Bootstrap4 新コンポーネント「Card」の使い方を徹底解説

Bootstrap4 Cardコンポーネントの使い方を徹底解説

ここではBootstrap4.0から新しく登場した、カードコンポーネント「Card」の使い方を説明していきます。
 

 

 

カード「Card」コンポーネントとは

Bootstrap3で利用できた「wells」「thumbnails」「panels」の3つのコンポーネントがBootstrap4では廃止となりました。
 

代わりに、Bootstrap4ではCardという新しいコンポーネントに統合されました。サムネイル画像、見出し、テキスト、リンクなどもCardの中に内包することができます。
 

■Cardコンポーネントの例
bootstrap4 card グリッドシステムの中に入れた例
 
 

オーソドックスなCardの使い方

まずは、オーソドックスなCardの使い方から説明します。
 

■Cardの表示例
Bootstrap4 Cards
 

■上記のソースコード

 

ここでは、ソースコードの簡単な解説は以下の通りです。
Bootstrap4 cardsの説明
 

  • カードコンポーネント全体として、class名にcardを指定したdivでくくります。
  • 画像(img)タグのclass名にcard-img-topを指定します
  • class名にcard-bodyを指定したdivでくくります
  • card-bodyの中で、タイトル部分の見出しタグ(本例ではh4)のclass名card-titleを指定します
  • card-bodyの中で、説明テキスト部分のタグ(本例ではp)のclass名card-textを指定します
  • card-bodyの中で、ボタンをつける場合はclass名btn btn-xxxを指定したaタグを利用します

 

Cardの使い方は上記クラスをそのまま使わないといけないわけではなく、組み合わせたり変化させて色々な使い方ができます。ここからは、Cardの色々な使い方を説明していきます。
 

Width(幅)をcardに設定する

cardクラスにwidthを設定しないと幅100%のcardになってしまうため、widthを設定するか、(widthを設定せずに)グリッドシステムの中に入れて横幅を調整します。

bootstrap4 card グリッドシステムの中に入れた例
 

■上記のソースコード

 
 
■bootstrap.cssのcardクラス
bootstrap.css中のcardクラス
 

bootstrap.css中のcardクラス
 

色々なcardコンポーネントの使い方

シンプルなcard

カードコンポーネントは、画像やタイトルなしでも利用できます。
■表示例 シンプルなcard
bootstrap4 card
 

■上記のソーコード

 

card-headerとcard-footer

card-headerやcard-footerといったオプションクラスも利用することができます。

■表示例
bootstrap4 card card-header、card-footer
 

■上記のソースコード

 
 

リストグループ付きのCard

Cardは他のコンポーネントと組み合わせて利用することもできます。以下は、Cardにリストグループを追加した例です。
 

■表示例
Bootstrap4 card listgroup
 

■上記のソースコード

 
 

画像の上に文字を表示する

画像タグのcard-img-topの代わりにcard-imgを、card-bodyクラスの代わりにcard-img-overlayを入れると、画像の上のテキストを表示することができます(オーバーレイ)。
 

■表示例
Bootstrap4 card image overlay
 

■上記のソースコード

 
 

水平型のcard

グリッドシステムと組み合わせることで、cardコンポーネントの形を水平にすることもできます。
 

■表示例
Bootstrap4 card horizontal
 

■上記のソースコード rowクラスに加えてno-guttersを足します。

 

rowクラスにno-guttersを足しています(no-guttersをつけないと画像などのレイアウトの間に隙間が発生します。)
 

▲▲目次に戻る▲▲

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)の4系から新たに登場したコンポーネントカード「Card」の使い方の基本をご紹介しました。
 

 

公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
「Card | Bootstrap 4.3」
 
 
 

 

『自分で作る選択を!』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

PICK UP みんなの仕事インタビュー

WEBST8では、サロン・整骨院・整体・農業・ピアノ・ネイル・ライター・デザイナー・ネイル・美術品・不動産・士業などなど、個人でビジネスを持ち仕事をされている方がたくさんおられます。

ユニークで面白い仕事をされている方も多いので、実際に独立・起業・仕事 Web活用について実体験をインタビューいたしました。

インタビュー一覧

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ