WordPress固定ページで 1カラムレイアウトに設定する方法

WordPress

WordPress固定ページで1カラムに設定する方法・テンプレート選択

WordPress(ワードプレス)の固定ページでは、あらかじめ用意されている複数のレイアウトテンプレートからどれにするかを選択することができます。
 

固定ページのテンプレートの変更方法は、固定ページ右側にある「テンプレート」から変更できます。
 


 

テンプレート名や種類は適用しているテーマによって異なります。今回は、固定ページで1カラムレイアウトをする一般的な方法をご紹介します。
 


 

固定ページを1カラムレイアウトにする一般的な方法

固定ページを1カラムレイアウトにする一般的な方法をご紹介します。

今回は「Snow Monkey」テーマを例に、下記の2カラムレイアウトの固定ページを1カラムレイアウトにする方法をご紹介します。
 

(関連記事)WordPressテーマSnow Monkeyを使ってみた感想レビュー
 

■元々の状態(2カラムレイアウト・右サイドバーあり)

 

まず、固定ページ編集画面を開きます。右メニューの「ページ属性>テンプレート」にあるプルダウンメニューを選択します。※右メニューが表示されていない場合は、右上の「設定」アイコンをクリックしてください(1)。

 

ここでは、1カラムを選択します。※後述の章で説明しますが、ご利用のテーマによって用意されているテンプレート名や種類は異なります。

 

ここでは、1カラムを選択しました。「更新」ボタンまたは「下書き保存」ボタンを押下したのち、固定ページを表示してみてください。※更新ボタンを押さずプレビューボタンを押下すると変更が反映されていないことがあるので注意してください。

 

固定ページを表示して確認すると、1カラムレイアウトになっていることが確認できます。

 

以上で、固定ページの1カラムレイアウトの設定は完了です。
 

なお、テーマによっては外観>カスタマイズの中にあるテーマ設定項目から、テンプレートレイアウトの共通設定をすることができる場合があります。

 

テーマによってテンプレートの種類や設定箇所は異なります

先ほどは、Snow Monkeyというテーマを例にテンプレートを変更する方法をご紹介しましたが、ご利用のテーマによってテンプレートの用意されている種類・数や、設定箇所が変わる場合があります。
 

■WordPressデフォルトテーマ「Twenty Twenty One」。複数テンプレートは用意されていないので、表示項目がありません。

 

■WordPress無料テーマ「Lighting」。ページ属性からも設定できますが非推奨になっており、Lightingデザイン設定>レイアウト設定という独自設定項目での設定が推奨されています。

 

■WordPress有料テーマ「Swell(スウェル)」。SWELL設定という独自設定項目での設定が推奨されています。

 

(関連記事)WordPressテーマSWELLスウェルを使ってみた感想レビュー
(関連記事)【Lightning Proってどう?】無料版との違いやデメリットも解説
 

【補足】別の固定ページテンプレートを作成する

以下はWordPressのテーマ自作もしくはカスタマイズする中上級者の人向けの情報です。

不明な方は読み飛ばしてくださいね。

 

固定ページは、「page.php」というテンプレートファイルがデフォルトテンプレートになります。今回ご紹介した複数テンプレートのように、テーマ側で独自に追加することもできます。

例題として、1カラムレイアウト(サイドバーがないテンプレート)を作成してみましょう。
 

■ここで作成するファイル名(名前はなんでも構いません。管理しやすい名前がおすすめです。)は、「pagetemplate-onecolumn.php」にします。元になるテンプレートファイルの「page.php」をコピーして、「pagetemplate-onecolumn.php」を作成します。
 
page.phpをコピーして、pagetemplate-onecolumnを作成
 

ここでは、pagetemplate-onecolumn.phpを下記のように追記すればOKです。

 

■上記の解説
ファイル名の先頭にコメントアウトで、このテンプレートの名前を記述します。テンプレートの名前は「Template Name:」の後に続く形で記述します。また、「Description」の後に、テンプレートファイルの説明文を記載することも可能です。

これで、1カラムのテンプレートが作成できました。管理画面の固定ページで1カラムテンプレートを選択できるようになります。

テンプレートに「1カラムテンプレート」を選択して、公開→プレビューをしてみましょう。
 

以上で、固定ページの別テンプレートの作成方法は完了です。このテンプレートは固定ページの中で最も高い優先順位になります。
 
(関連記事)【テーマ自作】WordPress オリジナルテーマの作り方と基本
 
 

まとめ

まとめです。今回は、WordPress(ワードプレス)の固定ページで、テンプレートを選択して1カラムレイアウトにする方法をご紹介しました。
 


 

テンプレート名や種類は適用しているテーマによって異なります。ご利用のテーマによっては本手順以外に設定する場合もありますので、「テーマ名 1カラム」などで検索してみてくださいね。
 

 

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , , ,

© 2021 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5