【初心者向け】WordPress 投稿と固定ページの違い・使い分け方

WordPress

【WordPress投稿と固定ページの違いと使い分け方を徹底解説】

2019年8月16日

WordPress初心者の方で、投稿と固定ページの違いや使い分け方が分からない人も多いのではないでしょうか。
 

今回は、WordPressの投稿と固定ページの違い・使い分け方を初心者向けにわかりやすく説明していきます。
 

WordPressの投稿と固定ページの違いがいまいちわからなくって・・

一般的に投稿はブログ記事的な内容で利用し、固定ページでは「会社情報」や「お問い合わせ」など単体ページで利用します。

 

【WordPress対応】自分でホームページ・ブログを作成したいWebスクールWEBST8
WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト


 


 

WordPressの投稿と固定ページの違い

投稿はブログ記事を作成するときに利用します。一般的には、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われます。
 

一方、固定ページは会社情報やお問い合わせなど単体で独立しているページで利用します。
 

ワードプレスの投稿と固定ページの違い
 

具体的な機能の差でいうと、「投稿」は作成したページがトップページなどで一覧表示されていきます。一方固定ページは一覧表示されないため、メニューバーなどに作成した固定ページを設定するのが一般的です。
 

投稿と固定ページの具体的な違いは下記の通りです。

項目投稿固定ページ
特徴 ブログのようなコンテンツは投稿で作成する ページ単体で完結できるようなコンテンツは固定ページで作成する。
利用シーン 投稿でよく使うケース

  • 日記
  • コラム
  • お知らせ・ニュース
  • 商品・製品(※)
  • お客様の声(※)
  • 導入事例(※)

(※)一覧表示やカテゴリー分けしたい場合

固定ページでよく使うケース

  • トップページ
  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 採用情報
  • ランディングページ
できること
  • 投稿一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧から各ページを一覧表示できる
  • 時系列で順序関係があり、前へ次へで移動できる
  • カテゴリーやタグにより投稿記事のグルーピングができる
  • 複数のブログタイプ(カスタム投稿タイプ)を作ることができる
  • 任意の固定ページをトップページに割り当てることができる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
  • ページごとにデザインテンプレートを作成・選択することができる
できないこと
  • 投稿同士で親子関係を作ることができない。
  • ページごとにデザインテンプレートを選択することができない。
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができない
  • 固定ページ一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧などで各ページを一覧表示できない

 

投稿で利用できる具体的な機能

「投稿」で主にできること・できないことは以下の通りです。

項目投稿でできること投稿でできないこと
投稿
の機能
  • 投稿一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧から各ページを一覧表示できる
  • 時系列で順序関係があり、前へ次へで移動できる
  • カテゴリーやタグにより投稿記事のグルーピングができる
  • 複数のブログタイプ(カスタム投稿タイプ)を作ることができる
  • 投稿同士で親子関係を作ることができない。
  • ページごとにデザインテンプレートを選択することができない。

 

ブログのようなコンテンツは投稿で作成することが一般的です。
 

投稿で使う例

  • 日記
  • コラム
  • お知らせ・ニュース
  • 商品・製品(※)
  • お客様の声(※)
  • 導入事例(※)

(※)一覧表示やカテゴリー分けしたい場合。カスタム投稿タイプ(※注)で運用することも多い。

 

(※注)投稿の種類を増やすカスタム投稿タイプ

カスタム投稿タイプは、「固定ページ」「投稿」のほかに新たに別の「投稿」を作成する機能になります。

新着情報・コラム記事・製品一覧といったように、用途ごとに複数のブログに拡張して運用することができます。
 

■カスタム投稿タイプの例
カスタム投稿タイプの例
 

 
カスタム投稿タイプの導入方法については長くなるのでここでは割愛しますが、ご興味ある方は「WordPress カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー(カスタム分類)を徹底解説」を合わせてご覧ください。

 

ここからは、投稿の具体的な機能を説明します。

 

【投稿機能1】投稿で作ったページは一覧表示ができる

投稿一覧ページでは書いたブログが時系列順で一覧で表示されます
投稿一覧ページでは書いたブログが時系列順で一覧で表示されます
 

【投稿機能2】投稿は「前へ」「次へ」と関連づけ・移動ができる

加えて、通常のテーマでは、記事下部に「前へ」や「次へ」のリンクがあり、記事間で移動することができます。
投稿記事間を次へや前へで移動できる
 
 

【投稿機能3】投稿にカテゴリー設定やタグづけができる

投稿ではカテゴリーやタグを追加することができます。カテゴリーやタグを追加することで、何のテーマかわかりやすくなったり、カテゴリー・タグ一別に記事一覧を検索できるようになり、利便性が向上します。
 

カテゴリーとタグについて
 

グルーピングは投稿>カテゴリーや投稿>タグから設定することができます。

■投稿>カテゴリー
投稿>カテゴリー
 

■投稿>タグ
投稿>タグ
 

●カテゴリーの具体的な設定方法については「【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法」をご参照ください。
 

●タグの具体的な設定方法については「【徹底解説】WordPressのタグの使い方と設定方法」をご参照ください。
 

加えて関連記事として表示したり記事間の関連付けができるのが特徴です。(※)標準では備わっていないので、関連記事機能付きのテーマやプラグインの導入が必要

 

カテゴリーなどにより関連付けができる
 

固定ページ独自の具体的な機能

「固定ページ」で主にできること・できないことは以下の通りです。

項目固定ページでできること固定ページでできないこと
固定ページ
の機能
  • 任意の固定ページをトップページに割り当てることができる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
  • ページごとにデザインテンプレートを作成・選択することができる
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができない
  • 固定ページ一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧などで各ページを一覧表示できない

 

ページ単体で完結できるようなコンテンツは固定ページで作成します。固定ページは一覧表示されないため、メニューバーなどに作成した固定ページを設定するのが一般的です。
 

固定ページで使う例

  • トップページ
  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 採用情報
  • ランディングページ

 

ここからは、固定ページの具体的な機能を説明します。

 

【固定ページ機能1】ページ間で親子関係を作ることができる

固定ページでは親となる固定ページを指定でき、ページ間で親子関係を作ることができます。

固定ページ親子関係の設定
 

なお、親子関係を作ると、URLの末尾が「.../親固定ページスラッグ/子固定ページスラッグ/」になります
 

■親ページを指定する例


 

【固定ページ機能2】テンプレートを選ぶことができる

固定ページでは、サイドバーあり・なしなどのテンプレートの選択ができます。

固定ページテンプレートの選択
(※)どんなテンプレートが用意されているかは、ご利用のテーマによって異なります。
 

■デフォルトテンプレート(サイドバーあり)からサイドバーなしに変更する例


 

【まとめ】投稿と固定ページを使い分けよう

いかがでしたでしょうか?今回は、初心者の方を対象に、WordPressの投稿機能と固定ページの違いと使い分け方を説明しました。
 

項目投稿固定ページ
特徴 ブログのようなコンテンツは投稿で作成する ページ単体で完結できるようなコンテンツは固定ページで作成する。
利用シーン 投稿でよく使うケース

  • 日記
  • コラム
  • お知らせ・ニュース
  • 商品・製品(※)
  • お客様の声(※)
  • 導入事例(※)

(※)一覧表示やカテゴリー分けしたい場合

固定ページでよく使うケース

  • トップページ
  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 採用情報
  • ランディングページ
できること
  • 投稿一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧から各ページを一覧表示できる
  • 時系列で順序関係があり、前へ次へで移動できる
  • カテゴリーやタグにより投稿記事のグルーピングができる
  • 複数のブログタイプ(カスタム投稿タイプ)を作ることができる
  • 任意の固定ページをトップページに割り当てることができる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
  • ページごとにデザインテンプレートを作成・選択することができる
できないこと
  • 投稿同士で親子関係を作ることができない。
  • ページごとにデザインテンプレートを選択することができない。
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができない
  • 固定ページ一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧などで各ページを一覧表示できない

 

ありがとうございます。なんのために固定ページと投稿があるのかわかりませんでしたが、おかげさまで違いがわかりました。

自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方はたくさん触ってみて覚えてください。

 

●投稿の具体的な使い方については「【ブロックエディター版】WordPressの投稿の使い方を徹底解説」をご参照ください。

●固定ページの具体的な使い方については「【ブロックエディター版】WordPressの固定ページの使い方を徹底解説」をご参照ください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの使い方を「【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」に詳しく説明していますので、WordPressの使い方を一通り勉強したい方は合わせてご参照いただければ幸いです。

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , , ,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5