラグイン入れすぎ!」「さくらはサイト表示遅いしWordPress向きではない」というネット上の声がいくつか見受けられました。

たしかに、管理画面の分かりやすさやWordPressのインストールのしやすさという点で、他社のロリポップやConoHa WING、エックスサーバーなどの方がより初心者にも分かりやすい作りになっている印象があります。

さくらを利用する上で注意すべき点として、プラン変更が途中でできない(新規契約&移行の必要がある)点があります。安価に抑えつつサイト規模に応じてアップグレードしたい場合は、上位プラン変更が可能なロリポップが良いでしょう。

■現在利用しているプランから他のプランへ変更できますか?

プランを変更することはできません。 ※ 「さくらのレンタルサーバ」はプランごとに収容サーバが異なるため、プラン変更には現在対応できておりません。ご了承ください。 ご利用中のプランを別プランへ変更するには、別のプランを新規にお申込みいただき、データの移行後、必要に応じて旧プランの解約をご検討ください。

現在利用しているプランから他のプランへ変更できますか? – さくらのサポート情報

なお、同じ価格帯だとロリポップがよく比較されます。ロリポップとの比較は「【初心者はどっち?】ロリポップとさくらのレンタルサーバ徹底比較」を合わせてご参照ください。


 

(体験談)過去のさくらはWordPressサイト表示が遅い??

5年以上前の話ですが、以前さくらのサーバー(スタンダードプラン)で法人ホームページをWordPressで制作したことがあります。

正直2018年以前に利用した時は、WordPressのサイト表示は口コミの通り結構遅くて不便さを感じるレベルでした。

当時はサイトの表示の遅さに加えてサーバー性能が正直他のレンタルサーバーよりも劣っている印象がありましたが、さくらも課題に感じていたのか、ここ1,2年で現在サーバーのスペックアップが大幅に強化されてかなり改善されました。

新規契約ユーザーは、スペックアップされた最新性能のサーバーを利用できることと、既存ユーザーも順次新環境への切り替え案内が来ています。

ですので、今から契約するならサイト表示の遅さをそれほど気にしなくても良いと思います。

(2023年5月追記)その後、上記該当ホームページが新サーバー環境に移設されましたが、遅かった環境が体感わかるレベルで早くなっていました。

さくらのサイト高速化
さらに速く、快適に。さくらのレンタルサーバ |公式サイト より引用
5年くらい前の口コミ・評判だと、スペックアップ強化前の状態なので、「遅い」と言う声が目立ちますが、最近はかなり改善されています。

さくらレンタルサーバーのプラン比較・おすすめプラン

さくらのレンタルサーバは、ライトプラン、スタンダードプラン、プレミアムプラン、および法人向けのビジネスプラン、ビジネスプロプラン、さらに一台専有タイプのマネージドプランが提供されています。

おすすめプランは「個人・格安志向なら月額425円〜のスタンダードプラン」です。月額128円〜のライトプランはWordPressに対応していないことに注意

プラン名 ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド
料金・価格 初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 17,600円
月額費用(※1) 128円〜 425円〜 900円〜 2,122円〜 3,819円〜 7,484円〜
無料独自ドメイン × × × × × ×
Webサーバー機能 プラン名 ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド
ストレージ種類 SSD SSD SSD SSD SSD SSD
ストレージ容量 100GB 300GB 400GB 600GB 900GB SSD500GB〜
WordPress対応 ×
転送容量制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
独自ドメイン上限 20個 200個 300個 400個 500個 無制限
MySQL個数上限 0 50個 100個 200個 400個 無制限
PHP(動作モード) ◯(CGI) ◯(CGI/モジュール) ◯(CGI/モジュール) ◯(CGI/モジュール) ◯(CGI/モジュール) ◯(CGI/モジュール)
Webフォント提供 なし あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
あり
モリサワフォント33書体
Webフォント利用制限 - ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:75,000PV/月
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:75,000PV/月
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:制限なし
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:制限なし
ドメイン制限:3ドメインまで
PV制限:制限なし
複数ユーザー管理(※2) × × ×
FTP複数ユーザー利用(※1) × × ×
コンテンツブースト(高速化)機能 有料オプション 有料オプション
WAF(セキュリティ機能)
Web改ざん検知 有料オプション
メール機能 プラン名 ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド
メールアカウント作成数制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
メールボックス容量(※2) 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
メール1通のサイズ制限 200MB/送受信 200MB/送受信 200MB/送受信 200MB/送受信 200MB/送受信 200MB/送受信
メール送信数制限 100送信/15分
400送信/時間
9,600送信/日
100送信/15分
400送信/時間
9,600送信/日
100送信/15分
400送信/時間
9,600送信/日
250送信/15分
1,000送信/時間
24,000送信/日
250送信/15分
1,000送信/時間
24,000送信/日
不明
メーリングリスト機能 × 10個 20個 30個 50個 無制限
メールマガジン機能 × × × × × ×
サポート面 プラン名 ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド
バックアップ ×
◯(最新8つ)

バックアップ&ステージング機能を自身で設定する必要あり
◯(最新8つ)

バックアップ&ステージング機能を自身で設定する必要あり
◯(最新8つ)

バックアップ&ステージング機能を自身で設定する必要あり
◯(最新8つ)

バックアップ&ステージング機能を自身で設定する必要あり
◯(最新8つ)

バックアップ&ステージング機能を自身で設定する必要あり
復元機能
メールサポート ◯(24時間受付&翌営業日以内返答) ◯(24時間受付&翌営業日以内返答) ◯(24時間受付&翌営業日以内返答) ◯(24時間受付&翌営業日以内返答) ◯(24時間受付&翌営業日以内返答) ◯(24時間受付&翌営業日以内返答)
チャットサポート ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00) ◯(平日10:00~18:00)
電話サポート △(※3) △(※3) △(※3) △(※3) △(※3) △(※3)
プラン変更 ○(上位プラン変更が可能)

(※)2024年2月20日時点の税込表示。(※1)複数ユーザー管理はサーバーの操作や編集を行う権限をユーザーごとに分けて管理する機能。(※2)全メール総容量とウェブデータ総容量の合計がストレージ容量を超えない範囲内で利用可能。(※3)電話は予約制

注意点として、プラン変更があとからできない(新規契約してサイト移行すれば可能)ので、基本的に後から拡張したい場合は、あまり向いていないかもしれません。

さくらのレンタルサーバ公式サイトはこちら

なお、さくらでWordPressを始める具体的な方法については「さくらでWordPressを始める方法」をご参照ください。

さくらのレンタルサーバ(スタンダードプラン)を使ってみた感想やメリットデメリットについて「【使用感想】さくらレンタルサーバーのおすすめプランとメリットデメリット」で詳しく紹介していますので、さくらのレンタルサーバーを検討されている方は合わせてご参考ください。

【バリューサーバー】GMOデジロック社運営の格安サーバー

バリューサーバー トップページ

バリューサーバー は、GMOデジロックが運営する格安のレンタルサーバーです。

プランは、「まるっとプラン」「エコプラン」「スタンダードプラン」「ビジネスプラン」の4つが用意されています。なお、「まるっと」は独自ドメインとサーバー代のセットで提供しています。

サーバー性能・機能的には、XREA以上・コアサーバー以下といった感じです。プラン変更には対応していないため注意しましょう。

格安重視でWordPressも利用するなら月額183円から利用できるエコプランがおすすめです。

プラン名 まるっと エコ スタンダード ビジネス
初期費用 0円 1,100円 2,200円 3,300円
月額費用 137円〜(※注1) 183円〜 366円〜 1,760円〜
Webサーバー Apache Apache Apache Apache
ディスク容量 25GB 200GB 400GB 800GB
WordPress
マルチドメイン 5個 25個 無制限 無制限
MySQL上限 1個 1個 無制限 無制限
自動バックアップ ◯(15世代) ◯(15世代) ◯(15世代) ◯(15世代)
バックアップデータ受渡
メールアドレス作成 3 100 無制限 無制限
メールサポート
電話サポート × × × △(コールバック予約必要)

(※注1)まるっとは、独自ドメイン取得+サーバー代のセット価格。(※)2024年2月20日時点の税込表示

プラン変更について
料金の違うプラン間の移行は残念ながら対応いたしておりません。また、料金差分のみでのアップグレードなども対応いたしておりません。
新規サーバー取得を行なっていただき、再設定およびデータ移動を行なっていただく必要がございます。

よくある質問 | バリューサーバーより引用

なお、バリューサーバーの各スペックの詳細含めた特徴・メリットデメリットは「バリューサーバー(value server)の特徴やメリットデメリット」をご参照ください。
 

バリューサーバーはこちら

【XREA(エクスリア)】GMOデジロック社の格安専用サーバー

XREA(エクスリア)

XREAは、GMOデジロックが運営する格安のレンタルサーバーです。月額無料のフリープラン(広告付き・制限大)も用意されていて、勉強用などにも活用できます。

提供プランは、XREA FREE(無料プラン)と有料のXREA Plusが用意されており上位プランはXREAでは用意されておらず、代わりに上位のサーバープランシリーズとして後述の「コアサーバー」を提供しています。

プラン名 XREA Free XREA Plus
初期費用 0円 0円
月額費用 0円 209円〜
Webサーバー Apache Apache
ディスク容量 10GB 200GB
WordPress
マルチドメイン上限 20個 64個
MySQL上限 5個 10個
自動バックアップ ◯(15世代) ◯(15世代)
バックアップデータ受渡
メールアドレス作成 100個 100個
メールサポート ×
電話サポート × ×

(※)2024年2月20日時点の税込表示。(※)無料プランXREA Freeは、XREAの広告がつきます。

なお、XREAの各スペックの詳細含めた特徴・メリットデメリットは「無料サーバーエクスリア(XREA)の特徴やメリットデメリット」をご参照ください。
 

XREA公式サイトはこちら

まとめ

まとめです。今回は個人ユースを想定しておすすめの格安レンタルサーバーをご紹介しました。

レンタルサーバーには、法人・ビジネス用途から個人向けまで色々なサービスが提供されていますが、できるだけ安価にホームページ・ブログを始めたい方には月額100円〜400円くらいの価格帯の格安レンタルサーバーも選択肢の一つです。

個人の方で、趣味や勉強でホームページ・ブログを始めたいけれど、できるだけ費用を抑えて運営したいという方におすすめです。

項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 WordPress ストレージ容量 Webサーバー 転送容量制限 マルチドメイン MySQL 独自SSL メールアドレス作成 自動バックアップ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
エコノミー
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのロリポップ最安プラン。ロリポップはシェア・知名度もあるので同価格帯なら一番おすすめ 99円 無料 × 120GB Apache 無制限 50個 0個 ドメイン毎20個
(オプション330円/月)
× ◯(上位プランのみ)
ロリポップ!
ロリポップ!ロゴ
ライトプラン
公式サイト
WordPressが利用できる格安プラン。趣味・個人活動サイトにおすすめ。ロリポップはシェア・知名度もあるので同価格帯なら一番おすすめ 220円 無料 350GB Apache 無制限 200個 50個 無制限
(オプション330円/月)
× ◯(上位プランのみ)
コアサーバー
コアサーバーロゴ
CORE-MINI
公式サイト
WordPressが利用できるコアサーバー格安プラン。従来スペックプランV1内でしかプラン変更できない点に注意 220円 0円 200GB Apache 基本制限なし 50個 10個 200個 ◯(15世代) × ◯(注:V1プラン内のみ)
コアサーバー
コアサーバーロゴ
CORE-X
公式サイト
WordPressが利用できるコアサーバーV2プラン。無料ドメインもありおすすめ 390円 1,650円 300GB LiteSpeed 10TB/月 無制限 無制限 無制限 ◯(15世代) × ◯(注:V2プラン内のみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
エコノミープラン
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのスターサーバー最安プラン 138円 1,650円 × nginx+Apache 20GB 200GB/1日 20個 0個 200個 × × × ◯(上位プランのみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
ライトプラン
公式サイト
WordPressが利用できる格安プラン。趣味・個人活動のサイト作成におすすめのプランで同価格帯では性能が高いのが強み 220円 1,650円 160GB nginx+Apache 500GB/1日 50個 1個 500個 × × × ◯(上位プランのみ)
スターサーバー
スターサーバーロゴ
スタンダードプラン
公式サイト
WordPressサイトを複数利用する場合におすすめのプラン上位プランにアップグレード不可の点に注意。 440円 1,650円 200GB nginx+Apache 700GB/日 無制限 30個 1,000個 × × × ×
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
ライトプラン
公式サイト
HTML・CSSによる静的サイトやメールアドレスのみ利用したい場合におすすめのさくら最安プラン 131円 0円 × 100GB nginx+Apache 無制限 20個 0個 無制限 × ◯(上位プランのみ)
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットロゴ
スタンダードプラン
公式サイト
WordPressを複数サイト運営する場合におすすめのプラン 425円 0円 300GB nginx+Apache 無制限 200個 50個 無制限 ◯(設定要) △(コールバック予約) ◯(上位プランのみ)
バリューサーバー
バリューサーバーロゴ
エコ
公式サイト
WordPressが183円から利用できる超格安プラン。プラン変更できないので注意。 183円 1,100円 200GB Apache 基本制限なし 25個 1個 100個 ◯(15世代) × × ×
XREA
XREA ロゴ
XREA Plus
XREA
WordPressが利用できる趣味・個人サイトにおすすめの格安プラン。上位プランがないので注意。 209円 0円 200GB Apache 無制限 64個 10個 100個 ◯(15世代) × × ×
項目 プラン名 おすすめ度 コメント 月額費用
(3年契約)
初期費用 WordPress ストレージ容量 Webサーバー 転送容量制限 マルチドメイン MySQL 独自SSL メールアドレス作成 自動バックアップ メールサポート チャットサポート 電話サポート プラン変更の可否

※2024年2月20日時点で調べた3年契約税込表示。最新の正確な情報は公式サイトをご確認ください。

合わせて読みたい記事

なお、このほかにも月額500円〜1000円の価格帯のレンタルサーバーから月額2000〜5000円の法人向けレンタルサーバーまでをあわせて下記のご紹介していますので、安定稼働・高速表示を求める方は下記も合わせてご参考いただければ幸いです。


 
今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 


 

おすすめ記事3選

【徹底解説】レンタルサーバーおすすめ比較7選WordPress対応

【おすすめレンタルサーバー比較総まとめ】WordPress対応5社

WordPress(ワードプレス)でブログ・ホームページを始めようと思った時に、レンタルサーバー選びでどれが良いのか迷うことも多いのではないでしょうかこれからWordPressでホームページやブログを開設するためにレンタルサーバー選びを検討している方はこちらをご覧ください。

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

【総まとめ】WordPress(ワードプレス)ホームページ作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

-レンタルサーバー
-, ,