特化型・雑記型・トレンド型ブログの違い 特徴とメリット・デメリットを徹底解説

アフィリエイト・ブログ

【どっちがおすすめ?】特化ブログと雑記ブログの違いとメリット・デメリット

2020年4月25日

これからブログを開設しようとした際に、最初からジャンルを絞って特化するか、ジャンルを絞らずに色々なことを書くか、迷っている人も多いのではないでしょうか。
 

今回は、特化ブログと雑記ブログ、そしてトレンド型の違い・特徴とメリットデメリットについて詳しく説明していきます。
 

ブログを始めようと思っています。何かジャンルを絞って書くか特定の分野に絞らず自分の書きたいことを書くか悩んでいます。どうしたらよいでしょうか??

 

ブログには大きく、「ジャンルを絞った特化型ブログ」と「ジャンルを絞らない雑記型ブログ」に大別できます。今回は、特化型・雑記型に加えてトレンド型ブログの3つの違いとそれぞれの特徴・メリットデメリットを説明位していきますね。

 

雑記型ブログ・特化型ブログ・トレンド型ブログの違い
 


 

特化ブログと雑記ブログそしてトレンドブログの違い

特化と雑記、トレンドの違い

ブログは、下記のように大きく、「ジャンルを絞った特化型ブログ」「ジャンルを絞らない雑記型ブログ」に大別できます。また「最新のニュース・時事ネタを追いかけたトレンド型」というカテゴライズもできます。
雑記型ブログ・特化型ブログ・トレンド型ブログ
 

  • 特化ブログとは・・ジャンルを絞って専門性を出したブログ
  • 雑記ブログとは・・いろいろなことを書き記したブログ
  • トレンドブログとは・・最新の情報を追いかけたトレンド追従のブログ

 

 

特化型と雑記型、トレンド型のメリット・デメリット

特化型と雑記型、トレンド型のメリット・デメリットは主に以下のようなものが挙げられます。
 

ブログの型 メリット デメリット
特化型
  • 直接的な成果を出しやすい
  • 権威性・信頼性を出しやすい
  • ブログを書くのに専門性が必要
  • ジャンル選定が難しい
雑記型
  • 初心者でも始めやすい
  • 後から方向転換がしやすい
  • 直接的な成果を出しにくい
  • 権威性・信頼性を出しにくい
トレンド型
  • 書きやすく続けやすい
  • アクセスを集めやすい
  • 記事の経年劣化スピードが早い(使い捨てになりやすい)
  • 常に書き続けていないと いけない

 

ここからは、ブログタイプごとのメリット・デメリットを説明していきます。
 

特化型ブログの特徴とメリット・デメリット

ジャンルが特化した特化ブログ
 

特化型ブログは、特定のジャンルに特化したブログのことです。当ブログも特化型ブログに当たります。
 

■特化型ブログの例

  • 税理士が、税金のことに特化して書いたブログ
  • マーケッターが、マーケティングのことに特化して書いたブログ
  • トレーダー・投資家が、株やFXについて特化した書いたブログ
  • 美容部員が、美容について特化して書いたブログ、などなど

 

必ずしもサイト所有者がその道の専門家である必要はありません。ただし、そのサイトならではの、深い視点での考察や体験談・主張は大事な要素です。

 
 

特化型ブログのメリット「成果と信頼性を出しやすい」

特化型ブログのメリットは、大きく「直接的な成果を出しやすい」ことと「権威性・信頼性を出しやすい」ことの2点が挙げられます。
 

【メリット1】特化型ブログは直接的な成果を出しやすい

特化型ブログの一つ目のメリットは、直接的な成果を出しやすいという点があります。
 

ここでいう直接的な成果とは、自社サービスの問い合わせをもらったり、他社商材を販売(アフィリエイト収益など)したりなど、ビジネス上達成したい項目を指します。
 

直接的な成果が出やすい理由はいくつかありますが、ジャンルを絞って特定しているため、読み手の属性(困りごとやニーズ・年齢・収入・性別など)を特定しやすく、その人に向けて特化したブログ構成・情報発信をすることができるからです。
 

税理士が税金のことに関して困っている人向けにお困りごとを解決する記事をたくさん書くことで、税金のことで困っている個人事業主・経営者からの問い合わせなどが期待できます。
 

当サイトであれば、WordPressの使い方などに困っている人向けに、WordPressの使い方を詳しく発信しています。

 
 

【メリット2】特化型ブログは権威性・信頼性を出しやすい

特化型ブログの二つ目のメリットは、「特化型ブログは権威性・信頼性を出しやすい」という点です。
 

読者視点だけでなく、検索エンジンも、そのサイトの権威性・信頼性を重要視しており、ジャンルに特化したブログは、検索エンジンにも強くなる傾向にあります。
 

権威性とか専門性ってなんでしょうか??

たとえば、税金のことに関して国税局が発表したガイドラインであれば内容の真偽を疑うことなく信用しますよね??

 

たとえば、税金の専門家である税理士が書いた税金のことに関するブログは、中身の真偽という点で読者から一定の信頼を得やすいと思います。
 

逆に同じ中身を書いていても、まだ税理士資格を持っていない大学生が勉強で書いたブログであれば、「本当かな?念のため他でも調べてみようかな」と思うのではないでしょうか。
 

このように、同じ中身でも発信者の属性によって、発信者・サイトそのものの権威性・信頼性が変わります。いろんなことを書いている雑記よりも、専門家として特化して構成しているサイトの方が、権威性・信頼性を得やすくなります。
 

また、特に最近では医療・健康などのクリティカルな分野については、「厚生労働省」や「国立病院・大学」などの権威性のある組織が所有しているサイトが検索上位を独占するようになりました。
 
 

特化型ブログのデメリット「専門知識が必要でジャンル選定が難しい」

反面、特化型ブログのデメリットとして、主に「専門性が必要」であることと、「ジャンル選定が難しい」という2点があります。
 

【デメリット1】特化型ブログは専門性が必要

特化型ブログの2つ目のデメリットは、そもそもブログを書くためにある程度の「専門性が必要」という点です。
 

これからブログを書こうと思っている人の多くは、その道で生計を立てるようなスペシャリストではないと思います。
 

わたし、税理士みたいなプロの資格もないですし、ちょっとした趣味くらいのレベルなんですが・・・

 

仮に投資信託を始めたくて勉強しながらブログを書いたとしても、検索上位のブログは、金融のプロが図やデータを交えて非常に詳しく説明しているサイトだったりします。
 

こういった専門家に知識や保有しているデータという観点で勝とうとするのは至難の技です。
 

勉強しながら・ちょっと得意というくらいでも戦う方法はある

ただし、その道の専門家に知識量で勝つのが難しいから、ブログを始めても意味ないかというとそうではありません。
 
単純な情報量だけではなく、「筆者独自の体験・データ」や個人ならではの「感想・主張」なども多くの読者が欲しているものです。「専門用語をかみくだいて説明した分かりやすい」記事ももちろん需要があります。
 

ジャンルをさらに絞ってニッチなところを狙いに行くこともできますし、書き方が面白いか、共感できるかといった視点もあります。
 

また、最初は勉強しながらの状態でも、それを1年・2年・3年と継続していると、その道のプロフェッショナルになることもできます。
 
最初は誰でも初心者なので、「今の時点で無理」でも将来的に「そのジャンルのプロ」になることは可能です。

 

私も5年くらい前にはWordPressを知らなかったですし、ブログもやったことはありませんでしたが、勉強を始めてやりながら覚えました。最初はみんな0からスタートです。

 

特化型ブログは「ジャンル選定が難しい」

特化型ブログの二つ目のデメリットは、「ジャンル選定が難しい」という点です。
 

投資・保険・美容・ダイエット・芸能・ITなど、ジャンルによって難易度も特性も大きく変わります。
 

範囲を大きくしすぎると書ききれなくなり、サイトの特化性が中途半端になりますし、逆に狭すぎる・ジャンルがニッチすぎると母数が少なくアクセスもないというリスクがあります。
 

たとえば下記は、ジャンル選定が大きすぎる例です。

投資のはじめ方に関するブログ

 

投資といっても「株」「FX」「不動産」や「FX」などたくさんのジャンルがあります。ターゲットの属性(年収・年齢)も決まっておらず、これら全てに情報を網羅することは物理的に大変です。
 

また、投資という難易度の高いジャンルでは、大手メディア・金融機関などの運営するサイトに加えて、専業アフィリエイターも多く参入してため、個人の初心者がこの土俵で戦っていくことは実質難しいです。
 

逆に、下記はニッチすぎる例です。

(日本ではあまり知名度がない)海外の音楽グループ

 

日本国内でその海外の音楽グループについてインターネット検索する人が月間100人だとすると、最大「100」以上のアクセスは見込めません。そのジャンルのことを一通り書ききると、もう書くこともなくなってしまいます。
 

このように、特化型ブログの「ジャンル選定が難しい」という点が挙げられます。実際問題、初心者が最初に完璧にジャンル選定を行い、想定通りの結果を出せる人は5人に1人もいないのではないでしょうか
 
 

同じジャンル内であれば軌道修正は可能

最初に範囲を大きくしすぎた・狭くしすぎた場合でも同じジャンル内であればある程度軌道修正することは可能です。

また、範囲が大きくてなかなか専門性がでない場合でも、3年4年と時間で勝負してゆっくりサイトを成長させていくこともできます。

当サイトも最初は「ホームページの作り方」を中心に掲載していましたが、一通りできたら途中から「WordPress」に関することや「ブログ運営」に関することなどジャンル範囲を増やしています。

 
 

雑記型ブログの特徴・メリットデメリット

つぎに、雑記型ブログの特徴を説明していきます。雑記型ブログは、特定のジャンルに特化せずいろいろなジャンルのことを載せているブログのことです。
 

ジャンルが特化されていない雑記型ブログ
 

実は、私も最初は雑記から始めました。今では、もう更新はしていませんが、最初は雑記で自分の日常などを書いていた記憶があります。

 
 

雑記型ブログのメリット「書きやすく方向転換しやすい」

雑記型ブログのメリットは、なんといっても「書きやすい(続けやすい)」そして「あとから方向転換しやすい」という2点があります。
 

【メリット1】雑記型ブログは書きやすい

雑記型ブログの一つ目のメリットは、「書きやすく続けやすい」という点です。
 

ジャンルが絞られておらず、運営者の好きなことをブログ記事に書くことができるので、「書きやすいですし楽しいので続けやすい」という大きなメリットがあります。
 

実際に私も最初は雑記ブログから始めました。当初はこれといった専門性も文章の書き方も知らなかったので、「まずはなにか始めないと」ということで日々の活動や考えなどを書いていた記憶があります。

 
 

【メリット2】雑記型ブログは方向転換しやすい

雑記型ブログの二つ目のメリットとして、「あとから方向転換しやすい」という点があります。
 

特定のジャンルに縛られないので、最初は日常中心のブログ記事が多くても、あとからダイエット中心のブログにジャンルの割合を変更していくということが自然にできるようになります。
 

特に、ジャンル特化型は、ハードルが高いと言う人も多いため、途中で挫折する人や、そもそも始める前に断念する人も多いのが現状です。
 

そこで、最初は雑記型のブログを書いておいてあとから特化するという方法をとることができます。
 

いろいろなジャンルの記事を書いている中で、そのうち「特定の記事にアクセスが集まる」という状況になってきます。
 

そこで特定の記事のジャンルの記事数を増やしていく、というやり方です。最初の雑記型ブログの状態によっては、別の特化ジャンルブログを立ち上げて移設するという方法を取ることもできます。
 
 

雑記型ブログのデメリット「成果と信頼性が出しにくい」

反面、雑記型ブログのデメリットとして、主に「直接的な成果を出しにくい」ことと「権威性・信頼性を出しにくい」の2点があります。
 

雑記型ブログは直接的な成果を出しにくい

雑記型ブログの一つ目のデメリットは、「直接的な成果を出しにくい」という点です。
 

成果を出しにくい理由もいくつありますが、特定のジャンルを決めていないので、「特定の読み手(ターゲット)に絞って情報発信することが難しい」、「労力が分散される」などがあります。
 

雑記型ブログは「権威性・信頼性を出しにくい」

雑記型ブログの二つ目のデメリットとして、「権威性・信頼性を出しにくい」という点があります。
 

プロのスポーツトレーナーが書いたダイエットに関する特化ブログと、最近ダイエットを始めて雑記ブログの一環として書いたダイエットの情報で比較して考えてみましょう。
 

上記の例の場合、たとえ書いてある内容が同じでも前者の特化ブログの方が一般的に読者は信頼することが多いのではないでしょうか。
 

このように、専門性という点で不利な雑記ブログは、一般的に特化型ブログに比べると権威性・信頼性が出しにくいというデメリットがあります。
 

ただし、雑記型ブログでは成功しないというわけではありません。インフルエンサーや一部のブロガーは雑記型のまま大成功している人もいます。特化型と比較した時の相対的な特性という話です。

 

発信者自身の影響度・信頼性で勝負することが必要

ネット上のインフルエンサー・ブロガーは、発信者自身の影響度・信頼性を武器にして雑記型ブログで成功している人もいます。

しかし、ビジネス上それなりの収益が出るレベルで発信者自身の影響度・信頼性をあげるというのも、かなり難易度が高いので注意が必要です。

少なくとも「今日のご飯」「友達と遊んできました」的な日記では、影響度や信頼性をあげることは困難なので注意しましょう。

自身をブランディング化したい場合でも、何かしらの軸となる強みを中心に発信するのがおすすめです。

等身大以上に自分を大きく見せたり、他者を考えない行動をとると「炎上する」「嫌われる」というリスクもありますね。

 

トレンド型ブログの特徴・メリットデメリット

最新の情報を追いかけたトレンド追従のブログ
 

つぎに、トレンド型と言う視点と特徴を説明していきます。トレンド型ブログは、最新の情報を追いかけたトレンド追従のブログのことです。
 

■トレンド型の例

  • 芸能ニュースを元にした記事
  • TV番組の最新情報
  • 最新の経済情報
  • 最新ゲームや漫画情報の解説等

 
 

トレンド型ブログのメリット「書きやすくアクセスを集めやすい」

特化型ブログのメリットは、大きく「書きやすい(続けやすい)」ことと「アクセスを集めやすい」の2点が挙げられます。
 

【メリット1】トレンド型ブログは書きやすい

トレンド型の一つ目のメリットは「書きやすい(続けやすい)」と言う点です。
 

新着情報がでるたびにブログ記事のネタにすることができる、「書くことがない!」とブログネタに困ることが起こりにくいとううメリットがあります。
 

【メリット2】トレンド型ブログはアクセスを集めやすい

トレンド型の二つ目のメリットは「アクセスを集めやすい」と言う点です。
 

たとえば、ダイエットに関する方法は、既に世の中に何十・何百と説明されているブログがあります。しかし、「〇〇が発表・公開されました」といったような時事ネタに追従していくトレンド型は、発表時点で公式サイト以外はどこもまだ記事が書かれていない状態からスタートします。
 

発表された直後に、誰よりも早く書けば、その時点で唯一の情報となり、アクセスが集まりやすいと言う傾向があります。
 
 

トレンド型ブログのデメリット「記事が使い捨てなりやすく書き続ける必要あり」

反面、トレンド型ブログのデメリットとして、「記事が使い捨てになりやすい」ことと「常に書き続けていないと いけない」という2点が主にあります。
 

【デメリット1】トレンド型ブログは記事の経年劣化スピードが速い

トレンド型の一つ目のデメリットは「記事の経年劣化スピードが速い(使い捨てになりやすい)」という点です。
 

ネタバレ情報などは、しばらく情報が経つと、既知の情報になるので、「その話題が注目されるのは最初のうちだけ」ということになります。
 

たとえば、「正しい筋トレの方法」といった方法は、時代によらずある程度普遍的であるてめ資産性が高いのに対して、トレンド型の記事は「時間と共に経年劣化」していくので相対的に記事の資産性が低いということになります。
 
 

トレンド型ブログは記事の書き続けないといけない

トレンド型の二つ目のデメリットは「常に書き続けていないと いけない」と言う点です。
 

前述の「経年劣化スピードが速い」ということに関連しますが、記事の資産性が低いため、延々に書き続けていないとアクセスはみるみる目減りしていきます。
 
 

特化型ブログと雑記型のどちらがおすすめか

ブログを始めるなら、特化型ブログを作るか、雑記型ブログを作るか、どっちが良いのかと疑問に思う方も多いと思います。
 

結論は「人による」なのですが、下記に「タイプ別に雑記と特化のどちらがおすすめか」という図を示しましたので参考にしてみてください。
 

こんなひとにこちらがおすすめ
 

結論としては、すでに書きたいジャンルの目星がついている場合は、「最初から特化型ブログにチャレンジする」。まだ明確に決まっていない場合は、雑記から始めることがおすすめです。
 

また、雑記型でも特化型でもトレンド型を混ぜていくことでアクセスアップにつながりやすいのでおすすめです。
 

関連記事

アフィリエイト・ブログ未経験者がWordPressでアフィリエイトに取り組んだ過程と結果の体験談を「【アフィリエイト体験談】Komiya氏(50代経理部)「副業・未経験の私でも月1万円位は稼ぐことできました」」に掲載しましたので、実際の体験談を見たい方は合わせてご覧いただけたら幸いです。

 

私も最初は雑記ブログから始めています。多分私の場合も、最初から特化にしていたら続かなかったでしょう。かといって今もずっと雑記をを続けていたら今の規模まで成長していなかったと思います。

 

どうしても、最初から最短距離を狙おうと考えちゃいますが、人それぞれのやり方がありますもんね。

 
 

まとめ 自分の今の状況に合わせて選択しましょう

まとめです。今回は、特化型ブログと雑記型ブログ、そしてトレンド型の違い・特徴とメリットデメリットについて説明しました。
 

ブログの型 メリット デメリット
特化型
  • 直接的な成果を出しやすい
  • 権威性・信頼性を出しやすい
  • ブログを書くのに専門性が必要
  • ジャンル選定が難しい
雑記型
  • 初心者でも始めやすい
  • 後から方向転換がしやすい
  • 直接的な成果を出しにくい
  • 権威性・信頼性を出しにくい
トレンド型
  • 書きやすく続けやすい
  • アクセスを集めやすい
  • 記事の経年劣化スピードが早い(使い捨てになりやすい)
  • 常に書き続けていないと いけない

 

関連記事

どんなジャンルがあるのか知りたいという方向けに「【ブログジャンル一覧】初心者におすすめのブログジャンルの選び方」にブログアフィリエイトを始める際におすすめのジャンル一覧と選び方を説明していますので、あわせてご覧いただけたら幸いです。

 

ブログの本質は「書いた記事がユーザーにとって役に立つ情報か・信頼できる内容か」と言う視点で作っていくことです。
 

「雑記」か「特化」かは、結局のところ手段の話ですので、こだわりすぎると逆に本質を見失ってしまいますので、役に立つ情報を発信するように心がけましょう
 

ありがとうございました。とりあえず自分なりに頑張っていきたいと思います!

大事なのは地道な継続です。ダイエットや筋トレをしていく感覚で着実に頑張っていってくださいね!

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

さっそくまずはブログを始めたい!という方向けに「【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP」でWordPressでブログを始める方法を説明しているので、ぜひスタートしてみてください。

 

関連記事

アフィリエイト・ブログ未経験者がWordPressでアフィリエイトに取り組んだ過程と結果の体験談を「【アフィリエイト体験談】Komiya氏(50代経理部)「副業・未経験の私でも月1万円位は稼ぐことできました」」に掲載しましたので、実際の体験談を見たい方は合わせてご覧いただけたら幸いです。

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-アフィリエイト・ブログ
-,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5