WordPress おすすめ有料テーマ10選 目的・タイプ別解説

WordPress

【2021年版】WordPressおすすめ有料テーマ10選

WordPress(ワードプレス)は無料でも品質の高いテーマがたくさんあります。しかし、本格的にサイトを作るなら、より高機能・美しいデザインの有料テーマがおすすめです。
 

そこで本記事では、当ブログで利用している「AFFINGER6」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、WordPressの有料テーマ・無料テーマの比較、およびおすすめのWordPress有料テーマを10選に絞ってご紹介していきます。
 

WordPress おすすめテーマ総まとめ 有料テーマについて
 

なお、「【2021年版】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ8選」にブログアフィリエイトを想定した解説とテーマを掲載しています。ブログアフィリエイトを始めたい方は合わせて下記もご参照ください。
 

もくじ


 

(※)本記事には一部アフィリエイトプラグラムを利用しています。記事内の内容は、あくまで当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトをご確認ください。

 

WordPressおすすめ有料テーマ10選

今回ご紹介する有料テーマ10選

ここでご紹介する有料テーマは下記の通りです。
WordPressおすすめ有料テーマ
 

タイプ テーマ名 内容 備考 最終更新日
ホームページ型のサイトにおすすめ Lightning G3 Pro Pack
(旧Lightning Pro)
スタンダードなビジネスホームページ向き
無料テーマLightningの有料版
Lightning G3 Pro Packの公式サイトはこちら
9,900円 (税込)/1年間
サブスクリプション型
複数サイト利用可
ライセンスキー方式
2021.8.26
アップデート情報
SnowMonkey
スノーモンキー
1カラム型のビジネスホームページにおすすめのテーマ
SnowMonkeyの公式サイトはこちら
16,500円/1年間
サブスクリプション型
複数サイト利用可
2021.8.30
アップデート情報
SWELL
スウェル
ホームページにもブログにも使える
シンプルで使いやすいテーマ
SWELLの公式サイトはこちら
17,600円 (税込)
買い切り型
複数サイト利用可
2021.8.19
アップデート情報
賢威
けんい
SEO実績の高いロングセラーテーマ。
特典のSEOマニュアルなど付加価値が高い。
賢威の公式サイトはこちら
27,280円(税込み)
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2020.9.15
アップデート情報
TCDシリーズ
ティーシーディー
洗練されたデザインが特徴のテーマシリーズ。
美しいデザインのコーポレートサイトにおすすめのテーマ
TCDシリーズの公式サイトはこちら
※TCDはテーマシリーズになります。
業種別・用途別などに数十種類用意されています。
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
※テーマによって
異なる可能性あり
※各テーマによる
アップデート情報
ブログ・アフィリエイトにおすすめ AFFINGER6
アフィンガー6
本格的にアフィリエイトサイトを始めるのに
おすすめの高機能WordPressテーマ 
AFFINGERの公式サイトはこちら
14,800円(税込み)
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.8.30
アップデート情報
DIVER
ダイバー
アフィリエイト・メディアサイト運営経験者
に向いている高機能WordPressテーマ
17,980円 (税込)
DIVERの公式サイトはこちら
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.8.12
アップデート情報
JIN
ジン
柔らかいデザイン・アニメーションが好きなブログを始めたい
初心者におすすめのテーマ
14,800円 (税込)
JINの公式サイトはこちら
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.4.25
アップデート情報
SANGO
サンゴ
かわいい・柔らかいデザインが好きな
ブログ初心者におすすめのテーマ
SANGOの公式サイトはこちら
11,000円(税込)
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.8.8
アップデート情報
STORK19
ストーク19
初心者から有名ブロガーまで
根強い人気のブロガー向けテーマ
STORK19の公式サイトはこちら
11,000円(税込)
買い切り型
1サイト利用のみ
2021.8.25
アップデート情報

※アップデート情報は8月31日時点で確認した状態を記載しています。
 

有料テーマ選びの際に考慮したい重要ポイント

2018年末ブロックエディターが標準になり、2021年9月時点でおすすめできるテーマも少しずつ変わってきました。

テーマの機能性やデザイン性・使いやすさはもちろんですが、その他にも有料・無料を問わずWordPressでテーマ選びで考慮したいポイントとして、現在もそのテーマが更新・メンテナンスされているかどうかも重要なポイントです。

加えて有料テーマの場合は、質問できる体制があるか・マニュアルが整備されているかなどのサポート体制も考慮しておきたいポイントです。

WordPress テーマ選びの際に考慮したいポイント
 

■テーマ選びのポイント

  • 2018年末(WordPress5.x系)以降になってもテーマの更新履歴があること
  • ブロックエディターに対応の記述もしくは方針の記述があること
  • テーマの開発元サイトが活発(よく更新されていること)であること
  • できれば日本製テーマ・または日本語解説サイト・ブログなどが見つかること
  • フォーラムなどで質問できる体制がある・マニュアルが整備されている

 

旧クラシックエディター時代におすすめだったテーマでも、テーマの更新メンテナンス情報が1,2年以上以上全くない・止まっているような場合は、今から使うのはあまりおすすめではありません。

逆に、2021年以降もテーマ開発元が積極的にテーマの更新情報を出していたり、新機能を追加している場合は、これからの安心して利用できるためおすすめです。
 

■Lightningの開発元ベクトルの製品更新履歴(2021.5.28時点)。更新履歴が活発

Lightningの開発元 ベクトルのお知らせ情報。更新履歴が活発。
https://www.vektor-inc.co.jp/product_id/lightning/

 

また、WordPressテーマは海外製品も含めると膨大な数になりますが、初心者にとって日本語解説サイトがあるかどうかで難易度も大きく変わります(設定のしやすさや検索のしやすさなど)。

多くの人にとって、できれば日本製テーマ、または日本語解説サイト(ブログ)がある方がサイト構築しやすいと思います。
 

無料テーマと有料テーマの比較

WordPress 有料テーマと無料テーマの比較
 
WordPressでは、無料で利用できるテーマと、有料で購入できるテーマがあります。

無料テーマでも数千以上のテーマがリリースされており、公式登録されたテーマは、一定の品質基準もクリアしているため、品質の高いサイトを作ることができます。
 

じゃあ、有料テーマと無料テーマは違いはないんでしょうか?

一般的に有料テーマの方が、無料テーマよりもデザイン性・機能性やサポート体制が充実しています。

 

WordPressは無料テーマも充実していますが、費用面がクリアでき場合は、やはり有料テーマの方が機能・デザイン的に圧倒的におすすめです。
 

無料テーマと有料テーマの一般的な違い
 

無料テーマと有料テーマの一般的な違い

  • 一般的に有料テーマは、無料テーマよりも機能面でさらに充実している
  • 無料テーマでも一定品質のサイト・ブログを作成することができる
  • 有料テーマは、購入特典でマニュアルやサポートを受けられるところが多い

 

有料テーマは大体1万円〜2.5万円くらいの価格帯が多いです。

ここからはWordPressのおすすめ有料テーマを10個ご紹介していきます。

合わせて読みたい記事

●無料テーマ含めたおすすめテーマは下記をご参照ください。
【2021年版】目的別WordPressおすすめ無料テーマ6選


 

■WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ8選(動画解説版)
【2021年版】アフィリエイトにおすすめWordPressテーマ厳選8選


 

 

ホームページ型のサイトにおすすめの有料テーマ

Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro) スタンダードなビジネス用ホームページにおすすめ

Lightning Pro トップページ
 

Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro)の概要

項目 内容
テーマ名 Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro)
公式サイト・ご購入はこちら
価格 テーマ単体価格9,900円(税込)/1年
特徴 【サブスクリプション型】【人気テーマ】【スタンダードなビジネスホームページ向き】
コメント スタンダードなビジネスホームページ向きの「Lightning」の有料版テーマ。無料版Lightningだけではできない様々な機能が使えるようになります。

 

Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro)」は無料の人気テーマ「Lightning」の有料版テーマです。
 

Amazonベストセラーにも選ばれた本の題材となっているテーマが「無料版のLightning」で、WordPress初心者でも本を参考にしながらWordPressの使い方を覚えることができます。
 

 

ネット上にたくさんのカスタマイズ情報があり、無料版Lightningから有料版Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro)への移行も上位互換性があり簡単に移行できるのもメリットです。
 

なお、年額課金型のライセンスキーを利用する形になるので、実質年額サブスクリプション型であることに注意が必要です。(バージョンアップしない前提であれば、そのまま利用し続けても構いません。)
 

Lightning Proの特徴

  • 本の題材にもなっているテーマ「Lightning」の有料版でとにかくホームページが作りやすい。
  • VK Blocksなど専用のブロックや様々な設定項目があり、テーマとしての機能性が高い。商品一覧や人物一覧などカスタム投稿を運用しやすい。
  • 購入者専用ページにログインでき、質問フォーラムを閲覧したり書き込んだりできるようになる。
  • Bootstrapベースで作られており、BootstrapのCSSも利用できる。

 
なお、Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro)について詳しい説明は「【Lightning Proってどう?】無料版との違いやデメリットも解説」でご紹介していますので詳しくはこちらをご参照ください。
 

Lightning G3 Pro Pack(旧Lightning Pro)のおすすめ機能

無料版LightningではVK Blocksというブロックが利用することができます。有料版ではさらに高機能なブロックを利用することができ、無料版Lightningよりもできることがかなり広がります。
 

■VK Blocks Pro
VK Blocks Pro
 

また、無料のオプションプラグイン「VK All in one Expansion Unit」と連携することで、かなりできることが広がります。

VK All in one Expansion Unit
 

以下に有料版Lightningの機能をいくつかご紹介します。

■ページヘッダー機能
ページヘッダー機能は、各ページの上部に画像や背景を設定する機能です。


  

■アーカイブページ機能
アーカイブページ機能は、投稿一覧・カスタム投稿一覧ページのレイアウト変更機能です。


 

■VK Blocks 投稿リスト機能
VK Blocks 投稿リスト機能は、任意の箇所に投稿一覧・カスタム投稿一覧を挿入する機能です。


 

■VK Blocks カード機能
VK Blocks「カード」はカードというデザインを挿入する機能です。


 

■VK Blocks レイアウト「Outer(アウター)」機能
下記のように全幅の背景・背景色を設定することができます。
VK Block レイアウト Outerを利用。コンテンツの外側に背景色や背景画像を設定できる
 

合わせて読みたい記事

Lightning Pro(ライトニングプロ)」を実際に使ってみた感想については、「【Lightning Proってどう?】無料版との違いやデメリットも解説」をご参照ください。
 
あわせて、Lightning Proの機能詳細と使い方については「【徹底解説】WordPressテーマLightning Proの使い方」をご参照ください。

 

デメリットを挙げるとすると、Lightningを利用している人が多いため、ややテンプレート感がでてしまう点と、1年間のサブスクリプションタイプで1年後バージョンアップしようとすると更新ライセンスが必要になる点があります。

 
 

Snow Monkey 今どきのおしゃれな1カラム型サイトが簡単に作れる有料テーマ

WordPressテーマ snowmonkey
 

Snow Monkeyの概要

項目 内容
テーマ名 Snow Monkey(スノーモンキー)SnowMonkeyの公式サイトはこちら
用途 ビジネスサイト向き
価格 16,500円(年額課金、税込み)
オススメ度 1カラム型のビジネスホームページにおすすめ

  • (初心者にとっての)使いやすさ:
  • デザイン性:
  • 機能性:
  • サポート体制:
  • コストパフォーマンス:
コメント 1カラム型のビジネスホームページにおすすめです。Snow Monky Blocksを利用することで、今時のおしゃれで印象的なサイトをノンコーディングで作れるため非常におすすめ。
ただし、サブスクリプション型であることに注意が必要です。

 

SnowMonkey」は、WordPressの開発者、Webの制作者など玄人から、ブロガーまで評価が高いテーマです。ノーコーディングで美しいサイトをつくれる機能性と、クリーンなコードによる高い拡張性を備えたテーマです。
 

また、カスタマイズに関する質問、使い方に関する質問、不具合報告、要望などのサポートフォーラムで、サポートを受けることができます。サポートフォーラムに質問を書き込むと開発者が直接、回答をくれます。また不具合のアップデートなども、いち早く対応してくれます。
 

購入者の複数のサイトで利用可能ですが、支払いは買い切り型ではなく、サブスクリプション型(年額課金)となっていますが、解約後もダウンロードした「Snow Monkey」を使い続けることはできるのと、解約後も一度インストールしたSnowMonkeyのバージョンアップはできる点がコスト面で親切です。

Snow Monkeyのサブスクリプションタイプ
公式サイトより引用(2021年1月時点)

 

Snow Monkeyの特徴

初心者でもブロック感覚でコンテンツを配置・作っていくことができるSnow Monkey Block(※プラグインのインストールが必要)が特徴です。
プラグイン>Snow Monkey Blocks
 
■Snow Monkey Blocksの独自ブロック


 

また、パターン(複数のブロックをグルーピングした塊のようなもの)を使うと、通常ノンコーディングでは難しいようなデザインのレイアウトを簡単につくることができます。
 

■Snow Monkey Blocksのブロックパターン


 

ある程度HTMLやCSSを知っている人に向いている人やデザイナーにも人気のテーマです。
 

 

合わせて読みたい記事

おすすめのテーマ「Snow Monkeu(スノーモンキー)」を実際に使ってみた感想を掲載しました。Snow Monkeyをご検討の方は合わせてご参考ください。
WordPressテーマSnow Monkeyを使ってみた感想レビュー

 
 

SWELL(スウェル) 清潔感のあるデザインでブログにもホームページにもおすすめ

SELL トップページ
 

SWELLの概要

項目 内容
テーマ名 SWELL(スウェル)
SWELLの公式テーマはこちら
価格 ¥17,600(税込)
(※買い切り型。一度購入すればバージョンアップ無料・フォーラムでの質問も無料でできます)
ライセンス・使用範囲 100%GPL・複数サイト利用可能
テーマの特徴 【初心者が始めやすい】【清潔感・スタンダードなデザイン】【ブログにもホームページ型サイトにも】【フォーラム利用可能】
会員サイトなど 一般公開サイトにて使い方マニュアルあり・質問フォーラムあり(閲覧は一般公開・書き込みは購入者のみ)
コメント 「シンプル」で「使いやすく」「美しいデザインも作りやすい」テーマ。シンプルなホームページやブログのサイトにおすすめ。

SWELLブロックというテーマ独自のブロックを使ってページを作っていくことができます。使ってみた感想としては、「シンプル」で「使いやすく」「今風のお洒落なデザインも作りやすい」という点です。ブログ用途のほかシンプルなホームページ用途でもおすすめのテーマです。

 

シンプルなのに、高機能 –
もっと気軽に、楽しく記事を書こう。
だって、こんなにも使いやすいんだから。
(※)SWELL | シンプルなのに高機能 圧倒的な使い勝手を追求する高機能テーマより引用

 

SWELLは、2018年12月グーテンベルクエディターがWordPress標準のエディターになって以降にリリースされた比較的新しいテーマです。
 

多くの有料テーマがクラシックエディターという古いエディター利用を主想定で作られているテーマなのに対して、SWELLは現在標準のブロックエディターを主想定で作られており、SWELLブロックというテーマ独自のブロックを使ってページを作っていくことができます。
 

使ってみた感想としては、「シンプル」で「使いやすく」「美しいデザインも作りやすい」という点です。
 

加えて、買い切り型・100%GPLのWordPressテーマで一つ購入すれば複数のサイトにも利用でき、かつバージョンアップも無償という親切な販売体系で、最近人気が出てきているテーマです。
 

SWELLを使用して感じたメリット・おすすめできる人は下記の通りです。

  • 買い切り型で、100%GPLで複数のサイトに利用可能。制限がほとんどない
  • ブログだけでなくシンプルなホームページも作りやすい
  • シンプルな作りで初心者でも使いやすい
  • メインビジュアルに動画を入れてダイナミックなサイトを作りやすい

 

SWELLの特徴

Snow Monkeyの特徴としては、買い切り型であり、100%GPLで複数のサイトに利用可能。制限がほとんどないという点が大きな魅力です。
 

多くのテーマがスプリットライセンスで、利用できるサイト数に制限があったり、実質サブスクリプション型でバージョンアップやサポートに追加課金が必要だったりするケースが多いのに対して、SWELLは、100%GPLのWordPressテーマで複数のサイトにも利用可能で、買い切り型であるため追加の費用がかかりません。
 

一度購入すれば、購入ユーザーはバージョンアップ無償・フォーラムへの質問も無償という、ユーザーにとってコストパフォーマンスの良い形態で販売されているのが大きなメリットです。
 

WordPressの思想を尊重し、SWELLは100%GPLとしています。ご利用に関する制限は一切ございません。
SWELL公式サイトより引用

 

SWELLの機能

SWELLはシンプルな作りで初心者でも使いやすく、ブログだけでなくシンプルなホームページも作りやすいテーマです。
 

機能数・機能面だけでいうと、前述のSnow MonkeyやLightning Proなどの別のテーマの方が使い勝手が良い場合もありますが、機能数が多いとそのぶん初心者には使いにくくなりがちです。
 

SWELLブロックというブロックを利用して簡単にデザインレイアウトを作っていくことができます。


 

このSWELLブロックはブログだけでなく、ホームページのデザインにも応用しやすいため、ブログだけでなく、初心者でもシンプルなホームページも簡単に作ることができます。
 

SWELLの場合は便利な機能は揃っている一方、機能数が多すぎないため、初心者でも使いこなしやすいのではないかと思います。
 

また、メインビジュアルに動画を入れてダイナミックなサイトを作りやすいので、メインビジュアルにプロモーション動画などを入れたい人におすすめです。


 

合わせて読みたい記事

おすすめのテーマ「SWELL(スウェル)」を実際に使ってみた感想を掲載しました。SWELLをご検討の方は合わせてご参考ください。
【WordPressテーマSWELLスウェルを使ってみた感想レビュー

 
 

賢威(けんい) SEOで評判の松尾氏監修のロングセラーテーマ

賢威 ワードプレステーマ
 

賢威の概要

項目 内容
テーマ名 賢威(ケンイ) 賢威公式サイトはこちら
価格 27,280円(税込み)
ライセンス・使用範囲 スプリットライセンス・本人所有サイトに限り複数サイト利用可能
テーマの特徴 【ロングセラー】【初級以上・経験者向け】【スタイリッシュ・ビジネス向けデザイン】【アフィリエイトにもホームページにも】【会員サイト内でフォーラム利用可能】【SEOマニュアル特典】
会員サイトなど 会員サイトにて使い方マニュアルあり・会員サイトにて質問フォーラムあり
コメント SEOで有名な松尾氏監修のSEOノウハウが詰め込まれた信頼と実績のテンプレートです。WordPressだけでなく、HTMLテンプレートも利用できるのも特徴

 

賢威は、SEOで有名な松尾氏監修の今必要なSEOノウハウが詰め込まれた信頼と実績のSEOテンプレートです。25,000人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレートの大ロングセラーのワードプレステンプレートです。
 

テーマ価格は税込み27,280円と他と比べるとやや高い目ですが、買い切り型で「自身の」所有するサイトなら、1ライセンスでいくつでもサイトを作ることができます。加えて一度購入したユーザーであれば、原則として「賢威」という商品に含まれるコンテンツに関しては無料でバージョンアップ・利用できます。
 

SEO対策を重要視しており、実績・サポート体制共に十分なのでビジネス向けホームページを作る場合にオススメのテーマです。
 

もし、あなたがネットビジネスを始めたばかりで、「SEO(検索エンジン最適化)」のことを知らなかったとしても、「賢威(けんい)」という名前をどこかで見たことがあるかもしれません。

賢威8 ※画像はイメージです。本商品はダウンロード商品です
「賢威」は現在、27,000ユーザー以上(※)の方が使っている、SEOテンプレートパックです。(※法人様も1ユーザー換算)

2007年1月に販売を開始してから現在まで、上場企業や中小企業のWeb担当者の方、個人起業家、アフィリエイターまで、多くの方にお使いいただいています。

賢威はその後もバージョンアップを繰り返し、2020年現在、あなたのSEOとコンテンツ制作を強力に支援する機能を備えた「賢威8」に生まれ変わっています。
(公式サイトより引用)

 

賢威はこんな人におすすめ

賢威は個人向けブログ・アフィリエイトはもちろん、サポート体制がしっかりしているので企業やBtoB向けサイトを作りたい人にもおすすめのテーマです。

賢威はこんな人におすすめ

  • たくさんの人・企業が使っていて実績が出ているテーマが良い。
  • SEOを重視した企業サイト・BtoB向けのホームページを作りたい
  • 個人でブログアフィリエイトを本格的に始めたい。
  • 購入者向き特設ページで賢威の使い方やSEOに関するハウツーを勉強していきたい。
  • HTML・CSSの知識はないけれど記事のレイアウト・装飾も良い見せ方をしたい

 

 

賢威の特徴

賢威の特徴は、なんといっても「SEO」の実績とノウハウ開示です。
 

■賢威監修の松尾氏のSEO実績
SEO実績
(※)公式サイトより引用
 
 

大前提として、しっかりとしたコンテンツ(中身)があって初めてSEOの成果がでるものですが、賢威ユーザーには専用サイトからSEO対策のマニュアルなどを閲覧することができる点に値段以上に価値が含まれており、価値あるコンテンツを最大限生かしたい場合におすすめです。
 

また、賢威ユーザーのみがアクセスできる「賢威フォーラム」があり、わからないことやつまずいても、大抵のことはフォーラム内で確認したり、質問すれば賢威のサポートの方がアドバイスや回答をくれます。
 

ただし、テーマそのものの使いやすさと言う点で言うと、後発の初心者向け有料テーマと比べるとやや使いづらい印象があります。しかし、実績の高さや購入者向け専用サイトの利用など、付加価値の高いテーマです。
 
 

賢威の機能

テーマ独自のエディター補助機能があり、初心者でも簡単に中身を装飾できるようになりました


 

テーマの基本機能。トップページは画像だけでなく、スライダーや動画まで設定できるようになりました。
賢威 テーマ基本設定機能
 

テーマカスタマイザー機能。記事一覧のレイアウトなど細かい設定ができます。
賢威 テーマカスタマイザー
 

テーマそのものの使いやすさと言う点で言うと、後発の初心者向け有料テーマと比べるとやや使いづらい印象があります。しかし、購入者専用の会員サイト利用特典や、長年の継続した販売実績&サポート体制という観点から、企業サイトやBtoB向けサイトにもおすすめできるテーマだと思います。
 

 

合わせて読みたい記事

おすすめのテーマ「賢威8(けんい8)」を実際に使ってみた感想を掲載しました。賢威をご検討の方は合わせてご参考ください。
【賢威(けんい)】SEOに強いテーマ?賢威を使ったみた感想とレビュー

 
 

TCD(ティーシーディー) 業種別に洗練されたビジュアルのテーマシリーズ

TCD テーマ一覧
 

TCDシリーズは株式会社DESIGN PLUS(デザインプラス)さんが開発しているWordPressの有料テーマシリーズのことで、テーマの1つ1つがテンプレートとは思えない程の洗練されたクオリティであることからこれまでに累計10万人以上のユーザーによって使用されてきた実績がある国内シェアNo.1のテーマです。

テーマの種類が豊富であることが特徴の1つで、2021年9月確認時点の段階では全部で約80のテーマが存在しています。

なおそれぞれのテーマは以下のようにざっくり合計13の使用用途毎に分けられています。(※下の写真には記載されていませんが、これに加えて「オンラインマニュアルサイト」向きテーマが存在する為、合計13としています。)

TCDテーマのカテゴリー分け

引用元: TCD公式サイト(https://tcd-theme.com/)

TCDテーマのサンプル

引用元: テーマ一覧(https://tcd-theme.com/wp-tcd)

TCDシリーズの特徴

  • テーマの種類が非常に豊富(約80種類)
  • 特にトップページが洗練された美しいデザインのサイトを作りやすい
  • 基本的にサイトのカスタマイズは独自に用意された「TCDテーマオプション」画面から行っていく
  • TCD独自の機能(コンテンツビルダー機能)が用意されておりコンテンツを作成することができる
  • 自身で所有するサイトの場合であれば、複数のサイトにでも使用することが出来る
  • 価格帯は幅広く1万円前後のものもあれば4、5万円程度のものも存在する

※テーマにより異なる場合があります。
■TCDの公式サイトはこちら

 

業種や業界に特化して美しいデザインになるようにあらかじめ組み込まれているのがTCDの大きなメリットです。

デザイン初心者でもテンプレートに画像や文言を当てはめていくだけで美しいサイトが作れるので、ショップ・店舗型ビジネスのホームページにもおすすめです。

その反面、、どちらかというとあらかじめ決まったテンプレートに画像や文章を組み込んでページを作っていく形で、テーマの作りがやや特殊であるためテンプレートから外れたデザインのサイトを作ろうとすると途端に難易度が上がります。

ただし、拡張性・カスタマイズ性という意味では前述のLightningやSWELL、SnowMonkeyなどと比べると少し低く、どちらかというとテンプレートに沿って画像や文言を当てはめていく形になります。

なお、基本的に、購入は買い切り型で、購入者は自己所有のサイトに限り複数のサイトに使用することができます。ただし、本人以外の第三者に制作代行してもらう場合には、やや特殊な利用規約があるので、利用規約を確認のうえ検討してください。
 

ウェブサイトは、WordPressでつくる時代になりました。なぜなら、WordPressは効率よくサイトが作成できるからです。
そして、「TCD」とはWordPressで使えるテンプレートのことで、豊富な独自機能を盛り込んだサイト構築パッケージです。
私たちは、低コストでハイクオリティ、そして驚異的にインパクトのあるサイトが構築できるWordPressテーマをご提供します。
これからは、美しいデザインのサイトがどなたでも簡単に運営出来るようになります。
国内シェアNo.1、累計100,000ユーザーを超えるトップブランド「TCD」の威力をご堪能下さい。
WordPressテーマTCDとは | ワードプレステーマTCDより引用

 

TCDシリーズについては「【TCD感想】有料テーマTCDシリーズの特徴とメリットデメリット」に詳しく記載していますので合わせご参照ください。
 

ブログ型のサイトにおすすめの有料テーマ

AFFINGER6 当サイトでも利用!アフィリエイト向き高機能テーマ

ACTION AFFINGET トップページ
 

AFFINGER6の概要

項目 内容
テーマ名 AFFINGER6(アフィンガー6) AFFINGER6の公式サイトはこちら
用途 アフィリエイト・情報販売向き
価格 14,800円(税込み)
ライセンス・使用範囲 スプリットライセンス・本人所有サイトに限り複数サイト利用可能
テーマの特徴 【高機能】【初級以上・経験者向け】【スタイリッシュ・ビジネス向けデザイン】【アフィリエイト・情報販売向き】【当サイトでも利用】
会員サイトなど (購入者専用)会員サイトにてマニュアルあり
コメント アフィリエイトブログにおすすめの有料テーマAFFINGER6(アフィンガー6)です。
経験者が満足できる細かい設定が可能で、(有料)オプションプラグインなどでさらに機能アップすることも可能です。

 

AFFINGER6」は、有名な無料テーマ「STINGER」を開発した株式会社オンスピードが販売している有料テーマです。買い切り型で、購入ユーザー(個人単位)に限り複数のサイトでご利用頂けます。
 
 

AFFINGER6はこんな人におすすめ

AFFINGER6は個人で本格的にアフィリエイト・情報商材を始めるのにおすすめのテーマで、下記のような人に特におすすめです。

AFFINGER6はこんな人におすすめ

  • 個人でこれからアフィリエイトやブログを本格的に始めていきたい。
  • HTML・CSSの知識はないけれど記事の装飾やデザインもよくしたい。
  • できるだけアフィリエイト・広告の細かい設定もできるテーマが良い

 

ちなみに、このブログサイトもAFFINGER6を利用しているんですよね??

はい。当ブログもAFFINGER6を適用しています。こんな感じのブログサイトを作りたい方にもおすすめですよ。

 

 

AFFINGER6の特徴

アフィリエイター向けのSEO対策に完全に特化したテーマで、おすすめの理由は、「エディターの補助機能」「デザインのカスタマイズ機能」「レイアウト・SEO・広告設定などのテーマとしての機能」の豊富さの3点です。
 

  • エディターの補助機能が豊富
  • デザインのカスタマイズ機能が豊富
  • レイアウト・SEO・広告設定などのテーマとしての機能が豊富

 

アフィリエイトに特化した様々なテーマ管理機能

AFFINGERのテーマ管理機能
 

AFFINGER6では、デザイン設定・トップページの見せ方を始め、SEO、Google連携/広告、投稿・固定ページの詳細な設定などアフィリエイトに特化した様々な設定ができ、機能的で自由にカスタマイズできるサイトが作れます。
 

また、デザインが苦手な初心者向けにトップページの設定では、「やわらかい」配色を含めた全12色のカラーパターンや「グラデーション」「ビジネス」「キュート」「フラット」の4つのデザインパターンが用意され、初心者でも簡単にデザインパターンを選択することができます(もちろん個別の色合い設定もできます)。
 

エディターの補助機能

AFFINGER6は、エディターの補助機能が豊富で、HTML・CSSなどに詳しくなくても記事の装飾をして魅力的に仕上がりの記事に仕上げることができます。
 

AFFINGER6 ブロックデモ
 

■AFFINGER6 ブロックエディター簡単デモ動画


 

カスタマイザーでのデザイン切り替え機能

テーマカスタマイザーでのデザイン切り替え機能も豊富で、下記は見出しのデザインを変更した例です。


 

デザイン設定・エディター支援機能ともに色々な機能あるんですね。

難点を挙げるとすると、本当の初心者には機能を使いこなすのが少し大変かもしれない点です。しかし、本格的にサイトを作っていきたい人にはおすすめのテーマだと思います。

 

 

合わせて読みたい記事

当ブログでも2021年6月現在AFFINGER6を使用していますが、下記記事にアフィリエイトにおすすめのテーマ「AFFINGER6(アフィンガー6)」を実際に使ってみた感想を掲載しました。
【AFFINGER6】アフィンガー5ってどう?使ってみた感想レビュー

 
 

DIVER(ダイバー) 経験者におすすめのブログ・メディアサイト向けテーマ

diver トップページ
 

項目 内容
テーマ名 DIVER(ダイバー) 「Diver」の公式サイトはこちら
価格 17,980円 (税込) 買い切り型
ライセンス・使用範囲 スプリットライセンス・本人所有サイトに限り複数サイト利用可能
テーマの特徴 【高機能】【初級以上・経験者向け】【かっちり・ビジネス向けデザイン】【アフィリエイト・情報販売向き】【メールサポートあり】
コメント ブログアフィリエイト・ネットビジネス運営経験のある初中級者向けのWordPressテーマです。ブログ記事作成に便利なエディター補助機能のほか、ランディングページ作成・カテゴリーページ作成・アピールブロックなど訴求力の高いページを作成するための機能が揃っています。

 

「DIVER」は、ブログアフィリエイト・ネットビジネス運営経験のある初中級者向けのWordPressテーマです。DIVERの特徴は、Affingerと同様に機能性がかなり高いことです。

具体的に言うと、ピックアップ記事やピックアップカテゴリーの挿入機能、LP作成機能、広告設置機能、CTA機能etc..など、効果的なサイトを作る機能が揃っています。デザイン性と機能性に優れた、ハイスペックテーマです。
 

■DIVERで作ったデモページ(トップページ)


 

また、サポート体制も手厚く無期限・無制限サポート付き(原則サポートはメールのみ)で、かつアップデートも原則無償でできます。かつ、すべて本人所有のサイトであれば、複数サイトに適用できるのでコストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。
 

 

DIVERはこんな人におすすめ

DIVER(ダイバー)は、下記のような方におすすめです。
 

  • 企業のメディアサイトのようなサイトを作成したい人
  • サイト設計(ユーザー導線やカテゴリー設計など)がある程度イメージできる方
  • 売りたいモノ・サービスが決まっていて、サイトを通じて収益化したい方
  • 商品販売用のランディングページ(1カラムレイアウトの長いページ)を作成したい方
  • HTML・CSSの知識はないけれど記事のレイアウト・装飾もできるだけ良い見せ方をしたい人

 

ブログ・アフィリエイト経験者やネットビジネスが好きな人におすすめな一方、WordPressを初めて触る初心者の方にとっては、各機能や関連項目を理解するのに苦労する可能性が高いです。下記のような方にはあまり向いていないかもしれません。

  • サイト設計(ユーザー導線やカテゴリー設計、ランディングページなど)が全くイメージできない方
  • 売りたいモノ・サービスが決まっておらず、当面は雑記系ブログを書いていく予定の方
  • WordPressを初めて触る初心者の方。WordPressの基本機能をこれから学習する方
  • サイトのコンテンツが少ない方

 
 

DIVERの特徴

DIVERの特徴の1つにDIVER入力補助機能という記事作成機能があります。DIVER入力補助機能では、記事のレイアウト・装飾が初心者でも簡単にできる点です。ボックスや会話吹き出しなども簡単に作成することができます。
 

■DIVER入力補助機能を利用した記事の作成・装飾


 

また、他のブログ向け有料テーマと比べても機能が特に豊富です。
 

ファーストビューの設定や、ピックアップ記事やピックアップカテゴリーの挿入機能、LP作成機能、広告設置機能、CTA機能etc..など、効果的なサイトを作る機能が揃っています。デザイン性と機能性が非常に優れていることが特徴です。
 
■トップページファーストビュー。メインのメニューバーのほか、ミニヘッダーや固定ヘッダーをつけることができる。
diverトップページ ファーストビュー
 

■ピックアップしたい記事をスライダー表示するピックアップスライダー機能、およびピックアップカテゴリー機能
diverトップページ ピックアップ記事、ピックアップカテゴリー機能
 

■固定ページ挿入機能。任意の固定ページをトップページに挿入
diverトップページ 固定ページ挿入機能
 

■フッターCTA機能。メールマガジンや問い合わせなどに誘導することができる。
diverトップページ フッターCTA機能
 

■LP機能、CTA機能、共有コンテンツ機能、カテゴリーページ機能など
diver のその他機能(LP機能、CTA機能、共有コンテンツ機能、カテゴリーページ機能)
 

注意点としては、「WordPressで初めてブログを作る人にとっては少し使いこなすのに苦労するかもしれない点」です。
 

たしかに、CTA機能やLP作成機能などカテゴリーページ設定機能とか紹介してもらいましたけど、いまいちどう使えば良いのかイメージできませんでした。。

そうですね。サイト作成に慣れている人向けにも便利な機能がたくさん用意されている一方、初めてWordPressを触る方やネットビジネスを始める人にとっては用語や使いどころが分からず持て余す可能性が高いです。
その点がデメリットと言えるかもしれません。

 

合わせて読みたい記事

おすすめのテーマ「DIVER(ダイバー)」を実際に使ってみた感想を掲載しました。DIVERをご検討の方は合わせてご参考ください。
【DIVERってどう?】高機能テーマ「ダイバー」を使った感想・レビュー

 
 

JIN(ジン) ブロガーにおすすめのやわらかいデザインが特徴のテーマ

JIN 公式サイト
 

Jinの概要

項目 内容
テーマ名 JIN(ジン) JINの公式サイトはこちら
価格 14,800円(税込み)
ライセンス・使用範囲 スプリットライセンス・本人所有サイトに限り複数サイト利用可能
テーマの特徴 【初心者でも始めやすい】【柔らかい目のデザイン】【フォーラム利用可能】
会員サイトなど 一般公開サイトにて使い方マニュアルあり・質問フォーラムあり(閲覧は一般公開)
コメント 読む人も、書く人もすべてを考え抜いたデザイン。使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』

 

2018年に発売された有料テーマです。サイトのカスタマイズが、初心者でもすごく簡単にできるのが一番の魅力です。「マニュアル」が「JIN」の公式サイトの中にあり、初心者でもわかるようにていねいに解説されています。HTMLやCSSがまったくわからない初心者でも、見やすくおしゃれなブログを作ることができます。
 

JINの特徴

Jinの特徴は、エディターの補助機能です。記事を装飾するリストやボックスもたくさんのデザインがあり、「ボタン」「ランキング」「口コミ用吹き出し」といったアフィリエイターが良く使う機能がたくさんあります
 

■エディター補助機能


 

Jinの特徴

  • 初心者を意識した解説、使いやすさがある
  • 記事を装飾するリストやボックスもたくさんのデザインがあり、「ボタン」「ランキング」「口コミ用吹き出し」といったブロガー・アフィリエイターに便利なエディター補助機能がある
  • サイト全体の色、細部の色、見出しや文字色などの変更も簡単にできるデザイン切り替え機能がある
  • 簡単にセンスの良いブログに変えることができる着せ替え機能がある。(公式サイトで提案されているデザインをダウンロードして、自分のブログに使うことができる機能)

 

特におすすめなのは、エディター支援機能で、記事を装飾するリストやボックス、テーブルなどのタグ・コードがたくさん用意されている点です。これらを利用することで、簡単におしゃれで見やすいブログやページを作成できます。

 

JINのエディター補助機能が豊富なので、ブログだけでなく、ホームページタイプのサイトにも応用できるテーマです。
 

(※注)ConoHa WING テーマ特典

レンタルサーバーConoHa WINGでは、ConoHa WING契約時または管理画面でJINとSANGOを割引価格で購入できますので、ConoHaを契約予定・契約中の方はお得でおすすめです(2020年7月時点)。

ConoHa WING テーマ購入画面

 

 

合わせて読みたい記事

JINを実際に使ってみた感想を下記記事に掲載しました。JINが気になる方はぜひご参考ください。
【JINってどう?】WordPressテーマJINの感想とメリットデメリット

 

SANGO かわいい・柔らかいデザインのブログにおすすめのテーマ

Sango トップページ
 

SANGOの概要

項目 内容
テーマ名 SANGO(サンゴ) SANGOの公式サイトはこちら
価格 11,000円(税込み)
ライセンス・使用範囲 スプリットライセンス・本人所有サイトに限り複数サイト利用可能
テーマの特徴 【初心者でも始めやすい】【かわいい目のデザイン】
会員サイトなど 一般公開サイトにて使い方マニュアルあり・質問フォーラム基本的になし(バグ報告系のみ)
コメント 「SANGO」は、Webサイト「サルワカ」から誕生した有料WordPressテーマ。
個人向けブログ・アフィリエイトを始めたい人。SANGOのかわいい・柔らかい雰囲気デザインが好きな人におすすめのテーマ

 

「SANGO」は、Webサイト「サルワカ」から誕生した有料WordPressテーマです。

心地よいWordPressテーマ
SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。内部SEOも最適化されています。
SANGO 公式サイトより引用

 

女性向けの優しい雰囲気のテーマで、女性向けのアフィリエイトブログなどにおすすめです。
 

2016年12月に開設されたWebサイト「サルワカ」は1年後に200万ページビュー/月を超えました。そのノウハウが詰め込まれています。
サイトの内部構造を検索上位表示と、アクセスアップのため、検索エンジンに向けて最適な状態にしており、SEOにも強いテーマです。 

買い切り型で、ご購入者本人が主たる所有権を有するサイトであれば、複数サイトに渡ってご利用頂くことができます。
 

SANGOの特徴

直観的に操作できるデザインが採用されていて、HTMLやCSSがわからない初心者でも、サイトの色々な箇所の色を変更することができます。デザインが豊富なので同じ「SANGO」のサイトでもデザインが被りづらいのもメリットです。
 

エディター補助機能が豊富で、見出し、ボタン、ボックスは、それぞれ30種類以上のデザインが用意されて、簡単に使えます。
 

■SANGOのエディター補助機能

 

ショートコードで関連記事や他サイトへのリンクを出力(横長)したり、線を引いたり、説明や注意書き、ソースコードボックス、吹き出し、横並び2列・3列、YouTubeをレスポンシブで埋め込み、モバイルまたはPCでのみ表示、特定のカテゴリーの記事でのみ表示、画像上に文字をのせる、レビューボックス、ボタン、 箇条書き、ボックスが利用できます。
 
 

使用感としては、JINに似ている感じです。より女性向き・柔らかな感じを出したい場合は「SANGO」が向いているかもしれません。

 

(※注)ConoHa WING テーマ特典

レンタルサーバーConoHa WINGでは、ConoHa WING契約時または管理画面でJINとSANGOを割引価格で購入できますので、ConoHaを契約予定・契約中の方はお得でおすすめです(2020年7月時点)。

ConoHa WING テーマ購入画面

 

 

合わせて読みたい記事

SANGOを実際に使ってみた感想を下記記事に掲載しました。SANGOが気になる方はぜひご参考ください。
【SANGOってどう?】WordPressテーマSANGOの使用感想とメリット・デメリット

 

STORK(ストーク)19 清潔感のあるデザインで根強い人気のブロガー向けテーマ

Stork19トップページ
 

STORK19の概要

項目 内容
テーマ名 stork(ストーク)19
STORK19の公式サイトはこちら
価格 11,000円(税込み)
ライセンス・使用範囲 スプリットライセンス・本人所有サイトであっても1サイトのみの利用制限あり
テーマの特徴 【初心者でも始めやすい】【清潔感・スタンダードなデザイン】
会員サイトなど 一般公開サイトにて使い方マニュアルあり・メールサポートあり
コメント 清潔感のあるデザインでハイレベルなブログが作れるテーマ。初心者から有名なブロガーまで以前からたくさんの人に利用されています。

ブロガー機能に特化したOPENCAGE(オープンケージ)シリーズで大人気のおすすめテーマ。ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」シリーズの中でもとくにおすすめのテーマです。

 

「STORK19」は、ブログマーケッターJUNICHIが監修し、OPENCAGE(オープンケージ)が製作した国産のテーマです。
 

(※)2019年の後半にSTORKの改良版STORK19(ストーク19)がリリースされました。本記事では、一部旧STORKの画面で解説していますが、今からご購入される場合は、「STORK19」の方を購入推奨です。
 

Stork19の特徴としては、記事装飾用のショートコードやモバイル含めたデザインのカスタマイズ機能が多く、ウィジェットも充実しておりアドセンス広告の設置など効果的なブログを作る機能が揃っています。使いやすさとデザイン性に優れ、記事に集中することができるテーマです。
 

OPENCAGEの公式サイトに使い方が丁寧に説明されており、購入後は無料メールサポートもあるので初心者でも安心して使えるテーマです。
 

注意すべき点としては、他の有料テーマと比較して、1テーマ購入で1サイトだけしか利用できない点です(本人所有のサイトでも、複数サイトの利用不可)。
 

STORKはこんな人におすすめ

STORKは下記のような方におすすめです。

  • 女性にも男性にも訴求できる清潔感のあるデザインのブログを作りたい方
  • HTML・CSSの知識はないけれど記事のレイアウト・装飾もできるだけ良い見せ方をしたい
  • 商品販売用のランディングページ(1カラムレイアウトの長いページ)を作成したい方

 

また、STORK(ストーク)は、OPENCAGE(オープンケージ)シリーズの中でも特に機能性に優れ、初心者から有名なブロガーまで多くの人が利用しています。

OPENCAGEシリーズの比較表

OPENCAGEシリーズの比較表の一部


OPENCAGEシリーズの比較表の一部(2021年1月時点)※公式サイトより引用

 

STORK19の特徴

STORK19の良い点は下記の3つが主にあります。

STORKの良い点

  • デザインに清潔感があり、カスタマイズ性にも優れている
  • 記事を装飾するショートコードが豊富で簡単に装飾できる
  • ランディングページ作成機能もあり訴求力の高いページを作ることができる

 

STORK19独自のブロックも用意されていて直観的に記事を装飾・設定することができます。
 
■ショートコードを利用した記事の装飾

 
 

全体的なデザインとして、老若男女幅広い人に好まれるような清潔感のあるデザインを作りやすいのが強みです。また、モバイル用のカスタマイズ設定も多く、スマートフォンを重視した作りになっています。

■固定ページ・投稿の見出しや各種デザインの変更


 

■色の変更は自由にできるため、デザインのテイストを変更しやすい


 

■投稿一覧のデザイン変更


 

さらに、ランディングページ(LP)作成機能も用意されており、商品訴求のページが作ることができます。


 

※画面は一部旧ストークの画面を利用しています。

1テーマ購入で1サイトだけしか利用できないので、複数サイトを量産するような使い方をしたい方にはコストパフォーマンス的にあまりおすすめできないでしょう。
 

しかし、ほとんどの人にとっては当面は1サイトのみ運営するという方が多いと思うので十分おすすめできるテーマだと思います。
 

 

合わせて読みたい記事

おすすめのテーマ「STORK(ストーク)」を実際に使ってみた感想を掲載しました。STORKをご検討の方は合わせてご参考ください。
【ストークってどう?】人気テーマSTORKを使ってみた感想・レビュー

 
 

(参考)その他の有料テーマ販売サイト

ここでは、上記以外にいくつもの有料テーマを販売しているサイトをいくつかご紹介します。
数がたくさんありますのでここでは全て紹介しませんが、あなたにマッチするテーマがあるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。
 

Dig Press

ワードプレス 有料テーマサイト Digpress
 

DigPressは、株式会社デジステイトが開発している有料のワードプレステーマシリーズです。商用サイトから個人ブログまで幅広く対応するSEO対策済みの高品位でおしゃれなテンプレートを提供されています。
 

DigiPress テーマでは、「PCテーマ(レスポンシブ対応)」、「モバイルテーマ」の2つが組み込まれており、テーマ側でスマートフォンでのアクセスを判定して読み込むテーマを分けるだけでなく、それぞれのテーマ(接続元デバイスの種類)で必要な CSS や JavaScript だけを読み込み、さらに実行されるプログラムも PC テーマ用とモバイルテーマ用で細かく分岐して処理しています。

Digpressテーマの特徴 | WordPressテーマDigPressより引用

 

DigPress詳細はこちら
 
 

WP Minimal

WP Minimal テーマ一覧
 

Minimal WPシリーズは、月間最高48万PVを誇る個人ブログ「オニマガ」を運営しているオニマガさんが開発されたWordPressテーマシリーズです。

2012年にスタートして以降、現在までに1万を超えるウェブサイトで利用されており、機能数が多くない分、簡単な操作でシンプルでおしゃれなサイトが作れるのが大きな特徴です。
 

Minimal WPシリーズの特徴

  • シンプルで落ち着いた大人っぽいデザインのサイトが作れる
  • 機能がシンプルでアップデートも少ないので作成・管理工数が少なくて済む
  • Minimal WPシリーズは基本的に全て価格11,000円→9,999円(税込)の買い切り型
  • アップデート方法は少し特殊なため注意が必要

Minimal WPの公式サイトはこちら

Minimal WPとは?
日本語有料テーマで最も簡単に使えるミニマルデザインのWPテンプレート
Minimal WPは2012年のスタート以来、1万サイト以上でご利用いただいている「レスポンシブ WordPress テンプレート」です。デザインも機能もシンプルでミニマル。HTMLの知識も不要。Web初心者でも簡単におしゃれなホームページが作れます。

WordPressテーマ Minimal WPより引用

 

Minimal WPシリーズの特徴や同シリーズのテーマの一つMinimal Cafeを使ってみた感想を「Minimal WPテーマシリーズの特徴とMinimal Cafeの感想」に詳しく解説していますので、Minimal WP シリーズが気になる方は合わせてご参考いただけますと幸いです。
 

まとめ 目的に合わせて最適なテーマを選ぼう

いかがでしたでしょうか。今回は、目的に合わせておすすめのWordPress有料テーマをご紹介しました。ここでご紹介した有料テーマは下記の通りです。
 
WordPressおすすめ有料テーマ
 

タイプ テーマ名 内容 備考 最終更新日
ホームページ型のサイトにおすすめ Lightning G3 Pro Pack
(旧Lightning Pro)
スタンダードなビジネスホームページ向き
無料テーマLightningの有料版
Lightning G3 Pro Packの公式サイトはこちら
9,900円 (税込)/1年間
サブスクリプション型
複数サイト利用可
ライセンスキー方式
2021.8.26
アップデート情報
SnowMonkey
スノーモンキー
1カラム型のビジネスホームページにおすすめのテーマ
SnowMonkeyの公式サイトはこちら
16,500円/1年間
サブスクリプション型
複数サイト利用可
2021.8.30
アップデート情報
SWELL
スウェル
ホームページにもブログにも使える
シンプルで使いやすいテーマ
SWELLの公式サイトはこちら
17,600円 (税込)
買い切り型
複数サイト利用可
2021.8.19
アップデート情報
賢威
けんい
SEO実績の高いロングセラーテーマ。
特典のSEOマニュアルなど付加価値が高い。
賢威の公式サイトはこちら
27,280円(税込み)
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2020.9.15
アップデート情報
TCDシリーズ
ティーシーディー
洗練されたデザインが特徴のテーマシリーズ。
美しいデザインのコーポレートサイトにおすすめのテーマ
TCDシリーズの公式サイトはこちら
※TCDはテーマシリーズになります。
業種別・用途別などに数十種類用意されています。
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
※テーマによって
異なる可能性あり
※各テーマによる
アップデート情報
ブログ・アフィリエイトにおすすめ AFFINGER6
アフィンガー6
本格的にアフィリエイトサイトを始めるのに
おすすめの高機能WordPressテーマ 
AFFINGERの公式サイトはこちら
14,800円(税込み)
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.8.30
アップデート情報
DIVER
ダイバー
アフィリエイト・メディアサイト運営経験者
に向いている高機能WordPressテーマ
17,980円 (税込)
DIVERの公式サイトはこちら
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.8.12
アップデート情報
JIN
ジン
柔らかいデザイン・アニメーションが好きなブログを始めたい
初心者におすすめのテーマ
14,800円 (税込)
JINの公式サイトはこちら
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.4.25
アップデート情報
SANGO
サンゴ
かわいい・柔らかいデザインが好きな
ブログ初心者におすすめのテーマ
SANGOの公式サイトはこちら
11,000円(税込)
買い切り型
複数サイト利用可
(本人サイトのみ)
2021.8.8
アップデート情報
STORK19
ストーク19
初心者から有名ブロガーまで
根強い人気のブロガー向けテーマ
STORK19の公式サイトはこちら
11,000円(税込)
買い切り型
1サイト利用のみ
2021.8.25
アップデート情報

※アップデート情報は8月31日時点で確認した状態を記載しています。
 

自分の目的に合わせてテーマを購入したいですね。

今回は有料テーマを中心にご紹介しましたが、最近では無料テーマでも品質の高いサイト・ブログを作成することができます。

 

なお、「【2021年】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ8選」にブログアフィリエイトを想定した解説とテーマを掲載しています。ブログアフィリエイトを始めたい方は合わせて下記もご参照ください。
 

ここで紹介した内容が、テーマのご利用・ご購入の検討の一助になれば幸いです。今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

アフィリエイト・ブログ体験談を見たい方は「【アフィリエイト体験談】Komiya氏(50代経理部)「副業・未経験の私でも月1万円位は稼ぐことできました」」をご覧ください。

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , , , , , ,