【爆速開設】エックスサーバークイックインストールでWordPressをインストールする方法

WordPress

【爆速開設】エックスサーバークイックスタートでWordPressインストール

今回は、レンタルサーバー「エックスサーバー(XSERVER)」のクイックスタート機能を利用してサーバー開設する方法をご紹介します。
 

エックスサーバーのクイックスタート機能は2020年4月7日に実装された機能で、サーバー開設・独自ドメイン契約・WordPressインストール・SSL化を一気に設定することができます。
 

関連記事

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP」では、従来のやり方でサーバー開設・独自ドメイン取得・WordPressインストール、そしてその後のWordPress初期設定までのやり方をご紹介しています。
クイックスタートを使わずに従来のやり方でサーバー開設したい方やその後のWordPressの初期設定を見たい方は併せて下記もご参照ください。

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 


 
本記事は、「2020年4月時点」での画面・手順になります。
 

エックスサーバーのクイックスタート機能でサーバー開設する

今回は、エックスサーバーのクイックスタート機能を利用した方法をご紹介します。
 

クイックスタート機能を利用すると、以下の複数のステップを一括で行うことができます。

  1. レンタルサーバー(エックスサーバー)を契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバー・ドメインを連携する
  4. WordPressをインストールする
  5. SSL化

 

エックスサーバーは下記より開設することができます。まずは下記にアクセスしてトップページに移動しましょう。
 

 

エックスサーバーのページにて、サーバー無料お試し「お申し込みはこちら」をクリックします。
エックスサーバーの申し込みボタンをクリックします。
 

「10日間お試し 新規お申し込み」をクリックします。
エックスサーバーの申し込みボタンをクリックします。
 

「クイックスタートで一括お申し込み」を選択します。
エックスサーバー クイックスタートを選択
 

お申し込み情報を入力して、お申し込み内容の確認へ進んでください。
エックスサーバーの申し込み
 

(補足)各項目の解説

サーバーの契約情報について

エックスサーバークイックスタート サーバー契約

  • サーバーID:自動で生成されるIDもしくは屋号などで良いかと思います。
    ※サーバーIDは初期ドメイン(サーバーID.xsrv.jp)に使われたり、サーバーパネルにログインする際に利用します。ID名は後から変更できませんが、独自ドメインを利用する場合一般のサイト訪問者にはサーバーIDは見えませんのでどんな文字列でも気にする必要はありません。
  • プラン:通常のホームページ・ブログの解説であればX10プランで十分です。あとからプラン変更も可能です。
  • サーバーの契約期間:3〜36ヶ月で選べます。12ヶ月が覚えやすく費用もバランスが良いのでおすすめです。

 

ドメインの契約内容

エックスサーバークイックスタート ドメイン契約

  • 取得ドメイン名:取得したいドメイン名を選びます。

 

WordPressインストール情報

エックスサーバークイックスタート WordPressインストール

  • ブログ名:サイトのタイトル(例. ホームページの作り方・WordPressの使い方ブログ)を入力
  • ユーザー名:半角英数文字で任意の名前を入力します
  • パスワード:複雑なパスワードにしましょう
    (ユーザー名とパスワードはWordPressにログインする際に利用しますので忘れないようにしましょう。)
  • メールアドレス:任意の自分のメールアドレスを入力します(WordPressのパスワード忘れ時などに利用します)

 

内容を確認して、次に進みます。
お申し込み内容を確認して次に進む
 

お申し込み内容が完了します。
お申し込み完了
 

入力が完了すると、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールが届きます。メールには、エックスサーバー にログインするためのIDやパスワードが記載されているので大切に保管しましょう。
エックスサーバー お申し込み完了メール
 

メールが来るまでに数分〜数十分の時間差があることがありますが、ほとんどの場合はメールがすぐに届くので、お申し込み後は、すぐにメールをチェックしてみましょう。

 

WordPressにログインする

それでは、WordPressのインストールが完了したら、早速WordPressにログインしましょう。
 

WordPressにログインするためには、まずは自分がインストールしたWordPressのサイトの管理画面URLにアクセスする必要があります。初期状態ではWordpress管理画面のURLは下記になります。
 

WordPress管理画面用のURL
 
http(s)://WordPressをインストールしたサイトのURL/wp-admin/
(例. https://webst8.org/wp-admin/)

 

エックスサーバー開設時の「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールにもURL・ログインIDなどが掲載されています。
WordPressのログイン情報メール
 

管理画面URLにアクセスすると下記のログイン画面が表示されます。
WordPressのログイン画面
 

よくある間違い。検索してはいけない

ここで、よくある間違いとして、URL入力時にGoogle検索の候補を選んだり、検索エンジンでURLを検索してしまう人いますが、この方法ではログイン画面にいけないのでご注意ください。
該当のURLで検索してしまう
 

URLで検索されてしまうがヒットしない

ログインのURLは通常検索エンジンにヒットしない設定で非公開になっていますので、検索でURLを調べてもヒットしないんです。

 

(関連記事)【すぐできる】WordPressの管理画面(ダッシュボード)へのログイン方法

 

最初はエラー画面が出ることがありますが気にしなくてOK

開設してすぐにWordPressにアクセスすると、下記のような「この接続ではプライバシーが保護されませんというエラー画面」、または「無効なURL」と表示されますが、気にしなくてOKです。

■この接続ではプライバシーが保護されません
この接続ではプライバシーが保護されません

■無効なURL
まだ反映待ちの状態。しばらく待ちましょう
 

通常1時間〜2,3時間くらい経過すると反映されるようになるので、しばらく待ってから再度アクセスしてみましょう。

 

WordPressをインストールした際に入力したユーザーID(またはメールアドレス)とパスワードを入力するとログインすることができます。
ユーザーID又はパスワードを入力後ログインボタンを押下
 

下記のような管理者画面が表示されればOKです。ここで、ワードプレスの操作を行なっていきます。
WordPress 管理者画面
 

常時SSLを設定する

最後に、常時SSLの設定を行なっていきます。ここまでの設定だけでは、まだ「http」と「https」のURL両方にアクセスすることができる状態です。
 

そこで「http」でリクエストされた通信も「https」として通信させる設定を行っていきます(常にSSL通信になるので常時SSLといいます)。
 

設定を行うには、「.htaccess」という重要なファイルを編集する必要があります。
 

ここでは、エックスサーバーのサーバー管理パネルの.htaccess編集機能から、.htaccessを編集する方法を紹介します。
 

エックスサーバーのサーバーパネルログイン画面を開いてログインしてください。
エックスサーバー サーバーパネルログイン画面
 

※ログイン情報は「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールに掲載されています。
サーバーパネル ログインIDとパスワード

 

「.htaccess編集」をクリックします。
サーバーパネルで.htaccess編集をクリック
 

複数のドメインをがある場合はドメインの選択画面が表示されます。SSL化対象のドメインを選択しましょう。
サーバーパネルでSSL化対象のドメインを選択するimage-10820" />
 

「.htaccess編集」をクリックします。
サーバーパネル .htaccess編集をクリック
 

.htaccessファイルの内容が表示されます。記載内容はご利用の環境によって異なる場合がありますが、元々ある記述は消さないでください。
サーバーパネル .htaccessファイルの内容
 

注意

ホームページ Unavaiable誤った入力をすると、「.htaccess」ファイルが機能せず、最悪の場合、Webサイトが表示されない可能性もありますので、コードを変更したり、書き加える前に.htaccessに元々記載されている内容をコピーしてメモ帳などに控えておくと安全です。
 

 

.htacessに書き加えるコードは、以下のとおりです。コピーしてください。

 

コピーしたコードを一番上の行に貼り付けます(貼り付けるコードと元々合った記述で改行しても構いませんが、元々あった記述は1文字も消さないようにしてください)。「確認する」をクリックします。
サーバーパネル .htaccess コピーしたコードを一番上の行に貼り付ける(元々合った記述は1文字も消さないようにする)
 

「実行する」をクリックします。
サーバーパネル .htaccess 実行するをクリック
 

(補足. 中級者向け)コードの意味について

 

  • 「RewriteEngine」とは、「有効(ON)・無効(OFF)の設定」で、「有効(ON)」にします。
  • 「RewriteCond」とは、「条件を設定する」という意味です。
  • 「 %{HTTPS} !on 」とは「httpsがonでない場合(SSLではない場合)」という意味です。
  • 「RewriteRule 」とは、「ルールを設定する」という意味です。
  • [ R = 301 , L ]の「R = 301」は「永続的に転送する」という意味であり、「L」は「ルールを終了する」という意味です。

 

以上のコードで「http」でアクセスがあった場合、「https」へ転送しますというルールを設定しています。

 

最後に「http://自分のドメイン名」でアクセスしてみましょう。httpsにリダイレクトされて入れば完了です。


 
 

 

(補足)エックスサーバー管理パネルについて

エックスサーバーでは、契約系の設定を管理するXserverアカウントパネル(旧インフォパネル)と、サーバー系の設定を管理するサーバーパネルの大きく2つのログイン画面・管理画面があります(そのほかにもファイルマネージャーやWebメール用の管理画面もあります。)
 

エックスサーバー の管理画面の説明
 

Xserverアカウントログイン画面。アカウント情報・契約支払い関係・ドメインの新規取得などを行うための管理システム
エックスサーバー Xserverアカウントログイン画面
 

サーバーパネル画面。メールアカウントの作成・ドメイン設定の追加などサーバに関する設定を行うための管理システム。
エックスサーバー サーバーパネルログイン画面
 

Xserverアカウントにログイン情報とサーバーパネルにログイン情報は異なるので混同しないよう注意しましょう。

エックスサーバー のアカウント情報

 

エックスサーバーの操作で不明点があればサポートに問い合わせしましょう。

エックスサーバーを契約すると、メールや電話でサポートデスクに問い合わせすることができます。InfoPanelの左下に「サポートお問い合わせ」があります。
エックスサーバー のサポートお問い合わせ
 

よくある質問などが書いてありますので、事前に確認後必要に応じて問い合わせしましょう。
エックスサーバー のサポートお問い合わせ

問い合わせの際はできる範囲で具体的な質問を書くと、明確な答えが返ってきます。

 

以上でエックスサーバーにWordPressをインストールする手順は完了です。
 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 

まとめ エックスサーバーでWordPressをインストールする手順

まとめです。今回は、レンタルサーバー「エックスサーバー(XSERVER)」のクイックスタート機能を利用してサーバー開設する方法をご紹介しました。
 

エックスサーバーのクイックスタート機能は2020年4月7日に実装された機能で、サーバー開設・独自ドメイン契約・WordPressインストール・SSL化を一気に設定することができます。
 

WordPress開設後は、WordPressの初期設定や使い方を覚えていきましょう。
WordPressの管理画面
 

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP」では、従来のやり方でサーバー開設方法のに加えて、その後のWordPress初期設定までのやり方をご紹介しています。ここまでで、この記事の手順5までは終わっていますので、手順6から進めていただくと良いかと思います。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい記事

WordPressの使い方の総まとめ記事を「【WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」に詳しく記載していますのでぜひご覧ください。

 
 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, ,

Copyright© WEBST8のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.