【WordPress再利用ブロックの使い方】 ブロックエディター再利用ブロックの活用方法

WordPress

【WordPress再利用ブロック】再利用ブロックの使い方

2021年1月23日

WordPressのブロックエディターには「再利用ブロック」という機能があり、記事で繰り返し使うような「定型文」や「レイアウト用のテンプレート」など登録・利用することができます。

再利用ブロックとして一度テンプレートを作成すれば、任意の他のページでも簡単に再使用することができるので便利です。

本記事では、WordPressブロックエディターにおける再利用ブロックの使い方を解説していきます。
 


 
(※)本記事では、WordPress5.6、無料テーマLightingを利用した環境で説明しています。
 


 

(関連記事)ブロックエディターの使い方について

本記事では、再利用ブロックの使い方に絞って説明していますが、エディターの使い方全体を勉強したい方は「【徹底解説】WordPressブロックエディターの使い方」を合わせてご参照ください。

 

再利用ブロックとは

ブロックエディタ(Gutenberg)の機能のひとつとして「再利用ブロック」があります。

再利用ブロックは、記事で繰り返し使う「定型文」や「レイアウト用のテンプレート」などを、複数のページで再使用するためのブロックです。

再利用ブロックとして一度作成すれば、任意のページのエディターから簡単に再使用することができます。
再利用ブロックの概念
 

ここでは、WordPressの再利用ブロックについての基本的な使い方や用途について解説します。
 

再利用ブロックを作成する方法

まず、再利用ブロックを作成する方法をご紹介します。投稿や固定ページの編集画面で作成したブロックを再利用ブロックとして登録していきます。

(再利用ブロックに登録したい)任意のブロックを選択して、ブロックツールバーの詳細設定アイコンをクリックします。
ブロックツールバーの詳細設定アイコンをクリック
 

「再利用ブロックに追加」を選択します。
「再利用ブロックに追加」を選択します。
 

任意の名前を入力して保存します。
任意の名前を入力して保存します。
 

これで、選択したブロックを再利用ブロックに登録・変換できました。
 

投稿・固定ページ・再利用ブロックを使用する

次に、登録した再利用ブロックを他のページで利用する方法をご紹介します。
 

任意の投稿・固定ページの編集画面を開きます。再利用ブロックを挿入したい箇所にカーソルを合わせて左上の「+」をクリックします。
挿入した箇所にカーソルを合わせて左上の「+」をクリック
 

「再利用可能」をクリックします。
再利用可能をクリック
 

先ほど登録した、登録済みの再利用ブロックが一覧表示されるので選択して追加します。
登録済みの再利用ブロックが一覧表示されるので選択して追加します
 

再利用ブロックが適用されました。
再利用ブロックが適用されました
 
 

再利用ブロックを編集するときの注意点

前述で追加した再利用ブロックを編集すると、同じ再利用ブロックを参照している他のページにも影響することに注意です。
再利用ブロックを書き換えた時の注意点
(※)再利用ブロックを利用しつつ、特定ページのみ編集したい場合は後述の章で説明する「通常のブロックへ変換」を行います。
 

再利用ブロックを編集するには、再利用ブロックに対して[編集]ボタンを押すことで内容を編集することができます。
、再利用ブロックに対して[編集]ボタンを押します
 

ブロックを編集します。
ブロックを編集します
 

編集後は[保存]ボタンで保存します。※記事の下書き保存や公開ではなく、再利用ブロックの[保存]ボタンで保存します。
編集後は[保存]ボタンで保存します
 

前述の通り、同じ再利用ブロックを参照している他のページにも編集した内容が反映されていることに注意しましょう。
 
 

通常のブロックに変換して個別に編集する

挿入した再利用ブロックを通常のブロックへ変換することで、再利用ブロックから切り離して再利用ブロックの内容を記事ごとに編集できます。
再利用ブロックを書き換えた時の注意
 

再利用可能ブロックを個別に編集したいページで、ブロックツールバーの詳細設定から「通常のブロックへ変換する」を選択します。
「通常のブロックへ変換する」を選択します
 

■再利用ブロックを通常のブロックに変換する


 

ブロック管理画面から編集する

WordPressでは、ブロック管理画面から編集することもできます。

投稿・固定ページ編集画面の右上の「オプション」をクリックして、「すべての再利用ブロックを管理」を選択します。
投稿・固定ページ編集画面の右上の「オプション」
 

再利用ブロックの一覧画面を開きます。新規追加や既存再利用ブロックの編集ができます。
再利用ブロックの一覧画面が開きます
 

新規追加ボタンを押下すると、再利用ブロックの作成画面が開きます。タイトル(再利用ブロックの名前)と内容を作成後、再利用ブロックを参照することができます。
「すべての再利用ブロックを管理」を選択します
 

再利用ブロックの用途例

最後に、再利用ブロックの用途例についてご紹介します。

記事内で頻繁に使う定型文である、補足・注意事項などを再利用ブロックとして登録して使用することで記事を効率的に作成できます。

たとえば、CTA(例:問い合わせボタンなど)のような内容を再利用ブロックとして登録し、記事内の好きな場所に設置するといった使い方もできます。
 

また、再利用ブロックは、画像と文章などがレイアウトされたコンテンツ作成のためのテンプレートとしても使うことができます。

あとで変更になった際も、一回の操作で同じ再利用ブロックを使用している他のページにも全て反映されるので、手間がかからず便利です。
 

まとめ

まとめです。今回は、WordPressブロックエディターにおける再利用ブロックの使い方を解説しました。


 
再利用ブロックは、今回ご紹介した例に限らず、アイデア次第で様々な使い方ができます。

効率よく記事やコンテンツを作成できるよう、再利用ブロックを上手に活用してみてくださいね。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, ,

© 2021 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5