WordPressのバックアップ BackWPupでバックアップ設定・リストア復元する手順

WordPress

【BackWPupの使い方 WordPressバックアッププラグイン】

2017年8月7日

今回は、Wordpress(ワードプレス)をバックアップするときに定番のプラグイン「BackWPup」の使い方をご紹介します。
 

BackWPupでWordPressをバックアップする概要図
 

この記事を読んでわかること

  • BackWPupの概要とできること
  • BackWPupのインストールと使い方
  • BackWPupで取得したバックアップの復元方法(関連記事)

 

ワードプレスでホームページを作成しました。でも、友達から「変なところをいじって間違って画面が真っ白になったので気をつけて!」とか言われてちょっと怖いです。

WordPressを導入したら、必ずバックアップを取っておくことをおすすめします。BackWPupを使うと簡単に自動バックアップを取ることができます。今回はBackWPupのの使い方を説明していきますね!

 

 


 

プラグインを導入する上での注意事項

ホームページ Unavaiableプラグインは、スマートフォンのアプリのように、好きな機能をWordPress本体に組み込むことができる機能です。プラグインは便利ですが、WordPressやPHPのバージョンが古い場合や、ご利用のテーマやプラグインの組み合わせによっては、不具合を起こす場合もあります。

本手順は特定の環境下での手順を示したものであり、ご利用の環境によってはその他の手順が必要になる場合もありますので、プラグインの導入は自己責任でお願いいたします。

 

【はじめに】バックアッププラグインBackWPupの概要

BackWPup WordPress バックアップ用プラグイン
 

■公式サイト
BackWPup – WordPress Backup Plugin
 

BackWPupとは、WordPressの管理画面上からWordPressサイトを手軽にバックアップできるプラグインです。
 

BackWPupは、インストールフォルダ・ファイル群とともにデータベースの中身もバックアップしてくれます。
BackWPupでWordPressをバックアップする概要図
 

通常のホームページの場合は、HTMLファイルや画像ファイルなどのファイル類を保存すればバックアップとなりますが、ワードプレスはこのほかに、MySQLと言われるデータベース(データの蓄積される場所)を利用しています。
 

■BackWPupの主な機能

  • WordPressデータベース及びファイルのバックアップ機能
  • サーバー内ディレクトリのほか外部サービス(FTPサーバー,Dropboxなど)への保存機能
  • バックアップ時のメール通知機能
  • スケジュールバックアップ機能
  • バックアップファイルの世代管理機能

 

ここでは、実際にバックアップを説明していきます。
 
 

【STEP1】BackWPupをインストールする

まずは管理画面からプラグイン>新規追加ボタンを押下します。
管理画面>プラグイン>新規追加
 

まずはBackWPupをインストールします。
backwpup インストール
 

インストール後に有効化してください。
backwpup 有効化
 
 

【STEP2】BackWPupでバックアップジョブを作成する

BackWPupのインストールが終わったら、つぎにバックアップの設定をしていきます。
 

BackWPupでは、手動で任意のタイミングでバックアップをとったり、曜日・日時指定でスケジュールバックアップを取ることも可能です。
 

【STEP2-1】サーバー内に毎日自動バックアップの設定をする

ここでは、バックアップを自動化するために、BackWPupでバックアップジョブを作成していきます。
 

プラグイン有効化後に左側の管理メニューにBackWPupが表示されます。新規ジョブを追加を選択します。(ご利用の環境によっては英語表示されている場合があります。)
BackWPup 新規ジョブを追加
 

バックアップジョブの設定画面が表示されます。ここでバックアップの設定を行なっていきます。
 

一般タブでは、ジョブの名前とバックアップファイルの保存先を設定します。ここでは契約したサーバー内のフォルダーに毎日バックアップすることにします。下記の設定を行い保存します。

■一般設定タブ

  • ジョブの名前を「DailyBackup」
  • バックアップファイルの保存先を「フォルダーへバックアップ」


 

続けてバックアップスケジュールの設定をしていきます。スケジュールタブを開いてください。

スケジュールタブ

  • WordPress「cron」を選択
  • スケジューラーの種類「基本」
  • スケジュールを「毎日 4:10」(設定は運用に合わせて自由にしてください)

BackWPup スケジュール設定
 

バックアップ時間はデフォルト「午前3時」以外で

以前、デフォルトの「午前3時」でバックアップを取る人が多くて同時間にレンタルサーバーの負荷が高まりサポートデスクから変更を依頼される方がいらっしゃいました。そのため、レンタルサーバー内でバックアップ時間は、デフォルト「午前3時」から変更することをお勧めします。
 
■サポートデスクからのメール
レンタルサーバーからのサポートメール。デフォルトの時間から変更を依頼された

 

つぎに、保存先となるフォルダーの設定をみています。ファイルを削除:何世代分のバックアップデータを残すかを設定できます。ここではデフォルトの15のままにしましょう。
BackWPup宛先:フォルダー設定
 

※自動でバックアップするとどんどんデータがたまるので、今回の場合だと16回目のバックアップ以降は最も古いファイルから自動削除されます。

 

以上でバックアップ設定の完了です。
 

DBバックアップタブ、ファイルタブ、プラグインタブは何もしなくてOK

DBバックアップタブ、ファイルタブ、プラグインタブでは、それぞれ細かい設定ができますが、基本的に何も設定しなくてOKです。
 

BackWPup DBバックアップ設定

BackWPupフォルダ設定

BackWPupプラグイン設定

 
 

【STEP2-2】今すぐバックアップする

上記STEP2-1の設定により、自動バックアップの設定ができるようになりましたが、初回は念のため手動で今すぐバックアップもしておきましょう。
 

作成したジョブを確認するために左の管理画面から「BackWPup>ジョブ」を選択します。

backWPup 設定>ジョブ
 

前述の手順で作成したバックアップジョブに対して、「今すぐ実行」で手動でバックアップを実行します。
 
BackWPup バックアップを今すぐ実行
 

バックアップが完了した場合は以下のように完了画面が表示されます。

BackWPupバックアップ完了画面
 

バックアップファイルを確認するために左側の管理メニューから「BackWPup>バックアップ」を選択します。

BackWPup 設定>バックアップ
 

先ほど実行したバックアップファイルがあることを確認します。
 

現状はサーバーのフォルダにバックアップファイルがある状態ですが、「Download」でPCにダウンロードすることができます。
BackWPup バックアップファイルをダウンロードする
 

(※)なお、FTPソフト(下記はFileZillaの画面)で確認しても、指定したディレクトリ内にバックアップが作成されていることが確認できます。
バックアップしたzipファイルをFileZillaから確認
 

(補足)外部ストレージ(Dropbox)に保存する場合

前述の手順では、サーバー内にバックアップデータを保存する方法を紹介しましたが、より冗長性を持たせたい場合はDropboxなど別の媒体にバックアップデータを保存しておいた方が安全です。
 

今回は、Dropboxに保存する方法もご紹介します。
 

前述のバックアップジョブの一般設定で、保存先でdropboxを選択して保存します。
保存先でdropboxを選択して保存します。
 

Dropboxの接続設定を行います。通常、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」を選択します。
backWPup dropboxの設定で認証設定する
(※)本運用の場合は、BackWPup という名前の専用フォルダーが Dropbox の「アプリ」フォルダー内に作成されます。
 

Dropboxにログインしている状態の場合、下記の許可確認画面が表示されます。「許可」ボタンを押下します。※Dropboxにログインしていない場合はログインしてください。
backWPup dropboxの設定で認証設定する
 

認証コードが表示されますので、認証コードをコピーします。
backWPup dropboxの設定で認証コードを貼り付ける
 

WordPressのDropbox設定画面に戻って、コピーした認証コードを貼り付けて「変更を保存」します。
backWPup dropboxの設定で認証コードを貼り付ける
 

認証済みと表示されます。バックアップを今すぐ実行して確認しましょう。
backWPup dropboxの認証がされた
 

バックアップの取得画面が表示されます。
backWPup dropboxでバックアップする
 

バックアップが取れたら、dropbox側を確認しましょう。今回の設定の場合、Dropbox>アプリ>InsideBackWPup>WEBST8DEMOに保存されています。
backWPup dropboxにバックアップファイルが保存された
 

以上で、バックアップの設定は完了です。
 

【補足】BackWPupで取得したデータを復元する

BackWPupで取得したデータを復元するには、データベースの復旧とデータ部分(ファイルフォルダ類)の復旧の2つの作業が必要になります。
 

BackWPupで取得したバックアップファイルからWordPressを復旧する手順についてはここでは割愛しますが、「【WordPress復旧手順】バックアップデータからリストアする方法」に詳しく説明していますので合わせてご参照ください。
 
 

【まとめ】BackWPupでWordPressをバックアップする

WordPressのバックアップ BackWPupでバックアップ設定・リストア復元する手順
 

まとめです。

 

今回は、WordPressを手軽にバックアップするための有名プラグイン「BackWPup」でのバックアップの設定方法についてご紹介しました。
 

WordPressの管理画面上からWordPressサイトを手軽にバックアップできるプラグインです。
 

バックアップスケジュールの設定やDropboxなどのクラウドサーバー連携、バックアップファイルの世代管理など便利な機能がたくさんあります。
 

「変なところをいじって間違って画面が真っ白になってしまった。。。」「WordPressをバージョンアップしたら画面がおかしくなってしまった。。。」
 

などの万が一WordPressに何かあった時に戻せるようにするために、必ず入れておきたいプラグインです。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

●backWPupで取得したバックアップファイルからWordPressを復旧する手順については「【WordPress復旧手順】バックアップデータからリストアする方法」を合わせてご参照ください。
 

●WordPressオススメのプラグインの一覧については「【2020年版】目的別WordPressのおすすめプラグインを徹底解説!」をご参照ください。
 

●WordPressの使い方の総まとめについては「【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」をご参照ください。

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , ,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5